« Blame the party, not the campaign (James Carville) | Main | Crisis-hit Russia must scale down its ambition (Robert Skidelsky) »

統計メールニュース(平成20年10月31日) No.295 (抜粋)

ほぼ物価上昇はゼロ。
----------------------------------------------------------------------
・消費者物価指数(全国:平成20年9月分)
----------------------------------------------------------------------
 ○ 総合指数は平成17年を100として102.7となり,前月と同水準。
   前年同月比は2.1%の上昇となった。
 ○ 生鮮食品を除く総合指数は102.6となり,前月と同水準。
   前年同月比は2.3%の上昇となった。
 ○ 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は99.6となり,
   前月比は0.2%の上昇。前年同月比は0.2%の上昇となった。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm


----------------------------------------------------------------------
・消費者物価指数(東京都区部:平成20年10月中旬速報値)
----------------------------------------------------------------------
 ○ 総合指数は平成17年を100として101.8となり,前月比は0.1%の下落。
   前年同月比は1.2%の上昇となった。
 ○ 生鮮食品を除く総合指数は101.8となり,前月と同水準。
   前年同月比は1.5%の上昇となった。
 ○ 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は100.2となり,
   前月と同水準。前年同月比は0.4%の上昇となった。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-t.htm


----------------------------------------------------------------------
・家計調査(二人以上の世帯:平成20年9月分 速報)
----------------------------------------------------------------------
  二人以上の世帯の9月の消費支出は28万1千円で,1年前に比べ実質
  2.3%の減少。
  また,消費支出(除く住居等※)は,1年前に比べ実質0.7%の減少。

 ※:「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を
  除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)
  を用いた。以下同じ。

  (1) 消費支出の内訳をみると,食料,住居,光熱・水道などが実質減少。
    一方,教養娯楽,家具・家事用品,交通・通信などが実質増加。

  (2) 季節調整値で前月からの変化をみると,消費支出は実質+1.7%と2か月
    ぶりの増加。また,消費支出(除く住居等※)では,実質3.3%の増加。

  (3) 勤労者世帯の実収入は43万4千円で,1年前に比べ実質-2.0%と
    2か月ぶりの減少。

  (4) 勤労者世帯の平均消費性向は85.7%で,1年前に比べ0.1ポイント
    の低下。

  ・詳しい結果
    http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm

|

« Blame the party, not the campaign (James Carville) | Main | Crisis-hit Russia must scale down its ambition (Robert Skidelsky) »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Blame the party, not the campaign (James Carville) | Main | Crisis-hit Russia must scale down its ambition (Robert Skidelsky) »