« Common Wealth: Economics for a Crowded Planet (CD) | Main | Circus Theory of Democracy »

円、101円台に反発=米信用不安でドル売り〔NY外為〕(10日)

ドルを売って円を買った投資家は、どんな円の金融商品を買ったのだろうか?国債?宿題。

円、101円台に反発=米信用不安でドル売り〔NY外為〕(10日)
3月11日6時44分配信 時事通信
 【ニューヨーク10日時事】週明け10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、信用不安を背景に米株式相場が3営業日連続で大幅続落したことを眺めドル売りが進み、1ドル=101円台に反発した。午後5時現在は、1ドル=101円70―80銭と、前週末午後5時(102円63―73銭)比93銭の円高・ドル安で推移している。
 米大手投資会社カーライル・グループの子会社が経営不振に陥ったことに加え、この日は証券大手ベアー・スターンズも資金繰りが悪化しているとの観測が広まった。市場では、貸し渋りの深刻化で景気がさらに悪化するとの懸念が強まり、米株式相場は大幅続落。ドルは101円55銭まで売られた。
 ただドルは対ユーロでは、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「過度の為替変動を懸念している」とユーロ高をけん制したため、比較的底堅く推移した。
 円は対ドルで約8年ぶりの高値水準にあるが、対ユーロ、豪ドル、ニュージーランド・ドルなどではまだ割安。このため「円売り介入は他国の理解を得られない。1ドル=100円割れでも金融当局は動けない」(邦銀筋)との見方が多く、円買いには安心感があるという。
 ユーロは同時刻現在、対円で1ユーロ=156円05―15銭(前週末午後5時は157円63―73銭)、対ドルでは同1.5339―5349ドル(同1.5350―5360ドル)。(了)

Graph_03y左はここからとった長期国債利回り推移(過去 3年)のグラフ。やはり、国債に流れているのかな。もしくは、キャリートレードの解消であれば、たんに円融資を返済することになる。返却された銀行はやはりどこかに投資することになるから、これも国債かな。

 ただし、長期国債金利の下降は2007年度6月ごろから始まっていることに注意。サブプライム問題って夏じゃなかったけ。これは0.5%への利上げで金利上昇観測があったのが、やはり経済下降懸念が出てきて、下がり始めてたのじゃないかしら。素人マーケット読みでした。間違ってるかも。

|

« Common Wealth: Economics for a Crowded Planet (CD) | Main | Circus Theory of Democracy »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Common Wealth: Economics for a Crowded Planet (CD) | Main | Circus Theory of Democracy »