« 中国の環境問題報道のまとめ | Main | 日銀新総裁はゼロ金利に復帰を »

ふっと嫌な予感が、、、

 以下はあくまでも予想であり、憶測であり、仮説である。2007年夏以来の米国の不動産・金融危機及び景気後退予測で、外資系金融は採用を絞っているはずであり、保守気質の高い学生はこれらを忌避する可能性も高い。すると、これらの学生はメガバンクに流れ、元々メガバンク志望学生はさらに有力首都圏地方銀行に触手を伸ばしている可能性もあるのではないか。これは仮説であり、憶測であり、予想である。

|

« 中国の環境問題報道のまとめ | Main | 日銀新総裁はゼロ金利に復帰を »

大学生の就職活動」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中国の環境問題報道のまとめ | Main | 日銀新総裁はゼロ金利に復帰を »