« 対内中長期債、売り越し幅が過去最高・3月16―22日 (Nikkei Net080327) | Main | 『日本型ビッグバンと二一世紀型金融危機 』 »

Tobin and Brainard (1963)

Tobin and Brainard (1963) reprinted in Tobin Vol.1 (pp.283-321).  [Memo] The loss of an uncontrolled intermediary (aka shadow financial system) means, ceteris paribus, higher required rate of return to capital.  Under this circumstance, an increase in the supply of currency will lowers the requied rate of capital.  It appears this act of counterbalancing is essentially what the Fed is doing.

トービン (2003)の図5.5において、shadow financial systemの消滅はA'B'C'からABCのシフトと考えられるかもしれない。その際、当初はqの低下、すなわち株価の下落、そして、required return to capitalが上昇していくことになる。accommodateするような貨幣の供給はrequired return to capitalが上昇するのを抑えることになる。これはおそらくinflationaryではない。我々は実質的な貨幣保有を取り扱っているからだ。では、money supplyが十分でないとデフレになるか。

|

« 対内中長期債、売り越し幅が過去最高・3月16―22日 (Nikkei Net080327) | Main | 『日本型ビッグバンと二一世紀型金融危機 』 »

Economics」カテゴリの記事

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 対内中長期債、売り越し幅が過去最高・3月16―22日 (Nikkei Net080327) | Main | 『日本型ビッグバンと二一世紀型金融危機 』 »