« 今日は水曜日。 | Main | Goldin and Katz »

民主党大会第三日

 7万人収容のギリシャ風建築舞台をあつらえたスタジアムに移る前の三日目。ビル・クリントンとジョー・バイデンのスピーチが注目だった。ようやくスケジュールが出たが、おそらくビル・クリントンの時間は計算できていなかったに違いない。彼は20分喋ったが、結局、以下の二つが公式スケジュールから飛ばされていた。

The Honorable Bill Richardson
Governor of New Mexico

Video – Changing The Course of Our Nation
John Melvin
Iraq war veteran from DeWitt, Iowa

 リチャードソンはおそらく明日のプライム・タイムに移るのだろう。私の邪推では、やはりビル・クリントンは10分の予定だったに違いない(confirmed)。さて、20分喋った効果は民主党にあったかというと、あったと思う。圧倒的なスピーチであった。
 意外にジョン・ケリーのスピーチは悪くなかった。上手にジョン・マケインを攻撃していたし、聴衆の反応も悪くなかった。
 最後にジョー・バイデン。いくつか言い間違いをしたが、外交政策の経験を見せ、また、息子と母を紹介し、human storyを見せ、全体のパフォーマンスとして、経験と外交でオバマをサポートできるというところを見せたように思える。スピーチの後に、妻がマイクを持って出てきて、special guestがいるのよ、と言った。ジョー・バイデンらしく間髪をいれずに、"Who?"。そこで、オバマが登場と、脚本に書いてあったかもしれないが、スムーズに物事は運んだ。そこでまずは二人で肩を組んで写真。最後に、母を含めてバイデン家一同がステージに出てきたのは非常に好印象であったように思う。
 さぁ、明日はバラク・オバマのスピーチである。Once in a life timeのスピーチができるかどうか注目の的。4年前とは違って、sobering(人を真面目に、しゃきっとさせる)スピーチだと、ストラテジストのAxelrodは言っているようだが、人々は4年前の雰囲気も多少は期待しているだろう。天候はどうだろうか、会場に7万人も来るのだろうか。これは賭けである。共和党支持者は、この選挙は「バラク・オバマの可否を問う」選挙にしないと勝てないと考えている。圧倒的オバマ支持以外の民主党支持者は、この選挙は「GWブッシュ政権の結果を問う」選挙にすれば勝てると考えている。independentにどう売れるか?

 演説のポイントはMVPである。第一に、Mission。これは"Change, we can"に代表されているので、これをelaborateしていければよい。第二にVisionである。もしオバマが勝てば、議会も行政府も民主党である。最初の百日間で相当のことができるはずである。政策の細かいことではなく、どういう方向で政策をつくっていくのかをわかりやすくイメージさせることである。第三に、Passion。超冷静と言われるオバマがどこまで熱意を見せることができるか。

 あぁReal timeで見れないんだった、ハハハ。

|

« 今日は水曜日。 | Main | Goldin and Katz »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は水曜日。 | Main | Goldin and Katz »