« Economist Joke | Main | Bernanke's Bubble Laboratory »

経済学原論は一般的教養科目に値するか(ハーバード大学において)

マンキューのポスト。Crimson writes:

The architects and practitioners of Gen Ed agree: the new curriculum needs to focus on subject matter before method, areas of knowledge before ways of knowing.

なるほどね、私の意見は違うけど。Subject matter with method, areas of knowledge combined with ways of knowingが重要だと思うけどね。Crimson誌で参照されている経済学部のご意見はすべてごもっとものように聞こえる。そして、歴史学者のご意見もごもっとも。Crimson writes again:

One of Gen Ed’s stated missions is to tie what students learn in the classroom to their lives in the present.

私も歴史学部の方と共にこれには賛成。しかし、歴史って重要よね。さて、ハーバードのGeneral Educationの文書を見ると、こう書いてある。

Given the rationale and goals of general education outlined above, we propose that the Faculty adopt a system of general education in which students are required to take one halfcourse in each of the following eight categories:
• Aesthetic and Interpretive Understanding
• Culture and Belief
• Empirical Reasoning
• Ethical Reasoning
• Science of Living Systems
• Science of the Physical Universe
• Societies of the World
• The United States in the World

なるほどね。八分類の拙い翻訳でもしてみようかな。
1)審美的・解釈的な理解(悟性)<つまり、「わかった」と思うことについて>、2)文化と信仰(信心)、3)経験的な論理付け<つまり、事実から議論を裏付ける方法>、4)倫理的な論理付け<おぅ、世の中がこうあるべきだという考え方によって説得する方法?>、5)生態系の科学、6)物理的世界の科学、7)世界の中のいろんな社会、8)世界の中の米国。
 そこで、歴史学部の学部長はこう言っていると:

But Kloppenberg said that unlike some of his colleagues, he is confident that historical study will play a role in five categories: U.S. in the World, Culture and Belief, Ethical Reasoning, Societies of the World, and Aesthetic and Interpretive Understanding.

なるほどね。私もごもっともと思う。ethical reasoningの素養が乏しいので、ちょっとサーチしてみたらこれが出た。universalism, utilitarianism, and personalism、なるほど。なんかKant批判の本を最近読んだなぁ、なんだったけ、、、。健忘症、、、。そうそう、Binmoreだった。ゲーム理論ってどこに入れますかね。審美的・解釈的な理解(悟性)でしょうか。

|

« Economist Joke | Main | Bernanke's Bubble Laboratory »

Economics」カテゴリの記事

Memo to myself」カテゴリの記事

【経済学基礎】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Economist Joke | Main | Bernanke's Bubble Laboratory »