« 民主国対委員長「白川氏を総裁に」 日銀人事 (ASAHI) | Main | 今日は水曜日。 »

日銀総裁人事 国際経済への責任放棄だ(3月19日付・読売社説)

日銀総裁人事 国際経済への責任放棄だ(3月19日付・読売社説

 国際的に、日本は世界経済の安定に果たすべき責任を放棄したと受け止められても、言い訳はできないのではないか。
 こうした状況を招いた最大の原因は、民主党の無責任な態度にある。民主党は、政府が当初提示した武藤敏郎・日銀副総裁を総裁に昇格させる案に対し、「財務次官経験者で、財政と金融の分離に反する」と反対した。
 政策担当者として財政、金融の両方に通じていることの利点や、武藤氏の資質などには目を向けずに、もっぱら出身や経歴に焦点を当てた乱暴な主張だ。

 そうねぇ。たぶん、田波氏では、「金融政策を知らない人を総裁に選ぶのか」と国際的に、日本は世界経済よりもなによりも日本経済の安定に果たすべき責任を放棄したと軽蔑されるのではないでしょうか?

 それよりも興味深いのは、武藤氏の「政策担当者として財政、金融の両方に通じていることの利点」というところ。武藤氏が金融に通じている理由は、副総裁を5年間やっていたからだと思いますが、財務省出身者は元来、「金融に通じているのか」という疑問を考えてもよいでしょう。財政に通じているだけではわが国の中銀副総裁になってもらったら困りますからね。さて、大蔵省は財務省と金融庁に分かれましたから、大蔵省時代の人でないと金融は知らないことになりますね。相互乗り入れは若い頃だけでしょう?じゃぁ財務省の人はもう金融の知識はつかないでしょうか。国際金融は国内金融とはリンクしてますが、かなり違います。主計だと身につくのはCost Benefit Analysisぐらいじゃないでしょうか。それでは、金融市場はわからないよね。理財局でポートフォリオを見ていれば、金融はわかりますが、ちょっと偏った見方でしょうか。でも、debt managementに精通して非常に金融に強い人なら副総裁にしてもいいかもしれない。liquidityとかfinancial channelや物価水準の財政理論とか理解するかもしれませんね。民主党は財金分離を金科玉条にしてますから、まさに忌避するでしょうけど、、、。つまり、財務省の人で、私は日銀副総裁になるぞ!と思う方は理財局に行って、金融市場への深い知識を勉強してみたらどうでしょうか。駄目なアドバイスかなぁ、、、。

|

« 民主国対委員長「白川氏を総裁に」 日銀人事 (ASAHI) | Main | 今日は水曜日。 »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 民主国対委員長「白川氏を総裁に」 日銀人事 (ASAHI) | Main | 今日は水曜日。 »