« マンキュー第5版が出ちゃいました。 | Main | ルイジ・ジンガルスのプランB »

Mitsubishi and Morgan Stanley

 三菱とモーガン・スタンレーが再交渉しているとNYTが伝えている。日本政府は三菱の後ろについて、米国政府が資本注入したときにdiluteしないようにお願いしているという。

Morgan Stanley is in the midst of the gravest crisis in its 74-year history, even though analysts estimate that the bank has more than $100 billion in capital. Morgan Stanley’s shares price has plunged nearly 82 percent this year, closing at $9.68 on Friday.

Last month, Mitsubishi agreed buy about 21 percent of Morgan Stanley. The investment was to be made in the form of $3 billion in common stock, at $25.35 a share, as well as $6 billion in convertible preferred stock with a 10 percent dividend and a conversion price of $31.25 a share.

Under the proposed new terms being discussed on Sunday, Mitsubishi would still buy roughly 21 percent of Morgan Stanley, these people said. But all of the investment would be through preferred shares, with a 10 percent annual dividend. Many of those shares would be convertible into common stock, but the Japanese bank was trying to set a conversion price far lower than originally proposed.

Morgan Stanley and Mitsubishi have been in constant contact with government officials this weekend, these people said.

Mitsubishi and the Japanese government have sought assurances from the Treasury Department that if the United States were to decide to inject money into Morgan Stanley at a later time — a possibility some analysts do not rule out — that such a move would not wipe out preferred shareholders. The Treasurey has indicated that it might use some of the $700 billion bailout package to take direct stakes in banks, but it has not spelled out how it would do so.

 フィランソロピストであるジョージ・ソロス氏はFTのop-edで、優先株による公的資本の入れ方を議論している。

Managements of solvent banks would then have the option of raising additional capital themselves or turning to Tarp, which would state the terms on which it is willing to underwrite a new issue of convertible preferred shares. (Convertibles are better than warrants because the banks should not need additional capital infusions later.) The preferred shares would carry a low coupon, say 5 per cent, so as not to impair banks’ profitability. The new issues would dilute existing shareholders but they would be given preferential rights to subscribe on the same terms as Tarp and if they were willing and able to put up additional capital they would not be diluted. The rights would be transferable and if the terms were set right, other investors would take them up.
(中略)
Actions speak louder than words. Specifically, Morgan Stanley urgently needs rescue. The Treasury should offer to match Mitsubishi’s investment with preferred shares whose conversion price is higher than Mitsubishi’s purchase price. This will save the Mitsubishi deal and buy time for successfully implementing the recapitalisation and mortgage reform programmes.

 ソロスはどの銀行に注入するかは政府が精査して決めればよいと議論している。マンキューは民間が資本注入をするときに、政府が同時に同額を出せばよいと議論し、solvent bankを民間に判断させようというアイデアを出していた。WSJもそのように伝えている。今回の三菱とモーガン・スタンレーのケースはその模範例となるのかもしれない。
 海外の資本家(中東の大富豪?)は、おそらくこの三菱とモーガン・スタンレーの再交渉を注視しているだろう。財務省とFedは、もうリーマンの轍は踏めないのでモーガン・スタンレーは潰させられない。三菱が金を出した後にdiluteさせてしまったら、海外の資本家は新規資本を出すのを躊躇してしまうであろう。まさに、このdealは図らずも(?)TARPの試金石となる非常に重要なdealとなってしまった。つまり、2つのシナリオが考えられる。
 1)三菱とモーガン・スタンレーの交渉が上手く行かなかったら、リーマンの二の舞を恐れる米国財務省はTARPを使って資本注入するだろう。この場合は、(海外を中心とする)民間資本家は今後の新規資本の注入にしり込みするだろう。それは米国財務省は避けたい。
 2)そこで、米国財務省は三菱とモーガン・スタンレーの交渉を日本政府(金融庁?)と共に応援しながら、これを機会に新規資本の注入を行なうだろう。言わば、TARPの試金石である。三菱は少し良い条件(30ドル弱の転換価格?)で優先株を買い、ソロスの言うように、米国財務省はTARPを使ってそれよりも高い転換価格と悪い条件(5%のクーポン・レート?)で10億ドルぐらいを出すことになるのではないか。三菱が90億ドル出して、合わせて100億ドル。10億ドルは7兆ドルのTARP総額から比べると小さい額なので、残りはまだまだある。もしくは、上記プランだと、米国財務省はケチだという名声が立つかもしれないことを恐れて、米国財務省と三菱が50億ドルづつというmatching fund方式もsurpriseであるかもしれない。このあたりは、7兆ドル総額をどう売り込むかということだろう。不足だと思わせるのはまずいので多額はモーガン・スタンレーには使えない。でも、政府は渋いと思われると民間はさらなる逃避を続けるので、その間の金額を出さなければいけない。高からず、低からず、である。

|

« マンキュー第5版が出ちゃいました。 | Main | ルイジ・ジンガルスのプランB »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マンキュー第5版が出ちゃいました。 | Main | ルイジ・ジンガルスのプランB »