« ブラッド・デ=ロングのReadings for Econ 210a, Introduction to Economic History, Spring 2008 | Main | FT on SocGen »

CPI0.8%上昇

日経:

12月消費者物価、0.8%上昇・経財相「消費にマイナス」

 総務省が25日発表した2007年12月の全国消費者物価指数(CPI、05年=100)は変動の激しい生鮮食品を除くベースで100.9となり、前年同月と比べて0.8%上昇した。3カ月連続のプラスで、1998年3月以来、9年9カ月ぶりの高い伸びとなった。ガソリン、灯油をはじめとするエネルギー、食料品の値上げが主な要因。賃金が伸び悩む中での高い物価上昇により、個人消費の下押し圧力が強まりそうだ。

 大田弘子経済財政担当相は閣議後の記者会見で「消費にマイナスになる」と懸念を表明。食料・エネルギーを除いたベースでは前年同月比0.1%の下落でマイナスが続いており、経財相は「デフレ脱却に向けて大きく歩み出したとは言えない」との見方を示した。(11:30)

FTでは、「FT080125J_CPI.pdf」をダウンロード

|

« ブラッド・デ=ロングのReadings for Econ 210a, Introduction to Economic History, Spring 2008 | Main | FT on SocGen »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブラッド・デ=ロングのReadings for Econ 210a, Introduction to Economic History, Spring 2008 | Main | FT on SocGen »