« 日経『くいだおれ太郎 波瀾万丈』 | Main | 日経ビジネス『くすぶるインフレ目標導入の可能性』 »

日経『日本の援助 コメ技術軸に』

 日本経済新聞2008年5月30日朝刊29面経済教室、大塚啓二郎・大島賢三『日本の援助 コメ技術軸に』。呼応してかどうか知らないが、同じく2面に『コメ生産倍増へ支援組織を設立:JICAなどアフリカ向け』とある。

 日本の政府開発援助(ODA)は「選択と集中」が求められている。当面日本は、緑の革命支援のため稲作をテコに、アフリカの経済成長と貧困解決に向けて一石を投じる戦略を練ることが賢明だ。これこそ日本発の日本らしい開発援助であり、成功に最大限の努力を注ぐべきである。

 ごもっとも。しかし、もうここ5年ぐらいアフリカに「選択と集中」してきたのではなかったのかしら。そうだとしたら、その成果と評価こそが求められていると思うけど。

|

« 日経『くいだおれ太郎 波瀾万丈』 | Main | 日経ビジネス『くすぶるインフレ目標導入の可能性』 »

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経『くいだおれ太郎 波瀾万丈』 | Main | 日経ビジネス『くすぶるインフレ目標導入の可能性』 »