« Philip Stephens: Uncomfortable truths for a new world of them and us | Main | 今日は土曜日。 »

Brookings Global Economy and Development Conference

Brookings Global Economy and Development Conference:
What Works in Development? Thinking Big and Thinking Small
 出席できなかったロドリックのペーパーもあるし、他のbig nameのペーパーもある。ハウスマンのペーパーは、ロドリックと同様にrandomistの辛いところを突いているよう。これはマクロ成長回帰にも問題を提供している。150ヶ国のクロス・セクションで20年データがあっても3000の指標は使えない。つまり、high dimentionalityがある場合にはマクロの成長回帰は厳しいということになる。それはそうと、ハウスマンは、マクロのclosed systemとミクロのopen systemの対比をあまり強調してないような気がする。general equilibiriumは働いているんだろうか。Scienceに掲載された論文は読んだほうがいいかも、、、。

Hidalgo, César, Bailey Klinger, Albert-Laszlo Barabasi and Ricardo Hausmann (2007) “The Product Space Conditions the Development of Nations”, Science, 317(5837): 482-487, 27 July 2007.

|

« Philip Stephens: Uncomfortable truths for a new world of them and us | Main | 今日は土曜日。 »

【開発経済論】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Philip Stephens: Uncomfortable truths for a new world of them and us | Main | 今日は土曜日。 »