« February 2008 | Main | April 2008 »

Japan’s ‘lost decade’ offers dire pointers for the Fed

Japan’s ‘lost decade’ offers dire pointers for the Fed
By Gillian Tett and Krishna Guha (FT)
Published: March 30 2008 17:43

| | Comments (0)

Bagehot, central banking, and the financial crisis

Bagehot, central banking, and the financial crisis
Xavier Vives
31 March 2008

| | Comments (0)

Adverse Selection, Loan Defaults, and Credit Rationing

Mark Thomaが住宅価格の低下がなぜforeclosureを引き起こすのかについてモデルを使って考え、それをBrad de Longが裏書している。じゃぁ、私もCarl WalshのMonetary Theory and Policyを開かないと、、、。

【追記】復習しました。Walsh 2nd ed. pp. 327-331のadverse selectionの項です。極めて明解。

| | Comments (0)

RONALD MCKINNON: The Dollar and the Credit Crunch (WJT)

RONALD MCKINNON: The Dollar and the Credit Crunch (WJT) March 31, 2008; Page A19.  Intriguing.

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 10時半到着。雑務。Tさんと懇談、Good luck。昼飯は定食。雑務。N先生と懇談。Tさんと懇談。帰宅。

| | Comments (0)

気が向いたので【福田日誌】

【福田日誌】29日
2008.3.30 03:18

 【午前】来客なく、公邸で書類整理などして過ごす。
 【午後】3時31分、公邸発。32分、官邸着、執務室。4時2分、小ホール。3分から35分、新聞各社のグループインタビュー。37分、官邸発。39分、公邸着。5時27分、公邸発。43分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂着。
同ホテル内の中国料理店「李芳」で貴代子夫人、秘書官らと夕食。7時49分、グランドプリンスホテル赤坂発。57分、公邸着。

2時間も食事をしている。これはもしやと思って、グーグルしてみると、こんなのが出た。これは安倍首相のとき。

(前略) 10月10日の首相番日誌の中に午後7時37分、東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテル内にある中国料理店「李芳」で秘書官らと会食、同9時51分ホテルを出る。同10時6分、帰宅となっています。
 これは真っ赤な嘘。皆さんは情報操作をされたということになります。最近、ちらちらと新聞に10月10日、青木幹雄、森喜朗、中川秀直、安倍晋三、この 4者が集まって復党問題を話し合ったと言う話が出始めました。私は10月の中旬、すでに早稲田の講義でこの秘話を明かしていますが、やっと出始めてきた。
 
「李芳」に入ったまでは間違いない。その後、従業員通路を抜けて青木が定宿にしている部屋に向かい、極秘会談をした。つまりなぜ復党問題が執行部の中の対立、そして党内対立を誘発したか。そのもとになったのがこの10月10日の4者密談です。(後略)

ということで、ひょっとすると誰かと極秘会談をしたかもね、ハハハ。そういうこともあって30日にはこうなったかな。

福田康夫首相は30日、首相公邸でNHKのインタビューに応じ、27日の緊急記者会見で表明した、道路特定財源を平成21年度から一般財源化するなどとした新提案について「(自民)党もまとまったと思う」と強調した

こういう「政局」はちょっとだけ面白いけど、まぁGoogleしてるのが花だね。




| | Comments (0)

The sting of poverty (Boston Globe)

Blog Post by Mark Thoma.  読むには、「BostonGlobe080330poverty.txt」をダウンロード 。たしかに面白い比ゆ。

| | Comments (0)

Do Assassinations Change History?

NBER Digest Online Do Assassinations Change History?

"We find that assassinations of autocrats produce substantial changes in the country's institutions, while assassinations of democrats do not," conclude authors Benjamin Jones and Benjamin Olken in Hit Or Miss? The Effect of Assassinations on Institutions and War (NBER Working Paper No.13102).

| | Comments (0)

Do Television and Radio Destroy Social Capital? Evidence from Indonesian Villages

NBER WP 12561 Do Television and Radio Destroy Social Capital? Evidence from Indonesian Villages.

| | Comments (0)

The Effect of Hours of Work on Social Interaction

NBER WP 13743 The Effect of Hours of Work on Social Interaction.

Over time, increases in hours of work per capita have created the intuitively plausible notion that there is less time available to pursue social interactions. The specific question addressed in this paper is the effect of hours of work on social interaction.

| | Comments (0)

Outsourcing and Volatility

NBER WP 13144 Outsourcing and Volatility.

While outsourcing of production from the U.S. to Mexico has been hailed in Mexico as a valuable engine of growth, recently there have been misgivings regarding its fickleness and volatility. This paper is among the first in the trade literature to study the second moment properties of outsourcing.

| | Comments (0)

Does Age Structure Forecast Economic Growth?

NBER WP 13221 Does Age Structure Forecast Economic Growth? by David E. Bloom, David Canning, Guenther Fink, Jocelyn E. Finlay

| | Comments (0)

Aging and Death under a Dollar a Day

NBER WP 13683 Aging and Death under a Dollar a Day.  Probably, the causality is both-ways.

The direction of causality is unclear: the poor may be poor because they are sick (and thus more likely to die), or they could die because they are poor.

| | Comments (0)

What Accounts for the Rising Sophistication of China's Exports?

NBER WP 13771: What Accounts for the Rising Sophistication of China's Exports?  Obviously, this is different from what Krugman argues in BPEA draft.  And, this is Dani Rodrik's line.  NBER 13628 (The Role of Extensive and Intensive Margins and Export Growth) is also kind of interesting.

| | Comments (0)

The Increase in Leisure Inequality

NBER working paper 13837: The Increase in Leisure Inequality.  It looks like LS curve is not backward-bending.

| | Comments (0)

Blinder: How to Cast a Mortgage Lifeline? (NYT)

Blinder: How to Cast a Mortgage Lifeline? (NYT)

    THE financial markets are downright scary. And it seems unlikely that we can extricate ourselves from the current series of rolling financial crises without improving the situation in three related markets: those for houses, mortgages and securities based on mortgages.
    In a previous column for Sunday Business, I advocated one possible approach: creating a modern version of the Home Owners’ Loan Corporation, or HOLC, the Depression-era entity that bought up old mortgages and issued new, more affordable ones in their stead. That idea, which hardly originated with me, stirred huge interest in both financial and political circles. (You should see my in-box.)

| | Comments (0)

日経:グアテマラ 脱貧困へ農家動く

 日経2008年3月30日朝刊38面、杉本昌子という人によるグアテマラ市発の署名記事。『グアテマラ:脱貧困へ農家動く―都市部と直取引/イチゴ輸出も』。<世界いまを刻む>という連載の一つ。固有名詞は「マーシー・コーズ」、「ウォルマート・ストアーズ」、「国連開発計画」。『左派系政権としては半世紀ぶりとなるコロン大統領は農村開発に積極的。』と書いている。

| | Comments (0)

Economist: Ecotourism and Economics

Edward Taylor's work reported in Economist.. 「Economist080327Galapagos.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

It's Baaack. Krugman on liqidity trap

It's Baaack.  Krugman on liqidity trap

| | Comments (0)

Sweeping Changes in Paulson Plan (WSJ)

Sweeping Changes in Paulson Plan
By DAMIAN PALETTA
March 29, 2008 (WSJ)

WASHINGTON -- U.S. Treasury Secretary Henry Paulson plans on Monday to call for sweeping structural changes in the way the government monitors financial markets, capping a broad review aimed at revamping a system of regulatory oversight built piecemeal since the Civil War.

日本において金融監督庁ができたのが1998年。

| | Comments (0)

Krugman: Loans and Leadership (NYT)

Loans and Leadership
By PAUL KRUGMAN
Published: March 28, 2008

| | Comments (0)

Lunch with the FT: Nassim Nicholas Taleb (FT)

Lunch with the FT: Nassim Nicholas Taleb (subscription required)
By David Wighton
Published: March 28 2008 20:56

| | Comments (0)

TED spreadとは

Tedsp080328 The TED spread is the difference between the interest rate banks charge each other on 3-month loans (3-month LIBOR) and the interest rate on 3-month U.S. Treasury bills. It’s a measure of financial jitters. (Krugman)

| | Comments (0)

US Yield Curve Watch

48tsyeldChart10yrnote080328   一応、10年物のtime seriesをそえて。

| | Comments (0)

日経:米国債、売り圧力増す

 日経朝刊2008年3月29日9面「米国債、売り圧力増す」。10年債、FF金利、2年債の1月からの金利を示し、利下げ効果を減殺していると書いている(「減殺」という言葉はあるのか?)。現金逃避が10年債の金利高を起こしているという。メリルリンチのレポートを出所としているようだ。

| | Comments (0)

Mark Thoma; Interest Rate Resets, Falling Prices, and Foreclosures

Mark Thoma; Interest Rate Resets, Falling Prices, and Foreclosures. 偉いポスト。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 TSEに行って、キリン横浜ビレッジに行き、月島(バンビ)もんじゃで締め。Aさん、おめでとう。皆さん今年もよろしく。

【追記】Nさん、おめでとう。

| | Comments (0)

Martin Feldstein: The dollar is falling at the right time (FT)

Martin Feldstein: The dollar is falling at the right time (FT Published: March 27 2008 18:52) Subsription required.  A good piece.

| | Comments (0)

Where Have All the Macroeconomists Gone?

Freakonomics Blog: Where Have All the Macroeconomists Gone?  思うに、この分野での最高のエコノミストであるBernankeが自由に喋れないことが大きいのでしょう。でも、FRB議長への指名は、おそらくブッシュ政権の最高の政治決断だったと思います。Feldsteinだったらどう動いていただろうかというのは考えてみるのは面白い。Michael Woodfordは何を考えているんだろう?彼のページにはInterests and Pricesのerrataが掲載されている。

| | Comments (0)

keywords to self

financial disintermediation, Buiter's critique on fiscal theory of price level, base money, ...

| | Comments (0)

John H. Makin: Japan's Lost Decade

John H. Makin's Japan's Lost Decade: Lessons for the United States in 2008 (Monday, February 25, 2008)

| | Comments (6)

今日は木曜日。

 10時半到着。仕事。S先生と懇談。昼飯はカレー。Iさんと懇談。おめでとう。帰宅。

| | Comments (0)

US Yield Curve Watch

48tsyeld_2  5年物は2.55%である。10年物は3.498%。

| | Comments (0)

ウィリアム・グライムス『日本経済失敗の構造』

 ウィリアム・グライムス『日本経済失敗の構造』東洋経済出版社、2002年(原著は2001年)。1985年から2000年までのマクロ経済政策(財政政策と金融政策)を、大蔵省、日本銀行、政治家の三つの<組織>の関係と相克として捉え、それぞれの<組織>の法的権限、人事、情報から、マクロ経済政策を結果として説明しようとした著作。
 積読していたので在庫一層セールでペラペラと見たのですが、あんまり面白くありませんでした。

| | Comments (0)

『日本型ビッグバンと二一世紀型金融危機 』

日本型ビッグバンと二一世紀型金融危機
著者:岩田一政 / ページ:45~56
国際問題 1998年4月 No.457

最終節は、サブプライム問題の背後にあるshadow financial systemをパラレル・バンキング・システムとして紹介し、問題を指摘している。

| | Comments (0)

Tobin and Brainard (1963)

Tobin and Brainard (1963) reprinted in Tobin Vol.1 (pp.283-321).  [Memo] The loss of an uncontrolled intermediary (aka shadow financial system) means, ceteris paribus, higher required rate of return to capital.  Under this circumstance, an increase in the supply of currency will lowers the requied rate of capital.  It appears this act of counterbalancing is essentially what the Fed is doing.

トービン (2003)の図5.5において、shadow financial systemの消滅はA'B'C'からABCのシフトと考えられるかもしれない。その際、当初はqの低下、すなわち株価の下落、そして、required return to capitalが上昇していくことになる。accommodateするような貨幣の供給はrequired return to capitalが上昇するのを抑えることになる。これはおそらくinflationaryではない。我々は実質的な貨幣保有を取り扱っているからだ。では、money supplyが十分でないとデフレになるか。

| | Comments (0)

対内中長期債、売り越し幅が過去最高・3月16―22日 (Nikkei Net080327)

対内中長期債、売り越し幅が過去最高・3月16―22日
 財務省は27日朝、対外及び対内証券売買契約等の状況(週間、指定報告機関ベース)を発表した。3月16―22日の対内中長期債は海外からの取得2兆9255億円に対し、処分が5兆2722億円で、差し引き2兆3467億円の流出超と3週ぶりの売り越しとなった。売り越し幅は統計が今の形になった2005年1月以来、過去最高となった。「米国の大手証券ベアー・スターンズ救済や政策金利の利下げをきっかけにヘッジ・ファンドなどがポジションを手じまったことや、21日の長期国債の償還が重なった」(財務省)ことが背景とみられる。
 対内株式は、取得4兆8856億円に対し処分が5兆467億円で、差し引き1611億円の資本流出超となり、5週連続の売り越しとなった。対内短期債は1兆3889億円の流入超だった。
 一方、対外中長期債は国内からの取得2兆2987億円に対し処分2兆60億円で、差し引き2926億円の流出超と、4週連続の買い越しとなった。〔NQN〕(10:03)

As the yen did not depreciate in the period, the assets had been funded by yen loans.  Who provided yen credit?  Foreign banks?  Were they faced with scrutiny from J banks?

| | Comments (0)

米金融機関の損失46兆円・ゴールドマン試算、サブプライム拡大 (Nikkei Net080327)

米金融機関の損失46兆円・ゴールドマン試算、サブプライム拡大
 【ニューヨーク=発田真人】米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した金融資産の評価の劣化で、米金融機関の損失が4600億ドル(46兆円)に膨らむとの試算を米ゴールドマン・サックスがまとめた。商業用不動産融資やクレジットカードなど消費者ローンにも損失が広がるという。米金融機関が公表する損失の4倍近くにあたる金額で、米金融機関の損失拡大はまだ続きそうだ。

 ゴールドマンによれば、4600億ドルの損失のうち、約半分の2400億ドルは住宅ローン関連で発生する。商業用不動産関連で約800億ドル、クレジットカードや自動車ローン関連で約500億ドルの損失を見込んでいる。そのほか、企業向けの融資や社債の値下がりでも多額の評価損が発生する可能性が高いという。

 ゴールドマンの集計では、これまで米金融機関が決算で処理した損失は1200億ドルで、潜在損失の4分の1程度にすぎず、今後の金融決算で損失が拡大する可能性が高いという。(01:54)

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 10時半到着。雑務。少し仕事。昼飯は定食。雑務、仕事。帰宅。

| | Comments (0)

宮川公男『統計学でリスクと向き合う』【新版】

 宮川公男『統計学でリスクと向き合う』【新版】東洋経済新報社、2007年。専門家論(例として医者)をも含む優れた統計書。これだけ丁寧に繰り返し「第一種の誤り」と「第二種の誤り」を解説した本はないかもしれない。標準偏差だけ完全に理解していれば統計学は50点以上であるという著者の意見に同意する。

| | Comments (0)

NEAL GABLER: The Maverick and the Media (NYT)

NEAL GABLER: The Maverick and the Media (NYT)。むむむ、興味深い、知らなかったマッケイン候補の選挙戦術。

| | Comments (0)

Yield Curve Watch (formerly Liquidity Trap Watch)

48tsyeld  2年物までがべったりと横にはっており、2.25%未満。

| | Comments (0)

日本人の年齢の平均、そして20歳以上の日本人の年齢の平均

 日本人の年齢の平均、そして20歳以上の日本人の年齢の平均を目の子で計算してみた。計算結果は「JapanMedianAge.xls」をダウンロード 。出所はここ。前者は43.7歳、後者は51.3歳である。日本の政治・経済・社会を考える上で興味深い数字だと思う。例えば、世代間問題についてのmedian voterとは、なんていう質問である。歴史的にはこれが簡便。

| | Comments (0)

Martin Wolf: The rescue of Bear Stearns marks liberalisation’s limit (FT)

Martin Wolf: The rescue of Bear Stearns marks liberalisation’s limit (FT)を読むには、「FT080325MartinWolf.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

VINCENT REINHART: Our Overextended Fed (WSJ)

 VINCENT REINHART: Our Overextended Fed (WSJ)を読むには、「WSJ080326VINCENTREINHART.pdf」をダウンロード 。commiserateとは「哀悼の意を示す」こと。後半はBernanke Fed批判になっているが、最近までFedの中核にいた人物がこのように言っていることのほうが私には興味深い。

We are amidst the worst financial crisis since the 1930s. The large complex financial institutions at the center of the global financial system need more capital. Until they get that capital, those firms will keep their risk-taking operations shuttered.

このあたりが共和党の政策運営にどう影響するか、AEIだし。

| | Comments (0)

Business Week (March 31, 2008)

0319_mz_cover  Business Week (March 31, 2008)のカバー『Ben Bernanke: Reluctant Revolutionary』。なんとなく面白いので採取。推量するに、記事が先にあって、デザイン担当がBernankeの写真を見て、こんなのはどうって作っちゃんたのではないかと想像する。悪乗りだと思うが、こういう風に受け取るアメリカのメディアがあるのだということが大事だろう。

| | Comments (0)

日経ビジネス2008年3月24日号

 p.9では熊野英生氏が作成した貿易収支と企業内貿易収支の1990年から2005年までの関係が示されている。後者の出所は経済産業省「海外事業活動基本調査結果概要」とのこと。企業内貿易収支は、うろ覚えだが、米国の貿易収支の悪化において、企業内貿易収支との関係によって米系多国籍企業の動向と関連して説明されていたのを見かけたと思う。日本の貿易黒字のほとんどが企業内貿易で説明されるというのは興味深い。これは国際貿易のモデルと関連して説明される事象だと思う。
 p.24では木内登英氏が、米国において不動産と株式は逆相関している(1952年から現在までの)データを示して、不動産は悪くなったが株式は好転するだろう。つまり、米国の企業は『過剰債務、過剰設備、過剰在庫、過剰雇用の削減を進め』ており、『企業を取り巻く環境は中期的には比較的良好だろう。加えてドル安の進行が海外部門での収益増加にも貢献する』と述べ、日本のようにデフレにはならないとしている。
 証券会社エコノミストはいろんな材料を出すところに技があるので有難い。さて、米企業の状態が良いとして、投資をするかというのがGDPに対して重要。消費については家計はどうなのかを考える必要がある。輸出はたしかGDPの12%だから最終的な寄与は小さくなる。非貿易財業種から貿易財業種への資源の再配分が重要であり、その役割を部分的に担う資本/金融市場が十分に機能するかというのが課題だろう。また、労働市場はどんなに柔軟でも摩擦はあるだろうから、自然失業率は上がるのかもしれない。とすると、GDPにはマイナス。私は山勘で「低インフレ+2010年半ばまでの景気後退」を予想しているので、筆者と同じようにデフレにはならないんじゃないかなぁ、、、と思っているのだが。

| | Comments (0)

飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』

 飯田泰之『歴史が教えるマネーの理論』ダイヤモンド社、2007年。Monetary Economicsを日本経済史を例にとって解説した本。良い本だと思うし、歴史が好きで経済学を選んで勉強することは非常に真っ当なことだと思うが、はたして歴史が好きな人は経済学を勉強しようと思うのだろうか。歴史を教える高校教員の経済学の理解度に関わることだと思う。

| | Comments (0)

昨日は火曜日。

 10時半到着。雑務。昼飯は定食。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

US Housing Market (WSJ)

  WSJのForeclosures Drive Prices Lowerを読むには、「WSJ080325Housing.pdf」をダウンロード 。Clearing the housing market is one thing, whether new houses are built is another.

| | Comments (0)

Liquidity Trap Watch

48tsyeld  It appears that the market has calmed down a bit.  But, the notes of more than 5 years are still above the current Fed Fund rate.  In other words, Fed is forced to buy long-term T-bill to supply money in the system.  Nobody wants to change higher priced T-bills with "cheap" Fed funds.  Both are liquid.  Thus, Fed has to select either buy long-term T-bills or lower Fed fund rate to buy short-term ones.  Unorthodox Bernanke Fed would not hesitate to do both, I guess, if necessary.  If foreign Central Bank contributed to this situation of expensive T-bill pricing (as Setser guessed), foreigners pushed Fed to walk on unorthodox thin line.  I wonder, by the way, how the inflation/deflation expectation is reflected in the yield curve.

 もし2008年が0%成長で、2009年が1.5%成長だとすると目の子で年率0.74%か。2008年が1%成長で、2009年が2%成長だとすると、目の子で年率1.5%か。すると結構微妙だなぁ。かなりの減速+低インフレか、moderate growth+デフレをマーケットは予測しているような気がする。このあたりはデフレが起きてないのが1929年とのここまでの大きな違いだと指摘しているマンキュー先生はどう考えるのかなぁ。物価連動債を見ると、そこまでは行ってないので、かなりの減速+低インフレというのが5年ぐらいでいうとありうるシナリオなのかなぁ。

| | Comments (0)

『日本人のための英語』講談社

 『日本人のための英語』講談社、2001年。読みやすい。おそらく、これを最初に読むべきだったのだ。執筆中に著者は日本人の英語受容史を学び、その結果が1)歴史として『日本人に一番合った英語学習法』(2003年)、2)方法論として『英語達人塾』(2003年)、3)必要な文法書として『英文法の論理』(2007年)に結実したのだろう。さらに、1)は『日本人と英語』(2007年)に膨らみ、2)は実践テキストとして『英語達人読本』(2004年)に直線的に発展し、また初学者向けに『これが正しい!英語学習法』(2007年)に結実する。まだ、手に入れていない本はいくつかあるが手持ちでは以上のように便宜的に整理してみた。

 このほかプロ向きの本として、『英語の作法』(2000年)、編著の『英語の教え方学び方』(2003年)、『翻訳の作法』(2007年)がある。

 プロ向きの本を除くと、私が大人向けにもっとも良いと思ったのは『これが正しい!英語学習法』(2007年)であった。これを読んでからその上級編である『英語達人塾』(2003年)に挑んで挫折する(ほぼ定義上、達人は少ない)というのが私の正しい道であったであろう。『これが正しい!英語学習法』(2007年)から重要と私が思う部分を抜き出しておこう。

 むしろ私が深い喜びを感じたのは、英文学作品を読むことで英米、さらにはほかの英語圏の文化を理解することができたときであり、さらにその理解に基づいて自分たちの文化を考え直す機会を得たときです。

 私は経済を理解して研究して教えることに多くの時間を使っているので、上記を私風に若干修正してみよう。

 むしろ私が深い喜びを感じたのは、英語文書を読むことで英米、さらにはほかの英語圏の経済を理解することができたときであり、さらにその理解に基づいて自分たちの経済を考え直す機会を得たときです。

 こういうことが言えるようになる程度の英語ができるようになればいいのだ。これはどう考えても達人レベルの英語は必要としない。

| | Comments (0)

大企業景況9.8ポイント悪化、1―3月・法人予測調査

日経2008年3月24日夕刊一面。下記はネット版。

大企業景況9.8ポイント悪化、1―3月・法人予測調査

 内閣府と財務省が24日発表した1―3月期の法人企業景気予測調査によると、大企業全産業の景況判断指数はマイナス9.3と2007年10―12月期と比べて9.8ポイント下がり、2期連続で悪化した。3・四半期ぶりのマイナスで、04年の調査開始以来で最悪の水準。原材料高や米景気への不安を反映し、国内市場での景況感が急速に悪化した。

 景況判断指数は前期と比べた景況が「上昇」と答えた企業の割合から「下降」との答えの割合を引いて算出しており、景況の方向感を示す。(10:58)

記事には表がついており、大企業でも中堅企業でも中小企業でも製造業が非製造業に比べてより多く悪化していることがわかる。円高による相対価格の変化が示す論理的予測と整合的な結果。Morgan Stanleyのエコノミストは第二四半期での金融緩和を予測していたと思ったが、その可能性は高まった。ここから4月1日までの各種指標の発表で、経済悪化の基調が出れば政治(とくに民主党)は押されて日銀総裁は決まると思う。ここまで読んで首相が先延ばしにしているとすれば深謀遠慮。しかし、指標がまだら色なら、混迷は継続だろう。しかし、市場に押されての金利下げは辛いね。

| | Comments (0)

WSJ: New Limits to Growth

 WSJのMarch 24, 2008; Page A1にNew Limits to Growthが掲載された。人口圧力の経済への影響はマルサス以来、狼少年よろしく心配されてきた。

In the past, economic forces spurred solutions. Scarcity of resource led to higher prices, and higher prices eventually led to conservation and innovation. Whale oil was a popular source of lighting in the 19th century. Prices soared in the middle of the century, and people sought other ways to fuel lamps. In 1846, Abraham Gesner began developing kerosene, a cleaner-burning alternative. By the end of the century, whale oil cost less than it did in 1831.

しかし、今回はちょっと違うと言う。

A similar pattern could unfold again. But economic forces alone may not be able to fix the problems this time around. Societies as different as the U.S. and China face stiff political resistance to boosting water prices to encourage efficient use, particularly from farmers. When resources such as water are shared across borders, establishing a pricing framework can be thorny. And in many developing nations, food-subsidy programs make it less likely that rising prices will spur change.

つまり、経済と政治が関わるというのだ。付け加えて、こういう悪影響もあると述べる。

Economists Edward Miguel of the University of California at Berkeley and Shanker Satyanath and Ernest Sergenti of New York University have found that declines in rainfall are associated with civil conflict in sub-Saharan Africa. Sierra Leone, for example, which saw a sharp drop in rainfall in 1990, plunged into civil war in 1991.

Bottom Billion Questionである。さて、FTはこういう記事を配信した。

WFP plea for $500m to avoid food aid cut
By Javier Blas, Commodities Correspondent
Published: March 23 2008 22:02 | Last updated: March 23 2008 22:02
    The World Food Programme has launched an “extraordinary emergency appeal” to governments to donate at least $500m in the next four weeks to avoid rationing food aid in response to the spiralling cost of food.

こういう局面でも経済と政治が関わる。人口と経済といえば、A Farewell to AlmsのNYT書評はここ

| | Comments (0)

Paul Krugman: Taming the Beast (NYT)

Paul Krugman: Taming the Beast (NYT).  政治経済学。

| | Comments (0)

歌舞伎から就職活動を学ぶ

 就職活動をやっている大学新4年生のほとんどは歌舞伎教室で寝た経験しかないので、使えないポストである。まず、断っておく。
 歌舞伎俳優の訓練は、踊りの訓練を前提としての「型」の習得であるという。たとえば、

「桜丸はまっつぐ死ぬのっ」(関容子『歌右衛門合せ鏡』p.73)

である。リアルと言われる歌右衛門にしてこうであったという。非常に悪い言い方をすれば、型とは「三歩行って振り返って、何十度の角度で見上げる」というのが(魂のない)型である。
 閑話休題、就職活動の最終面接の多くでは、「この人と一緒に働きたいか」が問われる。志望動機も長所も五年後もわかった上で、この人と机を並べたいかが問われるのである。そういうときに、しばしば志望者はリアルな演技になってしまうのである。私の年長者としてのアドバイスは、「型」はいかがですか、というものである。
 リアルな演技とは、現代演劇のようなものだと考えておこう。現代演劇の観客は、事前に期待はしてくるが、あまり勉強してこない。まっさらな白紙になにを見せてくれるかを問うて来る。しかし、歌舞伎は元々よくわからないので(セリフさえ何を言っているのかしばしば判別がつなかないし、後ろで高い声を上げて語ったり唄ったりしている人がいる)、楽しむにはある程度の事前勉強が必要になる。
 俳優側(=就職志望者)としては、面接担当を、勉強してこない期待だけの現代演劇の観客と考えるべきか、勉強してくる必要がある歌舞伎の観客と考えるべきかということになる。ちゃんとした会社であれば後者のほうが近いだろう。とすると、リアルな演技だけではなく、「型」の演技で使えるものは使ったほうがよい。
 例えば、最初に「ニッコリ笑う」(=ニヤニヤではない)。そして、事前に鏡をみて、ニヤニヤとニッコリの笑い分けができるか試す。次、相手の顔にあたかもスクリーンがあって、そこに自分が言うことが出てくるのでそれを読むという形で受け答えをする。さらに、鼻を見ながら語り、ときどき目を見る。そういう技術的な「型」が見巧者の観客(=面接担当)には重要なのだ。魂を売るな、技術を買ったらどうでしょう。

| | Comments (0)

Mankiw: 2008 = 1929?

   Mankiw: 2008 = 1929?   資産市場の展開とそれに対する金融政策の対応(これが最良の政策振り分けかは疑問だが、次善の策でもやったほうがいいという判断だろう)が速いので、フローの反応が遅れている。dog yearは資産において可能だが、1日で4日分の飯を食べるわけにはいかないので、フローの調整は資源の再配分とflexiblityに大きく依存する。このままフローのdisasterが来ないままに回避できるかというと、そこが新しい相対価格において伸びるべき産業部門が伸びるかということだろう(これが供給サイド)。これがオランダ病後遺症という論点。それから、需要側でも海外部門以外の誰が買うのかということ。低いインフレ率での経済成長率の低下という状況が起きるかもしれない。もちろん、他の条件(とくに技術進歩、あと基軸通貨状況)が一定ならという勝手予測。投資が伸びないのだから技術進歩はダウンサイドリスクのほうが高いと思う。基軸通貨状況の兆候については、RGEのBrad Setserのブログが貴重。

If I am right, then the official sector -- foreign central banks and sovereign funds alike -- isn’t coming to the rescue of the credit market. Indeed, by buying only safe assets at a time when private demand for risky assets has disappeared, the official sector is adding to the current market dislocations rather than reducing them. (赤太文字は私)

beginning of a new storyかもしれない。そういうことも予感して、私は遅ればせながらEmpireを読んだけど、こういう御意見もある。私は直感的にはもうちょっと複雑な話だと思うし、それも実現しないかもしれない。とにもかくにも、次のFRBの2009年以降の経済成長率予測が興味深い。ちょっと関連して、朝日新聞サイトの記事は「Asahi080322Bear.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

経済発展における共同体の役割とその変化

有本 寛『経済発展における共同体の役割とその変化』。a great research program。

| | Comments (0)

今日は日曜日、そして卒業式。

 10時半到着、雑務。昼飯はI先生、N先生と。卒業証書授与式。皆さん、御卒業おめでとうございます。謝恩会、幹事の皆さんありがとう。楽しみました。

| | Comments (4)

Anil Kashyap and Hyun Song Shin: Ask the oil producers to rescue Wall Street (FT)

Anil Kashyap and Hyun Song Shin: Ask the oil producers to rescue Wall Street (FT).  This is what Japan could not do in 1990s probably both politically and socially.  Prime Minister liberal Miyazawa would have been opposed to it.  「FT080319KashyapShin.pdf」をダウンロード .

| | Comments (0)

PAUL KRUGMAN: Partying Like It’s 1929 (NYT)

PAUL KRUGMAN: Partying Like It’s 1929 (NYT).

| | Comments (0)

TYLER COWEN: It’s Hard to Thaw a Frozen Market (NYT)

TYLER COWEN: It’s Hard to Thaw a Frozen Market (NYT). 

| | Comments (0)

ゼミ・ハンドブックなど

 ゼミ・ハンドブックなどをアップしました。

| | Comments (0)

Weird interest rates (Krugman)

Krugman, Weird interest rates.  Extreme  flight to liquidity.

| | Comments (0)

US Liquidity Trap Watch

48tsyeldUS Liquidity Trap Watch.

| | Comments (0)

Ask the oil producers to rescue Wall Street (FT)

Ask the oil producers to rescue Wall Street (FT)
By Anil Kashyap and Hyun Song Shin

「FT080319KashyapShin.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

Wanted: Bank of Japan governor (FT)

Wanted: Bank of Japan governor

Published: March 19 2008 19:21 | Last updated: March 19 2008 19:21

With the minor matter of an international financial crisis to deal with, finding a governor for the Bank of Japan might seem urgent. But the opposition Democratic Party of Japan is right to oppose nominees it sees as too close to the powerful Ministry of Finance. Markets are fragile, and a compromise candidate must be found quickly, but the ideal choice would be an outsider with strong credentials as a macroeconomist.

Yasuo Fukuda, Japan’s prime minister, appears to believe that the same action can lead to a different outcome. After the opposition rejected Toshiro Muto, a law graduate from the University of Tokyo and former career civil servant with the Ministry of Finance, as Bank of Japan governor, Mr Fukuda put forward Koji Tanami, a graduate from the University of Tokyo and former career civil servant with the Ministry of Finance. The DPJ has opposed Mr Tanami in turn.

The politics of Mr Muto’s nomination are unfathomable. Opposition parties control the upper house of Japan’s parliament so picking a fight is risky and best pursued only on matters with strong public support. But to pick a fight, lose and then pick the same fight again is bizarre. Mr Fukuda’s weak government now looks even weaker.

Mr Fukuda’s choice appears to have been driven by bureaucratic tradition as much as anything else: MoF retirees of a certain level have tended to get jobs at institutions such as the Bank of Japan. But while finance ministries are natural recruiting grounds for central banks and vice versa, the semi-formal parachuting of MoF officials into the BoJ reduces the independence of monetary policy.

The DPJ is therefore right to press for a stronger governor, and the candidates it finds acceptable – Haruhiko Kuroda, head of the Asian Development Bank, and Hiroshi Watanabe, a slightly more junior former MoF official – are hardly anti-establishment. Given the urgent need to fill the post, either would be possible.

But there is a case for a more radical choice. Governing a central bank is an unusual job: the perfect candidate must be a brilliant macroeconomist, a psychologist of the markets, a sure-footed public speaker, an international diplomat and an able chief executive. It is hard to find economists with the other skills, but also hard to find bureaucrats with a deep enough economic background to question their staff, rather than be led by them. The Bank of Japan would benefit from a governor able to challenge orthodox views.

One can argue that the lack of a governor does not matter: the Bank of Japan will still function, it is unlikely to change interest rates soon, and many important decisions are made by the Ministry of Finance. But at a time when new crises emerge on a daily basis, when confidence is fragile, and when the outlook for the Japanese economy is weakening, a vacancy at the top sends the wrong message. The government and the DPJ should agree on a candidate quickly. If Japan’s cosy system of public appointments is shaken up in the process, so much the better.

| | Comments (0)

This reminds me of the definition of "innocent fool"

福田首相のメールマガジンが配信されました。I'm sorry to say that this reminds me of an innocent fool.

 「なぜ民主党が合意できる人物を提案しなかったのか」とのご批判をいただきました。
  私は、民主党からご提案があれば、聞く耳は十分に持っているつもりです。しかし、色々な方が「個人」の意見は述べられますが、「党」の意見として、総裁にふさわしいと考える人物の名前が出されたことは一度もありません。
 具体的に、誰が「民主党が合意できる人物」か、手がかりもない以上、自分がベストだと信じる人を提案するしかない、というのが私の結論でした。
  「唯一正道を歩まん」とは、戦前、軍部と妥協することなく軍縮を進めた、濱口雄幸総理の言葉です。
  ただ空白を避けるため、当たり障りのない人物で政治的妥協を図ることはできたかもしれません。しかし、日銀総裁という、日本経済や国民生活に大きな影響を与えるポストだからこそ、逆に、人物本位を貫くべきだと考えました。

 御自分を濱口雄幸になぞえられるに際して、今回の人事が軍事政策ではなく、経済政策であることを念頭におくべきだったと思います。経済政策に際して、濱口雄幸は井上準之助を大蔵大臣にして、経済学から愚策だったと結論がくだされている旧平価での金解禁を行ないました。まさに、唯一正道を歩もうとして、人事を通じて経済失策をした濱口氏と同じ過ちをしたと御自分が勉強せずに言っているかのようです。この歴史に学ばず、学問に学ばないという態度こそ改めて欲しいものです。自分で学ぶ時間がなければ、世の中に経済学者はいくらでもいるのですから尋ねればいいんですよね。そういうことを言ってあげる人も周りにいないんですね。たぶん、御自分でメールマガジンの草稿を書いているんですね。スピーチ・ライターもいないんだなぁ。貧しい。
 安倍内閣が「お友達内閣」で、福田内閣は「お友達い内閣」だって政治評論家が言ってましたが、残念ながらそれを否定することができなさそうですね。
 振り返ってみて整理すると、小泉内閣は片手に竹中氏とpolicy intellectuals(経済財政諮問会議)、もう一方の手に財務省がいたのではないかと思います。そういう体制を組んで、自民党本体を敵にまわして「戦った」のでしょう。その後、自民党と妥協した安倍政権が参議院選挙で負け、竹中「一派」は自民党からも民主党からも嫌われました。自民党に支援された福田氏は残った財務省と一緒に仕事をしているわけです。
 日経(朝刊3月20日7面)に総裁空席までの内幕が書かれています。いやはやな感じです。


| | Comments (0)

de Long: Industrial Revolution

de Long's lecture on Industrial Revolution.

| | Comments (0)

Jeffry Frankel: Falling Interest Rates Explain Rising Commodity Prices

He argues a supply-oriented financial explanation of rising commodity prices, questioning the dominant view which is demand-oriented view.  Blog postは2本あって、。よく考えないと。

| | Comments (0)

US Yield Curve

080319yieldcurve  米国のイールド・カーブ。Krugmanのliquidity trap watch。マクロよりは金融市場に関心がやや偏ったこのブログによる日本についてブログ・ポスト。やはり、米国はすでに1993年日本から1997年日本に移行している。しかし、住専とも対応するFreddie MacとFannie Maeの公式国有化が遅れているので、ここが一つの焦点。

| | Comments (0)

Among Nations: Readings in International Relations

お手頃なAmong Nations: Readings in International RelationsForeign Affairs' Academic Resource Program。

| | Comments (0)

Adele "19"

41tljbnrlgl_aa240_  Adele "19"。19歳で19というタイトル。これもFMでかかってたので手に入れてみました。う~む、可もなく不可もなく、かなぁ。

| | Comments (0)

The Cinematic Orchestra "Live at the Royal Albert Hall"

51xkd9izxgl_aa240_  The Cinematic Orchestra "Live at the Royal Albert Hall"。FMでかかっていたので手に入れてみました。このバンド、Wikipediaによれば"British-based jazz and electronic outfit"ということで、たしかにそうだなぁと思いました。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。雑務。昼は定食、H先生、G先生、Nさんと懇談。雑務。ゼミ・ハンドブックを改定したけどWEBに載せるのを忘れた、ヤレヤレ。帰宅はG先生と一緒。

| | Comments (0)

日銀総裁人事 国際経済への責任放棄だ(3月19日付・読売社説)

日銀総裁人事 国際経済への責任放棄だ(3月19日付・読売社説

 国際的に、日本は世界経済の安定に果たすべき責任を放棄したと受け止められても、言い訳はできないのではないか。
 こうした状況を招いた最大の原因は、民主党の無責任な態度にある。民主党は、政府が当初提示した武藤敏郎・日銀副総裁を総裁に昇格させる案に対し、「財務次官経験者で、財政と金融の分離に反する」と反対した。
 政策担当者として財政、金融の両方に通じていることの利点や、武藤氏の資質などには目を向けずに、もっぱら出身や経歴に焦点を当てた乱暴な主張だ。

 そうねぇ。たぶん、田波氏では、「金融政策を知らない人を総裁に選ぶのか」と国際的に、日本は世界経済よりもなによりも日本経済の安定に果たすべき責任を放棄したと軽蔑されるのではないでしょうか?

 それよりも興味深いのは、武藤氏の「政策担当者として財政、金融の両方に通じていることの利点」というところ。武藤氏が金融に通じている理由は、副総裁を5年間やっていたからだと思いますが、財務省出身者は元来、「金融に通じているのか」という疑問を考えてもよいでしょう。財政に通じているだけではわが国の中銀副総裁になってもらったら困りますからね。さて、大蔵省は財務省と金融庁に分かれましたから、大蔵省時代の人でないと金融は知らないことになりますね。相互乗り入れは若い頃だけでしょう?じゃぁ財務省の人はもう金融の知識はつかないでしょうか。国際金融は国内金融とはリンクしてますが、かなり違います。主計だと身につくのはCost Benefit Analysisぐらいじゃないでしょうか。それでは、金融市場はわからないよね。理財局でポートフォリオを見ていれば、金融はわかりますが、ちょっと偏った見方でしょうか。でも、debt managementに精通して非常に金融に強い人なら副総裁にしてもいいかもしれない。liquidityとかfinancial channelや物価水準の財政理論とか理解するかもしれませんね。民主党は財金分離を金科玉条にしてますから、まさに忌避するでしょうけど、、、。つまり、財務省の人で、私は日銀副総裁になるぞ!と思う方は理財局に行って、金融市場への深い知識を勉強してみたらどうでしょうか。駄目なアドバイスかなぁ、、、。

| | Comments (0)

民主国対委員長「白川氏を総裁に」 日銀人事 (ASAHI)

民主国対委員長「白川氏を総裁に」 日銀人事
2008.3.19 11:59 (ASAHI)

 民主党の山岡賢次国対委員長は19日午前、福井敏彦日銀総裁の後任人事が決まらず20日から総裁空席となる見通しになったことを受け「副総裁2人は決まっている。どちらかを総裁にすればいい」との認識を示した。国会内で記者団に語った。すでに副総裁就任が決まっている白川方明・京大大学院教授を念頭に、空席期間の総裁代行とするのではなく、国会の同意を得て総裁に昇格させるべきだとの考えを示したものだ。
 また、自公両党の政調会長が道路特定財源の一般財源化の大幅拡大で大筋合意したことに対し、山岡氏は「いつからどれだけという具体的な提示があれば、検討するのはやぶさかではないが、デモンストレーションには同調できない」と述べ、安易な与党との修正協議には応じない方針を明言した。

ということで、民主党は最低限の対案を出したと解釈してもよいでしょう。a very clever political move。これで、ボールは再度、福田首相のもとに。これで白川総裁+財務官経験者を副総裁に出してくるかな。もしそうなると誰がジャクソン・ホールに行くのだろうか?白川さん?

| | Comments (0)

Japan’s reformers eye finance ministry (FT)

Japan’s reformers eye finance ministry
By Michiyo Nakamoto in Tokyo (FT)
Published: March 18 2008 17:50 | Last updated: March 18 2008 18:11

Ostensibly, the confrontation has resulted from divergent views on who is best qualified to lead the central bank.

On one side are the prime minister, Yasuo Fukuda, and the LDP, who appear determined to appoint a former vice-minister of the finance ministry.

Mr Fukuda insisted until last week that Toshiro Muto, their initial candidate who is a BoJ deputy governor until Wednesday and a former ministry of finance vice-minister, was the best man for the job.

When Mr Muto was rejected by the DPJ, the government put forward Koji Tanami, another former vice-minister of finance and currently head of the Japan Bank for International Co-operation.

On the other side is the DPJ, which believes that the BoJ governor should be able to stand up to the finance ministry and defend the central bank’s independence.

But behind the tussle over the governor’s qualifications is a battle between the LDP and DPJ of a different order, which could have far-reaching consequences for how Japan is governed.

Mr Fukuda’s decision to name Mr Tanami, despite the DPJ’s clear objections to someone with his background, highlights the extent to which the LDP is under the influence of the finance ministry, analysts say.

By insisting on naming a former finance ministry vice-minister, “the LDP and MoF are trying to run the system by the old MoF rules”, says Robert Feldman, chief economist at Morgan Stanley in Tokyo. Under those rules, the finance ministry gets to appoint the next BoJ governor, who must be a former vice-minister of similar age to Mr Muto, in order to preserve the seniority system, analysts say.

The LDP’s willingness to abide by the ministry’s rules shows that they are “still trying to play a game in which the bureaucracy decides what to do and the Diet rubber stamps it”, says Gerald Curtis, Burgess professor of political science at Columbia University.

But with the opposition in control of the upper house, “the game has changed”, Mr Curtis says.

“This is really a fight about reform,” says Mr Feldman. “Are we going to nominate people who are suited to the job or suited to the aims of the bureaucracy?”

| | Comments (0)

Japan's Upper House Rejects Second BOJ Nominee (WSJ)

Japan's Upper House Rejects Second BOJ Nominee
By YUKA HAYASHI
March 19, 2008; Page A6

The nomination of Mr. Tanami, governor of the Japan Bank for International Cooperation, came as a surprise to BOJ watchers because his name wasn't among the top candidates. Also puzzling was why Mr. Fukuda insisted on nominating another former Finance Ministry veteran.

ほら言われちゃった。

| | Comments (0)

三菱商事の社内ベンチャー「スマイルズ」が独立、遠山正道氏

三菱商事の社内ベンチャー「スマイルズ」が独立、遠山正道氏(フォーカス)2008/03/18, 日本経済新聞 夕刊, 5ページ

| | Comments (0)

米金融不安「非常時」に、足早の危機、追えぬ当局

米金融不安「非常時」に、足早の危機、追えぬ当局。2008/03/19, 日本経済新聞 朝刊, 1ページ

| | Comments (0)

Carmen M. Reinhart: Reflections on the International Dimensions and Policy Lessons of the US Subprime Crisis

Carmen M. Reinhart: Reflections on the International Dimensions and Policy Lessons of the US Subprime Crisis.  She is some kind of authorities on financial crisis in history.

| | Comments (0)

Then, Blinder comes along.

  Bliner's piece at WaPo is WaPo080318AlanBlinder.pdf.  A nice piece in 6 months, I guess.  In the meantime, the prices of financial assets will go down a bit.

| | Comments (0)

Krugman found it difficult to get it.

Pimco's El-Erian's piece at FT is FT080317El-Erian.pdfKrugman found it difficult to get it, and thought it was due to deliberate wording.

| | Comments (0)

WSJ: Inside the Demise of Bear Stearns

 WSJによる"The Week That Shook Wall Street: Inside the Demise of Bear Stearns"を読むには、「WSJ080318BearStearns.pdf」をダウンロード 。これでレポ市場が当面つぶれなかった。次のステップは、「WSJ080318NextSteps.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Econobrowser: Limits to Expenditure Switching? Monetary Policy, Intervention, and Tradability

 EconobrowserによるLimits to Expenditure Switching? Monetary Policy, Intervention, and Tradabilityと題された秀逸なポスト。サービス部門から一次産品部門や製造業部門に労働者が移動するのは大変だと思うので、2009年以降の景気回復の足取りは重くなるのではないかと思う。natural rate of unemploymentも上が(ってい)るでしょう。まさか、Wall Streetのディーラーがトラクターに乗ってとうもろこしの収穫をしたり、デトロイトに行ってGMの車をつくったりするかしら、、、?
 私の勝手な予想ですが、あと半年で公的資金注入と整理回収機構を含む金融部門支援は決まると思う。今年はその混乱もあって、ほぼゼロに近い成長率かもしれない。失業率も高まると思う。しかし、70年代のスタグフレーションとまでは行かないような気がする。2008年後半から2009年には負の資産効果(やっぱり1兆ドル以上の損失だと資産効果は出るでしょう)で消費は落ち込み、投資では設備投資の部分はanimal spiritの欠如であまり出ないと思います。住宅投資は落ち込んだままでしょう。財政は(新政権で何をするか未知数ですが)赤字と公的資金投入であまり動けず、純輸出が多少の望み。しかし、上記ポストから言っても、それから「オランダ病後遺症」で製造業復権とはならないでしょう。ということで、新しい均衡での成長率はやや低めとなるのではないでしょうか。

 金融危機としては、2007年夏が日本の1989年だった。2008年3月はもう日本の1996-7年である。三洋証券や山一は潰れたが、Bear SternsはJP Morganに持参金つきで売られた。2008年初夏ごろが日本の2002年のような気がする。しかし、マクロはもう少しゆっくりと調整が進むと思う。

| | Comments (0)

11時NHK、日銀人事を報道

 11時のNHKニュースで日銀人事を報道していた。総裁候補に田波耕治氏、副総裁候補に西村清彦氏とのこと。すでに田波氏の映像が流されていたので、以前からこのニュースはリークされていたものと考えられる。田波氏の経歴からすると、金融をやっていたのだろうか。開発金融と国際金融は異なり、国際金融と金融政策はさらに異なるという意味で、非常に縁遠い人事。理財局から見ていたというのは民主党の財金分離という議論からすると非常に危ういのではないだろうか。首相はとにかく財務省頼みなのだなぁ。

| | Comments (0)

Nouriel Roubini: this crisis – the most severe financial crisis in the US since the Great Depression

Nouriel Roubini says this crisis is "the most severe financial crisis in the US since the Great Depression."

A Generalized Run on the Shadow Financial System
Nouriel Roubini | Mar 17, 2008

Since the onset of the liquidity and credit crunch last summer this column has been arguing that monetary policy would be impotent to address such a crunch because, in part, of the existence of a non-bank “shadow financial system”. This system is composed of conduits, SIVs, investment banks/broker dealers, money market funds, hedge funds and other non bank financial institutions.

All these institutions look similar to banks because they are highly leveraged and borrow short and in liquid ways and invest or lend long and in illiquid ways. This shadow financial system is, like banks, subject not only to credit and market risk but also to rollover or liquidity risk, i.e. the risk deriving from having a large stock of short term liabilities (relative to liquid assets)  that may not roll over if creditors decide to withdraw their credits to these institutions.

Unlike banks this shadow financial system does not have access to the lender of last resort support of the central bank as these are not depository institutions regulated by the central banks. What we are now observing – with the case of Bear Stearns and the recent disaster among SIVs, conduits, run on a number of hedge funds and money market funds is a generalized liquidity run on this shadow financial system.

The response of the Fed to this run has been radical and in the form of the extension of the lender of last resort support to non bank financial institutions. Specifically, the new $200 bn term facility allows primary dealers – many of which are non banks – to swap their toxic mortgage backed securities for US Treasuries; second, the Fed provided emergency support to Bear Stearns and following the purchase of Bear Stearns by JPMorgan, is now providing a $30 bn plus support to JPMorgan to help the rescue of Bear Stearns; finally, now the Fed is allowing primary dealers to access the Fed discount window at the same terms as banks.

This is the most radical change and expansions of Fed powers and functions since the Great Depression: essentially the Fed now can lend unlimited amounts to non bank highly leveraged institutions that it does not regulate. The Fed is treating this run on the shadow financial system as a liquidity run but the Fed has no idea of whether such institutions are insolvent. As JPMorgan paid only about $200 million for Bear Stearns – and only after the Fed promised a $30 billlion loan – this was a clear case where this non bank financial institution was insolvent.

The Fed has no idea of which other primary dealers may be insolvent as it does not supervise and regulate those primary dealers that are not banks. But it is treating this crisis – the most severe financial crisis in the US since the Great Depression – as if it was purely a liquidity crisis. By lending massive amounts to potentially insolvent institutions that it does not supervise or regulate and that may be insolvent the Fed is taking serious financial risks and seriously exacerbate moral hazard distortions. Here you have highly leveraged non bank financial institutions that made reckless investments and lending, had extremely poor risk management and altogether disregarded liquidity risks; some may be insolvent but now the Fed is providing them with a blank check for unlimited amounts.  This is a most radical action and a signal of how severe the crisis of the banking system and non-bank shadow financial system is. This is the worst US financial crisis since the Great Depression and the Fed is treating it as if it was only a liquidity crisis. But this is not just a liquidity crisis; it is rather a credit and insolvency crisis. And it is not the job of the Fed to bail out insolvent non bank financial institutions. If a bail out should occur this is a fiscal policy action that should be decided by Congress after the relevant equity holders have been wiped out and senior management fired without golden parachutes and huge severance packages.

Krugman reacted, and Brad de Long reacted.

| | Comments (0)

Krugman: The B Word (NYT)

 Krugman, "The B Word"を読むには「NYT0803117Krugman.pdf」をダウンロード 。BとはBail outつまり救済のこと。さらに、Resolution Trust Corporationを提言している。さぁて、金融緩和はドル安を起こし、輸出を増やすが、輸出はどの部門が増えてくる(いる)のか興味深い。オランダ病後遺症が起きているかが見もの。
 もし公的資金が投入され、かつ輸出の力でGDPが回復したとしよう。そのときも、支出性向の違いからドル安が均衡において実現しなければならない。ということで、ドル安は続くでありましょう。でも、為替レートは上がったり下がったりしますからね。だからFXなんてやっちゃだめよってマクロの授業で言ったでしょ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務。昼ご飯はN先生と。雑務。ゴミをたくさん出しました。帰宅。

| | Comments (0)

Debt Reckoning: U.S. Receives a Margin Call (WSJ)

WSJの記事"Debt Reckoning: U.S. Receives a Margin Call"を読むには、「WSJ080315DebtReckoning.pdf」をダウンロード

| | Comments (1)

Greenspan: We will never have a perfect model of risk (FT)

FT誌に掲載されたGreenspanのWe will never have a perfect model of riskと題されたop-edを読むには、「FT080313Greenspan.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

日銀人事

 へぇ~という記事。国際金融・開発金融の実務と、金融政策の実務は大違いなので、一応、副総裁として五年間経験を積んだ以前の候補のほうがless inappropriateだったと思う。理論的な背景がないことについては、どちらも同じでしょう。それから、名前があがっている前者の方はたしかアジア共通通貨を主張していたんじゃなかったかな。ということは、民主党はアジア共通通貨に賛成?凄い方針だなぁ、、、。

日銀総裁人事、財務官経験者への同意を示唆=鳩山民主幹事長
3月16日14時37分配信 ロイター
 [東京 16日 ロイター] 民主党の鳩山由紀夫幹事長は16日午前のテレビ朝日の番組の中で、19日に任期切れとなる福井俊彦日銀総裁の後任人事に関し、財務官経験者の黒田東彦・アジア開発銀行総裁や渡辺博史・国際金融情報センター顧問らが政府から提示された場合、財務省出身であっても同意する可能性を示唆した。
 政府・与党は、参院で不同意となった武藤敏郎日銀副総裁(元財務次官)の昇格など正副総裁案を差し替える方向で検討に入っており、17日に新たな人事案を国会に提示する予定。
次期日銀正副総裁の人事では、2人の副総裁のうち元日銀理事の白川方明・京大大学院教授の就任だけが衆参の同意を得て確定している。
 鳩山幹事長は、新たな人事案で正副総裁候補者として黒田氏や渡辺氏など財務省で財務官を務めた人物の名前が取りざたされていることについて、「我々は財務省だから全てだめと言っているわけではない。(黒田氏や渡辺氏は)国際金融に詳しいことは間違いない。それぞれ素晴らしい方と聞いている」と指摘。こうした人選であれば反対はしないのかと問われ、「私はそう思う」と同意の可能性を示唆した。この他の候補では、山口泰・前日銀副総裁などが有力視されている。
 また、16日午前のNHKの番組に出演した与謝野馨前官房長官は、政府・与党内で武藤氏昇格案を再提示すべきとの声があることについて「よほど大きな事情の変更がない限り、そういうこと(武藤氏再提示)はやるべきではない。参院で否決されたものをもう一度ぶつけることは国会の法規に照らしてどうか。政治行為としても乱暴過ぎる」と再提示すべきでないとの考えを示した。

| | Comments (0)

March Grand Kabuki: Matinee

HARU NO KOTOBUKI (Three Dances for Spring)
    Sambaso
The Sambaso is an auspicious dance based on the ritual play Okina in the classical Noh theater which shows an old man as a symbol of longevity and the energetic Sambaso as a symbol of fertility and prosperity. With Gato as the Okina, his son Shinnosuke as the Senzai attendant and Kasho and Kanjaku as the Sambaso.
    Manzai
Manzai are performers with hand drums that would go from door to door on New Year Days to perform auspicious songs and dances. This dance shows the lively songs of the Manzai, here performed by Baigyoku.
    Yashiki Musume (The Samurai Lady-in-Waiting)
This dance shows two young women who are service at a samurai mansion and are excitedly going home for their one break in service for the year. Starring Senjaku and Takataro.
ICHINOTANI FUTABA GUNKI (Chronicle of the Battle of Ichinotani)
- Jinmon and Kumiuchi (The Heike Camp and the Battle on Suma Beach) -
One of the greatest stories from the Japanese tradition is the encounter of the Genji warrior Kumagai and the young Heike general Atsumori. Although they are enemies, Kumagai would like to spare Atsumori because he is the same age as his own son, but the necessities of wartime force him to kill Atsumori nonetheless and this experience fills Kumagai with disgust at warfare and makes him become a priest. This kabuki version of the story is filled with plot twists to emphasize the pathos of the situation. Starring Danjuro as Kumagai and Living National Treasure Sakata Tojuro as Atsumori, with Kaishun as Atsumori's lover Princess Tamaori.
ONNA DATE (The Chivalrous Woman)
Living National Treasure Kikugoro, stars as a woman in the pleasure quarters who swaggers and fights in the finest gallant style but who has a delicate sense of femininity as well.
KURUWA BUNSHO (A Letter from the Pleasure Quarters)
The roots of this play go back to the earliest days of kabuki. Izaemon, the son of a wealthy family, has been disowned for loving a courtesan and now has nothing but a paper kimono. This role is a classic example of the wagoto or soft style of acting that is one of the representative acting styles of the Kansai region. Nizaemon stars as Izaemon, a role that is a specialty of his family's Kansai acting style. Featuring Fukusuke as his lover, the courtesan Yugiri, Sadanji and Hidetaro as the proprietor and proprietress of the Yoshidaya teahouse and Ainosuke as a comic entertainer in the pleasure quarters.

| | Comments (0)

NPR: What the U.S. Can Learn from Japan's 'Lost Decade'

NPR: What the U.S. Can Learn from Japan's 'Lost Decade'

| | Comments (0)

BBC: Hard times at Kenya's desert school

BBC(080306): Hard times at Kenya's desert school, 22:31-end.  「FromOurOwnCorrespondent080306Kenya.pdf」をダウンロード .

| | Comments (0)

サブプライム危機による米国の金融機関の損失額予想

 Martin Wolf、マーティン・ウルフ(subscription required)は1兆ドル、つまり約100兆円。ルービニは下限が1兆ドル、1.7兆ドルもありえ、上限は2.7兆ドルと言っている。こういうのはguesstimateなのですが、桁ぐらいは押さえておいたほうがよい。なお、このペーパーによれば、日本の銀行不良債権の償却額について、『全国銀行ベースでみれば,「償却(write-offs)」及び「引当(provisions)」の累計額で,これまでに約81 兆5,000 億円の不良債権処分を行ってきている』と述べており、さらに、『公的資金として1998 年に導入された6 0 兆円の金融システム対策枠の中から,2002 年3 月末までに,不良債権処理のための預金保険機構からの金銭贈与が12 兆円支払われた.(この他に,エコノミストによっては,上記の公的資金枠の下で預金
保険機構が整理回収機構(RCC)を通じて買入れた債権(約4 兆円)及び資本注入(約10 兆円)をも算入する人もいる』と述べている。総計では、だいたい100兆円である。
 日本と米国の経済規模はだいたい1:3なので、米国サブプライム不動産融資危機の損失が1兆ドルであれば日本の三分の一の規模、2.7兆ドルであれば同程度になる。つまり、そういう経済危機と考えられているのである。

 【追記】op-ed自体のタイトルは"Going, going, gone: a rising auction of scary scenarios"。これに対してEconomists' Forumの中でW. Buiterがつけたコメントが興味深い。読むには、「FT080312Buiter.txt」をダウンロード 。ここでは2008 US Monetary Policy Forumに提出されたペーパーへの批判も書かれている。これはちゃんと読まないといけない。

 【再追記080326】Buiterを読んだ。James Tobinは本当に偉い。しかし、mortgage lossはかなりのcapital lossになると思うので、これはBuiterの言うredistribution effectを考えてもかなりのcredit収縮になると思う。日本の場合、塩漬けにしたことが非常にダメージを与えたことがよくわかる。loan loss provisionで行くかwrite-offで行くか。

【再々追記080327】Buiterについてコメント。数値例で、mortgage paymentがforeclosureにより消滅することがhouseholdsへのredistribution効果を生むと議論しているが、その実をよく考える必要がある。foreclosureされるので、家計は新たに住む家を見つけなければいけない。つまり、mortgage paymentの代わりに新たなrentを支払わなければいけない。その上、net wealthがwipe outされるので、資産効果によりconsumptionは低下、savingは上昇するだろう。さらに家計のcredit history(需要側)および金融機関の引き締め(供給側)により新たなcreditの可能性は低くなるだろう。

| | Comments (0)

Mexican Economy Watch

I trust usually on Gray Newman's judgment on Mexican economy.  I do this time, again.

| | Comments (0)

Phelps on the Current State of Natural Rate of both Unemployment and Interest Rate

Phelps on the Current State of Natural Rate of both Unemployment and Interest Rate.  「WSJ080314Phelps.pdf」をダウンロード .

| | Comments (0)

Priusの複数形は?

The Prius conundrum

| | Comments (0)

The moral vulnerability of markets

 スキデルスキーによるThe moral vulnerability of marketsを読むには、「daily_news_egypt080313skidelsky.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

制度と経済成長

 制度と経済成長についてのEconomistの記事を読むには、「economist080313order_in_the_jungle.pdf」をダウンロード 。ダニ・ロドリックのポスト。例によって、私の中で超マクロ(=グローバル)とマクロが同期してます。まぁ、世界もそういう時期に入ったってことなんでしょうけど。

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 12 and the Last)

 読了。今回は日本語で書きます。結論では、大英帝国と米国のinformal empireの比較がなされています。まずは、

(T)here is good evidence that the imposition of British-style institutions has tended to enhance a country's economic prospects, ... (p.369)

But which British institutions promoted development? (p.369)

答えは、1) British law and administration、2) nature of British governanceという(pp.369-370)。そして、David Landesの成長の条件を引用して大英帝国と比較している。

In short, what the British Empire proved is that empire is a form of international government that can work - and not just for the benefit of the ruling power. (p.371)

と述べて、最後の質問になる。

The final question to be addressed is whether anything can be learned from the British imperial example? (p.371)

stylized factとして、1870-1913(大英帝国時代)の世界の一人当たりGDPの成長率と1973-1998(米国のinformal empire時代)と比べて、それぞれ1.30%と1.33%でほぼ同じであると指摘している。そして、前者ではconvergenceが見られたのに対し、後者ではdivergenceが見られたと指摘している。第二次世界大戦後には、国がたくさん生まれ、そして内戦などの結果として小国が生まれたとしている。このpolitical fragmentationには二つの不利があるとしている(p.372)。一つは、内戦自体が経済的に悪影響がある。もう一つは、国の規模が小さいことが国の制度を整えるのに非効率、つまり規模の経済が生かせないという。
 では、米国は大英帝国の経験から何が学べるのかという質問になる(p.377)。

The hypothesis, in other words, is a step in the direction of political globalization, with the United States shifting from informal to formal empire much as late Victorian Britain once did. (p.378)

しかし、三つの点で米国のinformal empireは大英帝国と異なっているという。第一に、大英帝国は資本を「輸出」したが、米国はnet importer of capitalであり、第二に、大英帝国は人を送り出したが、米国は多くの移民を受け入れているという(p.379)。第三に、米国は、他の国民を治めることに気の進まない国である。要は、一時的に管理して、選挙をして、出て行くというのがお決まりのパターンであるという。つまり、米国というのは、

But it is an empire that lacks the drive to export its capital, its people and its culture to those backward regions which need them most urgently and which, if they are neglected, will breed the greatest threats to its security.  It is an empire, in short, that dare not speak its name.  It is an empire in denial. (p.381)

ということである。これを検証しようとしたのが、Colossus: The Rise and Fall of the American Empireであると言えるだろう。
 さて、divergenceと米国のnet importer of capitalおよび移民の受け入れは、おそらく論理整合性がある。すなわち、米国においてreturn of capitalが高く、賃金が高ければ、外国から資本も人も流れ込む。それが実現すれば、外国との所得ギャップが拡大し、divergenceが実現することになる。とすると、内戦および小国から来る規模の経済の欠如が重要なのかということになる。内戦の多さと小国の多さが、米国の「一時的介入→選挙→放置」という「国際統治」(=国際放置?)のやり方と関係しているのであれば、話としては均衡することになる。もちろん、ここから陰謀理論を引き出すことはできるが(economic hitman?)、それはあまり生産的でないだろう。米国の出生の経過(大英帝国からの分離)が影響していると議論したほうがより面白い。そして、それがColossusで実証されて行くのだろう。
 以前、Sternレポートに見られる英国の経済学者と米国の経済学者の立場の違いを分析するレポートがあったが、ひょっとするとこのあたりの議論と同期している可能性はあると思う。これも国際政治経済管理の話だからだ。
 読まず嫌いで恐縮だが、同名題の邦訳された別本を読むよりは、こちらを読んで本当に良かったと思う。この著者で読みたい本は、The Cash Nexus、The House of Rothschild、Colossusかな。なお、EmpireはTVシリーズの原作として書かれたようだ。彼は、The Ascent of Moneyという題でやはりPBSと組んで仕事をしているらしい。なお、Harvard Magazineによる2007年の彼についてのレビューを読むには、ここ。サイトからダウンロードもできるが、一応、自分の備忘録としては「0507-33.pdf」をダウンロード
 さて、1899年にRudyard Kiplingが書いた詩の始まりが、

Take up the White Man's Burden -
...

となるのだそうだ(p.380)。White Man's Burdenといえば、積読のイースタリーの本のタイトルだが、当然、キップリングをふまえているはずで、そもそも援助という概念自体、第二次世界大戦以降のものなのだろう。それ以前は、帝国で管理していたんだから。援助と帝国行政という二つの項目を一緒に考えられる枠組みは「国際行政論」であるはずで、その第一人者は城山英明氏だ。彼の「国際行政論」は現在の国際行政および狭義の国際行政を取り扱っているが、帝国のこともきちんと考えているはず。イースタリーに戻って、発展途上国への援助問題については、ポール・コリアーのThe Bottom Billionがhad-better-read bookになってきているけれども、まさに紛争と経済発展の第一人者であるだけに、第二次世界大戦以降の枠組みにぴったりあてはまる。コリアーがマーシャル・プラン時期のヨーロッパ復興相当の枠組みでアフリカを捉えるべきだと考えているのも符合する。

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 11)

Chapter 6: Empire for Sale (-p.363).
As for the broader reparation from Germany,

(T)his was done largely at the insistence of the Australian Prime Minister William M. Hughes, who discerned that his country would gain nothing if a narrow definition of reparations were adopted. (p.316)

The irony was that even as the Empire grew more economically important, its defence sank inexorably down the list of political priorities. (p.327)

Adolf Hitler repeatedly expressed his administration of British imperialism. (p.334)

| | Comments (0)

Betting the Bank

Paul Krugman, Betting the Bank.

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 10時半到着、Wさんと歩く。雑務。Wさんと面談&昼飯。Aさん、Mさんとも会う。雑務。Oさんちょいと訪問。雑務。Tさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

イールドカーブ

 日経2008年3月14日朝刊20面『「安全資産」資金が流入:30年債は売り、市場混乱』10年物長期金利1.3%割れとのこと。「国債の利回り差」なる図が掲載されている。図を見る限り、傾向が増進しているだけで、あまり混乱しているようには思えない。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。昼飯はカップ麺。Kさん、Tさん訪問、お疲れさま。雑務。会議。帰宅。

| | Comments (0)

日銀人事

 日経3月12日朝刊1面に『日銀の正副総裁候補と民主党の姿勢』という表が掲載されている。財金分離と経済財政諮問会議委員であるというのが武藤、伊藤を民主党が拒否する公式の理由であるとのこと。実際に12日に参院で否決された。
 つまり、財務省出身、経済財政諮問会議委員(経験者も?)は通らない。すると、巷間あがっていた名前からすると植田総裁、田谷副総裁だろうか。ダークホースは経団連会長経験者か。公的資金問題があるから銀行関係者は難しいかも。審議委員から一人選ぶという奇手もあるかもしれない。

| | Comments (0)

こんなもの

 こんなを作ってみました。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。雑務。N先生と昼食。雑務。Kさん、Kさん、Tさんと懇談。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

憎悪の世紀

ファーガソンのThe War of the Worldが『憎悪の世紀』として訳されていました。

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 10)

Chapter 6: Empire for Sale (-p.294).

J.A. Hobson's profoundly influential Imperialism: A Study, published in 1902. (p.283)

Hobson as contemporary reading.

Most of the huge flows of money from Britain's vast stock of overseas investments flowed to a tiny elite of, at most, a few hundred thousand people. (p.285)

Chamberlain's vision of a people's Empire seemed to have dissolved in the face of the old, insular fundamentals of British domestic politics: cheap bread plus moral indignation. (p.287)

Chapter 6.

Traditional accounts of 'decolonization' tend to give the credit (or the blame) to the nationalist movements within the colonies, from Sinn Fein in Ireland to Congress in India. (p.295)

(T)he correct comparison must be between these other empires and the British Empire as it was in the twentieth century. (p.296)

Well, in the current global warning problem, developing countries would resist this type of correct comparison.

It was the staggering cost of fighting these imperial rivals that ultimately ruined the British Empire. (p.298)

| | Comments (0)

March Grand Kabuki, Evening Show

EDO SODACHI OMATSURI SASHICHI (The Festival and Sashichi, a Son of Edo)
The fireman Sashichi (Kikugoro) is in love with the geisha Koito (Tokizo), but their happiness is ruined by Koito's greedy mother and her constant schemes to get money from them. Her plots go too far when she claims that Koito's true father murdered Sashichi's father. Already angered by what he thinks are Koito's broken promises, Sashichi attacks her on a rainy night in a famous killing scene. Also featuring Nizaemon as the villain of the play.

| | Comments (0)

Circus Theory of Democracy

  Circus Theory of Democracy.  It is a theory based on demand side of politics: the mass.  The mass demands bread and circus from political system.  Certainly, the bread part corresponds to a few theories of democracy based on economic level and/or growth.  But, there is another part of democracy.  Frequently-mentioned anomaly related to why people to vote anyway is related to this circus part.  In order to enjoy the circus, you have to pay for the ticket: going to barrot box.  So, people might go on revolt when they are fed up with the current political regime.  In another word, it is when people get bored

  You might ask how this theory or conjecture fits to institution-type explanation of democracy.  Well, one of explanation is supply and demand.  Politicians should step down instead of doing coup when they are knocked out in the election.  Institution should be strong enough to let politicians to decide voluntarily step down.  Probably, anthropologists should have long before argued along this line of thoughts.  The difference should be that this be evidence-based.  Recent collection of polls should provide some way out. 

  Perhaps, this line of argument is consistent with the most promising argument of the birth of terrorism.  So, people consumes political goods and economic goods.  Democracy is a regime which offers political goods (aka circus) and partially intervenes the production of economic goods (aka bread).  Even when price of political goods gets higher, sometime people consumes more political goods: revolt under repression?  That is the case of giffen good.  Simple enough.

| | Comments (0)

円、101円台に反発=米信用不安でドル売り〔NY外為〕(10日)

ドルを売って円を買った投資家は、どんな円の金融商品を買ったのだろうか?国債?宿題。

円、101円台に反発=米信用不安でドル売り〔NY外為〕(10日)
3月11日6時44分配信 時事通信
 【ニューヨーク10日時事】週明け10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、信用不安を背景に米株式相場が3営業日連続で大幅続落したことを眺めドル売りが進み、1ドル=101円台に反発した。午後5時現在は、1ドル=101円70―80銭と、前週末午後5時(102円63―73銭)比93銭の円高・ドル安で推移している。
 米大手投資会社カーライル・グループの子会社が経営不振に陥ったことに加え、この日は証券大手ベアー・スターンズも資金繰りが悪化しているとの観測が広まった。市場では、貸し渋りの深刻化で景気がさらに悪化するとの懸念が強まり、米株式相場は大幅続落。ドルは101円55銭まで売られた。
 ただドルは対ユーロでは、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「過度の為替変動を懸念している」とユーロ高をけん制したため、比較的底堅く推移した。
 円は対ドルで約8年ぶりの高値水準にあるが、対ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドルなどではまだ割安。このため「円売り介入は他国の理解を得られない。1ドル=100円割れでも金融当局は動けない」(邦銀筋)との見方が多く、円買いには安心感があるという。
 ユーロは同時刻現在、対円で1ユーロ=156円05―15銭(前週末午後5時は157円63―73銭)、対ドルでは同1.5339―5349ドル(同1.5350―5360ドル)。(了)

Graph_03y左はここからとった長期国債利回り推移(過去 3年)のグラフ。やはり、国債に流れているのかな。もしくは、キャリートレードの解消であれば、たんに円融資を返済することになる。返却された銀行はやはりどこかに投資することになるから、これも国債かな。

 ただし、長期国債金利の下降は2007年度6月ごろから始まっていることに注意。サブプライム問題って夏じゃなかったけ。これは0.5%への利上げで金利上昇観測があったのが、やはり経済下降懸念が出てきて、下がり始めてたのじゃないかしら。素人マーケット読みでした。間違ってるかも。

| | Comments (0)

Common Wealth: Economics for a Crowded Planet (CD)

Jeffrey D. Sachs, Common Wealth: Economics for a Crowded Planet (CD)

| | Comments (0)

ポール・コリアー:『最底辺の10億人』優先を

 日経2008年3月10日(月)朝刊25面経済教室。ポール・コリアー『最底辺の10億人』優先を。

| | Comments (3)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 9)

Still in Chapter 5 (-p.282)
Some statistics on British investment in the empire (p.244).

(T)he terms of trade - the relationship between export and import prices - moved by around 10 per cent in Britain's favour between 1870 and 1974. (p.245)

What are the causes? I wonder.

Was the Empire really economically beneficial to the mass of British voter? (p.255)

Another good question.  And the tricky answer of his is:

Yet imperialism did not have to pay to be popular.  For many people it was sufficient that it was exciting. (p.255)

Right.  This type of reasoning always reminds me of bread and circus in the case of Roman empire.  I would say one of the merits of democracy and precisely the demerit of non-democracy is not that the politics is not exciting enough for the mass.

Northcliffe was also quick to discover the price elasticity of newspaper demand (p.258)

(The heroic archetypes of this popular imperialism) were members of an elite educated at Britain's exclusive public schools. (p.259)

(T)he British Empire of the 1890s resembled nothing more than an enormous sports complex. (p.260)

Hunting, rugby, and cricket!
Some description on phrenology and eugenics is found in pp.263-264.

(T)hey said rather less about the procreative efforts of those men who were deemed to be at the top of the evolutionary scale. (p.265)

The answer is that they were homosexuals (p.265).

What Vietnam was to the United States, the Boer War very nearly was to the British Empire, in two respects: its huge cost in both lives and money (p.276)

| | Comments (0)

Lessons from the history of trade and war

Ronald Findlay   Kevin H. O’Rourke
Lessons from the history of trade and war

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務、昼は定食。Kさん訪問、いい顔です。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

クルーグマン、金融危機をモデルで考える

 Paul Krugmanが現在の米国の金融危機を三資産(Monetary Base、T-bill、Mortgage Asset)の均衡モデルで考えてみたポストがこれ。de Longがここで返答して、それにKrugmanがこれで答えた。要は、バランスシートの資産側で対応しているということ。

 英語表現としては、He is wrongという代わりに、He misses the pointというのが使える。

| | Comments (0)

セルジオ・メンデス『モーニング・イン・リオ』(Encanto)

61hp0sqgcl__aa240_  セルジオ・メンデスのEncanto、邦題はモーニング・イン・リオ。私が聞いているのは邦盤で、洋盤ではLugar ComunをJOVANOTTIバージョンで収録しているらしい。「2008年に誕生50年を迎えるボサ・ノヴァへの世界的なセレブレーション」がテーマだという。狭義のボサ・ノヴァだけじゃなくて、サンバもあると思うけど、楽しいアルバム。7曲目ではHerb Alpertが元気に吹いている(何歳だろうか、1935年生まれだから73歳だよ!オイオイ)。

| | Comments (0)

My Paper on Mexican Electronics Cluster

2年ぐらい前に書いたメキシコ・グアダラハラ近郊の電気電子クラスターのペーパーが出版されました。もし万一お読みになりたい方は、「chap8Hisamatsu.pdf」をダウンロード (326KB)。

| | Comments (0)

FT: Martin Wolf on high commodity prices

Martin Wolfがcommodity priceの価格上昇と金融政策との関係についてop-edを書いている。読むには、「FT080304MartinWolf.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

FT: Niall Ferguson on democracy

FTにNiall Fergusonが載せた民主主義の進展についてのop-edを読むには、「FT080125NiallFerguson.pdf」をダウンロード 。マクロのレベルでは、これでいいと思うけど、もう少し中身の分析が欲しい。

| | Comments (0)

世界の中間層のプロフィール

 EconomistのEconomic Focus "The in-betweeners"。テロリズムを考えるのであれば、ここが重要なはず。

| | Comments (0)

Chairman Greenspan's Legacy

"Chairman Greenspan's Legacy"
By Benjamin M. Friedman at NYBR
The Age of Turbulence: Adventures in a New World
by Alan Greenspan

読むには、「NYRB080320BFriedman.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Freakonomics (Audio Book)

 FreakonmoicsのAudio Bookを買ってみた。Dubner自身の録音というのが面白いし、発音は聞きやすい。聞いたのはイントロの一部分だけだが、若干、使っている単語がAudio Book用に変えてあるようだ。もしかすると、第一版と改訂版でイントロも書き直して、このAudio Bookは第一版の部分をまだ使っているのかもしれない。要注意。

| | Comments (5)

所得と幸せ:間接的な繋がり

Robert FrankがNYTに寄せた"Income and Happiness: An Imperfect Link"を読むには、「NYT080309RobertFrank.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 8)

Chapter 5 (-p.238).  There are interesting excerpts.

Under British rule, the village economy's share of total after-tax income actually rose from 45 per cent to 54 per cent.  Since that sector represented around three-quarters of the entire population, there can therefore be little doubt that British rule reduced inequality in India. (p.218)

The reality, then, was that Indian nationalism was fuelled not by the impoverishment of the many but by the rejection of the privileged few. (p.218)

I basically agree.  My question is whether it is the general theory.  My prior hunch is that it is.

Now there was just one company: De Beers.  It is usually assumed that Rhodes owned De Beers, but this was not the case.  Nathaniel de Rothschild was a bigger shareholder than Rhodes himself: (p.223)

... specifying his estate should be used to fund an imperialist equivalent of the Jesuit order - the original intention of the Rhodes Scholarships.  This would be 'a society of the elect for the good of the Empire'. (p.227)

Quite a new information.

The German Chancellor, Otto von Bismarck, was one of the few authentic geniuses among nineteenth-century statesmen. (p.234)

Probably, I have to read all the Niall Ferguson's books.

| | Comments (0)

Sunset View from Mountain

P3030352  4000m級の山から見た日没でした。

| | Comments (0)

Janet Yellen on Monetary Policy

Janet Yellen speaks on Monetary Policy in France.  Looks interesting.  The conference itself is very appealing.  Somehow, a conference of a similar theme is held in Norges Bank, where Mishkin spoke.

| | Comments (0)

On BoJ New Chief

 武藤・白川・伊藤と政府が提示した日銀人事についてのWSJの報道を読むには「WSJ080308BoJ.pdf」をダウンロード 。FTは「FT080307BoJ.pdf」をダウンロード 。ちなみに、FTの福井総裁についてのreviewは「FT080217Fukui.pdf」をダウンロード

【追記】日経2008年3月8日朝刊3面の白川氏のプロフィールに『「物価安定の理解」をはじめ、日銀が現在使っている政策運営手法の多くは、白川氏の手によるものだ。』とある。

| | Comments (0)

WSJ: Fedstein "How to Stop the Mortgage Crisis"

  これはFeldsteinのcreativeな提言。読むには、「WSJ080307Feldstein.pdf」をダウンロード 。やっぱり、こういうことを考えるようにしていないと駄目だな、反省。

| | Comments (0)

Morgan Stanley on Latin America

Morgan StanleyのGray Newmanが書いた2008年のLA経済レポートを読むには、「MSGEF080305LA.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 7)

Chapter 4 (-p.217).

How on earth did 900 British civil servants and 70,000 British soldiers manage to govern upwards of 250 million Indians? (p.163)

It is indeed one of the richer ironies of the Victorian value-system that the same navy that was deployed to abolish the slave trade was also active in expanding the narcotics trade. (p.166)

(T)he crucial development from the point of view of imperial rule was the construction of durable undersea cables. (p.168)

It is fashionable to allege that the British authorities did nothing to relieve the drought-induced famines of the period.  But this is not so. (p.188 note)

This implies a view shallowly influenced by AK Sen.

In fact, we now know that this drain - the colonial burden as measured by the trade surplus of the colony - amounted to little more than 1 percent of Indian net domestic product a year between 1668 and 1930. (p.216)

I wonder why he use trade surplus as the measure of imperial drain of wealth.  Why not taxation?  Can we think it in terms of balance of trade accounting and mercantilism?

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 6)

Chapter 3: The Mission (-p.139).

Indeed, the Durham Report has a good claim to be the book that saved the Empire. (p.111)

Done.  So, let us go to the chapter 3.

It is not easy to explain so profound a change in the ethics of a people.  It used to be argued that slavery was abolished simply because it had ceased to be profitable, but all the evidence points the other way: in fact, it was abolished despite the fact that it was still profitable. (pp.116-117)

Another new information.

Livingstone had become a one-man NGO. (p.128)

Like so many Victorians, he took it for granted that a free market would be more efficient than an unfree one. (p.129)

This is the story of Mr. Livingstone.

Increasingly influential in mid-nineteenth-century India was the more secular doctrine of Liberalism. (p.138)

Mill saw the cultural transformation of the non-European world as inextricably linked to its economic tranformation. (p.139)

This Liberalism is worth a little bit of homework.

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 5)

Still in Chapter 2 (-p.105).  There are several intriguing information and questions.

'Amazing Grace'.  What is less known is that for six years its composer was a successful slave trader, ---. (p.74)

I didn't know that.

But, it is the great paradox of the American Revolution ---.  And, crucially, they paid far less tax.  In 1763 the average Briton paid 26 shillings a year in taxes.  The equivalent figure for a Massachusetts taxpayer was just one shilling. (p.85)

Another new information.

In fact the price of the tea in question was exceptionally low, since the British government had just given the East India Company a rebate of the much higher duty the tea had incurred on entering Britain. (p.87)

It was the consitutional principle - the right of the British parliament to levy taxes on the American colonists without their consent - that was the true bone of contention. (p.90)

Well, this is convincing to me, and this explains the paradox the author raised before: why did the revolution occur in France not in Britain, where more tax was levied.  And, I think this also explains what makes terrorists in current circumstances (my previous posts A & B).
  OK, let us move to Australia.

The great paradox of Australian history is that what started out as a colony populated by people whom Britain had thrown out proved to be so loyal o the British Empire for so long. (p.104)

So far, so good.

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 4)

At last, I'm in the Chapter 2: White Plague (-p.64).  Well, there are a number of interesting sentences. 

One of the great puzzles of the 1780s is therefore, why it was to France - where taxes were much ligher and less regressive - rather than to Britain that political revolution finally came in the 1780s. (p.46)

I did not know that.  My guess is that democracy is an efficient instrument of outlet for national discontent.  The impeachment of Hastings vividly ilustrates the point.

This marked the beginning of what would become an institution celebrated for its sea-green incorruptibility - the Indian Civil Service. (p.50)

I did not know that, either.

No other country in the world came close to exporting so many of its habitants. (p.53)

Of course, it speaks of Britain.

But could an empire, implying as it did British rule over foreign lands, be based on liberty? (p.54)

Good question.  Sometims, the merit of reading books is not in getting information or knowledge, but in getting proper and interesting questions.

So Ireland was the experimental laboratory of British colonization and Ulster was the prototype plantation. (p.57)

Hmmm.

One of the most important questions of modern history is why the North European settlement of North America had such different results from the South European settlement of South America. (p.58)

I agree.

In short, the economics of British America were precarious; and by economics alone British America could not have been built.  Something more was needed - an additional inducement to cross the Atlantic over and above the profit motive.  That something turned out to be religious fundamentalism. (p.61)

Very good and quite convincing.

New England really was a new England, far more than New Spain would ever be a new Spain.

A great composition.  Ok, so far, still, so good.

| | Comments (0)

Krugman's BPEA draft

  Krugman's BPEA draft on trade and wage can be found here.  Quite easy to read and understand.  Well, a new and clever empirical paper is called for.

| | Comments (0)

Obama’s free-trade credentials top Clinton’s

Obama’s free-trade credentials top Clinton’s
By Jagdish Bhagwati
Published in FT: March 3 2008 18:35

| | Comments (0)

Brazil’s lesson for China: do not ignore inequality

Brazil’s lesson for China: do not ignore inequality
By Geoff Dyer
Published in FT: March 3 2008 18:36

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 3)

I'm still in the Chapter 1: Why Britain? (- p.44)  There are some new information and/or interpretation to me.  First, "(S)ickness and disease had in many ways proved the most persistent of all the obstacles to European expansion."(p.10)  Second, regarding Dutch East Indies Companay, "the Dutch company rewarded its managers on the basis of gross revenue rather than net profits, encouraging them to maximize the volume of their business."(p.19)  Well, there must have been the backside of its expansion: low profitability.
Third, it looks like the Dutch instituted the Central Bank earlier than the British.  It was called Amsterdam Wisselbank(p.23).  I have to study on it later.  I wondered when was the Dutch tulip bubble.
Fourth, the British 'Glorious Revolution' had "the character of an Anglo-Dutch business merger."(p.22)  Hmmm, interesting interpretation, I have never heard of.  But, it makes just sense.  So, "(a) deal was done which effectively gave Indonesia and the spice trade to the Dutch, leaving the English to develop the newer Indian textiles trade."(p.23)
Fifth, "agency problem" within British East Indies Company (p.25).  Sixth, the crutial factor on British triumph against France lies in national debt (p.35).  Seventh, the Scots were many in East Indies Comapany (p.39).  Eighth and last, the words of Samuel Johnson (p.43) just reflects economic thinking.
So far, so good.

| | Comments (1)

ゲーム開発の民主化

「ゲーム開発の民主化」という記事はこれ。素人にはinformative。書き手はこういう人:

新 清士(しん きよし)
ゲームジャーナリスト。立命館大学映像学部講師
略歴
 1970年生まれ。慶應義塾大学商学部及び環境情報学部卒。ゲーム会社で営業、企画職を経験後、ゲーム産業を中心にリサーチするジャーナリストに。他に、ゲーム専門学校デジタルエンタテイメントアカデミー講師。ゲーム開発者を対象とした国際NPO、国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)代表。コンピュータエンタテインメント協会(CESA)理事。ブロードバンド推進協議会(BBA)オンラインゲーム専門部会部会長。日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)理事。著書に『「侍」はこうして作られた』(新紀元社)

 さぁ、ゲームジャーナリストという職業は、複数世代が続く職業になるかどうか、興味津々。参照されている本は『民主化するイノベーションの時代』。オリジナルはこちら。このかたのお師匠さんにNathan RosenbergやRichard Nelsonがいるそうだ。翻訳は、ソフトウェアの開発関係の本を中心に訳している業者らしい。

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 2)

At last, I could start Chapter 1 (-p.10).   There are several interesting questions addressed by the author.  One of them is "Why were the British such good pirates?"  Good question.
In its Introduction, he said his main theme is "Anglobalization," which means globalization led by British (Anglo) (p.xxiv).  And, he introduced the main topics of his 6 chapter book as follows:

1 Commodity markets
2 Labour markets
3 Culture
4 Government
5 Capital markets
6 Warfare
Or, in rather more human terms, the role of:
1 Pirates
2 Planeters
3 Missionaries
4 Mandarins
5 Bankers
6 Bankrupts

This is a very concise and good introduction, I agree.  And, a following structure is useful.

The second chapter describes ---.  The central theme of this chapter is ---.
Chapter Three emphasizes ---.  A critical point here is ---.

So, the title of the 1st chapter is "Why Britain?"

| | Comments (0)

Reading Niall Ferguson's Empire (Part 1)

Niall Ferguson. 2003. Empire: How Britain Made the Modern World. (Penguin Books).  Epigraph is from Joseph Conrad's Heart of Darkness.  I'm still in Introduction pp. xi - xxii.  He was born in 1964, which means he is 44 years old.  Young scholar.

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »