« June 2008 | Main | August 2008 »

日銀の金融政策決定会合議事録等

日銀の金融政策決定会合議事録等の公開

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。お仕事。昼飯はカレー。お仕事。J先生を支援。帰宅。

| | Comments (0)

高橋昌一郎『理性の限界:不可能性・不確定性・不完全性』

31b6woo4gql_sl500_bo2204203200_pisi 高橋昌一郎『理性の限界:不可能性・不確定性・不完全性』(講談社現代新書)。Nさんのお勧め。読む人のバックグラウンドによって、感心するところが違うという、良書。こういう本を教養の踏み絵というのだろう。同じことを英語で書いてもらいたい。英語でこういう会話ができたら、(卑近だが)「国際的教養」というのだろう、ハハハ。

| | Comments (0)

Another Star

 Shuffle Songsでやってきた歌、土岐麻子バージョンで聴く。原曲はStevie WonderのSongs in the Key of Lifeに収録。サンバをボサ・ノヴァに直したのか~。

| | Comments (0)

アメリカの景気後退でメキシコへの海外送金が減少

 WSJ Economics: U.S. Slowdown Hits Mexico as Remittances Drop.  I knew it would come sooner or later.  So, what about other countries, such as Guatemala?

| | Comments (0)

Ken Rogoff: The world cannot grow its way out of this slowdown

Ken Rogoff: "The world cannot grow its way out of this slowdown" at FT (subscription required).  From Mark Thoma: "Kenneth Rogoff says we need to raise interest rates to prevent inflation, to quit trying to stimulate the economy with fiscal policy, and allow financial institutions to fail."  A very interesting debate is going on.  Please watch out!  My education tells me we have to think through current situation of natural interest rate.  Does USA have a big negative shock?  So, the fact that crux of the matter is housing market is very interesting.  It is investment of household sector.  Do we have to calculate natural interest rate at household production function?  I don't really know.

Paul Krugman quickly posted his demand of a deeper analysis.  If you want to read an outsider's analysis, take a look at Economist's Free Exchange.

| | Comments (0)

ドーハのことで泣くな!

Dani Rodrik's "Don't cry for Doha".

| | Comments (0)

Education and America

An op-ed of David Brooks (conservative).

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。お仕事。昼飯はKさんとたまたま一緒。Wさんが来て、卒論発表会。お疲れ様。お仕事。Wさんを見送って、Good luck, and good-bye.  帰宅、Tさんとお久しぶりにお話。こちらもGood luck。

| | Comments (0)

行動経済学・実験経済学のブログ

 行動経済学・実験経済学のブログ。このexposureはたいしたもの。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。お仕事。Sさんと面談。昼飯はN先生と。Wさんと遭遇。お仕事。帰宅。

| | Comments (0)

Krugman: Another Temporary Fix

  Krugman: "Another Temporary Fix".

The moral of this story seems clear — and it’s what Barney Frank, the chairman of the House Financial Services Committee, has been saying for some time: financial regulation needs to be extended to cover a much wider range of institutions. Basically, the financial framework created in the 1930s, which brought generations of relative stability, needs to be updated to 21st-century conditions.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務。Wさんと練習、昼飯、練習。お仕事。帰宅。

| | Comments (0)

ジョン テイラー展望論文

ジョン・テイラーの日銀でのグローバル・マクロの展望論文。The Way Back to Stability and Growth in the Global Economy

| | Comments (0)

『おんぼろ自動車を現金で購入』

Alan BlinderがNYTのEconomic View op-edで提言した経済刺激策はCash for Clunkers、つまり、おんぼろ自動車を現金で購入するとのこと。環境に良く、所得分配を改善し、刺激策として絶好のタイミング、とのこと。

[後記080811]この提案についてFreakonomicsのレヴィットは反論している。反論の模範として必読。こういうのは日本語に翻訳すると大学生にとって良い勉強になるかもな。

| | Comments (0)

FT: China’s currency needs to rise further

China’s currency needs to rise further
By Morris Goldstein and Nicholas Lardy
Published: July 22 2008 20:13 (FT subscription required)
読むなら「FT080727GoldsteinLardy.txt」をダウンロード

But on a real trade-weighted basis the appreciation has been only 15 per cent. China’s current account surplus has soared, from 3.6 per cent of gross domestic product in 2004 to 11.3 per cent last year.

The under-valuation of the renminbi has in fact increased in the past three years because the equilibrium value of the currency, the value consistent with economic fundamentals, has risen even faster, as its external surplus has mushroomed and as rapid productivity growth in export industries has enhanced China’s competitiveness. The appreciation in China’s real trade-weighted exchange rate is only about a third to a half of what is needed.

| | Comments (0)

投機とコモディティー価格

 ジェフ・フランケルのポスト、Mark Thomaのポスト

| | Comments (0)

WSJ op-ed: バイオ燃料は米国国内だけじゃなく中南米から

How Free Trade Can Help Solve the Energy Crisis
By ROBERT MCFARLANE and GEORGE PHILIPPIDIS
July 26, 2008 (WSJ subscription required)

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 9時半到着。お仕事。昼飯はオムライス。お仕事。う~む、いろいろ考えるところあり。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 10時半到着。雑務。ほんのちょっと嬉しいことあり。Kさん訪問、激励。昼飯は鳥飯。Nさん訪問。A先生、模擬講義。帰宅はI先生と一緒。WさんとWBENで懇談。美味。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は四年ゼミ、お疲れ様。2時限は1年ゼミ、お疲れ様。昼飯はおにぎり。雑務。4時限は3年ゼミ、お疲れ様。ちょっと休憩して、3・4年打ち上げコンパ。お疲れ様でした。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限はマクロ。2時限、授業準備。昼ご飯はN先生と。3時限はミクロ。Tさん、Mさんとゼミ合宿準備会合。卒業生Yさん訪問。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

July Grand Kabuki, Matinee

YOSHITSUNE SENBON ZAKURA (Yoshitsune and the Thousand Cherry Trees)
This play was first performed in the Bunraku puppet theatre and is an epic story about the famous 12th century general Yoshitsune fleeing from the wrath of his brother Yoritomo, after the end of the war. Although Yoshitsune is the title character, the main characters of the play are actually different and this month features the three acts of the play about the magical fox Tadanobu starring Ebizo as Tadanobu and Tamasaburo as Yoshitsune's lover Shizuka Gozen.
Torii Mae (In Front of the Fushimi Inari Shrine)
Yoshitsune (Danjiro) is forced to flee from the troops sent by his brother Yoritomo. The trip will be hard and he decides that he must leave behind his lover Shizuka Gozen (Shun'en), despite her passionate pleas to remain with him. As a reminder of himself, he presents her with a precious hand drum that he had received from the emperor. Yoshitsune's retainer Tadanobu (Ebizo) rescues Shizuka from Yoritomo's troops and Yoshitsune decides to leave her in his care.
Yoshinoyama (Mt. Yoshino)
The story continues with a musical travel scene. Hearing that Yoshitsune has taken refuge in the mountains of Yoshino, Tadanobu (Ebizo) and Shizuka (Tamasaburo) go to try to meet him there. Although Tadanobu keeps disappearing, he always appears when Shizuka plays the precious drum that she received from Yoshitsune. In dance Tadanobu recounts episodes from the Gempei war, including the battle in which his brother died.
Kawatsura Hogen Yakata (The Mansion of the Priest Kawatsura)
Yoshitsune (Monnosuke) has taken refuge in the mountains of Yoshino at the mansion of an old ally. Tadanobu (Ebizo) arrives but has no recollection of Shizuka being placed under his care. Shizuka (Tamasaburo) herself soon arrives with the other Tadanobu and after an investigation they discover that he is actually a fox (Ebizo). In a touching story, the fox tells how he took on human form to be close to the hand drum which is made from the skins of his fox parents. Moved, Yoshitsune gives the fox the drum and he flies away joyously. This scene features the kabuki technique of flying through the air.

Yoshinoyama is a must-see performance.  It's artistic, skillful, and beautiful.

| | Comments (7)

The WTO tipping point

Two posts from Richard Baldwin on WTO, the one and the other.

| | Comments (0)

Dark Knight、興行収入良いとのこと。

Record-Setting Batman Sequel Leads Huge Movie Weekend
By LAUREN A.E. SCHUKER
July 20, 2008 5:38 p.m. (WSJ subscription required)

"The movie business still offers the cheapest form of entertainment, if a family wants to go, they might pass on dinner and take the kids but leave the babysitter at home." Mr. Fellman says that "The Dark Knight" is a sort of superhero for Americans downtrodden by recent economic woes. "Really, you couldn't ask for a better hero at a better time."

| | Comments (0)

Wyplosz on the Summers vs Buiter bailout debate

Wyplosz on the Summers vs Buiter bailout debate

| | Comments (0)

Best Economic Development Blog

Dani Rodrik says this is the best economic development blog.

| | Comments (0)

Why No Outrage? (WSJ; James Grant)

Why No Outrage?
Through history, outrageous financial behavior has been met with outrage. But today Wall Street's damaging recklessness has been met with near-silence, from a too-tolerant populace, argues James Grant
By JAMES GRANT
July 19, 2008; Page W1 (WSJ subscription required)

| | Comments (0)

燃料価格高騰で休漁

燃料価格高騰で休漁が行なわれている。7月15日日経ネットの記事:

全国一斉休漁、燃料高など窮状訴え
 全国漁業協同組合連合会をはじめとする17の主要漁業団体が15日、一斉に休漁に入った。全国で約20万隻の漁船が参加した。漁業者は急激な燃油高騰で経営が圧迫されている窮状を訴えた。
 島根県内では約4400隻あるすべての漁船が出港を見送った。漁船は「燃油高騰により全国一斉休漁中!」と垂れ幕を掲げた。神奈川県三浦市のみうら漁業協同組合も全700隻が休漁した。漁師の1人は「燃料代の高騰で出漁しても赤字」と憤っていた。(12:16)

| | Comments (0)

Can Young Japanese Compete in a Global Economy?

  Mark Thomaによるポスト"FRBSF: Can Young Americans Compete in a Global Economy?"を見ました。

| | Comments (0)

IMF on the Global Macroeconomy, CBO on US-China Trade

Econbrowserのポスト、IMF on the Global Macroeconomy, CBO on US-China Trade。目を引いたのは、CBOのdirectorがブログをやっているということ。誰かと思ったら、米国の社会保障研究の第一人者、Peter R. Orszagでした。どこまで続くかわかりませんけど、いやぁたいしたもの。こういうのを情報リタラシーって言うのかもなぁ、、、。

| | Comments (0)

国際問題2008年7・8月号

国際問題2008年7・8月号
焦点:政情不安と大統領制の行方
    * 大統領制の不安定性 その意味と起源 / 恒川惠市
    * メドベージェフ/プーチンの二頭制政治 ロシア政治変容の考察 / 下斗米伸夫
    * パキスタン政治の混迷とムシャラフ政権の行方 / 井上あえか
    * チャベスの10年 ベネズエラ民主主義の「質」と「価値」 / 石橋 純
 次の号が出る前ならPDFで読めるのでお得。恒川論考はいつものようにきっちりかっちり。とはいえ、大統領制は議院内閣制に比べてポピュリズムになりやすいわけではないという、言われてみればそれほど意外ではない結論に至る。たぶん、政治学界では十分に意外なのだろう。

大統領制か議院内閣制かという違いはポピュリズムの説明にとって枢要ではない。むしろ、既存の政党制が変化する社会的亀裂やイデオロギー状況に対処できなくなり、有権者の政党離れをもたらしているという構造的な要因と、深刻な危機が強力なリーダーによる迅速な対処を有権者に希求させるという短期的な要因が重なった結果、政党や議会の頭越しに首長が有権者と結びつくポピュリズム現象が広がったとみるべきであろう。

| | Comments (0)

Joel Stein: How to make fun of Obama

LA Timesのコラム。How to make fun of Obama。読むには「LATimes080718JoelStein.txt」をダウンロード 。あぁ面白かった。

| | Comments (0)

フリードマン:企業の社会的責任とは利潤を高めることだ

A classic piece of M. Friedman: "The Social Responsibility of Business is to Increase its Profits".

| | Comments (0)

World Bank's Private Sector Development BLOG

World Bank's Private Sector Development BLOG

| | Comments (0)

Creative Capitalism: A Conversation

 Creative Capitalism: A ConversationというのはBill Gatesのダボス会議での講演をきっかけに、経済学者にCreative Capitalismを考えてもらおうという本になるブログらしい。Larry SummersがGSEについて書いている。

| | Comments (0)

バーグロフとラジャン:金融発展を止めるな

 Saving capitalism from capitalistsと同じ線のop-ed。読むには「FT080717BerglofRajan.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

アラン・メルツァーのWSJ op-ed

WSJ掲載のアラン・メルツァーのop-ed: "Keep the Fed Away From Investment Banks"を読むには、「WSJ080716Meltzer.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

カルメン・ラインハート、発展途上国の国内債務について

 金融危機研究で有名なカルメン・ラインハートが、The next (but not new) frontier for sovereign defaultと題して発展途上国の国内債務についての研究結果をまとめている。

| | Comments (0)

Economist on Japan

Cfn637  英紙エコノミストのEconomic Focusらしい目配りの行き届いた日本マクロ経済レビューを読むには、「Economist080717Japan.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

The New Palgrave Dictionary of Economics

 あらあら、The New Palgrave Dictionary of Economicsが出ていたなんて。図書館に1セット。

| | Comments (0)

ファニー・メイとフレディ・マックは結果で、原因じゃない

 クルーグマンは、op-edブログでファニー・メイとフレディ・マックはだいたいのところ金融危機の結果であって、原因ではなく経済全体(需要面)に大きな影響を及ぼすので救わないといけないと論じている。そして、TED spreadがまた広がり始めているがIndyMacのせいだと断じている。

[後記]Nouriel RoubiniWillem Buiterは怒っているようだ。GOP economistsはどう議論するか(参考はこれ)。Ricardo Caballeroのop-edはstraightforward。反市場主義?らしいJohn EatwellのFT op-edは「FT080717EatwellPersaud.txt」をダウンロード 。一方で、Buiterにブログをさせながら、こういうのを載せるのがFTの器の大きさというか、甘さというか、value setというか、どんなものなんでしょう。

| | Comments (0)

Moral hazard misconception

July 14, 2008 (FT) "Moral hazard misconception" by Ricardo Caballero

| | Comments (0)

『大学を4年制にもどそう』は本当か?

 日経夕刊2008年7月17日夕刊11面十字路において署名記事で『大学を4年制にもどそう』が掲載されている。考察は、現在の四年制大学は一年生秋学期から三年生春学期まで二年間しかないという判断のもとに、就職の企業訪問解禁を四年春以降に延期するとキャンパスライフが一年間延期するという。この意見は本当だろうか。
 さて、三年生の秋学期から春休み+αまでで就職活動が続くとしよう(大手企業の内々定は4月から5月上旬)。すると、その後にキャンパスライフがあるのではないか。4年生春学期と秋学期で一年間。つまり、実質は現在は三年間はキャンパスライフがある。そして、一年生春学期(筆者が言う高校時代の復習と友達作り)も実はキャンパスライフである。すなわち、どこに就職活動時期を動かしても三年半はキャンパスライフがあると考えられないか。
 それでは、なぜ企業は三年秋学期に就職活動を始めたいのか。例えば、会社は大学教育を信用していないと言えないのか。そうであれば、より早く採用活動を始めたいはずである。The sooner, the better.それを規制して強引に企業訪問解禁を延長するのはかなりまずいということになる。つまり、筆者は、3年秋学期に就職活動=採用活動が始まるのは、囚人のジレンマ状態であると証明できなければ、この議論にはいまひとつ説得力がないような気がする。筆者は、高校時代の復習と友達作りをキャンパスライフと思えないのだろうか。そして、就職活動後の短い一年間をキャンパスライフとみなせないのだろうか。

| | Comments (0)

東京国立博物館 法隆寺宝物館

 東京国立博物館 法隆寺宝物館。この大学の方々は無料です。皆さん行きましょう。この建物、あんまり良い写真はないような気がするのですが、これはなんか面白い。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は4年ゼミ。2時限は1年ゼミ。昼ごはんは肉じゃが定食。黒髪のOさんとSさんと会う。4時限は海外リスク管理。5時限は3年ゼミ。Kさんと懇談。WYCさんを迎えて、準備。Welcome back。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限はマクロ。2時限に昼飯はN先生と冷やし中華。Nさんと懇談。昼休みはゼミ連会合最終回、お疲れ様でした。新執行部よろしくお願いします。3時限はミクロ、独占終わり。授業準備、あれこれ。R先生と帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。ゼミ連NL編集委員会、お疲れ様。昼飯はカツカレー。昼休みは新ゼミ連執行部会合、よろしく。3時限、Oさん、卒業生Hさん訪問、お久しぶり、またね。4時限、経済学基礎最終授業。戻って、Nさんと後片付け、帰宅。

| | Comments (0)

東京でもっとも心が休まる場所の一つ

080713 私にとって、東京でもっとも心が休まる場所の一つです。さぁどこでしょうか?簡単すぎるかな。いや、難しいかもしれませんね。もし、お分かりの方はコメント欄にどうぞ。別に賞品はありませんけど。

| | Comments (5)

BBC: 米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を解説

 デ・ロングがお勧めするBBCの記事。Econbrowserの解説。もう一つ、de Long。この週末でかなり方向性は出てしまうね。あとは為替レートがどう反応するか。反応しなければ、これは政策当局の勝ちか。株価は上がったり下がったりだろうし。

| | Comments (0)

グローバリゼーション・コンセンサスの死

 ダニ・ロドリックが書いたop-ed『グローバリゼーション・コンセンサスの死』、これはワシントン・コンセンサスという用語などをふまえてグローバリゼーション・コンセンサスと言っているので、もう少し意訳すれば、「もうグローバリゼーションに諸手を挙げて賛成してはいられない」という感じかな。先のマンキューop-edと対比して論ぜよ、というのは、う~ん、MPAの1年レベルでは結構面白い試験問題になるかも、、、。

| | Comments (0)

アフリカで企業の力を借りて手を洗う習慣をつける

 NY Timesの記事

| | Comments (0)

マンキュー:経済学者の票を手に入れる政策

 マンキューのNY Timesのop-ed

| | Comments (0)

クルーグマン:住宅公社を救おう

 まずは、背景として日経ネットの7月13日の記事:

米住宅公社に経営不安、FRB頼みで重い負担

 【ワシントン=藤井一明】米国の金融混乱が収まらない。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)の問題で揺れた昨年8月以降、今年3 月の米証券大手ベアー・スターンズの経営危機に続き、今度は米住宅公社の信用不安が浮上した。当局は米連邦準備理事会(FRB)の資金供給を柱に安定化の 試みを重ねるが、政策の逐次投入の懸念がつきまとう。市場ではFRBの財務体質が傷つき、ドルへの信認が揺らぐことにもなりかねないとの見方も出ている。

 株価の下落が続く米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)は11日、声明で「資本は法定の最低 基準を十分に上回っている」とし、健全性を訴えた。ブッシュ大統領は同日、ポールソン財務長官と並んで記者団の前に現れ「フレディマックとファニーメイは 非常に重要な機関だ」と強調した。 (07:00)

 そこでクルーグマン、このポストで住宅公社を救おうと意見。そして、危機からの回復には時間がかかるだろうとコメントしている。しかし、日本と比べると十分速い。まだ一年もたっていないのに、資本注入が課題に挙がり、たぶんバーナンキはやるんでしょう。あと2年以内で後片付けは終わるかもしれない。

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 10時半到着。卒業生Nさんと偶然遭遇、元気そうで何より。授業準備。Tさんと会う。昼飯はおにぎり。仕事。帰宅。

| | Comments (0)

Promises, promises (Economist)

Cfn619 "Promises, promises"とはEconomistの援助に関する記事。読むには「Economist080710aid.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。会議。I先生と昼飯。雑務。会議。4年Oさん、3年Iさんとお話。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は4年ゼミ、counterfactual thinkingがキーワード。2時限は1年ゼミ、フィナーレ近く。昼休みにサンドウィッチ食べて、図書館行って、3時限に授業準備。4時限は3年ゼミ。Tさんと懇談、Nさんと懇談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。I先生とお話。1時限はマクロ。2時限に印刷したり、N先生、NさんとiPod談義。昼休みはゼミ連。3時限はミクロ、独占に入る。Iさんとお話し、授業準備。Oさん、Sさんと懇談。授業準備。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。就活セミナー最終報告書委員会。授業準備。Sさん訪問。Oさん、Bさん訪問。4時限は特別講師の講義。有難うございました。Nさん、N先生とお茶。帰宅。

| | Comments (0)

7th BIS Annual Conference

 6月末に行なわれた7th BIS Annual Conferenceのプログラム。マッキノンは、どうも中国に再度の固定相場制度を提言しているようで、非常にマッキノンらしい提言で興味深い。カバレロのコメントも楽しい。ムーサは、economic nonsenseと切り捨てている。イッシングはECBの金融政策について丁寧に説明している。Bill Whiteは日本の金融政策について、以下のような興味深い発言をしている。

The Bank of Japan approaches monetary policy decisions using “two perspectives”, with the second perspective relying in part on longer-term trends in credit (rather than monetary) growth. While carefully nuanced, the second perspective seems to be a vow never to repeat the boom-bust cycle that so scarred Japan in the 1990s; in effect, the issue is deflation as much as inflation. As with the Federal Reserves’s experience of the Great Depression, the ECB and the Bank of Japan continue to be influenced by their different but defining historical events.

日銀の金融政策についての考え方は十分に理解されているのでしょうか。

| | Comments (0)

マーティン・ウルフ『金融危機から学ぶ教訓』

 マーティン・ウルフがFTに載せたコラム『金融危機から学ぶ教訓』を読むには、「FT080701MartinWolf.txt」をダウンロードBIS年報を読んでコメントしてます。正しい質問をしていると評価してます。質問の数は四つ。

First, why did it happen?  a second question: how big are the risks now?  The third big question is what policies we need right now.  The fourth and biggest question concerns the lessons we need to learn.

たしかに、この最終部分は面白い。

The most interesting part of the BIS analysis of the lessons is that it focuses not on what is new – the paraphernalia of the modern financial system – but on what is old – “the inherent procyclicality of the financial system and excessive credit growth”. The important point here is that fiddling with details of the regulatory regime or tightening supervision of individual institutions is not the heart of the matter. What matters is the operation of the system as a whole.

This is why the BIS takes such a strong stance on the need to tighten monetary policy when credit growth soars and asset prices explode, even if that temporarily reduces inflation below target levels. This, argues the BIS, would be a more symmetrical use of policy instruments. It is also why the report stresses “macroprudential” policies. These would focus not on the misbehaviour of specific institutions but rather on systemic risks, such as their shared exposure to common shocks and possible adverse interactions among and between institutions and markets.

The aim is clear: it is neither to prevent institutions from going bust nor to eliminate the cycle of boom and bust. The former is undesirable and the latter impossible. The aim is to reduce the frequency and severity of crises. It is not enough to say that we can clear up afterwards. That is too complacent and too one-sided.

We do not have all the answers. But, to its great credit, the BIS has at least defined the right questions.

| | Comments (0)

日本は行方不明中: サミットにおける見えざる主催役(Japan goes missing: invisible host at the summit)

Japan goes missing: invisible host at the summit(私が直訳すれば『日本は行方不明中: サミットにおける見えざる主催役』)と題されたFTのPhilip Stephensを読むには、「FT080703PhilipStephens.txt」をダウンロード 。日経7月6日朝刊2面に紹介されているので、オリジナルと対照させてみましょう。まず、『同紙は「英国はアフリカへの援助、ドイツは地球温暖化への対応と、それぞれ得意のテーマがあったが、今回はそれがかけている」と指摘する』とあります。

Others in the G8 have used their summits to promote pet projects – Britain  trumpeted aid for Africa, Germany climate change. Japan seems to lack any burning priorities.

Pet projectというのは「得意のテーマ」でしょうが、やや皮肉な言い方のような気がします。「お得意のテーマ」とか「お得意の企画」ぐらいのほうがいいのではないでしょうか。日本にかけているのはburning priorities「これをやりたいという意志」ですよね。次、『「日本は依然として世界第二位の経済大国だが、政治的にはその存在が見えないも同然だ」と強調した。』

Japan is still the world’s second most powerful economy. Politically, it is all but invisible.

しかし、この文は最初の文より前にあるのですね。なぜ入れ替えちゃったのでしょう。三つ目、『「今回は新興国から14人もの首脳が来日する。彼らは常に自国の地政学的な展望を考え続けているが、日本はそれをしていない」とし、「新秩序の下では日本は他国からの言及にも値しない」と評した。』です。まずは前半部分。

As many as 14 leaders from emerging powers will make cameo appearances. Lunch with the Chinese, coffee with the Senegalese?

「14人もの新興国からの指導者がやってきてパフォーマンスをする。中国指導者と昼飯、そしてセネガルの指導者とコーヒー?」です。「地政学的な展望」?それはburning prioritiesの次のパラグラフです。

This is all of a piece with its barely visible profile in the global arena. I spend a fair part of my life on the international conference circuit. Never before have governments – of rising as well as mature powers – devoted as much time to peering into their crystal balls in search of a new geopolitical landscape. By and large – I can think of one recent exception –
Japan is absent from such events. What is more, Japan's place in the new order rarely merits mention by its peers.

これはなかなか訳しにくい。『これは全地球的な舞台の上で、ほとんど見える特徴が無い会議である。あたしは国際会議から会議へ飛び回って人生を過ごしてきた。これほどまでに、政府が新興国も先進国も、時間をかけて新しい地政学的な風景を探して水晶球をのぞいてきたことははない。思い出す限り一つ例外があるだけだが、大概、日本はそういうイベントから外れてきた。さらに、日本の新秩序での位置は、他国から言及されるにほとんど値しない。』ということで、かなり日経は意訳してますね。
 さて、Stephensは新秩序において日本の国際的に占める名誉ある地位について、こう述べている。

The most cogent answer I have heard is from a young Japanese diplomat who posits that his country’s natural role is as a bridge between Asia and the west and between mature and rising powers. In this guise Japan would act as a stabiliser in a region that would otherwise be dominated by China: friends with Beijing but also balancing it.

 cogentとは、「力強い」とか「納得させる」という意味ですね。ということで、19世紀のBalance of Powerを想起させるFT記者にはわかりやすい発言ですよね。なぜ、これを日経は引用しなかったのだろう。同じ2面では『外務省も内向き日本か』という記事を出しているので「若い日本の外交官」が述べた意見は引用するのはまずいからかしら。

| | Comments (0)

新聞の将来はどうなるの?

 新聞の将来についてポズナーベッカーが書いている。こういうテーマに関心がある人には非常に重要。日本の新聞でも、枚数を同じまま、高齢者用にフォントを大きくすれば単語数で測った情報量は小さくなる。これはナイーヴに言えば「愚民化」と呼べるかもしれない。ネット化して、新聞購読者はインターネット・サイトでより詳しい情報をとれるという方向には日本の新聞社は行かなかった。しかし、一般紙がマクドナルドのバリュー・セットと同じとは、言われてみて気のつくことだなぁ。

| | Comments (4)

ワインの経済学(レビュー)

 国際貿易のRichard Baldwinがここでワインの経済学を手際よくまとめてくれている。ロバート・パーカー効果は一本あたり2.8ユーロとのこと。

| | Comments (0)

ウォルマートと中国は米国の貧困層を助けたか?

 Brodaのvox op-edde LongはH-O理論を利用して疑問を呈している。Mark Thomaもコメント

| | Comments (0)

国際貿易論のコンファレンス

 クルーグマンのポスト。IESサイトはここ。Grossman and Rossi-Hansbergがtrade in taskを拡張したペーパーを発表している。以下はmemo to self。

Verhoogen, E. A. (2008): "Trade, Quality Upgrading, and Wage Inequality in the Mexican Manufacturing Sector,"The Quarterly Journal of Economics, 123(2), 489-530.

Melitz, Marc J. 2003. “The Impact of Trade on Intra-industry Reallocations and
Aggregate Industry Productivity,” Econometrica, 71(6): 1695-1725.
Melitz, Marc J. and Gianmarco I.P. Ottaviano. 2005. “Market Size, Trade, and
Productivity,” NBER Working Paper No. 11393.

| | Comments (0)

米国ウォルマートの『地産地消』

 クルーグマンのポスト。正しくは、地元調達ということでしょう。こうすると、国内だけでなく、海外からの野菜輸出に黄色信号が出ていることだろう。メキシコ北部の有機野菜(トマトとか)はどうなっているのだろうか。とうもろこしに栽培を変えていることが予想される。

| | Comments (0)

猪木 武徳『学校と工場』

518jakmnqgl_sl500_aa240_ 猪木 武徳『学校と工場』(読売新聞社:1996年)。新しい本ではないので、現状を知ろうという人には薦められないが、本書が収められたシリーズ題がそもそも「20世紀の日本」であるので、中身は古くはならない。

公教育は単にコミュニケーションを容易にし、合理的計算能力を高めるという以上に、人間の考え方や感情を一定の型にはめるという役目を持っていた。独創的な考え方、非定型的なものごとに対する判断能力は、結局、一定の型を約束ごととして習得しない限り生まれないことが多い。いからんる独創的な発明や発見も、ある水準の定型的な知識(「これこそ「読み・書き・算盤」)を前提としており、全くの「白紙」からは生まれない。(p.13)

全くその通りだと思うが、証明されているのだろうか。

1920年代の女工の企業内教育についてふれておこう。まず重要なのは、大きな紡績工場の中に設けられた私立の小学校である。(p.64)

 第4章「戦後の学校」では、人的資本理論についてふれられていて、筆者は『人的資本理論の考え方の注目すべき点は、その費用概念にあるといえるのではないか』(p.127)と述べている。機会費用である。その後は、通常の説明のようにシグナル理論が解説されている。
 第5章「工場内の人材育成」はOJTおよびOff JTをついてのまとまった説明と解説が具体例に基づいてなされている。intangible knowledgeが「定義できない知識」(p.147)として解説されている。p.149以降の「民主的な人材選抜方法」はキャリア・パスのmotivationへの影響を解説している。

| | Comments (0)

斉藤修『江戸と大阪:近代日本の都市起源』

61b095gfeel_sl500_aa240_斎藤修『江戸と大阪:近代日本の都市起源』(NTT出版:2002年)。中心仮説は、江戸時代に農村の生産性が上昇し(農村の実質賃金が上昇し)、地方(小都市)が興隆した。その結果、大都市はインパクトを受けることになった。その方向は江戸と大阪では全く異なった。江戸では、賃金が上昇し、年季制が後退し、外部労働市場化(口入屋の隆盛)が進行した。大阪では、大店の内部労働市場化が進行し、熟練が形成された。
 この効果は、明治になると、大阪の内部労働市場による熟練形成が、大企業でのホワイト・カラーからブルー・カラーに広がっていくことになる。明治の職人は、農家での熟練と規律が基礎となって新しい職人層をつくっていくことになるという。
 江戸と大阪のこの対照性は、いわゆる黒死病後の西欧と東欧の異なる方向とパラレルなところもあり、興味深い。また、四世鶴屋南北の殺伐さと近松門左衛門のねっとりはんなりした緊密さとも対応している。明治以降、近松が再評価されていくのも大企業インテリの内部労働市場化と呼応しているのかもしれない。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 授業準備。帰宅はIさんと。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 8時半到着。音響システムは大丈夫でほっと一安心。Aさん、Kさん、Kさん、Hさん、登場、そして打ち合わせ。2時限より就活セミナー、大入り満員。S先生、A先生、N先生も来てくれる。3時限も引き続き大盛況。実行委員の皆さん、お疲れ様。模擬授業、S先生すばらしい。セミナー打ち上げ、お疲れ様。帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は4年ゼミ。2時限は1年ゼミ。昼ごはんはおにぎり。3時限はリハーサル傍聴。4時限は3年ゼミ、多少延長。セミナーハウス当選。その後はセミナー準備。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着、H先生と放談徒歩。1時限マクロ、泡を吹く。2時限、なにをしたっけ、昼飯はN先生、A先生と。Nさん、Aさんと懇談。むむむ。3時限、ミクロ、供給曲線の導出。Oさん、Sさん、Tさんと懇談。授業準備。泥眠帰宅。

| | Comments (0)

昨日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。就活セ実委に顔出し。昼飯は寿司弁当。4時限は「子育ての経済学」、来週は外部講師による特別講義。Nさんとビデオ作成を見守る。ヘトヘト帰宅。

| | Comments (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »