« Almost Comprehensive Review on Paulson's "comprehensive" plan | Main | Able Aso by JESPER KOLL at WSJ Asia »

ポールソン・プラン、代替案、提案。

 まずは提案から。今年のJackson Hallに出ていた米国の金融史の第一人者、Charles Calomirisは民間が資本を出資をする銀行には、同額を優先株で政府が資本注入しなさいという提案を出している(Buiterのコメントもある)。優先株なので納税者は普通株よりは守られ、優先株の配当支払いは3年しないので資本は三年の間、増強され、民間は1で2だけ資本が増強できるので、資本提供のインセンティブが高まるという提案。当然、以前からの株主の取り分は下がる。たしかに、過小資本が大問題なので、BSの左側だけを攻めても無駄。右側を攻めるのに、民間の眼力を借りて、ただしその力を二倍にするという提案。非常にsensibleな提案だと思う。今回、ここまで行かなくても、次期政権では考慮される可能性が高いと思う。たぶん、商業銀行に資本注入しないと問題は解決されないだろう。
 IMFのチーフ・エコノミストもやったミクロ金融論のスター、Rajanはやはり資本注入を提案しているが、Calomirisより政府の強制力で勝負という印象。配当支払いをacross the boardに停止させ、リスク資産の2%分だけ資本増強のオファーをさせるという案をFT op-edで出している。たしかに、Calomirisは「飴と鞭」の飴が強い。Rajanは鞭が強い。
 Charles GoodhartはFT op-edで英国金融危機についての提案をしている。Bank of Englandによる流動性提供で金融システムを救えとのこと。今回の危機は金融都市ロンドンの行方も左右することになるだろう。
 IMF専務理事Dominique Strauss-Kahnは、A systemic crisis demands systemic solutionsという、優等生のop-edを書いている。官僚的なものの考え方をする人には読みやすいだろう。その分、excitingさは大いに欠ける。第二点で書かれていたIMFの不動産関係資産と政府証券のswap planはまさにMexicoのFobaproaプランのミニチュア版である。
 さて、ポールソン・プランへの代替案は、上院銀行委員会委員長のクリス・ドッドから出ている(Bloombergによる解説提案本体)。クルーグマンデ・ロングも賛成している(もう一つクルーグマン)。資本注入を提案している。

Equity Stake    

      

The legislation requires Treasury to take an equity stake equal to the purchase price of the assets being bought. If the company isn't publicly traded, the government would take senior debt instead, placing it in the front of the line of debt holders for repayment in the event of a bankruptcy.    

      

Dodd's proposal also would create a five-member oversight board to supervise the Treasury secretary's purchase and sale of distressed mortgage debt.    

      

It would consist of the chairmen of the Federal Reserve, Federal Deposit Insurance Corp. and the Securities and Exchange Commission as well as two members from the financial industry designated by congressional leaders.    

      

The board would be authorized to set up a so-called credit review company consisting of Treasury employees to study the soundness of the purchases. Under the plan, the government would be required to obtain an equity stake equal to the value of the debt that is purchased from the companies, including those whose shares are not publicly traded. The Treasury secretary would also be required to issue weekly public reports on the amount of assets bought and sold by the U.S.    

      

Penalize Executives    

      

Dodd is proposing to penalize executives who take ``inappropriate or excessive'' risks. The executive compensation and severance packages could be reduced if that is ``in the public interest,'' the proposal says. It would also force executives to give back profits they earned that were based on company accounting measures that are later found to be inaccurate.

 WSJにはDodd proposalの記事よりも、下院金融サービス委員会委員長のFrankの提案のほうが特筆されている。Frankによる、彼の提案はDodd提案と似ていると言う。

Rep. Barney Frank (D., Mass.), chairman of the House Financial Services Committee, said the Treasury has also agreed to the Democrats' idea that the federal government should receive warrants for equity stakes in financial firms in exchange for the government purchase of toxic assets from them.

(中略)

Lawmakers in the House and Senate are working on their own versions of the legislation -- often a recipe for delay in Congress -- but Mr. Frank downplayed these concerns, saying his plan and that of Senate Banking Committee Chairman Christopher Dodd (D., Conn.) are very close.

 民主党が両院を支配しているが、共和党の意見も無視できない。共和党のメイン・ストリート派には、金を出すなら口も出せ派が多いのではないだろうか。とすると、Dodd - Frank proposalが通る可能性もあるやもしれない。ポールソン・プランは不動産債権に限定した不良債権買取を財務省でやるという提案。Dodd - Frank提案は、より広い「不良」債権を買うが、資本注入の形で行なうという提案。過小資本解決には資本注入が必要。民間が出て行かないのなら、公共財たる金融システムを救うためには政府の出動が要請される。あとは民間の利益動機と、政府の強制力の加減の問題(Calomiris vs. Rajan)。個人的な趣味ではCalomirisのほうが好きだが、timely fashionを考えるとRajanかも。ただ、これだけの強制力を持てる余力が余命数ヶ月のブッシュ政権に残されているかどうか。

 もしポールソン・プランが通ったとしたら、ある種の止血効果をもつので、その後の大統領選後に資本注入が議論されることになるだろう。おそらく、大統領ディベートでは、納税者に損害を与える印象が強い資本注入にはMcCainは反対して、好感を得るかもしれない。しかし、当選後は彼も資本注入をせざるをえないだろう。Obamaは、どうやって資本注入賛成を議論するか、ポールソン・プランを上手に批判できれば、その道も開けるかも。しかし、議論がテレビにはあまりにintelligent過ぎるので、リスクが高い。

  EconomistのFree Exchangeオバママケインの金融システム支援のプランを紹介している。金曜日が第一回のpresidential debateだったかな。ただし、テーマは外交政策と安全保障らしい。

|

« Almost Comprehensive Review on Paulson's "comprehensive" plan | Main | Able Aso by JESPER KOLL at WSJ Asia »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Almost Comprehensive Review on Paulson's "comprehensive" plan | Main | Able Aso by JESPER KOLL at WSJ Asia »