« 今日は土曜日。 | Main | 今日は月曜日。 »

金融政策の微量おさらい

 まずKrugmanがstaggered wage inflation modelでのinflationのembeddednessの見分けの重要性を力説。これをレヴューしたMark Thomaはpolicy ruleの議論に入り、Michael Woodfordの解説を指摘し、Mark Thoma自体のWoodfordについてのレビューでは、MankiwのJackson HoleのでRobert Hallへのコメント・ペーパーにまで筆が及んでいる。話題はBlanchardが名づけたというDivine Coincidenceであり、Supply Curveへのnegative shockで物価が上がり、potential outputからの乖離が広がるときにDivine Coincidenceが保たれないという話で、それが今。

|

« 今日は土曜日。 | Main | 今日は月曜日。 »

Economics」カテゴリの記事

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は土曜日。 | Main | 今日は月曜日。 »