« 上村以和於氏、勘太郎を褒め、海老蔵と染五郎に苦言 | Main | 移民送金と可処分所得(メキシコ) »

Latin America in 2007 and 2008

 LA watcherとして名高いANDRES OPPENHEIMER(@Miami Herald)の2007年の経済レビュー「Latin American economy improving but lagging」を読むには、「MiamiHerald071223Oppenheimer.pdf」をダウンロード 。2008年のメキシコについては、私が好きなLA経済 watcherであるGray Newmanがここに書いている。

 なお、指摘されているfiscal reformの中心であるIETU (Impuesto Empresarial a Tasa Unica)についてはJETRO峯村直志氏(層の薄い日本人メキシコウォッチャーとしては最優秀のうちの一人)がここに書いている。このほかこれ「071009mexietu.pdf」をダウンロード「071213ietumaquila.pdf」をダウンロード 。fiscal reformの財政インパクトについてのアセスメントについては、BANAMEX ESEM 10月号。経済成長へのインパクトについてはBANAMEX ESEM 11月号、要は公共インフラが増えて成長が刺激されるという。インパルス関数を推計している。IETUの法律とか、IETU情報が納税者向けに書いてあるSATのホームページはこれ

|

« 上村以和於氏、勘太郎を褒め、海老蔵と染五郎に苦言 | Main | 移民送金と可処分所得(メキシコ) »

LAC」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 上村以和於氏、勘太郎を褒め、海老蔵と染五郎に苦言 | Main | 移民送金と可処分所得(メキシコ) »