« Steven D. Levitt and John A. List on 行動経済学 | Main | Castro Steps Down »

エアーズ@Freakonomics on 大統領の名前の強勢

 ほとんどの大統領の名前の強勢が最初に来るとのことです。エアーズ@Freakonomics。これは格好の英語の授業の素材ですね。発音がわかる、米国政治がわかる。

This is bad news for bar-RACK hus-SEIN o-BAM-a, a treble iambic, and it’s good news for HIL-lary CLIN-ton. (Last names are also more likely to have initial stress.

【後記】コメントのご指摘を受けて、誤記を改めました。イアーズ→エアーズです。ご指摘をありがとうございました、YNさん。

|

« Steven D. Levitt and John A. List on 行動経済学 | Main | Castro Steps Down »

Memo to myself」カテゴリの記事

【経済学基礎】」カテゴリの記事

Comments

イアーズというのは"ears"のことかと思ったらSuper Crunchersのayresのことだったんですね。どっちでも意味が通るところがなかなか。

Posted by: YN | 2008.02.19 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Steven D. Levitt and John A. List on 行動経済学 | Main | Castro Steps Down »