« Time to reform the global security network [FT] | Main | Bank of America Reaches Deal for Merrill, while Lehman looks like heading for going under. »

松井今朝子『辰巳屋疑獄』

 松井今朝子『辰巳屋疑獄』(ちくま文庫)。以前に読んだ名著、斉藤修『江戸と大阪』を小説的イメージで補完してくれる好著。いわゆる番頭資本主義とはどういうものか、そこでは内部統制、Corporate Governanceが一つの難所になることがよく書かれている。non-financial sectorとfinancial sectorでの働き方や働き手の気質の違いも興味深くうなづける。まさしく、こういうものを『教養からの経済学』(教養として経済学学説を学ぶ「経済学という教養」ではなく、教養を手に入れることで経済学が捉えようとしている実態をざっくり手に入れてしまうこと)と呼ぶのだろう。時間としてより非効率な方法にこれがあるが、いわゆる経済が嫌いな歴史系はこれを読むのが非常に刺激的だ。

|

« Time to reform the global security network [FT] | Main | Bank of America Reaches Deal for Merrill, while Lehman looks like heading for going under. »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Time to reform the global security network [FT] | Main | Bank of America Reaches Deal for Merrill, while Lehman looks like heading for going under. »