« October 2007 | Main | December 2007 »

Rossana Fuentes-Berain: Oro gris: Zambrano, la gesta de CEMEX y la globalizacion en Mexico

Rossana Fuentes-Berain: Oro gris: Zambrano, la gesta de CEMEX y la globalizacion en Mexico.  Expansionを見ていたら、ミニ書評が出ていた。読みたいものだ。関連して、El Universalでの記事はあれこれ

| | Comments (0)

Larry Summers: Wake up to the dangers of a deepening crisis

FTに掲載されたLarry Summersのop-ed、"Wake up to the dangers of a deepening crisis"を読むには、「FT071125LarrySummers.pdf」をダウンロード 。中級開放マクロの学習者にはFT Economists' ForumのRicardo Hausmannの一連の質問とそれに対するLarry Summersの回答はeducated judgementを示していて興味深いだろう。「FTEFLarrySummers071125.txt」をダウンロード

| | Comments (0)

BANAMEX: ESEM

 Mexico経済ウォッチャーにとって、BANAMEXのESEM、つまりExamen de la Situación Económica de Méxicoは非常に短くて有難い情報源である。大昔はバックナンバーを見れるようなシステムだったが、最近はちょっと手で打たなければならない。こういう感じである。
 http://www.banamex.com/esp/pdf_bin/esem/esem月年.pdf
である。月年のところは、たとえば2007年10月であればoctubre07とうてばよい。まだ12月1月合併号がわからんな。

| | Comments (0)

日経11月19日:今年度実質1.5%成長予測・民間15機関平均、政府見通し下回る

今年度実質1.5%成長予測・民間15機関平均、政府見通し下回る

 民間調査機関15社が改定した2007年度の経済見通しが出そろった。国内総生産(GDP)の平均は物価変動の影響を除いた実質で前年度比1.5%増、名目は1.1%増。建築着工手続きの遅れから住宅投資が大幅に減り、設備投資の伸びも鈍ると判断。9月時点の前回予測から実質は0.3ポイント、名目は 0.6ポイント下方修正した。

 政府の07年度の経済見通しは実質、名目ともに2.1%増。日銀は10月の展望リポート(経済・物価情勢の展望)で実質成長率の見通しを4月時点の2.1%から1.8%に下方修正したものの、民間の予測はこれをさらに下回った。(07:01)

| | Comments (0)

日経11月30日:10月の全国消費者物価、0.1%上昇・10カ月ぶり

10月の全国消費者物価、0.1%上昇・10カ月ぶり

 総務省が30日発表した10月の全国の消費者物価指数(CPI、2005年=100)は、生鮮食品を除く総合が100.5と、前年同月比0.1%上昇した。上昇は10カ月ぶり。項目別で価格の上昇幅が大きかったのは光熱・水道(1.0%上昇)だった。生鮮食品を含む総合では100.9と、0.3%上昇した。

 生鮮食品を除く総合は、日経QUICKニュース社がまとめた市場予測平均値(横ばい)を上回った。

 同時に発表した11月の東京都区部の消費者物価指数(中旬の速報値、2005年=100)は生鮮食品を除く総合で100.3と、前年同月比0.1%上昇した。〔NQN〕(08:39)

| | Comments (0)

日経11月30日:10月の完全失業率4.0%・前月比横ばい

10月の完全失業率4.0%・前月比横ばい

 総務省が30日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月比横ばいだった。完全失業者数は前年同月比10万人減の271万人となり、23カ月連続で減少した。また就業者数は6424万人となり、前年同月より13万人減少、2カ月連続の減少となった。

 完全失業率を男女別にみると、男性が前月比横ばいの4.0%、女性が0.1ポイント低下の3.9%だった。また完全失業者のうち、勤務先の人員整理や倒産などで失業した「勤め先都合」は68万人、「自己都合」は103万人だった。〔NQN〕(08:42)

| | Comments (0)

Fedの経済予測

 Mishkinの"The Federal Reserve’s Enhanced Communication Strategy and the Science of Monetary Policy"はMITの大学生向けなのでわかりやすくて良い。それにつられて、やっとFedのMinutes of Federal Open Market Committee, October 30-31, 2007 (320 KB PDF)を眺めてみた。p.10を見る限り、潜在成長率は2.5%程度と考えられていることがわかる。自然失業率も5%弱と考えられているのだろう。望ましいインフレ率は1.5%よりは大きく2%よりは小さいと考えられているようだ。p.14は非常に情報量が多い。2007年は6月の予想よりも実質GDP成長率は大きくなったが、失業率はやや悪い方向に予想されている。そして、サブプライム問題に発生する景気後退は2008年におきると考えられているようだ。そして、その程度のばらつきも大きい。しかし、興味深いことに失業率については予想が集中している。2009と2010については山型の分布になっており、やはり潜在成長率や自然失業率の予想として参加者が正当に考え、そしてその結果がある程度、固まって表れていることがわかる。そして、1年から1年半ぐらいで金融政策によって景気安定化(すなわち、経済の実勢を潜在成長率や自然失業率に近づける)ことができると参加者が考えていることも表わされている。この意味で、Bernankeのこの一手が実質的なインフレーション・ターゲッティングという意味もわかった。この点に関しては、prolific Willem BuiterのBlog entryが有益。

 日本のいわゆる『インタゲ派』と呼ばれる人たちも、このように3年後・4年後の実質GDP成長率、インフレーション率、失業率を政策委員たちにプロとして予想させることを提唱して、実質的なターゲティングを指向させたらどうだろうか。それぞれ、1.8%、1%、4%ぐらいを中心に固まるだろうか。分布を見てみたいものだ。

 積読になっているThe Inflation-targeting Debateをbrowseしなくては。

| | Comments (0)

足立区、学力テスト

忘れないように、足立区の学力テストの記事は、「Yomiuri070717Adachi.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

中米セミナー@JETRO

 G国研修をやっている関係もあり、この時期にこういうものがあると行かなくてはなるまい。さて、FUSADESのCabrales総裁の話はやや焦点が広かった。次に、前エルサルバドル大使であった細野先生(20年前に金曜一時限に8号館4階で授業を受けてましたが、それ以来、容姿が全く変化しないというご壮健な方)の話は、数年前のCAFTAセミナーの続きという感じで、dry canalの話など面白かった。
 さて、質問コーナーになり、Cabrales総裁の話が急に面白くなった。技術革新の財団を来年造るので、日本に来て何に焦点を合わせたらよいのか今回は探索しているという。なぁんだ、それなら、学問的にはそういうセミナーをしたほうがずっと面白いのに。つまり、RodrikのOne Economics, Many Recipes: Globalization, Institutions, and Economic Growthの出版以来、El SalvadorはGrowth Diagnostics上、何をinnovate, adapt, or adoptするのかが衆目の呼びものなのだから。ということで、ようやく本気になったらセミナーは終わっちゃった。アハハ。
 以下、memo to self。CAFTA-DR活用の策については、英語でFUSADESから研究があるらしい。日本企業も進出に際してはunit labor costが重要と思っているとのこと。Millennium Challenge Fundでエルサルで道路をつくるらしい。エルサルの貧困削減戦略はチリ型らしい。以上。

| | Comments (0)

EW&F: Gratitude

31g02bqzp0l_aa240_  EW&F, Gratitude (1975)。5曲目のSun Goddessは珠玉。もう出囃子状態。こちらもNさんから頂戴しました。Thanks。

| | Comments (0)

Jenny Chi & ChiBossa

Jenny_chithumb  Jenny Chi & ChiBossa。Nさんから頂いた。バンドのホームページによると、スイスで活動とのこと。写真からみると、Voはややアジア系?ブラジルに半年いて現地の雰囲気を味わったとのこと。音はなかなか良いです。マイクはonで、ピアノの音に透明感があって、エンジニアが良いのか、スタジオがいいのか、お薦めです。ありがとう。

| | Comments (0)

日経:NECエレクトロニクニクス生産の外部委託へ

 日経2007年11月29日長官9面。NECエレクトロニクスは28日、主力事業のシステムLSIで次世代製品から生産の外部委託を本格的に始める方針を明らかにした。早ければ2009年から提携先の東芝を軸に委託する。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 8時半到着。授業準備。2時限はマクロ中間。昼は寿司。3時限は2年ゼミで歌舞伎DVD。まぁこういうものは見ておくものということです。4時限、5時限は3年ゼミ。Kさんの挽回に大期待。Aさん、Wさん、Tさんとちょい飲み。その後、NゼミのIさん、Oさん、Hさんとちょい飲み、Nさん参加。帰宅。

| | Comments (0)

郷 富佐子『バチカン―ローマ法王庁は、いま』

315d03zbvel__aa240_  郷 富佐子『バチカン―ローマ法王庁は、いま』(岩波新書)。情報量は豊富で面白く読みやすい。なお、p.181の「学士過程」は「学士課程」の間違いであろう。校正係がこれだけ単純な誤記を見落としていることに、ある種の感銘を受けた。

| | Comments (2)

今日は火曜日。

 9時半到着。雑務。印刷。プリントをNさんに誉められてうれしい。昼飯はサラダとうどん。卒論演習。NさんとSさんと懇談。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。A先生と歩く。授業準備。2時限はミクロ。皆さんよく準備してね。昼はドライ・カレー弁当。Nさんお湯借り。授業準備。雑務。5時限、日本経済論。Mさんとちょっと話して帰宅。G先生と一緒。

| | Comments (0)

Siglo XXI: líder sindical de maestros

El profe ausente de las aulas
Tiene 21 años participando en el movimiento      
Joviel Acevedo Ayala cuenta con una plaza en la escuela 20 de Octubre en Izabal. Sus alumnos ven en su lugar a otro maestro cuyo salario es cubierto por un sindicato de Noruega. 読むには「SigloXXI071124sindicato.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Siglo XXI: La Gente de Colom

Siglo XXI: La Gente de Colomを読むには、「SigloXXI071124Colom.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Prensa Libre: “Es pago de favor político”

Prensa Libre, sábado    24 de noviembre  de 2007
Hugo Maúl: “Es pago de favor político”
Experto sugiere a la UNE aclarar cambios realizados a proyecto de presupuesto del Estado
Por: Luisa F. Rodríguezを読むには、「PL071124HugoMaul.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

ROBERT J. SHILLER: A Time for Bold Thinking on Housing

ロバート・シラーがNYTに寄せたop-ed"A Time for Bold Thinking on Housing"を読むには、「NYT071125Shiller.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

梅田 望夫『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』

419q5pzghbl_aa240_ 梅田 望夫『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』ちくま新書。筆者が、福沢諭吉の『西洋事情』と『学問のすすめ』の関係に、自身の『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』との関係をなぞらえた本。この補助戦力、並行感覚はたいしたものである。世の中では二つのヘイコウ感覚が重要であろう。一つは平衡感覚、もう一つは並行感覚。自身の体験を使いながら、『けものみち』、『ロールモデル思考法』などの生き方を提示する。とても良い本だと思う。

| | Comments (0)

Renewed fears that liquidity in the credit markets is again starting to dry up

FT (pointer to Krugman) ヤバいかも。

ECB set to pump cash into money markets

By Ralph Atkins and Ivar Simensen in Frankfurt and David Oakley in London

Published: November 23 2007 11:46 | Last updated: November 23 2007 11:46

Fresh emergency action to pump funds into the money markets was announced on Friday night by the European Central Bank amid renewed fears that liquidity in the credit markets is again starting to dry up.

On Friday night, the bank said it would inject an unspecified amount of extra liquidity next week, noting “re-emerging tensions” – and would do so until at least the end of the year.

Earlier, Jean-Claude Trichet, ECB president, had pledged continuing action to keep short-term money market interest rates in line with its main policy rate.

The new promise of intervention came as three-month US interbank rates rose for the eighth day in a row to 5.04 per cent, more than half a point higher than the US Fed Funds target rate of 4.5 per cent.

Three-month money usually trades just above the Fed Funds rate which is 4.5 per cent. Europe and UK money markets are showing similar strains.

Continuing problems in the markets were highlighted again on Friday as key interest-rate indicators hit fresh highs while the dollar plumbed new lows against the euro, falling to a record low of $1.4966.

The credit squeeze is also showing signs of dragging down eurozone economic growth, according to a closely watched survey published on Friday.

Service business growth in the 13-country eurozone slumped to the weakest level for more than two years, according to November’s purchasing managers’ indices, almost certainly because of financial sector weakness.

The eurozone’s services sector slowdown was “particularly relevant as it has been the engine of growth of the euro area on the past two years”, said Jacques Cailloux, economist at Royal Bank of Scotland, which releases the survey with NTC Economics.

The latest data will knock European policymakers’ confidence that the eurozone can remain relatively immune from the US subprime mortgage crisis, although few economists expect a serious slump.

Mr Trichet hinted that he expected financial turmoil to result in structural changes, saying banks’ losses “may trigger a reassessment by some of them of the suitability of the so-called originate-and-distribute business model”, which relies heavily on loan securitisation.

| | Comments (0)

Paul Krugman、そして、Tシャツ

153222892v5_240x240_front_colorwhit  ポール・クルーグマンはここでを最近のドル安について経済学者がコメントしたこれを褒め言葉としている。私もそう思う。さて、Tシャツはここで売っている。余談だが、このCafepressというサイトは秀逸だと思う。ブランド・ラインである"Shop, sell or create what's on your mind."というのもカッコいい。私はこれが好きだ。買おうかなぁ。こういうサイトは日本にはあるんだろうか?と思ったら、Shirtcityというのががあった。

Shirtdesigner_textphp Shirtdesigner_textphp1 ちょっと作ってみました(左右)。遊びでTシャツ・ショップも作ってみました(本当に買えますけど)。

| | Comments (0)

Dani Rodrik: You have got to be a real trade buff to enjoy this post

Dani Rodrik: You have got to be a real trade buff to enjoy this post.  昔のRomerの輸入による知識の普及を指摘してペーパー、それから、輸出と輸入の関係、つまり産業内貿易にもつながる部分があるのではないかと思う。

| | Comments (0)

Dani Rodrik: Doing growth diagnostics well

 Dani Rodrik: Doing growth diagnostics well. 成長診断を上手に行う方法。ボリビアのGrowth Diagnosticsが参照されている。こういうのをある国の開発/発展(国別研究ですか)を議論する前提として、開発マクロ、もとい、経済成長論実証の大学院生に下請けしてやってもらうというのは無益な焦点を排除する上で非常に有益だと思う。

| | Comments (0)

Francis Fukuyama: A Quiet Revolution

Francis Fukuyama: A Quiet Revolution. a review on Forgotten Continent: The Battle for Latin America's Soul. Michael Reid Yale University Press, 2007

| | Comments (0)

de Long posts on Richard Baldwin on Martin Feldsteins View of the Dollar

de Long posts on Richard Baldwin on Martin Feldsteins View of the Dollar

| | Comments (0)

el Universal: Cuestiona OCDE resultados de educación básica en México

el Universal: Cuestiona OCDE resultados de educación básica en México  Blanca Herediaについてはこれ

| | Comments (0)

G国の選挙への素人考え

「前回の2位が勝つ」というジンクスにはmano duraでさえ打ち勝つことはできませんでした。

では、「前回の2位が勝つ」ということをstylized factとしてこれを説明する仮説はなにかということになりますでしょうか。これを考えるために、K論文は示唆に富むと考えます。
1)(階層対立を起こす可能性のある)土地に代表される富の集中
2)(民主主義を深化させる可能性のある)政党政治の分裂と多元主義
というtwo stylized factsのもとで、選挙に勝つための資金はどのように集まっていくかという側面に焦点をあてましょう。

G国の選挙が「金まみれ」であることは一つの事実であるように思えます。さて、金と選挙勝利の間の因果関係はきちんと考えなければならないところですが、仮説として、ある程度の金は選挙を維持する上では必要なところと考えます。しかし、金は選挙勝利の原因ではないということにしましょう。つまり、
3)ある程度の金→選挙維持、選挙勝利→たくさんの金とします。勝つ候補に金は動くということにしましょう。

2)により、大統領選挙は極めて個人的なものとなります。政党ではなく、大統領個人が資金集めと約束をするということになります。1)により、資金を動かせるのは一部の人々になります。3)により、ある程度の金を動かせるの候補が立候補するのですが、勝ちそうな候補に多くの金が動いてくるということになります。その金は結局はばらまかれるのですが。

すると、勝ちそうな候補とは誰かというと、再選禁止規定により前回の2位ということになります。本人も色気をもって資金を集めて選挙を維持し、もっとも注目が集まるので、金も寄ってくるということになりましょうか。

しかし、この四年間で借金漬け、約束漬けになった前回2位は大統領になったとして新しいことはやれませんね。利権でがんじがらめだと思います。特に、自前で金のない(一見)左翼候補はこの度合が強いでしょう。
P氏, C氏はあまり期待がもてませんね。財政赤字がたくさん出ると、マクロ経済が心配です。

以上、アマチュアの議論ですが、K論文に刺激されてしまったので、政治経済に頭を突っ込んでしまいました。

| | Comments (0)

グアテマラ財務委員会の大物?

Manuel Baldizón, presidente de la Comisión de Finanzas del Congreso, se mostró confiado en que hasta el final del proceso de aprobación no se presenten objeciones al proyecto por parte de las demás bancadas. (Prensa Libre, jueves 22 de noviembre de 2007)D12

2007112123252mira03ab

さて、マヌエル・バルディソン氏、ペテン県選出の弁護士。こちらに最近の写真(左)があり、こちらには国会サイトの写真(右)。まさかtokayoじゃないよね。記念に残しておこうか(何の記念だ?ハハハ)。

| | Comments (1)

The Future of PRONADE?

No se accedió a la petición de aumento del Programa Nacional de Autogestión para el Desarrollo Educativo (Pronade). A éste no se entregarán los Q698 millones que solicitó, por lo que registrará una reducción presupuestaria de Q198 millones.

  El monto que no será para el Pronade fue reubicado en el renglón de reclasificación de personal docente, del Ministerio de Educación, en un fondo que sumará Q300 millones, con lo cual se pretende presupuestar a 32 mil docentes. (Prensa Libre, jueves 22 de noviembre de 2007)

 選挙結果とその背後の教員組合の動員力、さらにはメキシコのゴルーディージョおばさんのような存在を憶測させる記事だ。

| | Comments (2)

Charles W. Calomiris: Not (Yet) a `Minsky Moment'

Charles W. Calomiris: Not (Yet) a `Minsky Moment'

| | Comments (0)

Periodico: Karin Slowing, el próximo Ministro de Salud

Karin Slowing, coordinadora del Informe Nacional de Desarrollo Humano del PNUD, cree necesarias las mejoras en salud. Para Karin Slowing, el próximo Ministro de Salud ha de ser un buen técnico, con perfil de un operador político que tenga la capacidad de meter la salud en la agenda de desarrollo. “En los últimos 20 años nos hemos centrado en los servicios, pero hemos olvidado el papel de la salud para en el desarrollo”, señala. (Periodico , jueves 22 de noviembre de 2007)
 ふうん、そうですか。たぶん会ったことあるような気がするな。11月17日付けPrensa Libreではこういうことを言っていた。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。授業準備。昼飯は定食。TさんYさんが来て懇談、Cheer up! 会議。英語スピーチコンテストに審査員として参加。It's an honor. とても良かった。懇親会、楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

柯 隆『中国の不良債権問題―高成長と非効率のはざまで』

51w4gjt9r0l__aa240_  柯 隆『中国の不良債権問題―高成長と非効率のはざまで』日本経済新聞出版社。pp.113-114にErnst & Youngの不良債権の推計(表4-1, 表4-2)と中国銀行監督管理委員会による不良債権の状況(表4-3)が掲載されている。著者の中国経済論が展開されている。

 Ernst & Youngの源資料の題名は、Global Nonperfoming Loan Reportというのだそうだ。

| | Comments (0)

日経:缶チューハイ100円で酔えず

 日経2007年11月22日33面『チラシで読む』。スーパーにとって、アルミなどの原材料価格上昇による仕入れ価格の上昇、販促奨励金の削減により、投入価格が上がり、特売価格が上昇とのこと。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。2時限はマクロ、来週がんばってね。昼飯におにぎり×2食べて、2年ゼミ、素晴らしい出来、皆さんの集中力に感服。来週は歌舞伎DVDだ。3年ゼミ、いつものように良し。GDも最初だから、面白かった。戻って、Nさんとしばし歓談。へぇ~とうれしい情報。帰宅。

| | Comments (0)

FT: Martin Wolf on Energy Demand

FTのMartin Wolfのエネルギー需要についてのop-edを読むには、「FT071113MWolf.pdf」をダウンロードこれがWorld Energy Outlookのサイト。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。雑務。Nさんと卒論会合。昼飯は弁当。Mさん、Mさん、Oさんと卒論会合。Tさん、Kさん、Yさん、Kさんと卒業パーティ会合。サポートするからよろしくね。授業準備して、Kさんから電話。おめでとう。帰宅。

| | Comments (0)

マキナニー『松下ウェイ』

41hb3mbfvrl_aa240_ フランシス・マキナニー『松下ウェイ―内側から見た改革の真実』。いわゆる中村改革の経過。最初はいかにもコンサルっぽい単純な記述で面白くなかったが、中盤から後半からは考えていることと改革の実態が明確になり面白かった。「歩留まり率」は英語ではyield rateということがわかった。要は、在庫を落とし、歩留まりを少なくするオペレーションを維持してフリーキャッシュフローを増やしながら、成長を加速させるのが中村改革だったのだ。
 英語版は真っ青な美しい表紙なのに、なぜ日本語版は真っ赤なのだろうか?

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。MPEG作って、2時限はミクロ、ちょっと早かったかな?Wさん中休みに質問、頑張れ。昼休みはNさんが来て、お湯を出す。昼ごはんは定食。CD-Rを焼いて、授業準備。5時限は日本経済論。質問が出て良かった。終わって、またNさんと話して、帰宅。

| | Comments (0)

新しい耐久消費財の普及

Newcgoods  日本銀行調査季報2006年3月13日『近年における個人消費の底堅さとその背景』(図表25)。たまたまup。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 9時半到着。面接。昼を食べて、雑務して、帰宅。中野のアイヌ料理に行ってG国研修生と会った。

| | Comments (0)

DVDをMPEGに変換する方法

DVDをMPEGに変換する方法についての、Yahoo!知恵袋のベストアンサーはこれ

DVDとはDVDビデオとして
(1)DVDのVIDEO_TSフォルダーをHDDにコピー
・エクスプローラでコピー または DVDShrink 使用
(2)DVD2AVI でプロジェクト作成
(3)TMPGEncで(2)のプロジェクトをMPEGに変換
の手順です。

へぇ~。

| | Comments (0)

New Head of SEGEPLAN

Periodico (miércoles 07 de noviembre de 2007)

Colom, que dará a conocer su Gabinete en pleno el próximo 1 de diciembre, dijo que designará a Óscar Figueroa, quien diseñó el programa de gobierno de la agrupación, como cabeza de la Secretaría General de Planificación (Segeplan).

Según el Presidente electo, buscará que esta institución reparta el presupuesto en lugar de la Dirección Técnica del Presupuesto. “Creo que lo más adecuado es que quien da las directrices de planificación, sea quien se encargue de definir a dónde van los fondos y no quien los recauda, como sucede en la actualidad”, indicó el próximo Presidente quien anunció que los abogados analizan desde ya.

Prensa Libreのこの記事もメモしておく。

【後記(07/11/23)】3点メモをしておく。

 第一に、当選披露のスペイン訪問にも同行している模様ですね。ボリビアのEvo Moralesのときの当選披露World Tourにもやはり企画省の長官(左派経済学者)が同行していたことを思い出します。腹心のテクノクラートか?

 第二に、上記のようにSEGEPLANが、メキシコのロペス・ポルティージョ、 デ・ラ・マドリッド政権のときのSPPのような機能をもつとすると、外的環境と人事が興味津々です。Berger政権のもとでは、概して「○○ないthink tank」というのが私のSEGEPLAN評価ですが、 いきなり予算配分(分配)権がつくと、計画官僚があぶらぎります。こんなときに新油田でもどんと出ちゃうと大変です。油田と左翼の計画テクノクラートのコンビはロペス・ポルティージョ 政権になります。油田が出なければ、標的は国際援助でしょう。そのための担保が保健省大臣人事かもしれません。おかねが無ければ、デ・ラ・マドリッド政権でのSPPになりますが、サリナスが当時のSPP大臣だったことを想起するとやはり政治的に注目です。SCEPの行く末は?これが新SEGEPLANと統合されると本当にSPPだと思います。

 第三に、Colom氏の識見です。SPPの失敗を知っていれば、SEGEPLANをFinanzasの下にくっつけてSecretaria de Egresoとして、Santiago Levy格を次官に据えるのがおそらく代替案だったのだしょうが、それを選ばず、上記のようなことを言う識見には不安を覚えます。保守的な予算管理からすると主税局と主計局が一つの役所が入った財務省を作るのが正しいのではないかと思いますが、主計局に計画機能をつけて、別の役所にするのはかなり問題でしょう。 政権内のbalance of powerを考える必要があります。
 
 以上より、当面の私の評価は、コロン政権はSocial Democrat政権のお面をしたPopulist政権としておきます。再選ができないPopulist政権は蓄財に走るというのが私の予想ですが、こういう政権に刃物(天然資源)を持たせると危険ですね。こういう予想が外れることを祈ります。

| | Comments (0)

Grand Kabuki Evening Show

MIYAJIMA NO DAMMARI (The Miyajima Dammari)
The beautiful courtesan Ukifune (Fukusuke) appears at Itsukushima Shrine, but she is actually the famous and daring thief Kesa Taro coming to steal the treasures of the shrine. Other famous characters from the Heike clan, closely associated with the shrine, appear, and there is a dreamy fight in the dark. This play is especially famous for the odd way in which Ukifune mixes both masculine and feminine movements.
KANADEHON CHUSHINGURA Act IX - Yamashina Kankyo (The Treasury of Loyal Retainers - Act IX - Yuranosuke's House at Yamashina)
This is an act of the epic play based on a sensational incident in the early 17th century. Lord Enya Hangan's attack on the senior official Ko no Moronao affected people even outside his own household. When Honzo, the senior retainer of another lord, stopped Enya from killing Moronao, he thought that he was doing a good thing. But his actions earned him the scorn of Enya's retainers and brought personal tragedy to his daughter who was engaged to Rikiya, the son of Yuranosuke, Enya's head retainer. The scene shows the tragedy as it affects Honzo's wife and daughter and how ultimately Honzo sacrifices his life to atone for his misjudgement. Starring Koshiro as Honzo, Living National Treasure Shikan as his wife Tonase and Kikunosuke as his daughter Konami, with Kichiemon as Yuranosuke, Kaishun as his wife Oishi and Somegoro as his son Rikiya.
TSUCHIGUMO (The Earth Spider)
A dance play adapted from the classical Noh theatre. The samurai lord Minamoto Raiko is famous in legend for ridding Kyoto of demons. While Raiko is confined to bed with illness, a priest (Kikugoro) from a prominent temple comes to pray for his health. In fact, the priest is actually the spirit of the earth spider which has caused Raiko's illness in the first place and hopes to destroy him. The spider's plan to kill Raiko is defeated by his retainers in an exciting fight. Featuring Living National Treasure Tomijuro as Raiko.
SANNIN KICHISA TOMOE NO SHIRANAMI (Three Thieves Named Kichisa)
The late 19th century playwright Mokuami excelled at portrayals of thieves and this short scene, with its music and poetic lines, is one of his most famous. A beautiful young woman helps out a woman who is lost on the road. But she is actually Ojo Kichisa, a male thief who is disguised as a woman. He steals an immense sum of money that the woman is carrying and this leads to an encounter on this riverbank of three thieves, all with the name Kichisa. Though they start out as rivals, they decide to become blood brothers and form a gang. Featuring Takataro, Shoroku and Somegoro as the three thieves.

| | Comments (24)

へぇ~忠臣蔵の通しかぁ。

来年の10月11月に浅草で行う歌舞伎公演の内容が少し変わったことが明らかになった。10月は忠臣蔵の通しだが、11月は先日ニューヨークで公演してきた法界坊をという事になったそうだ。

へぇ~、2008年10月は忠臣蔵の通しかぁ。四段目で大星をやるのは誰なのだろう?

| | Comments (0)

水野審議委員講演(11月7日)

「最近の経済金融情勢と今後の注目点」──国際資金フローの動向を踏まえて──
 ─と題された企業年金連絡協議会における水野審議委員講演(11月7日)要旨。金融政策ではなく、金融システムの話。

| | Comments (1)

FT on Fed

FTによるFed関係の記事を三本。経済予言者については「FT071114economicprophet.pdf」をダウンロード 。クロスナー講演については「FT071116Fed.pdf」をダウンロード 。editorialは「FT.071116editorialpdf.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

就活「売り手市場」の実態

Nikkei071004 久し振りにこのカテゴリーで書きます。就活はこの2年売り手市場と言われており、学生およびその親御さんを油断させている。
 まず、去年より就職活動が楽になっているという記述は、学生当人が去年も就活をしていない場合にはほとんど無意味であることを指摘しておく。そういう学生はいないわけではないが、非常に少ない。この意味で「学生にとって就職活動は年々やさしくなっている」という記述は、学生個人個人にとってはほとんど意味をもたない。
 次に、「売り手市場」と言われた前回の就活について、学生はどう思ったかについてアンケート調査があるのでこれを紹介しておこう。出所は日経産業新聞10月3日21ページである。就職情報会社のディスコが7月上旬に就職活動をした大学生のモニター(08年春卒業予定者は1091人)から回答を得た調査である。左の図をクリックすると拡大するのでご覧ください。
 「とても厳しい」・「やや厳しい」と答えた学生は52.0%である。そして、「やさしくも厳しくもどちらでもない」・「わからない」と答えた学生が28.9%、「やややさしい」・「とてもやさしい」が19.1%であったという。つまり、「売り手市場」とは、「やさしい」と思った学生が2割、「厳しい」と思った学生が5割の就活であったのだ。
 マスコミは、「売り手市場」と騒ぐだろうが、その実態は10人のうち5人は厳しいと思う就活なのだ。なお、同記事によれば、採用側は内定承諾率を上げるために、面接回数を多くする可能性があるとのことである。「しっかりと選んでくれたという学生の満足度を上げる」ためだそうだが、そういう意味での厳しさ感も深まるかもしれない。

| | Comments (0)

Latinobarometro 2007

Latinobarometro 2007が出ていた。

| | Comments (0)

ちょっと疲れた

 午前はJICA講義、WMに寄って、夕方は別所で講義。さすがにスペイン語で3時間、日本語で3時間、合わせて1日6時間講義立ちっぱなしはちょっと疲れた。アハハ。

| | Comments (0)

複数の「古代」

31mrpjphqal_ss500_ 神野志 隆光『複数の「古代」』。結構おもしろい。テキストを読め、ということか。丸山眞男論も見れるし、結構お得。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 午前はJICA東京、イントロとしてはこんなものでしょうか。乗り換えて乗り換えて、2時半到着。Kさん訪問。会議。授業準備して帰宅。

| | Comments (0)

幸田文『きもの』

51f36gk6r1l_aa240_  幸田文『きもの』。ありし日の日本、90代の現実、80代はおそらく、70代はかろうじて覚えているかもしれない<日常生活の中の日本のきもの>を振り返ることができた。生地の種類がとにかくわからない。そして、細やかなTPO。デパートなどでよく見かける、同じような洋服を着ていらっしゃる母娘の方々に煎じて飲ませたい。60代以下は勉強しなければこういう知識は私同様に全くないことを確信し、こういう本に巡り合えたことを感謝するのみ。「日本」回帰になるのではなく、単に慎ましく控え目に、そして客観的に知っておくこと。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着、授業準備。2時限マクロ。昼はおにぎり。3時限は2年ゼミ、4・5時限は3年ゼミ。4年とコンパ。楽しかった。帰宅。

| | Comments (0)

Inequality and Income Mobility

Pointer to Mark Thoma.  It summarises WSJ and Paul Krugman's claims.

| | Comments (0)

昨日は火曜日。

 ココログメインテナンスのため今日思い出す。午前はJICA東京に行って、G国研修の主要講師オリエンテーション、皆さんよろしく。Aさんよろしく。乗り換えて、学校行って、卒論会合。Nさん、ほぼ終了、おめでとう。Kさん、合格おめでとう、よかったね。Oさん質問に来て、5分で氷解。明後日の準備して、帰宅。鉄道は事故で遅れていたが15分遅れでセーフ。

| | Comments (0)

On-line Seminar on Dani Rodrik's Book

Pointer to Mark Thoma.  The original site is here.

| | Comments (0)

幸田文『木』

 幸田文『木』を読み始めました。心に残った表現。

もっと貪欲に承知したい。(p.13)

「好奇心を抑えられない」など、否定的な表現が頭に浮かぶところだが、そこをあえて肯定的に書くという素晴らしい表現。

[後記]『崩れ』と合わせて読んだので陰翳がついて非常に味わい深かった。


| | Comments (99)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務、Hさんお願いに現れる。2時限はミクロ、ちょっと予想よりゆっくりしてしまったかな。昼はから揚げ定食。授業準備して、メール書いて5時限は日本経済論。ちょっと難しかったみたいなので反省。うん考えよう。明日の準備して帰宅。ぐっすり睡眠。

| | Comments (0)

文楽と永徳の秋

071111tofuku  源平布引滝四段目は面白かった。歌舞伎でもやってほしい。曽根崎心中、ときどき人形が生きているかのように見えるのが凄い。住太夫さん抒情溢れる。永徳、花鳥図襖(1)は凄く、老松竹虎図(14)の虎は可愛く、大根(21)は美味しく、洛中洛外図(48)は細かく、唐獅子(67)は図抜けて大きく、檜図屏風(69)は構成主義のようだった、時間から言うと逆か。目録は「mokuroku-eitoku.pdf」 。東福寺(龍吟庵)、東寺(五重塔)は初訪問、よかった。神宗を試そう。

| | Comments (0)

為替レートの経済学 by Paul Krugman

 ブログでポール・クルーグマンがロバート・ルービンの為替レートへの経済学的考察への不十分さを鋭く指摘し、マンキューも賛成した。中級開放マクロの問題。FTに掲載されたルービンへのインタビューを読むには、「FT071109Rubin.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

on Exchange Rate

Mark Thoma reviews Richard Baldwin's view on Paul Krugman's track record on exchange rate.

| | Comments (0)

Edward R. Tufte: Cognitive Style of Powerpoint: Pitching Out Corrupts Within

51x3ti2r0l_ss500_  Edward R. Tufte: Cognitive Style of Powerpoint: Pitching Out Corrupts Within。Nさんから大昔にお勧めがあった本をようやく完読。PPTプレゼンを使う我々にはmust-read book。いろいろと考えることがあった。要は関心がある人にプレゼンをする場合には、情報量が多ければ多いほどよいので、パワーポイントを使う必要は別にあまりない。問題は、情報量の多いプリントを配ると、心ここにあらずになりそうな人(私だって例外じゃないよね)に対してどのように振舞うかという課題は残るような感じがする。それに対するやり方の一つがpitchingなんじゃないだろうか。これは反論ではなく、別論の類です。とにかく、a must-read book。

| | Comments (0)

Herbie Hancock: Possibilities

618wwezfvtl_ss500_  Herbie Hancock: Possibilities。私好みです。それじゃあまりに不親切か。Christina AguileraがDonny Hathawayで有名なA Song For YouをHerbie Hancockをバックに唄うという趣向は素晴らしい。Joss Stone最高。

| | Comments (0)

赤川次郎の文楽入門―人形は口ほどにものを言い (小学館文庫

41pahpppwll_ss500_赤川次郎の文楽入門―人形は口ほどにものを言い』小学館文庫。時代物の好きな三浦 しをん氏と比べて、世話物の好きな赤川次郎氏の文楽入門。その意味では、三浦氏の秀逸な入門書と補完的。

| | Comments (0)

吉田簑助と山川静夫花舞台へ帰ってきた。―脳卒中・闘病・リハビリ・復帰の記録

51vxnlpo3sl_ss500_ 『吉田簑助と山川静夫花舞台へ帰ってきた。―脳卒中・闘病・リハビリ・復帰の記録』。泣けます。芸道の凄さ。感動の奥深さ。愛の深さ。昭和8年のリハビリと聞くだけで、もう他人ごとではない。

| | Comments (0)

November Grand Kabuki Matinee

TANEMAKI SAMBASO
Based on the ritual Okina in the Noh theatre, the Sambaso is both an important prayer for prosperity and a vigorous dance. The Sambaso stamps and shakes bells as a ritual for agricultural prosperity while the Senzai is an elegant attendant to the prayers. This particular version elaborates the original ritual into a dance evoking love, marriage and the prosperity symbolized by many children. Featuring Baigyoku as the Sambaso and Takataro as Senzai.
KEISEI HANGONKO - Matahei's Triumph
This play was written by the great Japanese playwright Chikamatsu Monzaemon for the Bunraku puppet theatre and retains the spirit of the puppets with its mix of extraordinary events and realistic acting styles. The artist Matahei (Kichiemon) has been refused a professional name because of his stuttering. He makes a poor life by drawing folk paintings and decides to make one last effort to gain respectability. His wife Otoku (Shibajaku), who is given as much to chatter as Matahei is silent, pleads his case. Turned down again by his master, Matahei decides to take his life. He draws a farewell portrait of himself, a painting so skillful that the lines seep through solid rock. Witnessing this, his master decides to confer a professional name.
 孝太郎、娘道成寺やって欲しい。吃又ちょい泣き。

| | Comments (0)

金持ちの慈善活動について

 歴史学からの金持ちの慈善活動についてMark Thomaのポインター、例はヴァンダービルト氏。

| | Comments (0)

為替レート研究の最新動向

 為替レート研究の最新動向についてEconbrowserがまとめている。とっても有益そう。

| | Comments (0)

米国の不平等拡大は教育が原因か?

 不平等の源泉について教育が原因かどうか、マンキューは、カッツとクルーグマンが議論すべきだと指摘しました。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。勉強。雑務。昼飯はオムライス。勉強。雑務。NさんとHさんの楽しいコンビ、片方はソフト派、もう一人はハード派で、ゼミポスター回収してくれる。Thanks a million。会議。疲れた。帰宅。

| | Comments (0)

Dani Rodrik, One Economics Many Recipes

51xtlj1ow6l__bo2204203200_pisitbdp5  Dani Rodrik. One Economics Many Recipes. (Princeton: 2007). 開発経済学の勉強会のテキストに最適。学部中上級かな。

| | Comments (0)

Partha Dasgupta, Economics: A Very Short Introduction

41iwbca0iil__bo2204203200_pisitbdp5 Partha Dasgupta,  Economics: A Very Short Introduction, (Oxford, 2007).

ゲーム理論も複数均衡も割引率もカバーした、ご本人の二人の孫(アメリカ中西部に住むBeckyとエチオピア農村に住むDesta)の生活に関わる経済学の入門書。目次を見れば、その普遍性は明らか。☆☆☆☆☆

Prologue

1. Macroeconomic history

2. Trust

3. Communities

4. Markets

5. Science and Technology as institutions

6. Households and firms

7. Sustainable economic development

8. Social well-being and democratic government

Epilogue

Further reading

| | Comments (0)

昨日は水曜日。

 9時半到着。雑務。2時限はマクロ。昼はおにぎり食べて、早々に移動。3時限2年ゼミ、準備を助けてくれるのは本当にありがたい。来週からはモードが変わって本格的に演習化します。4・5時限3年ゼミ、よく質問やコメントや議論が出て、素晴らしい。「張る」感じが出てきたのはとても嬉しい。Kさんと少々面談、Oさん同席。Nさんと談義、そして帰宅。

| | Comments (0)

幸田 文『崩れ』

61n4vb45hql__aa240_  幸田 文『崩れ』。何人も真似のできない珠玉の文章。有珠山の避難のくだりで落涙。一週間、図書館に通って全集を読みたいものだ。次は、『闘』か、『きもの』か、『つつむ』か、『木』か。

人々がいちばん神経をたてているのが、農地のこと。(p.77)

そう、聞き耳をたてるのではなく、神経をたてるのだ。

| | Comments (2)

今日は火曜日。

 9時半到着。雑務。昼飯はN先生と。ゼミポスター鑑賞。3時限は卒論会合、Tさん、Oさん、Wさん、Iさん。Kさん立ち寄る。Tさん、Yさん、相談に来る。帰宅はたまたまKさんと一緒。夕飯。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 10時半到着。雑務、授業準備、昼飯はおにぎりなど。授業準備、帰宅。

| | Comments (0)

○○の分析を具体例で見せる vs. ○○の理論的な問題

 『書斎の窓』2007.10&11に「『文化の社会学』をめぐって」(上・下)という座談会の模様が収録されている。そこに、「文化の分析を具体例でみせる」ことと、「文化についての社会学からの理論的な問題」との間の微妙な齟齬、距離があることが指摘されている。文化に限らず、それなりに一般化できることのように思う。

 さて、景気の分析を具体例で見せようと思うと、景気ウォッチャー調査のコメントなどを見せたらよいのかもしれない。そこには生の「分析(というより感想)」がひしめいている。そして、景気についての経済学からの理論的な問題として、総供給の過剰は理論的に存在しないこと、総需要の不足を(例えば物価の硬直性によって)示すこと、さらに乗数プロセスを示すなどの方法をとっても、その間にはやはり微妙な齟齬や距離があるだろう。

 (ODAなどの)援助を理論的に分析しようと思うと、最初にひも付きとか、グラントとかの分類学から始めるのが一つの手だろう。分析の前に分類というのは、通常の手段だが、聞き手が期待しているのは「生」の援助が行われる実態報告だったりする。いつまでも「生の援助の実態報告」で満足していれば援助分析に関わることはできないのだが、それを分かるためには「生の援助の実態報告」をする必要があるのかもしれない。一生にして二世を生きるのは難しいが、読書が深ければ想像→類推→推量→推測のメカニズムで補えられるかもしれない。

| | Comments (0)

エコノミクストレンド、制度・歴史経済発展を左右

エコノミクストレンド、制度・歴史経済発展を左右、早大教授若田部昌澄氏(経済教室)2007/11/05, , 日本経済新聞 朝刊, 27ページ, 有, 0文字, スコア:99 <nikkei071105.pdf>

 さて、natural stateの翻訳は、てっきり「自然国家」だと思っていたが、「自然状態」となっている。私はnation stateからの類推をしたのだが、steady stateからの類推が正しいのか。うぅん。

| | Comments (2)

富田ラボ『Shiplaunching』

41cwoevtbl__aa240_  富田ラボ『Shiplaunching』。キリンジの歌詞には笑った。これじゃソウルじゃないか、ハハハ。

| | Comments (0)

富田ラボ『シップビルディング』

4175w39depl__aa240_  富田ラボ『シップビルディング』。なかなか良し。野村監督は投手再生工場と言われたが、この作家には再生工場の趣がある、へへ、偉そうなことを言ってしまいました、ハハハ。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 9時半到着。雑務。ゼミポスター掲示延長を決めて、国際地域写真展へ、Yさん発表は面白かった。Cheer Leadersを眺めて、授業準備していると、卒業生のNさん訪問。会いに来てくれると嬉しいものだ。授業準備して、Hさんに後をお願いして、帰宅。お茶を購入。

| | Comments (0)

正しい翻訳

スザンヌ・バーガーSuzanne Berger et. al. (2005) How We Compete, p.100

But if we find some successful companies keeping jobs in-house while others move the same ones offshore, then we must conclude that something other than economic inevitability and the invisible hand of the market are at work.
翻訳は『しかし、自社内に雇用を抱えたまま成功した企業と、同じ雇用をオフショアリングして成功した企業が存在するならば、経済必然性以外の何かが、つまり市場の見えざる手が作用していると判断せざるを得ない。』(訳書pp.126-7 赤字は私)
正しい翻訳は『しかし、自社内に雇用を抱えたまま成功した企業と、同じ雇用をオフショアリングして成功した企業が存在するならば、経済必然性および市場の見えざる手以外の何かが作用していると判断せざるを得ない。』(青字も私)

【後記】気のついた誤訳と思う箇所については、「translation.doc」をダウンロード

| | Comments (0)

幸田 文『流れる』

307704  幸田露伴―幸田文―青木玉―青木奈緒の幸田文による名作、『流れる』。いやぁすごい。崩れていく<くろうと>の世界。成瀬巳喜男の映画も観たいものだ。次は『崩れ』かしら。

| | Comments (1)

あやつられ文楽鑑賞

51h2o8t1kl_aa240_ 三浦しをん『あやつられ文楽鑑賞』。文楽はまだ一回しか見たことがないけど(忠臣蔵だったけかな)、この本は非常に面白い。Not only amusing but also funny.

| | Comments (0)

Greg Ip on Bernanke Style of Central Banking

WSJのGreg IpによるBernanke Fedについての記事を読むには、「WSJ071031GregIp.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

「全額税方式」消費税5~7%増必要 経財会議に試算

 「全額税方式」消費税5~7%増必要 経財会議に試算 by 朝日新聞 要は、追加で12兆から16兆円必要なので、今は消費税率5%で10兆円入ってくるから、6%から8%ぐらいは必要だろうという目の子の話。結局、配布資料に消費税率の%は現れなかった。

| | Comments (0)

Stagflation Illusion?

 政策決定会合については、いつものように8対1、水野委員の反対でした。総裁会見を読むと、経済・物価情勢の展望については賛成されているとのことで、ある種、分析ではなく御自身のconviction(執念?)で利上げを提案されていることがわかります。ある意味では、これが金利0.5%がずっと続かないという市場の期待を醸し出すことになっておりますので、そういう意味では結果としては悪くないのかもしれません。 

 さて、経済・物価情勢の展望については、4月にはあったCPIの2007年上昇率予想のマイナス0.1%がなくなりました。おそらく0%に変更したものと推察します。しかし、中央値としては0.1%から0%に下がりました。つまり、日銀の「究極のエキスパート」の間では、期待の収束がおきたと言えると思います。この点で興味深いのは図表19に示された「物価の先行きに対する見方」だと思います。エコノミストは0.2%、一般の消費者は4%以上4.5%以下、企業側は「対個人サービス」を除いてほぼ0%(と読んでいいのかな?)。

 これと景気への感覚をあわせると、一般消費者には「感覚(錯覚?)としてのstagflation」が起きている可能性があります。日銀の「生活意識に関するアンケート調査」でも景況感は悪く、今後も悪くなるという結果になっています。比べて、日銀短観(での企業の見方)は、ややプラスだが落ち気味、(フォーキャスターによる)エコノミストはだいたい現状維持(GDP成長率約2%)と読んでいると思います。私が好きな景気ウォッチャー調査では、景気はすでにややマイナスで落ち気味と示されていると思います。すると、専門家と企業経営者ではない、一般消費者=一般の働き手は、物価は上がり景気はやや悪くこれからも悪くなるという「心理的な(もしくは錯覚としての)スタグフレーション」になっていると考えられます。

 「心理的な(もしくは錯覚としての)スタグフレーション」自体に経済効果があるかというのは私への検討課題です。単純な二期間のintertemporal modelで何が言えるかを見る必要がありますが。実質金利の定義にしたがえばインフレ期待の上昇により低下。しかし、貸出需要が増えるかというと将来所得がマイナスなので打ち消されてしまう。おそらく、これが土地の価格を低金利に関わらず、それほど上げていないのではないかと思います。

 あとはself-fulfilling prophecyよろしく、景気後退に落ちる可能性はないのかしらと思います。参考文献は、(40以上で経済を勉強していた方なら誰でも思いつくでしょうが)これでしょう。

| | Comments (0)

NY Review of Books on The Conscience of a Liberal

At NY Review of Books Michael Tomasky reviews Krugman's The Conscience of a Liberal.  Krugman appears satisfied with it.

Every Krugman column is collected at the Unofficial Paul Krugman Archive, at www.pkarchive.org.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。B0ノビを2枚印刷。会議。Oさんと瞬間面談。昼はカレー。Aさん、Hさん、Nさん来て、ゼミ連NL製本して、ゼミポスターを貼って、帰宅。

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »