« Shocking the Consensus | Main | ブッシュの経済演説 »

IMF・世銀総会は10月13日

 IMF・世銀総会は10月13日。日本政府は国際金融アーキテクチャーで提案を出さないのだろうか。例えば、中川構想とか(もちろん、名前はなんでもよい)。かの債務危機で、一応、ベーカー構想の後、宮沢構想が出て、ブレイディ構想に繋がっていったのを思い出す。一応、三菱UFJも野村などの民間が金融危機で多少は参加=プレゼンスを見せているのだから、今度は官=日本政府のプレゼンスを示したらどうか。民は民、官は官。構想を出すのは官の役割だろう。ヨーロッパも米国も自国の金融に追われて、国際金融アーキテクチャーを考える余裕が小さいだろうのに。
  ドル化している途上国経済の金融は大丈夫なのだろうか。香港の銀行(Bank of East Asia (BEA))で取り付け騒ぎが起きたというのは、そういう人々の深層心理を明らかにしていないだろうか。10月上旬にIMFのWorld Economic Outlookが出る。

 なお、J. SachsとBonoがFTでblogを始めたとのこと(Pointer to Dani Rodrik)。ここまで見ている余力は無いなぁ。

|

« Shocking the Consensus | Main | ブッシュの経済演説 »

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Shocking the Consensus | Main | ブッシュの経済演説 »