« Krugman's Int'l Macro Update | Main | Bush releases statement on economic turmoil »

On ongoing financial crisis

  植田和男『事態急転、当局大きな賭け』(日経2008年9月19日、経済教室)。TED spreadも紹介されているし、わかりやすい。Diamond and Kashyapと並んで読めばよい。EconomistのEconomic Focusには今後の対応についての見通し。当面見えてくる金融システムの形は、deposit-taking institutionsへの統合、つまり、Citi groupのような形。この点から、モーガン・スタンレーがdeposit-taking institutionに統合されるかが興味深い。そして、GS。独立したinvestment bankingという企業が存続するのだろうか。これに対応して、監督官庁の統合も重要になることだろう。次期政権では、元財務長官のRubinの(財務省に限らず、何か特別委員会委員長での)再登板もあるかもしれない。彼は、GSでもCitiでも、そして官庁での経験がある。なお、経済についてのマケイン上院議員の失言のためか、Intradeではオバマが盛り返している。これはたぶんeconomic voteだと思う。

 日米欧で、6中銀協調でドルを緊急供給したが(日経2008年9月19日朝刊)、これを解説しているのがDavid AltigのMacroblog。

|

« Krugman's Int'l Macro Update | Main | Bush releases statement on economic turmoil »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Krugman's Int'l Macro Update | Main | Bush releases statement on economic turmoil »