« マーティン・ウルフ『金融危機から学ぶ教訓』 | Main | 今日は月曜日。 »

7th BIS Annual Conference

 6月末に行なわれた7th BIS Annual Conferenceのプログラム。マッキノンは、どうも中国に再度の固定相場制度を提言しているようで、非常にマッキノンらしい提言で興味深い。カバレロのコメントも楽しい。ムーサは、economic nonsenseと切り捨てている。イッシングはECBの金融政策について丁寧に説明している。Bill Whiteは日本の金融政策について、以下のような興味深い発言をしている。

The Bank of Japan approaches monetary policy decisions using “two perspectives”, with the second perspective relying in part on longer-term trends in credit (rather than monetary) growth. While carefully nuanced, the second perspective seems to be a vow never to repeat the boom-bust cycle that so scarred Japan in the 1990s; in effect, the issue is deflation as much as inflation. As with the Federal Reserves’s experience of the Great Depression, the ECB and the Bank of Japan continue to be influenced by their different but defining historical events.

日銀の金融政策についての考え方は十分に理解されているのでしょうか。

|

« マーティン・ウルフ『金融危機から学ぶ教訓』 | Main | 今日は月曜日。 »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マーティン・ウルフ『金融危機から学ぶ教訓』 | Main | 今日は月曜日。 »