« Wal*Mart Nation | Main | George Lopez »

Housing, Housing Finance, and Monetary Policy

 Kansas City FedのJackson Hole会議でBernankeのHousing, Housing Finance, and Monetary Policyが出ました。ブッシュの住宅金融についてのイニシアティブが同時に出たので、金融市場は好感したようです。バーナンキの講演の最後にふれているEdward Gramlichの本はこれのようです。

 そうですね、私の速読でのバーナンキ講演の第一印象は、優れた金融経済史の講演だということです。しかし、ブッシュのイニシアティブ発表がなかったら、金融市場は下げたかもしれません。Fed rateを下げるかどうかを金融市場関係者は気にしているのに、経済史の講演を聴かされたら辛いですよね。特に後半部分は、金融政策の住宅金融への影響力が小さくなり、住宅金融の証券化により、市場規律が重要になったと言っており、市場関係者は聴いてて辛いでしょう。さて、彼のまとめはこうです。

I hope this exploration of the history of housing finance has persuaded you that institutional factors can matter quite a bit in determining the influence of monetary policy on housing and the role of housing in the business cycle. Certainly, recent developments have added yet further evidence in support of that proposition. The interaction of housing, housing finance, and economic activity has for years been of central importance for understanding the behavior of the economy, and it will continue to be central to our thinking as we try to anticipate economic and financial developments.(赤下線は私)

ということで、日本の場合は制度的要素は住専、銀行、住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)、郵貯ということになりますか。金融政策からの影響、金融政策への影響(特に90年代)と両方向あるのでしょうね。9月3日の日銀サイトを楽しみにしましょう。

|

« Wal*Mart Nation | Main | George Lopez »

Economics」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wal*Mart Nation | Main | George Lopez »