« 今日は水曜日。 | Main | Indiana Jones of Economist »

食品価格と貧困

 Dani Rodrik's Post. 紹介されているMargaret McMillan et. alのペーパーは、クロス・セクションをやった後に、メキシコの雇用調査と家計調査を使って一国ベースで厳密に検討している。

 穀物価格が貧困にどう影響するかは、net producerかnet consumerであるかに依存する。おそらくurban poorはほぼ確実にnet consumer。rural poorはnet producerの場合と、net consumerの場合がある。このあたりをサーベイするにはこれだったと思う。

【後記】上記サーベイ本(=教科書)の著者が、中心になってまとめたWDR 2008 Agriculture for Development (邦訳はこちら)をパラパラと見てみた。Chapter 4の原著pp.107-110が関連箇所である。Box 4.7は非常に有益で、これを見て、いろんな国のvarietyを考えるだけで、非常に整理が良くなると思う。Table 4.3ではHertel and other 2007を使っている。注32はメキシコの事例(Nicita 2004)。

|

« 今日は水曜日。 | Main | Indiana Jones of Economist »

Economics」カテゴリの記事

International Political Economy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は水曜日。 | Main | Indiana Jones of Economist »