« August 2007 | Main | October 2007 »

Blinder: Six Fingers of Blame in the Mortgage Mess

NYT掲載。読むには、「NYT070930Blinder.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

NYT book review on Naomi Klein

NYTのbook reviewに掲載されたNaomi KleinのThe Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalismについての書評を読むには、「NYT070929NaomiKlein.pdf」をダウンロード 。Pointer to Mankiew。ヤレヤレ、読まないといけないかなぁ、、、。さて、NYTに紹介されたNaomi Kleinのアメリカ社会学学会での「ダジャレ」はこれ。

“We did not lose the battles of ideas,” she said in a recent speech to the American Sociological Association. “We were not outsmarted and we were not out-argued. We lost because we were crushed. Sometimes we were crushed by army tanks, and sometimes we were crushed by think tanks. And by think tanks I mean the people who are paid to think by the makers of tanks.”

| | Comments (0)

The Secrets of Intangible Wealth

A Mexican migrant to the U.S. is five times more productive than one who stays home. Why is that?  If you want to hear an answer, download WSJ070929Bailey.pdf .The relevant link is this.

| | Comments (0)

FRB of Boston on behavioral macroeconomics

Implications of Behavioral Economics for Economic Policy

| | Comments (0)

Which institutions matter for economic growth?

Q: Which institutions matter for economic growth?  A: From South African history, property right does.

| | Comments (0)

Misery Returns

女優の渡辺えり子(52)改め「渡辺えり」と小日向文世(53)の舞台「ミザリー」(新宿・シアターアプル)。

| | Comments (0)

動き回る目覚まし時計:ナンダクロッキー

動き回る目覚まし時計:ナンダクロッキー

| | Comments (0)

BOMBARDIERの株価

これだけ故障で話題になっているBOMBARDIERだから株価は下がっているだろうと思ったら、これこれ。そうでもない、不思議。

| | Comments (0)

ミャンマーはどこ?

2答えはこちら

| | Comments (0)

Martin Wolf on US stagflation possibility

Martin Wolf on US stagflation possibility。読むには、「FT070925MartinWolf.pdf」をダウンロード 。dollarからの逃避が起きた時のジレンマを議論している。

| | Comments (0)

Michael Green on Japan - North Korea

FTに掲載されたMichael Greenのop-edを読むには、「FT070927MichaelGreen.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

消費者物価指数

久しぶりに消費者物価指数。季節調整済みの「食料及びエネルギーを除く総合」についての東京は、2006年12月で99.6、2007年9月で99.4、ということでまだ低空飛行。なお、失業率が3.8%に上がり、工業生産は上がり、家計消費が上がったとのこと。

| | Comments (0)

須田委員の講演

須田委員の講演でもっとも興味深かったのは以下。

3.金融政策のあり方

 さて、次に、金融政策のあり方について、最近考えていることを述べてみたいと思います。

(1)テイラー・ルール

 中央銀行の政策目標を達成するための最適な金融政策のパスを、なるべく簡単な形で導くことができれば、実際の金利パスを評価する上でも、また金利について市場との対話を深める上でも便利です15。この代表例がテイラー・ルールです。本日はこのテイラー・ルールを金融政策に対する評価の基準にしたいと思っていますので、まずはそれについて説明します。

テイラー・ルールにひきつけて、Jackson Holeをよくレビューしたということが注目。そして、

 私は不確実性の高い経済にあっては、フォワードルッキングな漸進主義が望ましいとずっと思ってきました33。経済物価見通しの情勢判断の不確実性が存在する中では、情勢を見極めながら少しずつ政策対応(金利スムージング)することが、経済・物価・金利の安定化のうえで頑健な政策運営だと考えられるからです34。これをテイラー・ルールで表すと、前期の政策金利とテイラー・ルールが示す政策金利との加重平均で今期の政策金利を決めるというかたちで正当化できます。オリジナルなテイラー・ルールよりは金利調整のスピードは落ちることになりますが35、これまでの金利調整のスピードが遅すぎたというようには必ずしも捉えていません。

ということで、ご自分のスタンスをテイラー・ルールとの基準で示すという画期的な情報開示。

| | Comments (0)

労働生産性データ

 2006年を2005年と比べた労働生産性の成長率データが米国商務省から発表になった。米国では労働生産性の伸びの順位が落ちたと報道されているが、米国の伸びは2.4%。日本は2.3%。興味深いのは日本の雇用の伸びが1.7%と主要国で随一であった。先日も給与所得の伸びが低いとかマイナスとか報道されていたが、たしかに時間当たりの報酬は低い。だが、雇用を創出した2006年だったのだ。それに対しては、雇用の質が低い(例:非正規雇用など)、雇用を求めなくてはならない家計の事情が現われているのだとの批判もあろうが、雇用が伸びることで一定のはけ口を提供できたことは評価できると思う。さて、unit labor cost in dollarも示されているが、その低下率が日本は際立って大きい。2006年から2007年に話題になった外国のM&Aの一つの要因もここにあったのだろう。それに対して、transaction costを上げて抵抗したミクロレベルという図式になるのだろう。いろいろ読むことができる数字だ。

| | Comments (0)

Free Online Textbook (Economics)

Free Online Textbook (Economics)

| | Comments (0)

The Concise Encyclopedia of Economics

The Concise Encyclopedia of Economics

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 10時半到着。授業準備で印刷。昼飯は定食。A先生と挨拶。会議、会議、帰宅。

| | Comments (0)

風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー

41zf1602mgl_aa240_ 伊藤 信吾『風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー』。豆腐の技術と、ブランドにこだわった豆腐話。なお、著者の父が創業者だった豆腐会社は現在、これになり、著者の会社はこちらである。両社は一切関係ないという。前者の商品は『波乗りジョニー』であり、後者の商品は『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』である。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 10時半到着、授業準備。1年ぶりのマクロで、教科書も変えたのでちょっと今後が大変か。昼飯は定食。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 10時半到着、雑務。昼飯は丼。Kさんと会合、Aさんと会合、雑務して帰宅へ、と思ったらUさんからお電話、夜飯。

| | Comments (0)

Alan B. Krueger, What Makes a Terrorist

41jw9jggqll__bo2204203200_pisitbdp5 Alan B. Krueger, 2007, What Makes a Terrorist, Princeton. 速読。テロリズムやテロリストについて体系的、つまりsystematicに考えたい人はこの本をきちんと読むべきだということがわかった。末尾のQ&A sessionも親切。

| | Comments (0)

久恒啓一『図で考える人は仕事ができる』

 久恒啓一『図で考える人は仕事ができる』日経ビジネス人文庫。この題には共鳴するが、本書には図が少ないので、本人が図で考えているのかよくわからない。かなり危うい話も多いような気がする。例えば、p.47『デザイン(design)をドイツ語の語源で考えると、・・・』は、かなり危なっかしい。etymologyの辞書を引けば語源はわかるのだ。この語源辞書によれば、designのdeはout、signはmarkである。著者は『「de」が「存在から打ち消す、離れる」で、「sein」が「ある、存在する」です』と言っている。すなわち、おそらくは筆者の誤りである。それとも、ドイツ語の語源辞書を引くとこう出ているのだろうか?

 上記のように危うい話がこの本には多い。さりとて、pp.90-109はpp.101-103真ん中までを除くと悪くはない。

| | Comments (0)

合宿関係の写真

ゼミ合宿関係の写真はここ。パスワード管理されてますので開放されてません。

| | Comments (0)

Volo Cosi

Volo Cosi、雑誌を立ち読みしていて見つけた白山のイタリア料理屋。

| | Comments (0)

ディス・イズ・ボサノヴァ

原題Coisa Mais Lindaなるドキュメンタリー映画。『ディス・イズ・ボサノヴァ』。2時間余りリオの景色を堪能。映画館はえらく寒かった。

| | Comments (0)

Grand Kabuki: Evening Show

DAN-NO-URA KABUTO GUNKI - AKOYA
The courtesan Akoya is the wife of the fugitive general Kagekiyo and has been captured and will be tortured until she reveals his whereabouts. But she claims not to know. The wise Shigetada (Kichiemon) puts Akoya to a test, all the time hindered by his companion, the humorous villain Iwanaga (Danshiro). Shigetada forces Akoya to play several instruments since the slightest disturbance in the sound would indicate that she is lying. A showpiece for an onnagata who must actually play the koto, the bowed kokyu and the shamisen flawlessly as part of the drama. Starring Tamasaburo as Akoya.
MIGAWARI ZAZEN (The Zen Substitute)
A dance play adopted from a classical kyogen farce. A man (Danjuro) wants nothing more than to visit his lover Hanako, but he has one important problem, his homely and overbearing wife (Sadanji). He creates a scheme saying that he will be practicing zen meditation all night and has his servant Tarokaja (Somegoro) take his place while he visits Hanako. He returns, giddy from a night of pleasure and tells his story to his servant in dance, unaware that his wife has discovered his deception and has taken his servant's place.
NIJOJO NO KIYOMASA
In the early Edo Period, the first shoguns had a great problem in dealing with Toyotomi Hideyori, the young son of Hideyoshi. Even though Tokugawa Ieyasu took control of Japan away from Hideyori's clan, it remained very influential and powerful. Although the Tokugawa shoguns were respectful and cordial on the surface, they constantly searched for an opportunity to destroy Hideyori and his clan. This play is one of many that focuses on Hideyori's loyal retainer, the elderly but still powerful Kato Kiyomasa. Tokugawa Ieyasu (Sadanji) invites Hideyori (Fukusuke) to a banquet at Nijo Castle in Kyoto. Hideyori is at constant risk and is only protected by the constant vigilance of Kiyomasa (Kichiemon). Plays about Kiyomasa were a particular favorite of Nakamura Kichiemon I and this month features a rare performance of a play from the tradition of the present Kichiemon's grandfather.

| | Comments (0)

スペイン国営セルバンテス文化センター東京

スペイン国営セルバンテス文化センター東京。思わず、インターネット・スペイン語コースのwebテスト(placement test)をしてしまいました。結果は、「prueba070923.jpg」 (記念です)。

| | Comments (0)

Recent Publications of Charles Calomiris

Book: China's Financial Transition at a Crossroads.  NBER Working Paper: "Activity-Based Valuation of Bank Holding Companies"

| | Comments (0)

Amity Shlaes: The Forgotten Man

Charles Calomiris's Review at Foreign Affairs on Amity Shlaes's The Forgotten Man.  読むには、「FA0709Calomiris.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Michael A. Clemens on P. Collier's Bottom Billion

Michael A. ClemensによるForeign Affairsに掲載されたPaul CollierのBottom Billionに対する書評を読むには、「FA0710Clemens.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

特別展覧会 狩野永徳

特別展覧会 狩野永徳@京都国立博物館

| | Comments (0)

William Easterly: "Are aid agencies improving?"

William Easterly: "Are aid agencies improving?" (Economic Policy)

| | Comments (0)

Lucas on Monetary Policy

Lucas on Monetary Policy: 「WSJ070919Lucas.pdf」をダウンロード .

| | Comments (0)

Turmoil in Financial Markets: What Can Central Banks Do?

Marvin King. "Turmoil in Financial Markets: What Can Central Banks Do?"

| | Comments (0)

Paul Krugman's BLOG

Paul Krugman's blog at NYT.

| | Comments (0)

ゼミ合宿

P9200112 昨日終わったゼミ合宿。4年発表で始まり、3年発表は出来もよく、成功でしょう。皆さん、お疲れ様でした。秋学期もよろしく。

| | Comments (0)

Allan Meltzer on current monetary policy

"The Fed Should Hold Firm"

| | Comments (0)

Creative Destruction vs. the New Industrial State

Creative Destruction vs. the New Industrial State.

| | Comments (0)

Main Street Reaction

 Fedの0.5%のFed fund rateの引き下げに関して、FTはインフレ・リスクが高いので警告を発している。いわく、インフレにより海外からのドルへの信認が落ちると資金流入がストップするという。WSJのGreg Ipの記事によれば、一般読者は金利引き下げへの反対がかなりあるという。
 さて、日経の太田康夫編集委員による「米サブプライム対策 日本と相似:小手先の初動、力不足」(日経夕刊9月18日)という記事は、現在のサブプライム問題と94年の破たんした東京の二信用組合を引き継ぐ新銀行の設立時との相似関係を描き、より大胆な金融政策および金融システム支援策を提案している。賛成するにしろ反対するにしろヒットだと思う。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。Kさんと遭遇。雑務、印刷。Tさん訪問。昼飯は定食、S先生とたまたま一緒。Oさん訪問。Nさん、Mさん、Mさん、Aさん訪問。整理して帰宅。ちょっと睡眠。

| | Comments (0)

Edward Tufte HP

Edward Tufte. PDF format in Data Analysis for Politics and Policy

| | Comments (0)

on Saving Glut Hypothesis

Econobarometer on Bernanke's Saving Glut hypothesis.

| | Comments (0)

イングランド中銀の流動性支援

これが声明。いわゆるバジョット・ルールの適応と読める。

The Chancellor of the Exchequer has today authorised the Bank of England to provide a liquidity support facility to Northern Rock against appropriate collateral and at an interest rate premium.

| | Comments (0)

興味深いブログ・ポスト

 マンキュー・ブログより、Raj Chetty。Mark Thomaブログより、Paul Krugman on Iraq、そして、イラクの今後をマーケットから予想するNBER Paper。それから、Brad de Longブログから、Cost-Benefit Analysisにuncertaintyを加味したimplicationを地球環境問題に応用するパーシャ・ダスグプタ。全てhighly educative。

| | Comments (0)

M. Wolf and M. Feldstein

M. Wolf's column on American economy and international aspect: 「FT070911MWolf.pdf」をダウンロード . This is a good piece.  And, M. Feldstein's piece in Jackson Hole is a good one, too.

| | Comments (0)

shared appreciation

Edward L. GlaeserのBoston Globeでのop-ed、"Sensible solutions to the lending mess"を読むには、「BG070907subprime.pdf」をダウンロード 。shared appreciationというスキームは面白いね。ただし、住宅のturn overが低い日本では難しそうだけど。

| | Comments (0)

チャールズ・マン、1491

 チャールズ・マン『1491』についてのNYTでの書評を読むには、「NYT051009Mann1491.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。メール書き、雑務。昼飯はカツ定食。洋書がやってきて、ちょっと読む。雑務。Iさん、Wさん、Tさん訪問。帰宅はI先生と一緒。やぁ眠い。

| | Comments (0)

A few more economics weblog

Charles Kenny

Economic Principals

By the way, I started to read A Farewell to Alms,  a provocative book by Gregory Clark.  I've found some similarity to the underlying key note found in How We Compete: Unit Labor Cost is the key to FDI.

And, Why did Europe’s growth take-off happen first? is an interesting piece.  A following piece referred seems interesting: Simonton (1997): “Foreign Influence and National Achievement: The Impact of Open Milieus on Japanese Civilization,” Journal of Personality and Social Psychology, 72(1), 86—94.

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。大雨。久しぶりにN先生。昼飯はおにぎり。Aくん、Tくん、Kくんと会う。お疲れ様。N先生の部屋でHくんと歓談。帰宅途中でOさんと遭遇。電車は寝過さなくてよかった。

| | Comments (0)

What makes a terrorist?

Alan Kruegerのop-ed.  A very good piece. 

Many people implicitly view terrorism in the same way that economists model crime. People with a low opportunity cost and few legitimate opportunities are predicted to become involved in property crime. This model works well in practice. I argue in my book, however, that a better analogy for terrorism than crime is voting. People who care about issues tend to vote, even though they tend to have a higher opportunity cost of their time than nonvoters. Terrorists and the organisations that dispatch them seek to make a political statement.

| | Comments (0)

Intrade

米国大統領選挙、2008年米国景気などの予測市場の取引市場であるIntradeのホームページはこちら

| | Comments (0)

2007 Jackson Hole Conference Homepage

Kansas City FedのJackson Hole Conferenceのホームページがアップされました。Housing and Monetary Policyのパネルは、スウェーデン中銀のIngves総裁、日銀の岩田副総裁、そしてJohn Taylor教授でした。これはなかなか考えた配置でしたね。インフレーション・ターゲッティングをやっているスウェーデン、不動産バブルがあった日本、そしてタイラー・ルールのテイラー先生。Ingves総裁の講演で面白かったのは以下。

Described in this way, the Riksbank’s strategy is close to the textbook treatment of flexible inflation targeting. However - and here I come to an area where the Riksbank has recently been criticized - we do also allow for taking into consideration developments in asset prices, including house prices. As explained in the policy document “Monetary Policy in Sweden”

“the paths of asset prices and indebtedness can at times be either difficult to rationalize or unsustainable in the long term. This means that there are risks of sharp corrections in the future which in turn affect the real economy and inflation. …In practice, taking risks of this kind into consideration can mean that interest rate changes are made somewhat earlier or later, in relation to what would have been the most suitable according to the forecasts for inflation and the real economy.” (p. 15-16)

Why is such a statement included in the Riksbank’s monetary policy strategy? Why is it for instance not sufficient to simply follow the prescriptions of the textbook account of flexible inflation targeting? This type of criticism was raised in a recent external evaluation authored by Francesco Giavazzi and Frederic Mishkin.

| | Comments (0)

Now is a good time to sell the dollar

FTに掲載されたBarry Eichengreenのop-ed: "Now is a good time to sell the dollar"を読むには、「FT070903Eichengreen.txt」をダウンロード 。I have to say this is a very good piece of op-ed.  Straightforward, not prophetic, logical, and provocative.

| | Comments (0)

The Age of Turbulence: Adventures in a New World

グリーンスパンの回顧録The Age of Turbulence: Adventures in a New Worldは9月17日に出版とのことです。

| | Comments (0)

Escape from Luanda

Escape from Luanda。ルアンダとはアンゴラの首都。音楽学校の話。ルアンダの色々な風景が見れる。

| | Comments (0)

不平等と社会流動性(inequality and social mobility)

Pointer to Mark Thoma. 不平等ものはよくわからないのだが、たしかO竹先生の研究から、不平等を感じるのはbottom lineではなく中間層だということなので、次の世代で一つ上の階層に行けないことが不満の種になるのではないかと思う(Freakonomicsの名前の研究と整合的)。さて、社会的流動性の低調さと不平等が相関しているとすると、さらに整合的。社会的流動性はdynamicな指標、不平等はflowの分布、このあたりにもう少し考えられることがあるような気がする。

| | Comments (41)

Jackson Hole総括

 NYTのJackson Hole conferenceの総括はよくまとまっています。読むためには「NYT070903JacksonHole.txt」をダウンロード 。まとめとしては、いつくかの質問にまとめることができるでしょう。1)Housing boomがバブルであったか?2)バブルであったとして、市場の技術革新によるバブルだったか?それとも、モラル・ハザードによるバブルだったか?3)後知恵としてもFedはブームを抑えるべきだったか?4)現在は、どのように対応すべきか?
 当面の私の不確定な山勘答えですが、1)はまだ研究が必要でしょうが、どうもそこそこバブルだったらしい。2)これはまだ不明。3)はタイラーはあぁ言ってますが、当時のデフレ懸念は大きかったように思います。4)フェルドシュタインは明確に利下げ、ミシュキンもたぶんそう、バーナンキは微妙、マーケットに押されて引き下げはしたくないでしょう。

 おそらくKrugmanに従って、bail outではなくwork outが必要なわけですが、ブッシュのイニシアティブがwork outでbail outでないかどうか。おそらく、work outは行政府、マクロはFedに任せるという作業分担が財務大臣によって指揮されているのではないかと想像します。さて、Diamond風のbank runがnon-bank institutionsに起きたとすると、FTのM. Wolfのlemon problemとは違うことになりますね。この場合は、BuiterのMarket Maker of Last Resortがあてはまることになるかもしれません。Security marketも取引するためにはdepositが必要ですから、implicitにはcommercial paperもdeposit insuranceおよびliquidity functionに支えられていると思います。

 さて、勝手な山勘で米国景気と政策対応をまとめます。residentialは米国経済のそこそこを支えていますが、非常に大きいわけではありません。タイミングは重要ですが、必要とあればFedの利下げで景気は軟着陸できるような気がします。利下げの糊代は十分にあります。さて、ブーム=バブルの後始末ですが、肝心のoriginatorは逃げ切っているので、crisisは政府が行なうwork outで処理し、できるだけbail outにならないようにします。GSEsのブームに果たした役割とoriginatorのsupervisionをよく制度的にチェックして、グラムリッチの言うinnovation部分は残して、今後はmoral hazardが起きないようにするということが重要ですね。innovationとは、これが無かったら家を手に入れられなかった人々がどのくらい住宅金融産業の生産性の向上によって手に入ったかで測ることができるのではないでしょうか。

| | Comments (109)

Taylor in Jackson Hole

EconobrowserでTaylor講演が紹介されている。Taylorはより早いFF rateの引き上げがoptimalだったと言っている。この頃は、米国のdeflationの可能性が議論されていたのではなかったでしょうか。

2002-729 (June 2002)
Preventing Deflation: Lessons From Japan's Experience in the 1990s
Alan G. Ahearne; Joseph E. Gagnon; Jane Haltmaier; Steven B. Kamin

ということでリスク・マネージメントで金利下げが行なわれたという理解です。今回のJackson HoleではFeldsteinがGreenspan的考え方(リスク・マネージメント)で1%の金利下げを提案してます(たぶん一回ではないと思うけど)。リスク・マネージメント的にはFF rateの変動は大きくなるようですね。さて、Taylorは財務省にいて、日本の事実上の不胎化介入を容認していたわけですが、FF rateが上がっていたら、為替レートはどうだったでしょうね。2005年のように円安方向になっていたでしょうか。

 なおミシュキン・ペーパーはこれとのこと。

| | Comments (0)

BOJ's Iwata: Focus On Price Stability, Not Asset Prices

Jackson HoleのコンファレンスでBoJ岩田副総裁の講演が1日に行なわれた。報道ではDow Jonesで以下のように報じられた。

BOJ's Iwata: Focus On Price Stability, Not Asset Prices
DOW JONES NEWSWIRES
September 1, 2007 4:45 p.m.

JACKSON HOLE, Wyo. (Dow Jones)--Bank of Japan Deputy Gov. Kazumasa Iwata said Saturday that monetary policy should focus on price stability, not asset prices.

Iwata made his remarks at the Federal Reserve Bank of Kansas City's annual Jackson Hole conference.

His remarks didn't address Japan's economic or monetary policy outlook.

The BOJ held rates steady last month. Before the global market turmoil, markets had expected the Japanese central bank to raise rates.

Iwata said that land prices in Japan have "bottomed out" with commercial land prices rising and that its core consumer price index hovers around zero.

さて、講演本文はBoJの英語サイトに掲示された。おそらく、上記報道は以下の部分を指してなされたものと思われる。

15. I feel inclined towards the indirect approach to asset prices; namely that monetary policy should be oriented toward enhancing price stability and smoothing fluctuations in GDP gap, while refraining from targeting asset prices directly, given the limited knowledge to correctly detect fundamental asset prices.

今後について興味深いのは、結論だろう。

21. Given the asset price boom and bust in the latter half of the 1980s, and the subsequent persistent deflation after 1998, the "new policy framework for the conduct of monetary policy" was announced in March 2006. Aside from the first perspective, which examines the likely development within forecast period, the new policy framework incorporated as a second perspective an examination of potential risks beyond the forecast period. Today, we observe that land prices have bottomed out with the significant rise in the price of commercial land, while the core CPI hovers around zero against a background of rising utilization ratio and a tightening of labor market conditions. We must recall that behind the aggressive risk-taking in the latter half of the 1980s there was the market perception of long-sustained low interest rates for the future under price stability. It may be useful to carry out an exercise to demonstrate the consequences of long-sustained low interest rates and the financial imbalance on the future development of economic activity and prices. This may further clarify the role and merits of the two perspectives in our new policy framework.

下線は私であるが、こういう調査研究が民間シンクタンクから発表されることを期待したい。なお、脚注はいずれも興味深く、Hayekや住宅金融支援機構についての指摘もあるので面白い。講演では脚注は披露されなかっただろう。講演発表後の日経の報道は以下の通り:

岩田日銀副総裁、低金利継続のリスクを指摘・米で講演

 日銀の岩田一政副総裁は1日、米ワイオミング州で講演し、「日本で1980年代後半に過剰にリスクを抱えた背景には、物価安定の下で低金利が長期的に続くとの認識が市場にあったことを思い出さなければいけない」と述べた。バブル期の状況を挙げたうえで、経済実勢を離れた低金利の継続が中長期的には経済・物価面でリスクが高まる可能性を示した。

 岩田副総裁の講演要旨は、日銀が3日午前に公表した。副総裁は現在の金融・経済情勢もふまえ、「低金利や金融の不均衡がどのような結果をもたらすか検証することが有効だろう」とも語った。(14:06)

| | Comments (0)

Movement (R)evolution Africa

Movement (R)evolution Africa。良いドキュメンタリー映画であった。おそらくドキュメンタリー映画の作法は学校で習うことができるのだろうと感じられた。映画に出てきたKota Yamazakiとは山崎広太という方だった。

| | Comments (0)

atelier scrap

9_middle モントリオールのかばん屋:atelier scrapモントリオール現代美術館のミュージアム・ショップには日本のアッシュ・コンセプトの商品も並んでいた。それから、4枚まではそこそこ留まるStaple Free Staplerはよさそうです。Stichの写真を製造元のHumansから手に入れてみました。昼飯はSushi Shopでした。意外といけます。

| | Comments (0)

ENCOVI

 そうそう、INEのサイトにENCOVI 2006のpreliminary resultも出ていたんだ。

| | Comments (0)

World Press Photo

 そう昨日はWorld Press Photo展覧会にも行った。しんどい写真もあったが、プロの凄さを見た。

| | Comments (0)

PM Abe's e-mail magazine translation

This reminds me of translation issue.  The original Japanese version is as follows:

 先の参議院選挙では、中央と地方に存在する格差を、政治はもっと配慮す
べきとの強い声もありました。

 私たちは、こうした地方の声に耳を傾けなければならない。そして、謙虚
に受け止め、政策で対応していかねばなりません。今回、地方で知事を経験
した増田さんに総務大臣として加わっていただきました。地方の生の声を、
政策に反映していただくよう期待しています。

 新しい内閣のメンバーには、地方に足を運び、みなさんの痛みの声に耳を
傾け、それらをきめ細かく政策に反映していってもらいたいと思います。

 こうした反省の上に立ちながら、今後とも、改革は続けていかなければな
りません。これは、決して変わることのない、私の信念です。

 私たちは、将来の世代に対して責任を持っています。人口が減少し、経済
がグローバル化する中でも、日本が今後とも発展を続けるためには、厳しく
とも、今、改革を前進させなければなりません。

 戦後つくられた、憲法を頂点とする様々な仕組み、教育や公務員制度など
について、時代の変化をしっかりとふまえ、原点にさかのぼって大胆に見直
していくとの方針は、今も変わっていません。
The English translation is as follows:

    The recent election also revealed the people's strong sentiment that politics should pay greater consideration to the disparities existing between the central and local regions.

    We must heed the voices of the people in local regions, humbly accept their opinions and respond to them with policies. My expectation for Mr. Hiroya Masuda, who has joined my Cabinet as the Minister of Internal Affairs and Communications and has had experience as a prefectural governor, is to reflect these voices directly in Government policies.

    The members of the new Cabinet will visit the regions and lend their ear to the people, who are feeling the pain that comes with reform, in order to represent their voices in policies in a conscientious manner.

    While reflecting upon these lessons, we must continue with the reforms. This is my unflinching belief.

    We have a responsibility to future generations. As Japan's population declines and the globalization of the economy continues, we must resolutely push reforms ahead now, difficult though it may be, to ensure our nation's continued development in the future.

    My policy remains unchanged. In full light of the changes that are now taking place, I am determined to boldly reexamine from the starting point the various structures -- with the Constitution at the apex -- established after the end of World War II, including the education and civil servant systems.

 

| | Comments (0)

Leadership in economics

Leadership in economics from Dani Rodrik's Blog.

| | Comments (0)

Willem Buiter's Blog

Willem Buiterがブログをやっていた。FedとBoJの独立性についてはこれ

| | Comments (0)

日程の妙

 注目されるFedの会合は9月18日。日銀の金融政策決定会合は18日と19日だから、日銀はFedを見て動くことになる。Fedが金利を変えなければ、失望売りが出ることが予想されるので日銀は金利を上げられないだろう。Fedが金利を下げれば、日銀が金利を上げると為替レートに大きな変化が出るかもしれないので金利は上げられないだろう。なので、金利変更は無しと読みます。物価と景気に注目していれば、上げられないと思うけど。

| | Comments (0)

金不足の町はよそ者に速度違反の切符をきりやすい

NYTのEconomic ViewにJUDITH CHEVALIERが寄稿した論文紹介でこの論文が示した事実は一言でいうと:

they show that tickets were issued more often in places that were short on cash, and that out-of-towners received tickets more often than drivers with local addresses.

| | Comments (0)

Looking Forward: Comparative Perspectives on Cuba's Transition

 ついでにInter-American Dialogueから出ているこの本は、Qバの今後を考えるためには要チェックだろう。ここまで目を広げている余裕はないけど。

| | Comments (0)

Coca Lives (Que’ Pasa Despues De La Coca?)

Coca Lives (Que’ Pasa Despues De La Coca?): a Bolivian documentary film.  素材は良いと思う。編集が良くないと思う。素材の現実感まで損なう。監督はRoberto Lanza。Inter-American DialogueのPeter Hakimの綴りが間違っていたかも。

| | Comments (0)

Greg Ip on Feldstein and Taylor

WSJのGreg IpによるFeldsteinとTaylorの講演内容についての記事を読むには、「WSJ070902GregIp.txt」をダウンロード 。Feldsteinは「もし自分がGreenspan(もしくはFed chief)だったら」という感じの発言。Taylorはfamous Taylor ruleからの発言。

| | Comments (0)

FT: Mishkin

Jackson HoleのMishkin講演の模様を知るには、「FT070901Mishkin.txt」をダウンロード 。これに対しての、Hamilton(Time Series AnalysisのHamilton)のコメントを読むにはこれ。ということで、両極の議論が出ました。一つは、Gramlichのもので、Innovationが引き起こすBust and Bubbleになぞらえるもの。つまり、マクロ経済政策さえ間違えなければ、innovationが残るという考え方。これに対して、Hamilton viewは、moral hazard view。deposit insuranceのケースと同じで、mortgageの場合はGSEsがmortgageを買いすぎで、そこには政府はGSEsを潰さないmoral hazardがあるというもの。
 日本の住宅金融公庫はどうかな。それから、最近の東京のミニ・バブルはどうでしょう?

| | Comments (0)

Academic Jackson Hole Watch

Academic Jackson Hole WatchはEconobrowserでした。

| | Comments (0)

George Lopez

 ABCのsitcom、George Lopez。メキシカン・アメリカンのロペス氏の家庭で起こる様々な事件をsitcomにしたもの。画期的!このスペイン語なまりの英語が凄い。ひょっとすると奥さんはキューバ系アメリカ人の設定?

| | Comments (0)

Housing, Housing Finance, and Monetary Policy

 Kansas City FedのJackson Hole会議でBernankeのHousing, Housing Finance, and Monetary Policyが出ました。ブッシュの住宅金融についてのイニシアティブが同時に出たので、金融市場は好感したようです。バーナンキの講演の最後にふれているEdward Gramlichの本はこれのようです。

 そうですね、私の速読でのバーナンキ講演の第一印象は、優れた金融経済史の講演だということです。しかし、ブッシュのイニシアティブ発表がなかったら、金融市場は下げたかもしれません。Fed rateを下げるかどうかを金融市場関係者は気にしているのに、経済史の講演を聴かされたら辛いですよね。特に後半部分は、金融政策の住宅金融への影響力が小さくなり、住宅金融の証券化により、市場規律が重要になったと言っており、市場関係者は聴いてて辛いでしょう。さて、彼のまとめはこうです。

I hope this exploration of the history of housing finance has persuaded you that institutional factors can matter quite a bit in determining the influence of monetary policy on housing and the role of housing in the business cycle. Certainly, recent developments have added yet further evidence in support of that proposition. The interaction of housing, housing finance, and economic activity has for years been of central importance for understanding the behavior of the economy, and it will continue to be central to our thinking as we try to anticipate economic and financial developments.(赤下線は私)

ということで、日本の場合は制度的要素は住専、銀行、住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)、郵貯ということになりますか。金融政策からの影響、金融政策への影響(特に90年代)と両方向あるのでしょうね。9月3日の日銀サイトを楽しみにしましょう。

| | Comments (0)

Wal*Mart Nation

 Wal-Mart Nation, a film by Andrew Munger.  Montreal International Film Festivalで鑑賞。ここでWorld Premierということなので、感想を書いておきます。内容は、世界一の大企業、ウォルマートに反対する人々についてのドキュメンタリーです。米国の大企業を取り巻くドキュメンタリー映画というとMichael MooreのRoger and Meを観たことがありますけど、この映画はRoger and Meと違って、ちゃんと距離をとって撮られているので、心落ち着いて見られます。そして数年間の時間をかけて作られた誠実な映画といえます。好印象です。日本に来るかわかりませんけど、大企業に反対する人々の人生が垣間見れます。楽しんで見れました。★★★★

| | Comments (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »