« September 2008 | Main | November 2008 »

日銀の「展望レポート(大勢見通し)」に注目。

 日銀の「展望レポート大勢見通し」に注目。3年後(つまり、2010年度)をおくのは、変動が中銀のアクションによって調整された、言わば潜在成長率とそれに見合った物価上昇率を示すということにあるはずである。但し、今回は米国不景気がそれなりに長引きそうなので、やや微妙である。とにもかくにも、GDP成長率は1.7%なので、まぁ日銀ぽい潜在成長率らしい。しかし、消費者物価指数の伸び率が0.3%というのはいただけない。1.7%が潜在成長率なら、自信をもって物価上昇率を1%(つまり、望ましい率)と出してくれないと困る。もし物価上昇率が0.3%なら、GDP成長率ももう少し低めに予想しないと整合性がとれないような気がする。つまり、なんで三年後を出しているのか審議委員はわかってない、ということになるんじゃないのかしら。もしくは、ひょっとすると、これが真実なのかもしれないが、審議委員たちが内心で望ましい物価上昇率とおもっている数字の総意が、0.3%に近い(例えば、0.5%)ということがばれちゃったのかもしれない。

| | Comments (0)

Robert M. Solowの書評

Trapped in the New 'You're on Your Own' World
By Robert M. Solow
High Wire: The Precarious Financial Lives of American Families
by Peter Gosselin
Basic Books, 374 pp., $26.95

| | Comments (0)

日銀、0.2%利下げして0.3%、付利は0.1%、つまり打ち止め。

 両副総裁がいなかったら採決で負けていたという、新副総裁が入って初めて成り立つ利下げであった。いわゆる「日銀バッシャー」は、(そういう方がいるとして)理事以下の日銀職員よりも政策委員それぞれを吟味(かつ、必要ならバッシュ)したほうがよい、ということになろうか。日銀出身+銀行出身+学界西村氏が賛成したということが極めて象徴的な政策会合であった。

【後記】その後、テレビのニュースを見ていると、反対4人のうち、3人は0.25%を出したのだという。1人が現状維持だったそうだ。やはり、審議委員それぞれを吟味するということが重要なようだ。

| | Comments (0)

Crisis-hit Russia must scale down its ambition (Robert Skidelsky)

Crisis-hit Russia must scale down its ambition (Robert Skidelsky)

| | Comments (0)

統計メールニュース(平成20年10月31日) No.295 (抜粋)

ほぼ物価上昇はゼロ。
----------------------------------------------------------------------
・消費者物価指数(全国:平成20年9月分)
----------------------------------------------------------------------
 ○ 総合指数は平成17年を100として102.7となり,前月と同水準。
   前年同月比は2.1%の上昇となった。
 ○ 生鮮食品を除く総合指数は102.6となり,前月と同水準。
   前年同月比は2.3%の上昇となった。
 ○ 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は99.6となり,
   前月比は0.2%の上昇。前年同月比は0.2%の上昇となった。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm


----------------------------------------------------------------------
・消費者物価指数(東京都区部:平成20年10月中旬速報値)
----------------------------------------------------------------------
 ○ 総合指数は平成17年を100として101.8となり,前月比は0.1%の下落。
   前年同月比は1.2%の上昇となった。
 ○ 生鮮食品を除く総合指数は101.8となり,前月と同水準。
   前年同月比は1.5%の上昇となった。
 ○ 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は100.2となり,
   前月と同水準。前年同月比は0.4%の上昇となった。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-t.htm


----------------------------------------------------------------------
・家計調査(二人以上の世帯:平成20年9月分 速報)
----------------------------------------------------------------------
  二人以上の世帯の9月の消費支出は28万1千円で,1年前に比べ実質
  2.3%の減少。
  また,消費支出(除く住居等※)は,1年前に比べ実質0.7%の減少。

 ※:「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を
  除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)
  を用いた。以下同じ。

  (1) 消費支出の内訳をみると,食料,住居,光熱・水道などが実質減少。
    一方,教養娯楽,家具・家事用品,交通・通信などが実質増加。

  (2) 季節調整値で前月からの変化をみると,消費支出は実質+1.7%と2か月
    ぶりの増加。また,消費支出(除く住居等※)では,実質3.3%の増加。

  (3) 勤労者世帯の実収入は43万4千円で,1年前に比べ実質-2.0%と
    2か月ぶりの減少。

  (4) 勤労者世帯の平均消費性向は85.7%で,1年前に比べ0.1ポイント
    の低下。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm

| | Comments (0)

Blame the party, not the campaign (James Carville)

"Blame the party, not the campaign."  James Carville is "an international political consultant".  How international, I wonder.

| | Comments (0)

Get Ready For 'Stag-Deflation' (Nouriel Roubini)

Get Ready For 'Stag-Deflation' (Nouriel Roubini) at Forbes. (Pointer to Mankiw)

| | Comments (0)

『開発援助 研究力高めよ』

 澤田康幸『開発援助 研究力高めよ』日本経済新聞2008年10月31日33面経済教室。年来の持論。参照されているメキシコの事例をより知りたい方は、Santiago LevyのProgress against Povertyをどうぞ。

| | Comments (0)

US Yield Curve

081030usyield 面白い。steep化である。短いところはわかる。景気が悪化しているからだ。しかし、10年もので上がっているのはなぜだろうか。インフレ懸念じゃないだろうから、財政不安かしら。という意味では正常化かもしれない。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 11時到着。雑務。昼飯はラーメン。Oさん、Sさんとゼミポスター掲示話。授業準備。掲示されたポスターを見に行く、あぁ良かった。会議。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

Speech Lesson: Whether you like him or not, he is the talker.

| | Comments (0)

México con negro panorama: Banxico (Expansion)

México con negro panorama: Banxico  (Expansion)
Banco de México prevé un modesto crecimiento para 2009 de entre 0.5 y 1.5%, y de sólo 2% en 2008; previó que la inflación llegue a 6% al cierre del año y espera una moderación a finales de 2009.

| | Comments (0)

アイスランド、ハンガリー、そして・・・

 アイスランドでは、IMFのリクエストにより6%金利上げ、ハンガリーもIMF資金の見返りで、財政収支をきちんと見ろと言われている(RGE Monitorが便利)。BOP crisisへの「教科書」的absorption approachによる対応。数カ国ならこれで対応も可能だが、数が多くなるとやや「囚人のジレンマ」状況になることも予想される。
 韓国はFedとSWAPを結んで金利を下げている。これは不公平だとの声が出てくるか。UNの金融危機対策タスクフォース(作業部会)部会長に任命されたというスティグリッツ氏はこのようなIMFの処方箋に何を言うかしら。米国の次の財務長官および財務次官(国際金融担当)人事はこういう意味でも極めて大事。ひょっとすると「百年に一回」の人事かも。

【後記】ウクライナも忘れてました。このように北欧・東欧で起きているのは、中南米、アジアが90年代に痛い目にあっていること、およびEUの拡大と対応しているのだろう。さて、勝手な人事予想をしてみよう。もしマケインが勝てば全くわからない。大穴でジョン・テイラーかも。もしオバマが勝てば、ボルカー本命、ガイトナー対抗、サマーズ、ルービンはたぶんないと思うが、名前は出るかも。バフェットは大穴にしておくけど、まずないでしょう。ブルンバーグ?三選に向かうんだよね。ボルカー長官+ガイトナー実力次官で11月中に発表というのが非常に面白いかもしれない。もしくは、ガイトナー長官+ボルカー顧問という感じかな。CEAも非常に大事。グールスビーはheavy weightになってるのかな?ここは多士済々、ブラインダーかしら?

| | Comments (0)

Fed's Balance Sheet

 そうそう、memo to selfで書くのを忘れていたEconbrowserのFed's balance sheet解説。reserve balancesの項目を付利して増やしているのは、quantitative easingとも呼ばれている。比喩としては、注射から点滴モードに入りつつあるとも言えるか。それから、ややfreakyになってdeflation懸念を払拭しようとするEconbrowserのポスト

| | Comments (0)

Establishment of temporary reciprocal currency arrangements (swap lines).

  慧眼のDani Rodrikはこちらに注目。これに漏れた国々の外貨状況は?例えば、ロシアとかベネスエラとか大丈夫なのかな。

Release Date: October 29, 2008

    For release at 3:30 p.m. EDT

 

Today, the Federal Reserve, the Banco Central do Brasil, the Banco de Mexico, the Bank of Korea, and the Monetary Authority of Singapore are announcing the establishment of temporary reciprocal currency arrangements (swap lines). These facilities, like those already established with other central banks, are designed to help improve liquidity conditions in global financial markets and to mitigate the spread of difficulties in obtaining U.S. dollar funding in fundamentally sound and well managed economies.

Federal Reserve Actions
In response to the heightened stress associated with the global financial turmoil, which has broadened to emerging market economies, the Federal Reserve has authorized the establishment of temporary liquidity swap facilities with the central banks of these four large and systemically important economies. These new facilities will support the provision of U.S. dollar liquidity in amounts of up to $30 billion each by the Banco Central do Brasil, the Banco de Mexico, the Bank of Korea, and the Monetary Authority of Singapore.

These reciprocal currency arrangements have been authorized through April 30, 2009.

The FOMC previously authorized temporary reciprocal currency arrangements with ten other central banks:  the Reserve Bank of Australia, the Bank of Canada, Danmarks Nationalbank, the Bank of England, the European Central Bank, the Bank of Japan, the Reserve Bank of New Zealand, the Norges Bank, the Sveriges Riksbank, and the Swiss National Bank.

IMF Announcement
Separately, the Federal Reserve welcomes the announcement today by the International Monetary Fund of the establishment of the Short-Term Liquidity Facility, which is designed to help member countries that are facing temporary liquidity problems in the global capital markets. The Federal Reserve is supportive of the IMF's role in helping countries address and resolve their ongoing economic and financial difficulties. 

Information on Related Actions Being Taken by Other Central Banks and by the IMF
Information on the actions that will be taken by central banks and by the International Monetary Fund is available at the following websites:

Banco Central do Brasil Leaving the Board
Banco de Mexico Leaving the Board
Bank of Korea Leaving the Board
Monetary Authority of Singapore Leaving the Board
International Monetary Fund Leaving the Board

| | Comments (0)

連邦準備0.5%下げて、FF Rateは1%へ。

 Fedが0.5%下げた。読んでもいいのは日本語ならこれ(約10年、この方の日記を眺めておりますが、体を動かしているのでかなり偉い。敬服する。)、英語ならWSJ Econ Blogかしら。

Press Release
Federal Reserve Press Release

Release Date: October 29, 2008
For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to lower its target for the federal funds rate 50 basis points to 1 percent.

The pace of economic activity appears to have slowed markedly, owing importantly to a decline in consumer expenditures. Business equipment spending and industrial production have weakened in recent months, and slowing economic activity in many foreign economies is damping the prospects for U.S. exports. Moreover, the intensification of financial market turmoil is likely to exert additional restraint on spending, partly by further reducing the ability of households and businesses to obtain credit.

In light of the declines in the prices of energy and other commodities and the weaker prospects for economic activity, the Committee expects inflation to moderate in coming quarters to levels consistent with price stability.

Recent policy actions, including today’s rate reduction, coordinated interest rate cuts by central banks, extraordinary liquidity measures, and official steps to strengthen financial systems, should help over time to improve credit conditions and promote a return to moderate economic growth. Nevertheless, downside risks to growth remain. The Committee will monitor economic and financial developments carefully and will act as needed to promote sustainable economic growth and price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Randall S. Kroszner; Sandra Pianalto; Charles I. Plosser; Gary H. Stern; and Kevin M. Warsh.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 50-basis-point decrease in the discount rate to 1-1/4 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Cleveland, and San Francisco.

| | Comments (0)

A Look at Case-Shiller Numbers, by Metro Area

A Look at Case-Shiller Numbers, by Metro Area

| | Comments (0)

Ex-Fed Governor Makes Case For Zero Fed-Funds Rate

Ex-Fed Governor Makes Case For Zero Fed-Funds Rate
With the U.S. unemployment rate now expected to climb well above 7%, former Federal Reserve governor Laurence Meyer projects that Fed policymakers may have to lower the target federal-funds rate all the way to zero next year.

| | Comments (0)

Preventing a global slump must be the priority

Preventing a global slump must be the priority
By Martin Wolf  (FT)
Published: October 28 2008 19:3

A bad week in hell

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論、本調子です。昼におにぎり×2個食べて、3時限は2年ゼミ、今日は論理クイズ+ミクロ、これでイントロ終わり。4・5時限は3年ゼミ、色々頭が疲れますがよろしく。Oさん、Kさんと就活談義。帰宅。

| | Comments (0)

I have to say it's a very cynical development

昨日はこういう記事が出た。これは英語ニュースで聞くと、very cynicalであった。

与謝野経財相「日銀利下げなら国際協調の証しに」
 与謝野馨経済財政担当相は28日の閣議後の記者会見で、日銀の金融政策について「0.5%の政策金利を0.25%に下げても経済に対する効果は全くない」と述べ景気の下支え効果は限られるとの見方を示した。ただ「各国の中央銀行が利下げをしたときに、日本も利下げするのは国際協調の重要な証しの意味がある」とも語り、協調利下げに日銀が加わらないと円の独歩高が一段と進むことへの警戒感もにじませた。

 経財相は「日銀の政策に政府が積極的な発言をするのは日銀法で予定されていないので、私が発言するのは好ましくない」と前置きしたうえで言及した。また政府の追加経済対策で企業に賃上げを求める方針も明らかにし、「30日に公表するという作業工程は守られている」と述べ、調整が大詰めの段階にあるとの認識を示した。 (Nikkei Net 10:46)

すると、呼応して(?)、今朝はこういう記事がでた。

日銀、利下げ検討 円高・株安で景気下振れ懸念
 日銀は円高・株安など世界の金融市場の動揺で景気下振れ懸念が強まっているのを受け、政策金利を引き下げる検討に入った。無担保コール翌日物金利の誘導目標を現在の年0.5%から0.25%引き下げる案が有力。31日に開く金融政策決定会合で協議、市場動向などを見極めながら最終決断する。日銀の利下げは量的緩和で金利をゼロに誘導した2001年3月以来になる。

 日銀は決定会合で、景気判断を下方修正する。同時に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、成長率見通しを08年度はゼロ%台前半(従来は1.2%)、09年度もゼロ%台後半(同1.5%)に下方修正する方向だ。 (Nikkei Net 07:00)

I have to say it's a very cynical development of actions.

| | Comments (0)

Toman medidas para dar liquidez

Toman medidas para dar liquidez
La Secretaría de Hacienda y el Banco de México presentaron una serie de acciones para dar liquidez y estabilidad al mercado financiero nacional, ante la crisis financiera mundial
José Manuel Arteaga y Ricardo Jiménez
El Universal
Martes 28 de octubre de 2008

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。雑務。2時限は卒論会合、Sさん、Wさん、よろしく。昼休みはNさん、Tさんとインターゼミについて打ち合わせ、よろしく。一念発起して、ゼミポスター予告編ポスターを作る。Iさん訪問。授業準備。雑務。Oさん、Sさん、Kさんを慰労して帰宅。

| | Comments (0)

バラク・オバマのスピーチライターは?

 バラク・オバマのスピーチライターは、この方がもし続いているとすると、Jon Favreauという27歳の男性。若い。

| | Comments (0)

Very funny, indeed.

This is from Mankiw.  You cannot miss it.

| | Comments (0)

OP-EDs

Opinion-editorials: Larry Summers, and Paul Krugman.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務。昼は鮭定食。数名の卒業生に学食で遭遇。3時限はミクロ。宿題よろしく。授業準備。5時限はJapanese Economy。帰宅はH先生と偶々。

| | Comments (0)

通貨危機警戒警報発令!

 通貨危機警戒警報発令と言ってもおかしくないだろう。Paul Krugman and Dani Rodrik (Pointer to Mark Thoma).  It is very fortunate for us to have Obstfeld at IMF, who happens to be one of the great minds on currency crisis. But, IMF is such a tiny tiny organization.  10年前はウクライナの某銀行についての分析バイトをやっていたので、ウクライナ経済ウォッチでも始めるか、、、。いや、あの言語が読めないからなぁ、、、。やっぱりメキシコ・ウォッチを淡々と続けていきましょう。そういうことで最近、スペイン語新聞コピペが多くなっております。あしからず。

| | Comments (0)

日銀 成長率見通し下方修正へ(NHK)

 さて、副総裁も決まったし、成長率を下げたときに、その背後で潜在成長率を下げてるのか、それとも需要不足で成長率を下げてるのか、後者なら、政策対応がないとね。前者で説明しきるのは難しいのじゃないか。米国が28-29日で金利を下げたら(市場はまぁそう読んでいるはず)、31日にお付き合いで0.25だけ下げるのじゃないかしら。

日銀 成長率見通し下方修正へ
(NHK 10月26日 4時47分)
日銀は、最近の金融市場の混乱や世界的な景気の減速を受けて日本経済の停滞感が一段と強まっていることから、今年度の経済成長率の予測をことし7月時点で示した1.2%から0%台に引き下げることを検討する見通しです。
日銀は、今月31日に金融政策決定会合を開き、先週末の東京市場で株価が暴落し、円相場が急騰したことなど、直近の経済金融情勢を踏まえ今年度と来年度以降の「経済と物価の見通し」について協議します。このなかで、▽今回の金融危機は世界的な景気の減速を招き、日本の輸出が減って企業の生産活動が弱まっていること、▽急激な株安で個人消費が一段と冷え込む可能性があることを踏まえて経済成長率の予測を引き下げる見通しです。具体的には、▽今年度の経済成長率の予測をことし7月時点で示した1.2%から0%台前半に引き下げ、▽来年度の予測についても1.5%から1%前後に引き下げることを検討するものとみられます。日銀は、ことし7月にも、原材料価格の高騰を受けて今年度の成長率の見通しを1.5%から1.2%に見直しており、3か月で再び下方修正を迫られることになります。さらに週明けの金融市場や世界経済の動向しだいでは、日銀として新たな市場の安定化策金融面から景気を下支えする必要があるかどうかについて議論することにもなりそうです。

| | Comments (0)

Krugman: Desperately Seeking Seriousness

Krugman: Desperately Seeking Seriousness (NYT)。political scientistが何と言うか知りたいものだ。Bread and Circus Theory?

| | Comments (0)

格差、つまり、inequalityもの

41af7zheujl_sl500_aa240_ 41iacscrcql_sl500_aa240_ 最近、思考実験として極めて秀逸な「子供の数だけ親に投票権を」という論説を書いた大竹文雄の『格差と希望』と、ペーパーバックが出てから読もうと思っていたポール・クルーグマンの『格差はつくられた』を速読。前者は日経を中心とする各誌に書いた論説を解説でまとめたもの。reflectiveな若者はこういう本を読むと(特に格差問題に限らず)頭が良くなると思う。後者は、provocativeな本。Larry Bartels及びClaudia Goldin and Lawrence F. Katzと一緒に読むと良いと思う。経済学を勉強した人は、クルーグマン⇒Goldin and Katz⇒Bartelsの順番でどうぞ。政治学を勉強した人は、クルーグマン⇒Bartels⇒Goldin and Katzでどうぞ。

 なおクルーグマン本の背景にある米国の知的風景に疎い方は例えばこんな方法はどうだろう。佐々木毅の『アメリカの保守とリベラル』 (講談社学術文庫)を紐解き、副島隆彦『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社プラスアルファ文庫)でマニアックに攻めればよい。なお、こういう本は話七分目に読むのがお勧め。世の中全面黒幕風思考に行ったら社会科学に時間を使う意味がほとんどないだろうし。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 9時半到着。授業準備。昼食はおにぎり。授業準備。快眠帰宅、朱肉購入。

| | Comments (0)

3大金融グループ 資本増強へ

NHK、3大金融グループ 資本増強へ。読むには、「NHK081026jbanks.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

MANKIW on Learning from the Great Depression

But Have We Learned Enough?
By N. GREGORY MANKIW (NYT)
Published: October 25, 2008

A very good piece.

| | Comments (0)

Heisei Nakamura-za, Kanadehon-chushingura

Programme C.  Taijo, 2nd, 3rd, Michiyuki, and 9th.  Nizaemon was great.

| | Comments (0)

センター試験対策らしいのだが、、、知らんことばかり、ヤレヤレ。

出回っているメーリスから。
[2]「会話表現」では、
  You're asking for it! / I've been under the weather!
  Cat got your tongue? / I have to cram as much as I can.
  Let's not beat the dead horse. / I won't beat around the bush.
  Can you give me a rain check? / Beats me!
  などに注意しておく。

[3]「難単語」では、altruism / serendipity / dementia / antebellum /
  apiary / prosody / acrophobia / chauvinism / atheism / feudalism /
  anthropology / apathy などに注意しておく。

| | Comments (0)

NBER Digest online

NBER Digest online

        (1) Housing Busts May Lower Household Mobility 
        (2) Total Compensation Reflects Growth in Productivity
        (3) The Federal Student Aid Process is Not Efficient
        (4) Hours Spent in Homemaking Have Changed Little This Century
        (5) How Costly is Diversity?
        (6) Reforming Social Security With Progressive Personal Accounts

| | Comments (0)

Cristina’s looking-glass world

Argentina
Cristina’s looking-glass world
Oct 23rd 2008 | BUENOS AIRES
From The Economist print edition
A short-sighted plan to nationalise private-pension funds in Argentina

| | Comments (0)

Ve Banxico más riesgos

Ve Banxico más riesgos
José Manuel Arteaga
El Universal

Viernes 24 de octubre de 2008

La caída del peso puede afectar la estabilidad financiera: Everardo Elizondo

jose.arteaga@eluniversal.com.mx

El incremento abrupto del dólar en México podría tener efectos negativos muy graves sobre la inflación y la estabilidad del sistema financiero, reconoció el subgobernador del Banco de México, Everardo Elizondo.

En Cholula, Puebla, en el marco del Consejo Latinoamericano de Escuelas de Administración que se realizó en la Universidad de Las Américas, Elizondo mencionó que, en forma inmediata, en una economía abierta como la mexicana, el incremento del tipo de cambio se transforma en una presión inflacionaria sobre los precios de los bienes comerciales internacionales.

“Por un simple efecto aritmético, ello se traduce en un alza del índice general de los precios y, dada la rigidez temporal de los salarios nominales, con toda probabilidad, en una caída del salario real”, dijo.

El subgobernador enfatizó que las opiniones que planteó son “exclusivamente de mi responsabilidad y no debe atribuirse a la Junta como un todo”.

El subgobernador de Banxico planteó que la variación abrupta del tipo de cambio introduce en el ámbito financiero un elemento de incertidumbre.

“A la luz de la amarga experiencia de los agentes económicos mexicanos con situaciones similares, en ausencia de un factor estabilizador —como ha sido la intervención discrecional de Banxico— el episodio podría dar lugar a un deterioro de las expectativas sobre el futuro del tipo de cambio y, a su vez, a una corrida contra el peso”.

Elizondo defendió la intervención del banco central en el mercado cambiario, donde subastó del 8 al 23 de octubre un total de 13 mil millones de dólares.

Ayer, Banxico subastó mil 96 millones de dólares, con la intención de contener la debilidad del peso, debido a que el tipo de cambio llegó a ubicarse en 14.50 pesos por dólar al menudeo y cerró en 13.70 al mayoreo.

Desde el 4 de agosto de 2008, cuando el tipo de cambio fue de 9.87 pesos por dolar, la moneda mexicana se depreció 39%.

David Robinson, subdirector del departamento del hemisferio Occidente del Fondo Monetario Internacional (FMI), afirmó que lo acontecido en el mercado cambiario genera tensiones económicas.

Expuso que una de las recomendaciones a los bancos centrales, incluido el Banco de México, es que mantenga la liquidez en el mercado interno.

Además de mantener una revisión constante de la inflación e impulsar políticas fiscales para estimular el crecimiento.

El directivo del FMI reconoció que ajustarán a la baja las proyecciones económicas de México y del mundo, porque “la desaceleración será más pronunciada de lo que hemos pronosticado”.

| | Comments (0)

Foreign visitors to Japan down 7% in September

 Foreign visitors to Japan down 7% in September.  「NHK081024tourist.txt」をダウンロード .

| | Comments (0)

US Yield Curve Watch

081024yield  US Yield Curve Watch。ちなみに、データはBloombergで見て使っております。今日は、大きな変化、幅広く金利が下がっており、これは二つの可能性、第一は、おそらく景気後退を市場が予感していることを指しているか、連邦準備が金利を下げることを見越したかどちらか。なお、2年ものまでのコブは小さくなっている。1.5%がある意味をもっているのは変わらないが、2年ものまで1.5%をわずかに下回っているのは、やはり金利下げを見越したのだろう。今日はflat化というよりsteep化。

| | Comments (0)

More Commentary on the Financial Mess (Mankiw)

  More Commentary on the Financial Mess collected by Mankiw.

| | Comments (0)

A helping hand to homeowners (Economist)

A helping hand to homeowners
Oct 23rd 2008
From The Economist print edition
Some economists think the credit crisis needs to be fixed at its source—in America’s housing market

| | Comments (0)

Dani Rodrik calls for financial support from IMF towards developing countries

  Dani Rodrik calls for financial support from IMF towards developing countries.  Aso (or Nakagawa) initiative of using Japanese foreign reserve at IMF will be along this line, certainly.

| | Comments (0)

US Yield Curve Watch

081023yield  2年ものの落ち込みが直らない。ひょっとすると、2年にわたる景気停滞を予告しているのか。flat化は進行中かしら。

| | Comments (0)

BM aumentaría de manera significativa su apoyo a México

BM aumentaría de manera significativa su apoyo a México
(El Economista)
El organismo financiero internacional destacó que podría aumentar de manera significativa el apoyo financiero que otorga a México, que este año ascendió a 2,000 millones de dólares.

La desaceleración económica mundial puede afectar a la población más pobre de México y genera un riesgo de desempleo, advirtió el director del Banco Mundial (BM) para México y Colombia, Axel Van Trotsenburg.

En rueda de prensa expuso que la caída que han registrado las remesas que llegan a México desde el exterior, puede afectar directamente a los grupos con ingresos más bajos, que son los que reciben estos recursos.

No obstante, dijo, el Banco Mundial ha convenido con el gobierno de México que cooperará en
función de las necesidades del país para reaccionar rápidamente ante esta crisis.

Destacó que el organismo financiero internacional podría aumentar de manera significativa el apoyo financiero que otorga a México, que este año ascendió a 2,000 millones de dólares, que equivale a entre 0.2 y 0.4% del Producto Interno Bruto (PIB) nacional.

| | Comments (0)

北京の空:James FallowsによればFeels like home again!だそうです。

 北京の空:James FallowsによればFeels like home again!だそうです。スゴイ。

| | Comments (0)

Big Currency Bets Backfire (WSJ)

* OCTOBER 22, 2008
Big Currency Bets Backfire
Huge Losses From Dollar's Gains Surface at Companies in Developing World

こりゃ、財テクだわ。ヤレヤレ。読むには、「big_currency_bets_backfire...pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

US Yield Curve Watch

081022yield_2  US Yield Curve Watch。Previous Closeと比べると、flat化が進行で予想通り。2年ものが落ちているのはなぜだろう。ここは市況の需給なのかもしれない。しかし、1.5%が下限である。そして、5年ものの普通の国債と物価連動債のyieldを比べたインフレ期待を見ると、一時はゼロを切ったのである。とうとうデフレ・ゾーンまで来てしまった。これは、Yield Curveのフラット化と整合的。
081022infexp つまり、当面の市場はsecond stimulus packageに悲観的ということかしら。それとも、それを織り込んでもこんなものということかしら。

| | Comments (3)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。ゼミポスター印刷するSさん慰労してから、2時限は開発経済論、暑くてゴメンね。昼に、なんと、卒業生のIさんがsurprise visit、たった10分しか喋られなくて恨めしい、またこんどね。昼は即席麺。3時限、2年ゼミ、ディスプレー不調、ゴメン。4・5時限、3年ゼミ、就活話後、Mさん、Gさん発表。お疲れ様。ミクロと会計が繋がりますでしょうか。泥眠帰宅。

| | Comments (2)

Must-read paper

  Parece que este es definitivamente un articulo de "must-read", de parte de Dani Rodrik.

| | Comments (0)

US Yield Curve

Us081021  3ヶ月ものが上がってきて、これは安全への逃避がおさまっていることと整合的、2年ものまでは1.5%よりちょい上で、おそらくFederal Fund Rateに下限がある。そこからはこころなしかflat化しているよう。金融不安がおさまると、三ヶ月ものは上がるだろうが、2年まではもう1.5%で寝てしまうのかもしれない。利下げをしたときに、2年ものが下がるのか興味津々。金融政策の砲弾はほぼ金融不安解消に使ってしまっているので、不況当初の総需要不足については、財政でなんとか支援してもらいたいという、バーナンケの願いは見事、保守派には曲解されている。可哀想に。

| | Comments (0)

WSJはバーナンキに怒り心頭。

    * REVIEW & OUTLOOK    * OCTOBER 21, 2008
Bernanke Endorses Obama
There was a time when Fed chairmen feared to even seem political. う~む、怒っている。

| | Comments (0)

オバマとボルカーの親交

 Volcker Makes a Comeback as Part of Obama Brain Trust  こういうものを書かせるとWSJは非常にうまい。

| | Comments (0)

ちょっと珍しいクルーグマンもの

 クルーグマンがNY Review of Booksで大統領選挙について書いている。Joan Didionとか懐かしいなぁ。

| | Comments (0)

En máximos tasas de intérés en México

En máximos tasas de intérés en México
Martes 21 de octubre (08:47 hrs.)
    * El bono a 10 años (M16) se cotiza en 9.59%;  el bono a 20 años (M24) se compra en 9.92%
    * Se trata de una respuesta a la inestabilidad en los mercados internacionales y a la debilidad del peso
El Financiero en línea

| | Comments (0)

FRB議長 景気刺激策を支持

FRB議長 景気刺激策を支持。「NHK081021Bernanke.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。Aさんと懇談。2時限、卒論会合、Aさん、Kさん、Kさん、Wさん。自分の課題をしっかり進めましょう。Kさん、good songsでした。Nさんと面談。Tさんと面談。昼飯はカップヌードル。Gさんと面談。Oさん、Sさん、Yさん、ゼミポスター印刷よろしく。授業準備。Oさん、Sさんと懇談。N先生差し入れ、Thanks。帰宅。

| | Comments (0)

La caída del peso multiplica deudas

La caída del peso multiplica deudas
Ramiro Alonso ramiro.lucero@eluniversal.com.mx
El Universal

Lunes 20 de octubre de 2008

Están en riesgo empleos Pasivos de corto plazo crecieron en promedio 23%

Los pasivos en dólares de varias empresas nacionales reportaron grandes incrementos, debido a la depreciación acumulada del peso, que en las últimas semanas superó 32%.

Según Arnulfo Rodríguez, analista de Banamex Accival, del 30 de junio al 10 de octubre, la deuda de corto plazo en moneda extranjera aumentó en promedio 23% para las compañías mexicanas.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼にゼミ連執行部会合、ゼミポスター印刷よろしくね。3時限はミクロ、教室移動しました。4時限はNさん、Nさんがいらして、ちょい会話。5時限はJapanese Economy。Nさん訪問。帰宅はA先生、Nさんと一緒。

| | Comments (0)

ジャン

 2008年夏の収穫。「トEIC080928.JPG」

| | Comments (0)

yield curves

 金融不安から実物経済(non-financial economy)の不況の程度にかかる、これからはイールド・カーブも見ないとね。

Us081019yieldまずは、米国(Fed Fund Rate: 1.5%)のイールド・カーブ。2年もの以上は1.5%以上。Fed Fund Rateはそう遠くない先に0.5%まで行っても不思議はない。


Uk081019yield_2 次に、英国(政策金利は4.5%)のイールド・カーブ。8年ものが4.5%付近。ここはインフレ期待はどうなのだろう。ようわからん。

Jp081019yiled 最後に、日本(政策金利は1.5%)。だいたい1.5%以上。金融不安は彼の国々ほど見られないが、普通の不況で、金利下げが予想される。

| | Comments (0)

Se colapsa coloso calderonista

Se colapsa coloso calderonista
TEXTO REDACCIÓN politica@eluniversal.com.mx
El Universal

Domingo 19 de octubre de 2008

La pérdida de 10 mmdd de las reservas de divisas y la devaluación del peso que llegó a los14 por dólar orillaron al titular de Hacienda, Agustín Carstens, a lanzar acusaciones contra empresarios; éstos lamentaron que mientras el Presidente llama a la unidad, su secretario “disparara” contra la IP. El prestigio del funcionario se evapora

読むには、「eluniversal081019derivado.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Sacude crisis a América Latina

Sacude crisis a América Latina
Redacción
El Universal

Domingo 19 de octubre de 2008

La crisis, generada ahora en las naciones desarrolladas, ya provocó un daño severo en los países de América Latina, pese a los ajustes que éstos han aplicado en sus políticas macroeconómicas durante varios años, a causa de los problemas financieros que han vivido

| | Comments (0)

Fortalecen México y Japón su asociación económica Economía

Fortalecen México y Japón su asociación económica Economía - Viernes 17 de octubre (11:20 hrs.)

    * Ambos países revisan su relación bilateral
    * El gobierno mexicano invita al país nipón a participar en las festividades del Bicentenario de la Independencia

El Financiero en línea

México, 17 de octubre.- Los gobiernos de México y Japón acordaron fortalecer la asociación económica que firmaron en 2003 durante la II Reunión de Consultas Políticas Bilaterales celebrada esta semana en la capital mexicana, informaron hoy fuentes oficiales.

La Secretaría de Relaciones Exteriores (SRE) de México explicó en un comunicado que en este encuentro, encabezado por los vicecancilleres María de Lourdes Aranda, de México, y Kenichiro Sasae, de Japón, se hizo una revisión de todos los aspectos de la relación bilateral.

En la cita las delegaciones reiteraron la invitación para que los gobernantes de ambas naciones realicen visitas mutuas a los respectivos países "tan pronto como sus agendas lo permitan".

México invitó al gobierno japonés para que participe "activamente" en las festividades del Bicentenario de la Independencia y el Centenario de la Revolución Mexicana que tendrán lugar en 2010.

También revisaron las actividades para conmemorar este año el 120 aniversario del establecimiento de relaciones diplomáticas y los 400 años del primer contacto entre ambos pueblos.

En la reunión los delegados repasaron los avances de la relación económica, en particular para promover en la cooperación y la inversión.

Asimismo, se analizaron las diversas medidas adoptadas por las dos naciones para afrontar la crisis financiera internacional y examinaron la situación en Asia y América Latina. (Con información de EFE/MCH)

| | Comments (0)

Ven baja en porcentaje de población en pobreza (el Financiero)

Ven baja en porcentaje de población en pobreza
Economía - Sábado 18 de octubre (12:20 hrs.)
    * A nivel estatal, la mayoría de las entidades también registraron disminuciones estadísticamente significativas
    * Aunque a nivel municipal se muestra una tendencia heterogénea
El Financiero en línea
México, 18 de octubre.- El Consejo Nacional de Evaluación de la Política de Desarrollo Social (Coneval) señaló que, de acuerdo con datos de las Encuestas de Ingresos y Gastos de los Hogares 2000 y 2005, "se observa una disminución del porcentaje de la población en situación de pobreza a nivel nacional".

| | Comments (0)

Robert Skidelsky: We Forgot Everything Keynes Taught Us

We Forgot Everything Keynes Taught Us
By Robert Skidelsky (WaPo)
Sunday, October 19, 2008; B03 (Pointer to Mark Thoma)

| | Comments (0)

La pérdida de 10 mmdd de las reservas de divisas y la devaluación del peso

Domingo 19 de octubre de 2008 (El Universal)
En una semana, el coloso del gabinete de Felipe Calderón se colapsó. El secretario de Hacienda, Agustín Carstens, reconocido, respetado, sólido en sus posiciones, vio evaporado su prestigio al entrar en una espiral de declaraciones contradictorias por la pérdida de casi 10 mil millones de dólares de las reservas, y una devaluación del peso que en sus peores momentos llegó a tasarse en 14 por dólar, perdiendo la fuerza construida por meses.

| | Comments (0)

US GDP成長率の今後

 Econbrowserの卓抜なポスト。ちなみに最初のグラフの縦軸はreal GDPを自然対数で変換したものです。このまま行くと、de LongのPlan B、つまり、deflationary prospectが設備投資を減退させるというチャネルがこれから動く可能性があるようだ。

| | Comments (0)

Mankiw: Taxing the Uninsured

Mankiw: Taxing the Uninsured.

That is, the Obama policy continues, even reinforces, a strong policy-induced preference for employer-provided over individually-purchased health insurance.

| | Comments (0)

Anna Schwartz speaks. (WSJ)

  At WSJ, Anna Schwartz speaks.  Mark Thoma explains.

| | Comments (0)

FT's 2008Business Book of the Year

FT's 2008 Business Book of the Year
The winner is Mohamed El-Erian for When Markets Collide. Mr El-Erian is a co-chief executive of PIMCO, the world’s biggest bond fund manager.

| | Comments (0)

米国のデフレの可能性

081019expinf_2  WSJ's Real Time Economics. very timely。えぇと、以前のポストで参照しましたけど、たしかその後、マンキューも考えていて、たしかsegregated market仮説を支持していたように思います。5年もの国債で、普通の国債とprice-indexedのものの差をとったグラフを時々つくってみていますが、とうとう0%近くまで来てしまいました。10月15日でそれぞれ2.90%と2.76%です。昔の私のオバマ仮説は、リーマン破綻以降は崩れてしまいました。リーマンが破綻しなければ、結構あたっていたように思いますが、、、。

| | Comments (0)

Seoul tries to restore confidence

Seoul tries to restore confidence
By Song Jung-a in Seoul (FT)
Published: October 17 2008 18:54

South Korea plans to raise spending and cut taxes as part of emergency measures to stabilise its economy in the wake of devastating falls in the won and on the Seoul stock market.
 金利も下げるそうだ。金利を上げて、ドルへの逃避を避けるというのが、昔のアジア金融危機のときのIMF他の一般の処方箋であった。

| | Comments (0)

October Grand Kabuki, Evening Show

HONCHO NIJUSHIKO -Jusshuko, Kitsunebi-
(The Japanese Examples of Filial Piety - The Incense Burning, Foxfires)
Princess Yaegaki is mourning the death of her fiance Katsuyori, but as she burns incense in his memory, she notices the resemblance between the new gardener and her fiance's portrait. The gardener is in fact Katsuyori, who has entered the household in disguise to regain possession of a stolen family treasure, a famous battle helmet, with the aid of an accomplice, Nureginu, a woman who also mourns for the man that died in the place of the real Katsuyori. Unfortunately, Yaegaki's father has also seen through the disguise and plans to kill Katsuyori and Yaegaki decides that she must save the man she loves. Taking the helmet, she runs after Katsuyori while surrounded by mysterious fox fires caused by the fox spirit closely associated with the helmet. As she takes on superpowers with the magic of the fox, she begins moving like a Bunraku puppet with an actor as the puppeteer (Onoe Ukon). The role of Princess Yaegaki is one of the most important onnagata female role specialist roles and this month will be played by onnagata superstar Tamasaburo.
YUKI NO YUBE IRIYA NO AZEMICHI
(Naozamurai and Michitose)
The thief Naozamurai has been betrayed and is on the run. He risks one last meeting with his lover, the courtesan Michitose, but he has never revealed his true identity to her and as far as she knows, he is a wealthy merchant. On a freezing, snow-bound night, in a romantic scene accompanied by the lush and erotic singing of Kiyomoto narrative music, the two lovers Naozamurai and Michitose meet and part forever. Starring Kikugoro as Naozamurai and the popular young star Kikunosuke as Michitose.
HANABUSA SHUJAKU JISHI (Courtesan Lion Dance)
Lion dances show a vigorous masculine spirit that is the guardian of a sacred mountain in China. But the kabuki tradition transforms this fierce dance into a showpiece for an elegant female role specialist. Fukusuke stars as a top-ranking courtesan dancing elegantly in a banquet parlor who is then transformed into a feminine version of the spirit of the lion.

Fukusuke was great.  Kikunosuke as Michitose was very beautiful.

| | Comments (0)

たしかに凄いお言葉

Keynes (FT):  "Words ought to be a little wild, for they are the assaults of thoughts on the unthinking." (Pointer to Krugman) このままだと付加価値が全く無いので、直訳してみよう。『言葉は少し乱暴じゃないといけない、というのも、言葉こそは、考えることをしないことへの思考の攻撃だからだ。』もちろん、考えない乱暴な言葉は最低なんだ。私も気をつけよう。

| | Comments (0)

Plan Gなど

 Brad de Longが論説で出したPlan GのようにPaul Krugmanも"Let's Get Fiscal"を出している。ある世代以上の人にはおなじみだが、おそらくオリビア・ニュートン・ジョンの"Physical"のサビである"Let's Get Physical"の駄洒落かもしれない(違うかもしれない)。要は財政均衡などと言わないで、政府がインフラ建設まで手がけるとよい、との提言。
 関連するのだが、Mark Thomaが失業はSectoral Reallocation (Phelps)によるnatural unemployment rateの上昇なのか、そうではないのかという重要点についてサンフランシスコ連銀の研究を使って考えている。どうもそうではないらしい(未だ始まっていない?)とのこと。さて、自然失業率の動向と、自然利子率の動向は逆相関するのか?今は、おそらく総需要不足の状況だろう。しかし、設備投資が市況環境への見通しにより、あまり伸びないであろうし、企業融資もあまり芳しくないだろうから(マイルドなfinancial accelerator)、供給側の供給ショックがじわりとにじみ出てくるだろう。同時に、雇用面での部門間再配分が起きるだろうから、自然失業率はじわじわと高まり、同時に自然利子率は下がってくるのかもしれない。そうすると、当初(つまり今)の需要ショックを抑えるために利下げした連邦準備(次回は注目)は、この低利子率を2年間は続けていくこととなろう。この米国のここ5年の設備投資の動向ってどんな感じだったのだろうか。
 もうwild imaginationの世界の話だが、1991年から2002年までの日本の12年を3~4倍の速さで駆け抜ける(私はDog Year Modeと勝手に読んでいる)とすると3~4年、2007年夏から始まったとすると、今は3合目あたり。ここから実体経済(non-financial economy)に問題が出てくる。コーン副総裁は、景気動向にかなり悲観的な見方をみせたらしいが、アジア経済危機は、ズドンと落ちた後に、かなりの回復を(輸出主導で?)見せた。メキシコも98年からの回復は輸出主導だった。米国は内需中心だし、住宅部門は大きいのでなかなかきついだろう。ここが先進国と中進国の違いだろう。
 クルーグマンで言うと、Dixitがノーベル賞受賞理由の解説を行なっている。来年の受賞予想までしている。ローマー、グロスマン、ヘルプマンで内生的成長とのこと。
 さて、米国経済に戻ると、住宅部門をどう立て直すかというのは非常に大事な課題だ。レヴィットがゲストとして、Price V. Fishback(凄い名前だ)を招いて、大恐慌時の住宅ローン機構Home Owners' Loan Corporation (HOLC)について触れている。これは読まないといけない。
 では、日本経済の司令塔はどう見ているのかというと、これは新装開店した経済財政諮問会議の初会合ということになろう。たぶん、岩田議員が「世界的金融危機への対処について」を出しており、吉川議員が「社会保障・税財政一体改革への道筋の明確化に向けて」を出している。後者は未見だが、7頁の文書で、これは読んでおいたほうがいいかも。
 前者の多少ユニークなところはCDSの清算機関の提唱である。

決済リスクを軽減するため、CDS(※)など金融派生商品に関する清算機関の設置(相対取引のリスクのネット・アウト化)
※CDS(Credit Default Swaps)とは、信用状態に関わる事由が生じた場合に金銭を支払うことを約束する取引。相対のCDS取引は世界全体58兆ドル(BIS、07年末)。

よく知りませんが、これがピムコやブラックロックのように実物の不良資産のように民間でやれるのか、それとも、公的機関がやらなければいけないのか興味深い。リスクが実現しているときに、ネット・アウトできるのだろうか?与謝野議員は正直である。

(問)民間議員ペーパーの「世界的金融危機への対処について」の2ページ目の上に書いてあります、デリバティブに関する「清算機関の設置」という項目に関してなんですけれども、ここに関しまして、今日、民間議員から何か意見があったかということについてお聞かせ下さい。
 あと、今後これを進めていくのかどうか、進めていくとしたらどういう段取りで進めていくのかというところをちょっとお聞きしたいんですけれども。

(答)これは、そのペーパーにも「58兆ドル」と多分書いてあったと思うんですが、6,000兆円になんなんとするCDSの証券化されたものの残高があります。
 このCDSのもともとの貸し借りは、多分それの10分の1ぐらいの規模でありますが、これを一つ一つほぐしていくということは、このCDSの取引が、市場取引というよりもオーバー・ザ・カウンターが非常に多いという特徴もあって、これをほぐしていくのは何らかの、やっぱり仕組み、工夫が必要だと、そういう意味で書かれている。
 また、具体的にどうすればいいかというのは、問題が非常に奥深いので、そう簡単に、こういうCDS解消の決済の仕組みというのは、考案するところまではいかないんですけれども、しかしながら、取引を一つずつ解消していくという意味では、何らかのそういう取引の場というものが必要だという認識を民間議員ペーパーは示されたと、私の理解度ではそこまでしかわからない。

 あと、政局やマクロ絡みでは、もう一点あって、これも与謝野議員の記者会見で明らかになる。

(問)今日、かなり長時間にわたって議論をしていたようなので、もう少しこの議論の中身を知りたいんですが、まず「金融危機への対処」のところで、民間議員のペーパーにも「単なる短期的な総需要対策ではなく」という部分が入っていて、これは麻生首相の方針でもあると思うんですけれども、一方で、与党では、短期的な総需要対策ともとれるようなものが、結構、案として出ているようなんですけれども、これについて民間議員なり出席者から何らかの意見の交換はありましたか。

(答)党側の意見というのは、正式なまとまった形では出てきておりません。しかし、概して、総需要対策というものには否定的な御意見が出てきましたし、私が伺っている限り、党のほうで考えておられる政策の中で、公共事業は当然ありますけれども、それは必要な政策を行うために必要な公共事業であって、いわゆる「総需要政策」としての公共事業というものは、一切含まれていないというふうに現段階では理解をしております。

(問)党側の話は理解しましたが、要するに、今日の会議の中で出席者からこの部分について、何らかの意見の交換はありましたか。

(答)この部分については、岩田議員の紙の段階で議論はとどまっております。

(問)それで、基本的に、このペーパー2枚とも、基本的にはこういった方針で政府としていきましょうということで、そのコンセンサスは得られたんでしょうか。

(答)得られました

 下線は私が引きました。この部分からも、岩田議員がこのペーパーを書いたことは証明できるのだが、こういう論点整理だということである。深読みすれば、景気対策(循環要因)は日銀やってね、ということであるが、これに備えた白川総裁の配布資料は非常にdefensiveで、今後の日銀の行動を示唆している。石油価格が落ちてきたので、いわゆるコアの消費者物価の動向が気になるところだ。総裁は、講演でリスクは上方にも下方にもと言ったらしい。連邦準備が金利を下げる可能性があるらしいだけに、通常の景気後退に際してフォーワード・ルッキングにどうするのだろう。今から金利を下げても、後追い感は強いのだが、、、。物凄く偏った政局読みをすると、衆議院選挙を控えて、金利引き上げを提唱する人々が多い民主党に配慮しており、とにかく選挙前に副総裁を手に入れるということがプライオリティなのかもしれない。そう読まれると心外だろうが、まぁ平仄は合っているような気がする。

| | Comments (4)

Nikkei Net: 原油タンカーなど海上運賃が急低下 世界景気減速で

原油も落ち、運賃も落ちる。

原油タンカーなど海上運賃が急低下 世界景気減速で
 米国発の金融危機を端緒にした世界的な景気減速を受け、海上運賃が急低下してきた。原油をはじめとする資源輸送船の運賃は軒並み安。消費財など製品の輸送も急減速している。運賃の低下は荷主のメーカーにとってはコスト減につながるが、世界経済の高成長を前提にしてきた世界的な新規造船ラッシュにブレーキがかかる可能性も出てきた。
 大型原油タンカー(VLCC)はスポット運賃が年初に比べ半値近くに急落した。けん引役だった中国の石油需要が7月以降急減したためだ。新興国の物流に陰りが出始めた。(16:02)

資源運搬船、運賃急落 5月最高値の半分
 高騰していた鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶ外航ばら積み船の運賃が急反落している。国際指標のバルチック海運指数(1985年平均=1000)は5日現在、前日比211ポイント安の5663となり、7カ月ぶりの低水準を記録。5月20日の史上最高値(1万1793)に比べ52%急落した。
 外航不定期船市場で鉄鉱石船や穀物船の運賃は北京五輪が始まった8月上旬から下落が加速した。五輪開催の前後に鉄鋼など中国の素材メーカーによる資源や原料調達が止まり、輸送量が急速に鈍ったのが背景だ。新興国の資源需要拡大で高騰を続けたばら積み船の運賃は転換点を迎えたとの見方も出始めた。(06日 07:00)

そうか、5月が最高値だったのか。原油は7月か。

| | Comments (0)

NY oil futures dip below 70 dollars per barrel

NY oil futures dip below 70 dollars per barrel。読むには、「NHK081017oil.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

We need to guard against destructive creation

We need to guard against destructive creation
By Jagdish Bhagwati (FT)
Published: October 16 2008 19:13

In each case, the assumption was that financial innovation was like non-financial innovation. When the personal computer was invented, the economy profited without upheaval. The typewriter became obsolete – an example of what Joseph Schumpeter famously called “creative destruction”. But with financial innovation, the downside can be lethal – it is “destructive creation”. We have to work hard at defining the downside scenarios.

| | Comments (0)

From Plan A to Plan G (Brad de Long)

An easy to read piece.  From Plan A to Plan G by Brad de Long. 読むには、「guardian2008_oct_16deLong.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

on Paul Krugman by Economist

on Paul Krugman by Economist:

Sometimes a good economist, like a good columnist, succeeds not by making a point before everyone else, but by making it better than anyone else.

Probably that is what economists are all about.

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 9時半到着。授業準備。昼食は手作りカニコロッケ定食。授業準備。雑務。会議。H先生に誘われて、ちょいdrink。帰宅。

| | Comments (0)

A few observations

  Many commentators have noted that thanks to advanced information technology (i.e. Internet), we could share all the important information and exchange ideas all over the world.  Now, there are three gaps in three fronts.  First, on the social sphere, many young ones, at least in Japan, prefer being exposed to information over the Internet to real social exchange.  That is worrisome.  I hope I could get some assurance from sociologists.  Second, on the political sphere, big newspapers in Japan have hesitated to be involved with Internet.  I don't see any newspapers put recent stimulus package draft on the web site.  That is what they should do using ample web space.  That is a behavior typical of collusive oligopolists, isn't it?  Are we insured on our right to know?  Political scientists, please examine our democracy.  Third, I have not digested enough the analysis on our lost decade in order to put current crisis well into perspective.  That is what I should do.  I know I have tons of books.

| | Comments (0)

WSJ Interactive Map: A Crash Heard Around the World

OCTOBER 13, 2008
A Crash Heard Around the World
Financial Danger Zones Emerge in Many Corners as Investors Feed Global Downturn by Trying to Flee It (Pointer to this site and originally to Econbrowser)

| | Comments (0)

ALAN S. BLINDER and R. GLENN HUBBARD: Blanket Deposit Insurance Is a Bad Idea

ALAN S. BLINDER and R. GLENN HUBBARD: Blanket Deposit Insurance Is a Bad Idea (WSJ)

Memo to Washington: Take a deep breath and ask, "What is the problem that unlimited deposit insurance is meant to solve?"

It is not people lining up to take their money out of banks. There appears to be little banking panic among retail customers.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は開発経済論、City of God終了。強いイメージ圧力がかかる厳しい環境で質問能力を維持できるか訓練。昼休みに昼食は2個のおにぎり。3時限は2年ゼミ、グループ・ワークやって、ミクロ講義(囚人のジレンマ)。4・5時限は3年ゼミ、企業の経済学。Kさん、よくやりました、偉い!Mさん、良いスタート。二人とも感心、感心。帰宅。

| | Comments (0)

Hope Fed action will help cut repurchase ‘fails’ (FT)

Hope Fed action will help cut repurchase ‘fails’ (FT)  I really have to think this through.

| | Comments (0)

Borrowing costs remain high (FT)

Borrowing costs remain high (FT)

This leaves the so-called Ted spread, which measures the difference between interbank lending rates and risk-free government lending rates, at a hefty 420bp. “These developments suggest that the market is reducing the odds of imminent financial Armageddon, but that significant year-end funding issues remain,” said TJ Marta, strategist at RBC Capital Markets.

081015tedspread1week

| | Comments (0)

日本経済新聞2008年10月15日経済教室

 伊藤元重氏によるポール・クルーグマンの受賞理由解説。well-balanced。日本人ではもっとも最適な人に頼んだのかもしれない。クルーグマンが経済地理学に行ったことと、伊藤氏がビジネス・エコノミクスに行ったのはパラレルかもしれない。

| | Comments (0)

JAPAN'S BANK BAILOUT: SOME SIMPLE ARITHMETIC

  Krugman. "JAPAN'S BANK BAILOUT: SOME SIMPLE ARITHMETIC".  I have to go over this again.  Pointer to this site.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限、卒論会合、on track。昼はパスタ、Nさんとしばし雑談。授業準備、雑務。Mさん訪問。Nさん、Iさんと雑談。帰宅。

| | Comments (0)

Robert J. Shiller: The Subprime Solution

41yhgdymvpl__sl500_bo2204203200_aa2  Robert J. Shiller. 2008. The Subprime Solution: How Today's Global Financial Crisis Happened, and What to Do about It. (Princeton).  Talebの"Robert Shiller is a visionary"という言葉が言いえて妙の、democratizing financeの手段を議論するシラーの本。この進歩主義は素晴らしい。

| | Comments (0)

ポール・クルーグマン、ノーベル経済学賞を取る

 2008年のノーベル経済学賞はポール・クルーグマンがとりました。多くの経済学者が祝福をしています。ダニ・ロドリックのコメントは面白いです。マンキューはやや控えめ。レヴィットはこれ。レビューとして推奨されてるのはMarginal RevolutionのTyler Cowenのもの。これからもドンドン出てくるでしょう。国際経済学を多少なりともかじったものとしては当然のことですが、ヘルプマンと共著の国際貿易の二冊の教科書、国際貿易再考の論文集、currency crisisの赤い論文集、経済地理学の本、などなどと読みました。今も、開発M1の学生と、Popular ReadingですがA country is not a companyを輪読しながらnational developmentともcompany's competitive advantageとも違うlocal developmentを考える作業をしています。Popular Readingとしてはこれはベストに近いと思っています。Thank you for inspiring us a lot!  これが選考委員会によるオフィシャル解説。

| | Comments (0)

世界資産報告2008

 メリル・リンチは『世界資産報告』(World Wealth Report)をもう12年も出しているらしい。知らなかった。2008年はこれ

| | Comments (0)

The shocking errors of Iceland's meltdown

The shocking errors of Iceland's meltdown
By Richard Portes (FT)
Published: October 12 2008 18:49

| | Comments (0)

Reality Reaches Latin America (WSJ)

Reality Reaches Latin America (WSJ)
Once-Sheltered Economies Feel Pain as Commodities Weaken, Credit Freezes

| | Comments (0)

The list of McCain economists

This is the list of McCain economists, which includes M. Porter.

| | Comments (0)

Alan Blinder: Got $700 Billion? Sweat the Details

At NYT, Alan Blinder speaks about the detail of the TARP.

| | Comments (0)

ルイジ・ジンガルスのプランB

 A market-based solution from from Luigi Zingales.  住宅市場については住宅ローンの額面を住宅価格の低下分だけ減額する(代わりにhome equityをshareする)recontracting optionを、住宅価格が20%以上低下した地域だけにオファーして、住宅ローンを作り直す。同時に、銀行の特別倒産法制を作って、債務を資本化して新銀行として発足させる。ただし、株主に事前に債務を買うことができる条項をつけるという。
 勉強になる市場プランである。

| | Comments (0)

Mitsubishi and Morgan Stanley

 三菱とモーガン・スタンレーが再交渉しているとNYTが伝えている。日本政府は三菱の後ろについて、米国政府が資本注入したときにdiluteしないようにお願いしているという。

Morgan Stanley is in the midst of the gravest crisis in its 74-year history, even though analysts estimate that the bank has more than $100 billion in capital. Morgan Stanley’s shares price has plunged nearly 82 percent this year, closing at $9.68 on Friday.

Last month, Mitsubishi agreed buy about 21 percent of Morgan Stanley. The investment was to be made in the form of $3 billion in common stock, at $25.35 a share, as well as $6 billion in convertible preferred stock with a 10 percent dividend and a conversion price of $31.25 a share.

Under the proposed new terms being discussed on Sunday, Mitsubishi would still buy roughly 21 percent of Morgan Stanley, these people said. But all of the investment would be through preferred shares, with a 10 percent annual dividend. Many of those shares would be convertible into common stock, but the Japanese bank was trying to set a conversion price far lower than originally proposed.

Morgan Stanley and Mitsubishi have been in constant contact with government officials this weekend, these people said.

Mitsubishi and the Japanese government have sought assurances from the Treasury Department that if the United States were to decide to inject money into Morgan Stanley at a later time — a possibility some analysts do not rule out — that such a move would not wipe out preferred shareholders. The Treasurey has indicated that it might use some of the $700 billion bailout package to take direct stakes in banks, but it has not spelled out how it would do so.

 フィランソロピストであるジョージ・ソロス氏はFTのop-edで、優先株による公的資本の入れ方を議論している。

Managements of solvent banks would then have the option of raising additional capital themselves or turning to Tarp, which would state the terms on which it is willing to underwrite a new issue of convertible preferred shares. (Convertibles are better than warrants because the banks should not need additional capital infusions later.) The preferred shares would carry a low coupon, say 5 per cent, so as not to impair banks’ profitability. The new issues would dilute existing shareholders but they would be given preferential rights to subscribe on the same terms as Tarp and if they were willing and able to put up additional capital they would not be diluted. The rights would be transferable and if the terms were set right, other investors would take them up.
(中略)
Actions speak louder than words. Specifically, Morgan Stanley urgently needs rescue. The Treasury should offer to match Mitsubishi’s investment with preferred shares whose conversion price is higher than Mitsubishi’s purchase price. This will save the Mitsubishi deal and buy time for successfully implementing the recapitalisation and mortgage reform programmes.

 ソロスはどの銀行に注入するかは政府が精査して決めればよいと議論している。マンキューは民間が資本注入をするときに、政府が同時に同額を出せばよいと議論し、solvent bankを民間に判断させようというアイデアを出していた。WSJもそのように伝えている。今回の三菱とモーガン・スタンレーのケースはその模範例となるのかもしれない。
 海外の資本家(中東の大富豪?)は、おそらくこの三菱とモーガン・スタンレーの再交渉を注視しているだろう。財務省とFedは、もうリーマンの轍は踏めないのでモーガン・スタンレーは潰させられない。三菱が金を出した後にdiluteさせてしまったら、海外の資本家は新規資本を出すのを躊躇してしまうであろう。まさに、このdealは図らずも(?)TARPの試金石となる非常に重要なdealとなってしまった。つまり、2つのシナリオが考えられる。
 1)三菱とモーガン・スタンレーの交渉が上手く行かなかったら、リーマンの二の舞を恐れる米国財務省はTARPを使って資本注入するだろう。この場合は、(海外を中心とする)民間資本家は今後の新規資本の注入にしり込みするだろう。それは米国財務省は避けたい。
 2)そこで、米国財務省は三菱とモーガン・スタンレーの交渉を日本政府(金融庁?)と共に応援しながら、これを機会に新規資本の注入を行なうだろう。言わば、TARPの試金石である。三菱は少し良い条件(30ドル弱の転換価格?)で優先株を買い、ソロスの言うように、米国財務省はTARPを使ってそれよりも高い転換価格と悪い条件(5%のクーポン・レート?)で10億ドルぐらいを出すことになるのではないか。三菱が90億ドル出して、合わせて100億ドル。10億ドルは7兆ドルのTARP総額から比べると小さい額なので、残りはまだまだある。もしくは、上記プランだと、米国財務省はケチだという名声が立つかもしれないことを恐れて、米国財務省と三菱が50億ドルづつというmatching fund方式もsurpriseであるかもしれない。このあたりは、7兆ドル総額をどう売り込むかということだろう。不足だと思わせるのはまずいので多額はモーガン・スタンレーには使えない。でも、政府は渋いと思われると民間はさらなる逃避を続けるので、その間の金額を出さなければいけない。高からず、低からず、である。

| | Comments (0)

マンキュー第5版が出ちゃいました。

 マンキュー第5版が出ちゃいました。日本語版はどうなるのだろう。また翻訳パワポを直すあの煉獄の日々が来るのだろうか。う~む、怖い。

| | Comments (0)

Power and Politics in Iran (Foreign Affairs Nov. and Dec., '08)

It looks like Mr. Obama is informed.  Power and Politics in Iran.

The real decision-maker in Iran is Supreme Leader Khamenei not President Ahmedinejad. Blaming Iran's problems on President Ahmadinejad inaccurately suggests that Iran's problems will go away when Ahmadinejad does.

| | Comments (0)

Foreign Affairs 9月・10月号

 アジアについては船橋洋一。中南米についてはホルヘ・カスタニェーダ

| | Comments (1)

公的資金の投入が必要となる理由(岩本康志のブログ)

 公的資金の投入が必要となる理由(岩本康志のブログ)。insightful, crisp, and very cool.

| | Comments (0)

ルービニさんが喋っています。

 ルービニさんが、国際金融危機について喋っています。10月10日、Nouriel Roubini。テレビをつけると榊原・水野・渡辺氏が喋っています。

| | Comments (0)

オバマの経済アドバイザー、グールズビーを見るには

 オバマの経済アドバイザー、グールズビーを見るにはこれ(Pointer to Econbrowser)。最初の15分ぐらいでやめましたが、なかなか興味深い。

| | Comments (0)

サンティアゴ原則だってさ

 SWFのルール作り、サンティアゴ原則。(Pointer to RGE monitor)

| | Comments (0)

K祥寺の夜

Ts3k0002 Ts3k0003 Ts3k0004 Ts3k0005 Ts3k0006 80年代後半と、90年代末から2000年代最初という二つの時期によくお世話になったK祥寺。久しぶりに伺いました。

 左上から、1は「近鉄」⇒「三越」⇒今は「ヨドバシカメラ」。2はZARAがありました。3はタワーレコードがなくなりました。4、ラーメン屋「一えん」はありました。入りたい心を抑えて、5のAップル・Dイナーへ。70s and 80s hitがかかる「サラダピザ」が美味なダイナーです。入り口は、ハリーポッターのように呪文を唱えないと表れないかのような狭いところ。Maker's Markボトルが5千円なのは安いと思います。そうね、「東京で心の休まる所百選」に入れてもいいかも。

| | Comments (0)

発表誌はInternational Tax and Public Financeだったのね。

 Robert Flood、IMFだったかな、という方のためのコンファレンスの論文。Floodにはたしか、Peter Garberとの共著、そうそう、"The Linkage Between Speculative Attack and Target Zone Models of Exchange Rates,"がありました。二人でも書いていた。Peter Garberと言えば、Steven Weisbrod(私の師匠の一人)と一緒にを書いていて、一部抄訳もされてますが、この本は隠れた名著です(何度強調しても良いと思ってます)。その影響ですが、私の知る限り、このでもかなり使ってましたし、このでもお勧め本に入ってました。
 この論文の発表誌はInternational Tax and Public Financeだったのね。知って嬉しい。あの頃は、MITのWEB上でドラフトを出していたのだったような気がする。そうそう、たしか、あの有名なIt's Baaack!論文と同じ頃だったような気がする。今のようにRSSもなく、のんびりとインターネットでone click awayを楽しんでいた牧歌的な時代は10年前。

| | Comments (0)

米国金融危機の理解(修正版)

 米国金融危機についての講義用ファイルをアップデートしました。「081011USfin_crisis.pdf」をダウンロード

| | Comments (561)

2008年10月9日WSJのfront page

2008年10月9日WSJのfront pageを見るには、「WSJ081010Frontpage.jpg」をダウンロード

| | Comments (0)

US price deflation on the way (John Muellbauer)

US price deflation on the way (John Muellbauer).  It is an important piece.  So, he noted:

A key element of the models is the long run adjustment in consumer prices to costs and other prices. Unit labour costs in the US are central to the model and have remained low despite higher goods price inflation. House prices have a powerful effect in the model but enter with a long lag. Part of the reason for their importance lies in the role of rents in the consumer price index, but they may also reflect other macroeconomic influences. House price falls have offset some of the recent inflation from higher oil and food prices and will now be a major deflationary force. Since oil and food prices are falling sharply and have further to fall, while unemployment shoots up, US consumer price inflation must fall at record rates over the next 6-12 months. It is entirely credible that the US inflation rate measured over 12 months will become negative within the next 18 months.

This fits with market expectation reflected in bond yield.  An important lesson is as follows:

Then the debate about whether monetary policy can stem deflation and whether the zero lower bound on interest rates is a constraint will really begin. These were the issues mistakenly raised in 2001-3 when the strong US response of credit, the housing market and consumer spending to lower interest rates should have made the debate redundant. Influenced by a misreading of Japanese experience, this led to excessive protection against the ‘tail risk’ of deflation and helped to fuel the credit and housing bubble whose collapse triggered the current recession.

Well, Greenspan might have regretted this, and Bernanke must have got the lesson.  An important caveat, though:

Paradoxically, the faster oil prices now fall and boost household budgets, the shorter will be the period of deflation that follows. The lessons from the Japanese experience of the ‘lost decade’ about the need to refinance the banking system have been learnt. This and important differences between the structure of the Japanese and the US economies make a ‘lost decade’ for the US most unlikely.

So, what are the differences?  Here is what he said one year ago at Jackson Hall.
John_muellbauerSo, against his optimistic interpretation about the future, the correct reading of his paper could be that if US financial system one year from now functions as well as two years ago, the escape from deflationary period will be quick.  Are we sure about that?
Another interesting finding is income effect dominates substitution effect as for the real interest rate's impact.  Surely, Democratic Party of Japan guys must have read this paper in calling for the raise in interest rate for the households.  A very interesting finding. 

| | Comments (0)

Legendary Mistake

Japanese language is hard to swallow.  Here goes a legendary mistake by FT.

Yamamoto files for bankruptcy
By Michiyo Nakamoto in Tokyo
Published: October 10 2008 19:27 | Last updated: October 10 2008 19:27

Yamato Life Insurance on Friday filed for bankruptcy with Y269.5bn ($2.7bn) in liabilities. It becomes the first direct casualty of the global financial crisis in Japan’s financial sector.

| | Comments (0)

G-7 statement

I need official Japanese translation.  I've got it.

G-7 Finance Ministers and Central Bank Governors
Plan of Action

Washington— The G-7 agrees today that the current situation calls for urgent and exceptional action. We commit to continue working together to stabilize financial markets and restore the flow of credit, to support global economic growth. We agree to:

1. Take decisive action and use all available tools to support systemically important financial institutions and prevent their failure.

2. Take all necessary steps to unfreeze credit and money markets and ensure that banks and other financial institutions have broad access to liquidity and funding.

3. Ensure that our banks and other major financial intermediaries, as needed, can raise capital from public as well as private sources, in sufficient amounts to re-establish confidence and permit them to continue lending to households and businesses.

4. Ensure that our respective national deposit insurance and guarantee programs are robust and consistent so that our retail depositors will continue to have confidence in the safety of their deposits.

5. Take action, where appropriate, to restart the secondary markets for mortgages and other securitized assets. Accurate valuation and transparent disclosure of assets and consistent implementation of high quality accounting standards are necessary.

The actions should be taken in ways that protect taxpayers and avoid potentially damaging effects on other countries. We will use macroeconomic policy tools as necessary and appropriate. We strongly support the IMF’s critical role in assisting countries affected by this turmoil. We will accelerate full implementation of the Financial Stability Forum recommendations and we are committed to the pressing need for reform of the financial system. We will strengthen further our cooperation and work with others to accomplish this plan.

WSJ noted (underlined by me):

Among the guidelines, countries agreed to "use all available tools" to prevent systemically important financial institutions from failing; to ensure that bank deposit insurance programs are solid; to ensure that banks can raise capital from government as well as private sources "in sufficient amounts to reestablish confidence and permit them to continue lending to households and businesses;" to take steps to unfreeze credit and money markets, and ensure that financial institutions have access to liquidity.

The principles are vague enough that they could be interpreted in many ways, which for some countries may include more dramatic action such as guaranteeing bank debt, as the U.K. has already done.
More

But the G-7 decision to stick to generalities Friday raised the risk of further market chaos. Many investors and traders had been hoping for a dramatic G-7 accord, such as a concrete agreement to guarantee bank debt.

This is interesting:

Another of the principles: No country should take a step that worsens financial conditions in another country. During the 1930s, countries raised trade tariffs in a desperate effort to protect their own industries, but ended up worsening the Great Depression instead.

During the current crisis, Ireland chose to guarantee all bank deposits in an effort to reassure savers. Germany followed suit, out of concern that deposits would flow out of German banks and into Irish ones. Denmark and Greece have also agreed to cover all bank deposits, while Spain, Sweden, Italy, the U.S. and the U.K. raised their insurance caps.

I'm afraid this principle works both ways: good and/or bad.  It looks good, but it could prevent actually policy move of one country.  For example, WSJ (Oct.8) noted:

The U.K. wants to keep deposits from flowing to countries such as Ireland and Germany that have moved to guarantee all deposits. European Union finance ministers also agreed Tuesday to raise minimum deposit insurance across the bloc.

So, I wonder if the principle of not harming other country's financial condition can prevent Ireland-like unilateral policy action on the ground that the action will cause damage on U.K. That would be a topic of elementary game theory.

[Update] I got this from Reuters:

●G7の行動計画
 G7は本日、現下の状況は緊急かつ例外的な行動を必要としていることに同意する。われわれは、世界経済の成長を支えるため、金融市場を安定化させ、信用の流れを回復するために共同して作業を続けることにコミットする。われわれは以下のことに同意する。 
 1.システム上の重要性を有する金融機関を支援し、その破綻を避けるため、断固たるアクションをとり、あらゆる利用可能な手段を活用をする。 
 2.信用市場および短期金融市場の機能を回復し、銀行およびその他の金融機関が流動性と資金調達に広範なアクセスを有していることを確保するため、すべての必要な手段を講じる。 
 3.銀行やその他の主要な金融仲介機関が、信認を再構築し、家計や企業への貸し出しを継続することを可能にするに十分な量で、必要に応じ、公的資金、そして民間資金の双方により、資本を増強することができるよう確保する。 
 4.預金者がその預金の安全に対する信認を引き続き保つことができるよう、各国それぞれの預金保険・保証プログラムが頑健であり、一貫していることを確保する。 
 5.必要に応じ、モーゲージその他の証券化商品の流通市場を再開させるための行動をとる。資産の正確な評価と透明性の高い開示および質の高い会計基準の一貫した実施が必要である。
 これらの行動は、納税者を保護し、他国に潜在的な悪影響を与えないような方法で行われるべきである。われわれは、必要かつ適切な場合には、マクロ経済政策上の手段を活用する。われわれは、今回の混乱により、影響を受ける国々を支援する上で、国際通貨基金(IMF)が果たす決定的に重要な役割を強く支持する。われわれは、金融安定化フォーラム(FSF)の提言の完全な実施を加速し、金融システムの改革の差し迫った必要性にコミットする。われわれは、この計画を完遂するため、協力を一層強化し、他の国々と協働する。

| | Comments (0)

10社エントリーを決める簡単な方法。

まず、業界を軽く2、3個決めてください。

そしたら、例えば、寿司つながりで
1(株)ジー・テイスト (平禄寿司)
2(株)くらコーポレーション(くら寿司)
3(株)あきんどスシロー(すしロー)
4(株)アトム
5カッパ・クリエイト(株) (かっぱ寿司)
6(株)京樽
7元気寿司(株) (元気寿司とすしおんど)

ほら、もう7つ。ハハハ。

あと三つか。塾関係でこんなのどう?
8(株)早稲田アカデミー
9(株)リソー教育(TOMAS)
10ナガセ(「東進ハイスクール」「四谷大塚」)
11ベネッセ

業界で、並べて、エントリー数を稼ぐのがコツ。
こうすると、志望動機も速く決まる。
①なぜこの業界か?(例:世界に広がる寿司の輪)
②この業界でなぜこの企業なの?(例:会社の特徴が気に入った)
③WEBでこう言っているところが好き
自分の言葉でまとめること。

打ち込んだらプリントアウトするか、自分にメール
打つか、なんかして記録としてキープ。

業界で並べると、①は使い回しできるし、
②は他の同業種企業と比べて、特徴をつかむ。
③は「あばたもえくぼ」の調子で、自分の愛嬌を売り込む。
ほら、業界研究もできたでしょ。

ちなみ、上記企業は、下記Yahoo!ファイナンスサイトで
「寿司」とか「塾」というキーワードで「最新株価検索サーチ」して
出てきた企業名です。私とは何の関係もございません。
http://quote.yahoo.co.jp/

以上、【業界を設定すれば企業は出てくる。そして
企業の志望動機に繋がる】という方法を書きました。

では、業界はどうやって探すのか?
1)就職サイトの業界欄をクリックして探す
2)自分のいいなぁと思う会社の入っている業界にする
ディズニーランド(オリエンタルランド)
⇒豊島園⇒富士急ハイランド<募集しているか知らないよ>

上記二つを一日やっても出てこない場合ですが、
理論的に考える必要があります。もちろんビジネスの理論です。

ビジネスとは、技術革新と市場開拓の二つが鍵です。
それ以外は、この二つのサポートです。例えば、総務、
人事、会計、情報、管理などはサポートです。技術革新とは
イノベーション、つまり新しい商品やサービスを生み出すこと、
市場開拓とはマーケティング、つまり、お客様に手を
差し伸べて商品やサービスを買ってもらうことです。

あなたはどの商品やサービスについて、新しい商品やサービスを作りたいか?
あなたはどの商品やサービスについて、お客様と話をしたいか?
これが、ビジネスの理論から求める業界の設定です。

さて、よく聞く希望に「営業をしたくない、デスクワークが
したい」というご希望があります。技術革新と市場開拓について
デスクワークでできることは、例えばソフトウェア開発があります。
(これもお客様のご要望を聞きに行くので実は足を使うのですが)
もしくは、コンピューターと電話の応対がよくできれば、
営業部隊の後ろにいる電話部隊になれるかもしれません。
しかし、多くのデスクワークはサポートの仕事です。
総務、人事、会計、情報、管理、これらはよほど運が良くないと、
もしくは見込まれないと、もしくは能力が高くないと、
新人は配属されません。どちらかといえば、技術革新は理系、
市場開拓は文系なのです(逆のケースも多数あり)。

それでも自分は、自分から客のところに行きたくない、
客から自分のところに来て欲しいと思う方は、そういう業種を
探してください。例えば、鉄道、お客さんは駅に乗りに来ますね、
駅はお客さんのところに行きません。そういう業種を探して
ください。あと男性への差別に近いのですが、企業は総務などの
サポートの仕事を「一般職」として女性に任せることが多い
わけです。これはデスクワークですね。

一応、自分へのメモとして、思いついたことを書いてみました。
何かのご参考になったらどうぞ。混乱してしまったら、
忘れてください。世の中に業界の決め方は五万とあります。

| | Comments (2)

recapitalization, guarantee on interbank loan, and full deposit insurance

 資本注入、銀行間融資への政府保証、そして全面的な預金保険が俎上に乗っているとのこと。(NYT

| | Comments (0)

As Banking 'Fairy Tale' Ends, Iceland Looks Back to the Sea (WSJ)

As Banking 'Fairy Tale' Ends, Iceland Looks Back to the Sea (WSJ)

| | Comments (0)

月例経済報告 景気下方修正へ

 NHK、月例経済報告 景気下方修正へ。「NHK081009recession.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

8月の機械受注 大幅な減少

NHK、8月の機械受注 大幅な減少、「NHK081009machinery.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

大和生命が経営破綻

So it was coming. これこれ

大和生命が経営破たん 更生特例法の適用申請、金融危機が影響
 経営不振に陥っていた中堅生保の大和生命保険(東京・千代田)が自力再建を断念し10日午前、更生特例法の適用を申請した。米金融危機による市場の混乱で株式など有価証券の損失が拡大、過小資本に陥ることが避けられない情勢になった。生保の破綻は2001年の東京生命保険(現・T&Dフィナンシャル生命保険)以来7年ぶりで、戦後8社目。保険契約者の受け取る保険金や年金は貯蓄性の高い商品を中心に一定割合で削減される可能性がある。
 大和生命は08年3月末の総資産が2831億円で、生保業界で33位。08年3月期の保険料収入は356億円。女性の営業職員による販売のほか、地方銀行窓口での販売もてがける。破綻生保で再建型の更生特例法を申請するのは4社目となる。
 同社は有価証券の運用損失が経営を圧迫。08年3月期決算では112億円の含み損に陥っていた。さらに米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した金融危機の影響で外貨建て有価証券を中心に損失が拡大したもよう。 (09:09)

「NHK081010yamato.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

A little follow-up on Barry Eichengreen and Richard Baldwin (2008)

Editors noted:

The essays collected here speak directly to the finance ministers and leaders assembling in Washington, DC on the second weekend in October. They are designed to offer specific instructions about what those finance ministers and leaders should do to rescue our jobs and savings.

So, do the editors assume that Mr. Nakagawa, our finance minister,  can read this quickly in the air flight?  I'm afraid he cannot.  I hope he will speak up in the meeting, but I really hope he won't indulge himself extensively in preaching from Japanese experience.  I sincerely hope that he will speak very clearly and crisply.  I could imagine a very uneasy moment in the room.  Europeans clearly need international, that is, Asian and Middle East support.  World finance consists of Europe (trouble), US (trouble), Asia (sinking but still OK), and Middle East (still OK but must be nervous).

My hope is that our finance minister urges Europeans to unite under the comprehensive recapitalization plan, and commit to placing our precious foreign reserve, at the same time injecting more capital into IMF.

Does Switzerland adopt Euro or peg its currency to Euro?  Likely, if it need massive foreign support.  Fresh capital, I guess, must be domestic currency.  Foreign capital must be converted into domestic currency, putting pressure on fragile exchange rate market.  So, the government has to declare freezing exchange rate.  The case of Iceland is illustrative.  So, Euro zone will expand.  The seed of currency attack?  Well, you never know, there is some chance of self-fulling currency crisis.  But, I think currency crisis has a small chance because money supply is about to shrink.  Central bank will enlarge monetary base to prevent money supply from shrinking.  If money supply is stable, exchange rate will be OK fundamentally.  I have to think through theoretically.

What is repercussion BOP front?  IMF support will go to government account.  Government put it at first on its central bank's account.  Then, Government inject it to private capital in domestic currency.  So, the support money will sit as foreign reserve.

So, the table is set.  "Cheer up, Mr. Nakagawa!  Speak clearly and crisply!  Don't drink too much during air flight!"  Don't fail us.

| | Comments (0)

IMF、新興国に新融資 日中などの外貨準備活用(Nikkei Net)

 本日の日経朝刊。財務省も一応、案を出してみた。同時に、IMF強化(最低、増資)でしょう。なぜかというと、IMFって連結365兆円程度の金融機関です。日本の外貨準備は約100兆円。ドルで出して、SDRで貸すとすると、IMFは為替リスクを負うのか。それとも、日本政府が為替リスクを負うのか。米国財務省証券を売ると、証券価格にはどのように影響が出るでしょうか。たぶん、米国財務省証券をトラスト・ファンドに預託して、財務省証券を対象国に貸し出すのでしょう。

IMF、新興国に新融資 日中などの外貨準備活用
 政府は、国内の金融危機への対応で財政難に陥った新興国などに対し、日本などの外貨準備を使って支援する緊急融資制度を国際通貨基金(IMF)につくるよう提案する。銀行への公的資金注入などで多額の財政資金が必要になる国への国際支援の枠組みを整備し、世界的な金融危機の封じ込めをねらう。10 日にワシントンで開く7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で中川昭一財務・金融担当相が提案、外貨準備が豊富な中国や中東産油国にも参加を促す。
 米国発の金融危機が欧州や新興国にも飛び火し、小国では国家規模を上回るような金融機関への公的資金投入を迫られる例が出ている。 (Nikkei Net 08/10/10 07:00)

 これを見ると、日本の政策共同体も動いていたことがわかる。

| | Comments (0)

Economist: まだ最後の貸し手じゃない:連邦準備は独自の量的緩和を試みている

明解な解説。Not yet the last resort: The Fed tries its own version of quantitative easing (Economist's Economic Focus).  As for the reason that Fed does pay interest on reserves, one is encouraged to read Macroblog, too.
 マクロブログの図を見ていると、おそらく8日の協調利下げについて、Fedは実質上の追認だったのかもしれないと思えてくる。ある種のupper boundは2%のはずだったから(実効的な平均というわけにはいかないでしょ)、ばらつきが増えるということは平均は下がっていることになる。その意味で、lower boundを持つことで、政策金利を誘導するという正常な金融政策を強化したと評価できよう。
 Economic Focusに戻って、ミシュキンは「(Fed) does not want its targeted liquidity determining overall liquidity」と言っているが、これは正しいだろうか。日銀のゼロ金利後の量的緩和政策が、日銀のバランス・シートの右側で勝負していたのは明白だろう。右を大きくするために、左(資産)を大きくしていた。この意味で、overall liquidityを決めていたのは中央銀行だった。さて、Fedのバランス・シートに戻ると(詳細はEconbrowser)、左が増えていて、右はそれに応じてある程度は増えているという現状。ここで、lower boundをFedが決めて、政策金利での運営を堅持したいということだろう。Monetary BaseからMoney Supplyへの経路はかなり詰まっているだろうから、それほどインフレの恐れはないはず。実際、インフレ連動国債から見えるインフレ期待は落ちている。
 targeted liquidityとはfunding liquidityのことで、overall liquidityがmarket liquidityであれば、この二つは連動しているとしかいいようがない。そういう意味では、CPやinterbankのリスクにFedが大いに関与するということになってくるのではないか。まだ、イールド・カーブではなく、リスク・プレミアムを見ているというのが現状のFedというところか。私の印象では、量的緩和は点滴、現状のFedの動きは注射という感じかな。(読むには、「Economist081009Fed.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Rescuing Our Jobs And Savings: What G7/8 Leaders Can Do To Solve The Global Credit Crisis

  Barry Eichengreen and Richard Baldwin. 2008. Rescuing Our Jobs And Savings: What G7/8 Leaders Can Do To Solve The Global Credit Crisis. (A VoxEU.org Publication).

【後記】Paul Krugman says it is must-reading, now.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。授業準備。雑務。昼食は弁当。Tさん、卒論で訪問、私にも頭の体操でした。雑務。会議。コピー取り。春の就活セ実行委員会の打ち上げ、楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

IMF Sees Global Subprime Losses Increasing To $1.4 Tril.

“The International Monetary Fund said Tuesday it now expects financial institutions around the globe to incur combined losses of $1.4 trillion from the financial market crisis spawned by the US subprime mortgage meltdown, and that $675 billion will be needed to shore up their battered capital bases.

In its twice-yearly Global Financial Stability Report, the IMF said the ballpark figure is up sharply from the $945 billion estimate provided half a year ago. … The report, released ahead of Friday's meeting of Group of Seven finance ministers and central bank governors in Washington, also offered an estimate that some $675 billion in capital would be needed by the major global banks over the next several years. …” [Kyodo News (Japan)/Factiva]

AFP reports that “… Dominique Strauss-Kahn, the head of the 185-nation institution, called for urgent action to confront the worst financial crisis since the 1930s Great Depression and a crisis of confidence so deep that banks are afraid to lend to each other. ‘The time for piecemeal solutions is over. I therefore call on policymakers to urgently address the crisis at a national level with comprehensive measures to restore confidence in the financial sector,’ the IMF managing director said in a statement. ‘National governments must closely coordinate these efforts to bring about a return to stability in the international financial system,’ he added. …” [Agence France Presse/Factiva]

WSJ writes that “… Emerging markets, which have so far proven resilient to the crisis, are now feeling the heat, as well. Some developing countries ‘face challenges as global growth slows and the lagged pass-through of domestic inflationary pressures continues -- and all this against the backdrop of lower confidence and the reversal of earlier flows into these markets,’ the report said. …” [The Wall Street Journal/Factiva]

The Independent notes that “… The scale of losses the IMF is now predicting from the credit crunch will shock many analysts given how dramatically it has risen since the body made its last forecast in April.” [The Independent (UK)/Factiva]

| | Comments (0)

ウォンが切り下がってるんだって?

 ウォンが切り下がってるんだって?知りませんでした。

ウォンに対する米ドルの上昇は行き過ぎ=韓国企画財政省高官

 【ソウル 8日 ロイター】 韓国企画財政省の崔鍾球(チェ・ジョング)国際金融局長は8日、ドルのウォンに対するこのところの上昇について、行き過ぎ との見解を示した。オンラインでニュースを提供しているマネートゥデーが伝えた。ウォンの対ドル相場は8日の市場で急落し、10年ぶりの安値を付けた。

 同局長は「きょうの外国為替の動きは過剰で行き過ぎだ。市場参加者全員が同様に感じるだろう」と述べた。

 また同局長は記者団に、海外資産への投資から生じる現在のドル需要がひとたび満たされれば、ドル/ウォン相場が急落する「高い可能性」があると語った。

 マネートゥデーによると、同局長は国内銀行の流動性問題については緩和しており、国内外為市場の不安定感を助長することはないと述べた。

2008/10/08 18:18

| | Comments (0)

アジアの仕返し(FT:マーティン・ウルフ)

 ワゥ...。修辞的だとはわかっているけど、「アジアの仕返し」と言われたら、う~ん、辛いよね。三点。最初に連想したのは、パフィーの『アジアの純真』:

 北京 ベルリン ダブリン リベリア
 束になって 輪になって
 イラン アフガン 聴かせて バラライカ
 (北京 ベルリン ダブリン リベリア
  イラン アフガン 聴かせて バラライカ)

 美人 アリラン ガムラン ラザニア
 マウスだって キーになって
 気分 イレブン アクセス 試そうか
 (美人 アリラン ガムラン ラザニア
  気分 イレブン アクセス)

 開けドア 今はもう 流れでたら アジア

 白のパンダを どれでも 全部 並べて
 ピュアなハートが 夜空で 弾け飛びそうに
 輝いている 火花のように

 (北京 ベルリン ダブリン リベリア

  美人 アリラン ガムラン ラザニア)

 火山 マゼラン シャンハイ マラリア
 夜になって 熱が出て
 多分 ホンコン 瞬(マタタ)く 熱帯夜
 (火山 マゼラン シャンハイ
  マラリア 多分 ホンコン 瞬く)

 開けドア 涙 流れても 溢れ出ても アジア

 地図の黄河に 星座を 全部 浮かべて
 ピュアなハートが 誰かに めぐり会えそうに
 流されて行く 未来の方へ

 白のパンダを どれでも 全部 並べて
 ピュアなハートが 世界を飾り付けそうに 輝いている
 愛する限り 瞬いている

 今 アクセス ラブ

 第二点。「仕返し」というより「アジアは裏切られた?」。マーティン・ウルフも言っているように、アジアの資本輸出は、欧米の通貨で表示されている。つまり、ユーロやドルの為替レートが減価していけば、アジアの現地通貨ベースでは、折角、貯めて輸出した資本が目減りしていくということになる。欧米の金融システムが優れていると思ってお金を出してみたのに、残高が減っちゃったというのは、「裏切られた」感覚が出てくるかもしれない。とくに、外貨証拠金取引をやっていた人々は大丈夫だろうか、、、。
 第三点。もし、「仕返し」があるとすれば、この時点。つまり、ここでアジアが資金を引き上げれば、欧米はアブソープションを小さくしなければならない。それはこの不況直前という段階では困るだろう。だから、将来志向で行くのなら「アジアにお願い」というのが正しいところかもしれない。アジアの欧米への直接投資に対して、欧米政府がどのように応対するかが興味深いところ。マーティン・ウルフを読みたければ、「081008FTMWolf.pdf」をダウンロード 。(Pointer to Dani Rodrik)

| | Comments (14)

Balance sheet of the Federal Reserve by James Hamilton

  "Balance sheet of the Federal Reserve" by James Hamilton.  Very helpful.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 なぜか5時半起き。あぁ書こうと、金融危機メモ書き。1時間で書けました。9時半着。授業準備。2時限は開発経済論、City of God、強いストレスに耐えられましたでしょうか。当初のデザインからすると、人数が多いので私も緊張。昼休みにおにぎり二つ食べて、3時限は2年ゼミ。とっても良い人たちだったので、なんか嬉しい。励まねば。4・5時限、3年ゼミ、私の模範発表と金融危機メモ解説。中休みに久しぶりにTさんと会う。終わると、Nさん訪問、Thanks。帰宅。

| | Comments (0)

米国金融危機の理解

 米国金融危機についての講義用ファイルについては、「0814008US_fincrisis.pdf」をダウンロード 。very primitive balance sheet analysis, but I believe it is powerful.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限、卒論会合、皆さん、応援します。主役は貴方。昼食は海苔弁当。昼休みはゼミ連、皆さん、ゼミポスターよろしくお願いします。3時限は、Aさんの256キロ走破物語、面白かった。チョコありがとう。Oさん、Sさんと会合。S先生とお話。授業準備。Nさん飛び込み。帰宅。

| | Comments (0)

国際金融乗数(International Finance Multiplier: IFM)

 国際金融乗数(International Finance Multiplier: IFM)をクルーグマンが発明し、ペーパーを書きました。きちんと(した)国際金融論を学習した人は誰でもわかるはずなので、自分の学力を確かめるために是非読んで見ると良いでしょう。たぶん、浜田風に政府とstrategic interactionを入れるのが一つの拡張。もしくは、Moneyと中央銀行を入れるのかな。それで、IMFへの政策議論が可能になるかも。最終的には財・サービスを入れて不況は明示的に議論する。直感的にはワルラス法則でヒューリスティックに考えられるかな。

【後記】Dani Rodrikがinsightful commentを出しました。たぶん複数均衡にすれば、それなりには解決すると思う、というのが直観。

| | Comments (0)

The Fed Moves Again

The Fed Moves Again.  This is technical but very interesting.  Fed determined again to function as market maker of last resort.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。Nさん訪問、ありがとう。another Nさん出現、考えながら体を動かすのがコツ。昼食は中華定食。3時限はミクロ、140人ぐらいかしら、お疲れ様。4時限、Kさんと面談、踏ん張って欲しい。Sさん訪問、ありがとう。5時限、Japanese Economy、Cheer up! 帰宅。

| | Comments (0)

土岐さんのユニクロCM

| | Comments (0)

Deflation or Segmented Credit Market?

Mankiw's Post.  I have to say it could indicate disinflation not deflation.

| | Comments (0)

イラク 日本援助の発電所完成

イラク 日本援助の発電所完成。「NHK081005iraq.txt」をダウンロード。Aさん、情報ありがとう。

| | Comments (0)

October Grand Kabuki, Matinee

KOI NYOBO SOMEWAKE TAZUNA
Shigenoi (Shigenoi's Parting from her Son)
This play was adapted from the Bunraku puppet theater and was written by its greatest playwright, Chikamatsu Monzaemon. A young horse driver is invited to help cheer up a little princess. But the boy happens to be the son of the princess's nurse, Shigenoi (Fukusuke). She was forced to abandon him since he was the result of a forbidden relationship. Now she must turn her back on him again to keep any shame from falling on the princess.
YAKKO DOJOJI (Male Dojoji)
Musume Dojoji is based on a legend about a woman transformed into a serpent out of jealousy and who destroys a temple bell keeping her from the object of her love. The original dance shows the spirit of the woman who appears at Dojoji temple as a dancer who wants to celebrate the dedication of a new bell and does a series of dances showing the many faces of femininity. In this version the dancer is revealed to be a man in disguise and, in the highlight of the dance, transforms the romantic highpoint of the original piece into a comic scene by using masks. Starring Shoroku.
SAKANAYA SOGORO (Sogoro, the Fish Seller)
Sogoro (Kikugoro), a fish seller, has taken a vow to not drink, but when he learns about his sister's unjust murder at the hands of a daimyo lord, a death that they were told was execution for her wrongdoing, he starts to drink again. Drunk, he storms into the lord's mansion to seek an apology. This play by Meiji playwright Kawatake Mokuami is known for its realistic portrayal of members of the common class during the Edo period and highlights their fierce pride and frustration at the privileges of the dominant samurai class.
FUJI MUSUME (The Wisteria Maiden)
The spirit of wisteria blossoms dances of love in the form of a beautiful young maiden. One of kabuki's most famous and colorful dances, it will feature the dancing skills of Living National Treasure Shikan.

| | Comments (1)

Pursuit of an Edge, in Steroids or Stocks

"Pursuit of an Edge, in Steroids or Stocks", by Robert Frank.  (NYT)  Very good. 「NYT081005RFrank.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

Latin America's economies Keeping their fingers crossed

Latin America's economies Keeping their fingers crossed
Oct 2nd 2008 (Economist)

A bigger future fear, though, is that a global slowdown accompanied by a decline in commodity prices will put government finances under pressure. Chile, which pours money into a big fund (currently around $20 billion) when copper prices are high, and bases its budget on a copper price far below the current spot price, is the only big country in the region where the commodity boom has not been accompanied by a government spending spree. Commodity prices have already fallen back a bit. If they fall much further some countries will be in trouble.

Heading the list of those most vulnerable are countries whose markets have been viewed for some time as badly behaved: Venezuela, Argentina and Ecuador. Venezuela, which has given up producing things that its consumers want, importing them instead on the back of its oil revenues, looks particularly exposed. The same oil revenue has allowed the number of public-sector jobs to more than double since President Hugo Chávez came to power in 1999, and is also underwriting a big new arms deal with Russia. Cutting public spending is an option, but not one which he would wish to contemplate before critical regional elections at the end of November. Even then it may not be easy to switch into austerity mode. Despite a recent increase in the arrests of “foreign imperialist plotters”, Mr Chávez would find it hard to explain away large numbers of people descending onto the streets.

If lower commodity prices lead to lower costs of staple foods, this would provide Argentinians with some relief against their country’s rampaging inflation. But for President Cristina Fernández’s government it would be a different story. It gets 10% of its revenue from export taxes. A fall in commodity prices would squeeze farmers (who already pay a 35% tax on exports) even more and might reignite their recent protests. Ms Fernández might be tempted to make up the shortfall by raiding pension funds. There is also a currency concern. The peso, which has won back trust after its crash in 2001, is backed by high soyabean prices. If these fall, it could lead to a fresh flight to dollars for those able to get them, and misery for everyone else.

 ベネスエラは石油で給料を払うなんてことにならないだろうか。

| | Comments (0)

Upward Sloping Demand Curve

 Krugmanがcontagionのプレゼンで、右上がりの需要曲線を描いている。たしかに、資産価格(株価を想起のこと)が下がるのと、取引が小さくなっているのが同時に起きているので、右上がりにしたのだろう。もう一つの理由は、こちらがより本質的だろうが、highly leveraged intermediariesの自己資本と総資産のmicro model (a la Shin and Tobias)から、価格が下がったときにはBSを縮小させ、価格が上がったときにはBSを拡大させる行動を見出し、それを需要曲線にしたのだろう。こういう風に頭は使うものなんだろう、敬服。
 従来のマクロ・モデルでは輸出入が自国と他国を繋いでいたが、このプレゼンでは金融仲介機関によるリンケージを強調している。すなわち、自国で自己資本を減らした自国の金融機関が、他国で外国資産を売るという行動である。例えば、円資産を売って、ドルを買うという。このようにファイナンスとマクロが繋がらないとよくわからないというのが21世紀型の特徴である。
 この行動は、自己資本を増やしも減らしもさせないが、ドルの流動性は多少は確保される。このことと、ドルの強さ(resilient dollar)とは整合的である。しかし、中長期には国際マクロ上、需要が国内需要から外国需要に移ってBOPが回復されるためには、home biasのために為替レートが減価する必要があるというのが国際マクロの論点。これがどのように起きるのだろうか。

| | Comments (0)

たばこ1000円、死亡6万人減=500円でも禁煙支援で同等効果-厚労省研究班

たばこ1000円、死亡6万人減=500円でも禁煙支援で同等効果-厚労省研究班
10月4日5時38分配信 時事通信
 たばこが1000円に値上げされたと仮定すると、その後20年間で死亡を約6万人減らせることが、厚生労働省研究班の試算で分かった。喫煙率の最新データがある2006年を基準に計算した。500円でも禁煙成功率が高ければ、同等以上の効果があったとしている。
 研究班の片野田耕太国立がんセンター研究員は「値上げは禁煙のきっかけになるが、それだけでは依存に苦しむ人をより苦しめることになる。楽にやめられるようサポートが必要」としている。
 研究班は、たばこ1箱500円、700円、1000円と、禁煙成功率が「低」(全員が自力で試みた場合=13%)、「中」(現状=16%)、「高」(全員が禁煙治療を1回でも受けた場合=33%)、「最高」(全員が5回の禁煙治療を完了した場合=46%)を組み合わせた計12パターンを設定。喫煙ががん死亡に与える影響などから、20年間でどれだけ死者を減らせるか試算した。
 この結果、禁煙成功率が現状の「中」で1000円に値上げした場合、死亡は5万9000人減少。700円で4万4000人、500円では2万人だった。
 一方、500円でも成功率が「最高」なら6万5000人減らすことができ、1000円で「中」「低」の場合より効果が高かった。 

| | Comments (0)

諮問会議新民間議員、張・三村氏ら4人内定 金融対策など重視

【日経ネット】諮問会議新民間議員、張・三村氏ら4人内定 金融対策など重視
 政府は3日、麻生太郎政権の発足に伴い、経済財政諮問会議の民間議員に張富士夫トヨタ自動車会長、三村明夫新日本製鉄会長、内閣府の岩田一政経済社会総合研究所長、吉川洋東大教授の4氏を内定した。任期は2年で、10日に正式に発令する。新メンバーによる初会合は、国会の予算委員会の情勢を見極めながら、10月中旬をメドに開催する予定だ。
 諮問会議を運営する与謝野馨経済財政担当相は3日夕、官邸で麻生太郎首相に会い、人選の最終確認を行った。与謝野氏は首相との会談後、人選について記者団に「金融の混乱への対応や社会保障の財源の問題などに十分な見識を持った方にお願いした」と説明した。(03日 20:10)

| | Comments (0)

三國氏の米国不良債権推測

 日経ビジネス2008年10月6日号。

三國氏は、マクロデータを用いた分析で、最終的に100兆円近くに膨らんだ日本のバブル崩壊後の不良債権総額を早くから言い当てたことで知られる。当時は銀行や大蔵省などの金融関係者が10兆円前後と不良債権総額を見積もる中で、独自の分析で80兆円と予想していた。
 (中略)その手法は、米国の住宅ローン・消費者ローン残高の合計と米国の名目GDP(国内総生産)の関係に着目、実体経済の伸び以上に融資が膨らんだ部分が「不良化する」との前提に立っている。
 90年から2000年頃までは住宅・消費者ローン残高は名目GDP比60%前後とほぼ一定水準を保っていた。それが、2001年頃を境に、変化が表れ、住宅ローンの割合が急増するようになったという。「明らかに実際の経済活動に見合わない動き。それが名目GDPと比べて20%ほど多かった」と三國氏は言う。この20%に、米国の名目GDP約14兆ドルを掛けると、2兆8000億円となる。日本の不良債権総額が100兆円と名目GDPの2割程度だったのにも平仄が合う。

 数字は近いかもしれないが、誤った考え方。たぶん、三國氏の問題ではなく、聞き取りをした杉山・蛯谷・永井氏の問題であろう。乱暴さをメモしておく。不良債権総額とはストックの数字であり、フローの数字にある割合(20%)を掛けるとストックの数字が出てくるというのが乱暴。仮定されている推計式は、住宅ローン・消費者ローン残高と名目GDPとの関係は正の相関というだけでなく、1対1の関係にあるとの強い関係を想定している。これは、名目GDPが13.8兆ドル(2007年)であり、家計の住宅ローン・消費者ローン残高が12.5兆ドル(2007年第二四半期末)と近い数字であることで救われている。
 では、不良債権額と損失額はどのように推測したらよいのかと考えてみよう。家計がローン返済をしなくなる、もしくは、できなくなったローン総額を不良債権額とする。損失額は、このローン総額の担保となった不動産を売却したときに手に入る収入とローン総額の差額になる。では、家計はいつローン返済をしなくなるかというと、ローン総額を不動産の価値が下回るときだろう。不動産を売ってもローンを返せないとすると、ローンをデフォルトして、不動産を渡したほうが損失がでないからだ。次に、家計はいつローン返済ができなくなるかというと、より重要な支出に金が回せないときだろう。例えば、家計の支出の半分がローン返済ではなかなか首は回らない。
 一つの考え方は、家計でもいいし、いくつかのまとまった階層(サブ・プライムローンを借りた階層+α)を考えて、1)一年間のローンの返済額が収入の何%(例えば半分)を超えたらデフォルトすると仮定する。また、2)不動産価格がローン総額を下回ったらデフォルトすると仮定する。元利均等返済の期間を平均期間で仮定し、金利を入れてやれば、どの階層が1)の基準でデフォルトするかを判定できる。また、当初のhome equityの比率(つまりは、down paymentの比率)を仮定してやれば、2)の基準でも考えることができる。デフォルト対象のローン総額が不良債権額になる。デフォルトをした不動産について、ローン総額と不動産価格の差が金融機関の損失になる。もし、サブ・プライムローンについて、当初のhome equityがゼロであれば、不動産価格の低下が起きると雪崩のようにデフォルトが起きることになる。
 プライムローンについては、1)の基準がより大事であろう。ここで、収入との見合いであるから、失業率(というよりもunderemploymentのほうが大事か)と、物価・賃金率の動向が重要になる。直感的に言えば、実質利子率が重要になる。実質利子率が上がると、固定利率のプライム・ローンでさえ、デフォルト領域に入るものが出てくるだろう。あとは、不動産価格がどこまで調整されるかを人口動態などを使って想定すればよいということになる。これで、後はデータとパラメータをそろえるだけでシナリオが作れる。

 以上が、ある程度、道のりが正しいguesstimateのやり方だと思うが、三國氏の議論をちょっとだけ正しくして、wild guesstimateしてみよう。12.6兆ドルの住宅ローン・消費者ローンのうち、2割が不動産バブルがなかったら行なわれなかった債権だとしよう。つまり、今後の不動産の値上がりを期待して行なわれたローンだと仮定しよう。つまりは、当初のhome equityはゼロ。すると、不動産価格の低下により、この2割はデフォルトして不良債権になることになる。12.6兆ドルの2割は2.5兆ドル、これが不良債権額。では、損失額はというと、home equityをゼロと仮定したので、不動産価値の低下額ということになる。不動産は2割ぐらい低下したのではなかったっけ。すると、2.5兆ドルの2割は5000億ドル。これは、Bloombergの推計とほぼ一致している(Bloombergによれば、そのうち3700億ドルは新規資本でカバー済み)。これは円にすると、250兆円の不良債権に、50兆円の損失額ということになる。3割落ちると、7500億ドルになるので要注意。不動産価格のfundamentalsの動向は米国経済の今後にかかる。しかし、よほどのことがない限りは長期の歴史的傾向にもどっていくことになる。クルーグマンのprice/rent ratioを見る限り、トータルで3割の低下はありそうなところだ。すると、あと3800億ドルの新規資本が必要になる。道は険しい。

| | Comments (0)

Rove's Ratings

Karl Rove is watching state polls.

| | Comments (0)

Peggy Noonan on Sarah Palin or Tina Fey

  She is right (Palin and Populism).  Tina Fey represents something of the 21 century mindset, doesn't she?  BTW, I think Biden tactically acted that way.  Biden had to prove himself, and that was what he did.  Palin had to prove herself and attack effectively Obama.  She did the former, but failed to the latter, apparently.

We must take happiness where we can. Tina Fey's Sarah Palin has become, in that old phrase, a national sensation, and Ms. Fey is becoming, with her show "30 Rock," and now the Palin impression, one of the great comic figures of her generation. Her work with Amy Poehler (as Katie Couric) in last weekend's spoof on "Saturday Night Live" was so astoundingly good—the hand gestures, the vocal tone and spirit—that it captured some of the actual heart of the Palin story. Ms. Poehler as Couric: "Mrs. Palin, are you aware that when cornered you become increasingly adorable?" Ms. Fey as Palin mugs, adorably.

To spoof someone well takes talent, but to utterly nail a political figure while not brutalizing him takes a real gift, and amounts almost to a public service. After all, to capture someone is a kind of tribute: it concedes he is real, vivid, worthy of note. We are not as a nation manufacturing trust all that well, or competence, or leadership. But some things we do well, and one is comedy. Ms. Fey plays characters who are sour, stressed and who, on "30 Rock," live in a world that is cynical, provisional and shallow. But to observe life so closely takes a kind of love.

| | Comments (0)

Coming Disinflation, Capital Flight, Flight to Quality

081004infexp_2  No estoy seguro de que estoy hablando.  Me di cuenta de que algunos pueden leer lo que estoy hablando, pero voy a poner un memo.
  Greg Mankiw encontro la subida de tasa de interes real, probablemente interepretandolo en el esquema de "escape a la calidad".  La serie es de tasa de interes de bono indizado (5 anos).  Curiosamente, es identico al usado por Krugman, quien argumenta la probablidad de deflacion.  Yo, en mi parte, argumentaba, entonces, que la curva era similar a la curva de tasa de popularidad de Obama.  Mi hipotesis era que la administracion democratica se asocia con la inflacion.
  Aparentemente, en los ultimos semanas de agosto, alguna cosa ocurrio.  Ahora, la populariad surge, pero la diferencia cae.  Es evidente que la crisis financiera esta hablando.  Por lo tanto, mi hipotesis actual es que en las ultimas semanas la economia entro a la nueva dimension.  Contra la crisis, la autoridad financiera injecta el dinero para pacificar los mercados.  Eso se refleja en tasa nominal (rojo).  Sin embargo, el mercado espera disinflacion, el camino hacia la deflacion.  Consequenmente, la tasa real (verde) debe subir para que la diferencia baje (azul).
  Esta subida de la tasa de interes real esta afectando la economia real.  La tasa esperada de inflacion es solo 1%.  La tasa del fondo federal fue 2% desde 30 de abril.  La tasa real fue negativo desde entonces hasta la ultima semana de agosto.  Ahora, la tasa real de corto plazo es positiva.  Pero, la margen de control de Fed es limitada. 

| | Comments (0)

Development Doesn't Require Big Government

Development Doesn't Require Big Government
Poor countries are learning the wrong lessons from the crisis.
By WILLIAM EASTERLY (WSJ)

| | Comments (0)

Vicepresidential Debate

 Biden vs. Palin, or Palin vs. Biden.  そうね。副大統領候補は、ディベートにおいて二つの目的があるとされる。大統領に何かあったときの代わりになれるかということと、大統領候補を攻撃することである。ペイリンとしては、最近のABC, CBSインタビューでの問題があり、そして、Tina Fey's impersonationの大ヒットがあっただけに、自分を立て直すのが大事だっただろう。まずは、大過なく終えたということは良かったと言える。しかし、最近の世論調査の結果ではオバマが優位に立っていただけに、ペイリンはオバマ攻撃が十分にできないと、選挙には影響が与えられないので、その意味では不十分だったように思う。
 バイデンからすると、上記の2点について、オバマのリードを固めるのが重要なので、堅く攻めたというところだ。これは前回の大統領ディベートとも一致している。経済が落ちている間は、economic voteが民主党を強く支持するので、この戦略はおそらく正しい。民主党支持者は、バイデンにもっとペイリンをgrillしてもらいたかったと思うだろうが、重要なのはundecided voterなので、下手にgrillして落胆させるリスクを考えたのだろう。
 Intradeでは、electoral collegeではオバマは落ちたが、individualでは上がった。副大統領ディベートは、やはりあまり票には関係ないのかもしれない。しかし、投票率を上げるのかもしれない。高投票率は民主党に味方するように思うが、どうだろう。

| | Comments (0)

The resilient dollar

 The resilient dollar (Economist).  My hunch is that these are medium-term arguments.  A short-term oriented hypothesis might be that American financial companies are getting funding in dollars outside, borrowing dollars.  I'm not sure about this.

| | Comments (1)

鯖缶が米国監獄の貨幣

 鯖缶が米国監獄の貨幣、WSJ。Pointer to Krugman

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 10時半到着。雑務。N先生と昼食。雑務。卒業生のTさんsurprise visit。Good to see you!  英語練習講義やって、わずかに授業準備して帰宅。

| | Comments (0)

『資本主義は嫌いですか:それでもマネーは世界を動かす』

 竹森俊平『資本主義は嫌いですか:それでもマネーは世界を動かす』(日本経済新聞出版社)。ミクロ・マクロ中級と金融論をやった人には、たぶん、講談のように面白い本。時間があったら後でもうちょっと書きます。

【後記】p.172, 232, and 233は、著者が書いているように、Hyun Song Shin (Princeton University). and Tobias Adrian (Federal Reserve Bank of New York), "Liquidity and Leverage"を元にしている。下記の原著者の記述のほうが頷ける。

  Our findings also shed light on the concept of "liquidity" as used in common discourse about financial market conditions. In the financial press and other market commentary, asset price booms are sometimes attributed to "excess liquidity" in the financial system. Financial commentators are fond of using the associated metaphors, such as the financial markets being "awash with liquidity", or liquidity "sloshing around". However, the precise sense in which "liquidity" is being used in such contexts is often left unspecified.
  Our empirical findings suggest that funding liquidity can be understood as the rate of growth of aggregate balance sheets. When financial intermediaries' balance sheets are generally strong, their leverage is too low. The financial intermediaries hold surplus capital, and they will attempt to find ways in which they can employ their surplus capital. In a loose analogy with manufacturing firms, we may see the financial system as having "surplus capacity". For such surplus capacity to be utilized, the intermediaries must expand their balance sheets. On the liabilities side, they take on more short-term debt. On the asset side, they search for potential borrowers that they can lend to. Funding liquidity is intimately tied to how hard the nancial intermediaries search for borrowers.

あとはMarkus K. Brunnermeier. Deciphering the 2007-08 Liquidity and Credit Crunch.を読まないと、、、。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。学期始まりで挨拶などなど。2時限、2年ゼミ選択。昼休みにおにぎり。3時限、Oさん、Sさんと打ち合わせ。4時限、ゼミ。5時限、Hさん、Kさんと補講みたいなもの。お疲れ様夕食して帰宅。

| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »