« May 2007 | Main | July 2007 »

Simple Melody

Simple Melody (with Bootsy Collins) by Jon B.

| | Comments (0)

FT: M. Wolf on current state of capitalism

FTのMartin Wolfによる現況の資本主義についてのop-edを読むためには、「FT070630wolf.pdf」をダウンロード 。highly educational。

| | Comments (0)

今日は金曜日。

 8時半到着。勉強。昼飯はI先生と定食、久しぶりにお話ができて嬉しい。Nさんにカップやきそばを差し上げる。こんなものばかり食べていてはいけないね。勉強。帰宅。

| | Comments (0)

Paul Collier on Africa

Paul Collierの新著『The Bottom Billion: Why the Poorest Countries Are Failing and What Can Be Done About It』についての書評がNYTに出たとMark ThomaのPointer

| | Comments (0)

NYT: Who Makes the iPod?

NYTに出たHal Varianの解説を読むためには、「NY070628varian.pdf」をダウンロード 。オリジナルはこれ。Very educational。

| | Comments (2)

昨日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。昼飯は弁当。3時限は1年ゼミ、ギアチェンジはまずまずOK、お疲れ様。4時限は海外リスク安全管理、次回版は日本についての英語ガイドブックの習慣の項を取り入れてみよう。5時限は3年ゼミ、発表は順調。放課後、ゼミ連コンパ、幹事、ご苦労様でした。

| | Comments (0)

ウィキノミクス

51mo5zfunzl__aa240_ ドン・タプスコット/アンソニー・D・ウィリアムズ著、『ウィキノミクス:マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』日経BP。

 コンサルタントが書いたものはinformativeである特徴があり、本書もその例にもれない。細部の事実が面白い。Mancur Olson, The Logic of Collective Action, pp.36-43を再読して、clubについて考えなくてはと思った。あと、グルーチョ・マルクスの言った名文句を思い出した。

I sent the club a wire stating,
PLEASE ACCEPT MY RESIGNATION.
I DON'T WANT TO BELONG TO ANY CLUB
THAT WILL ACCEPT ME AS A MEMBER.

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は、hearingが大変でしたかね?授業準備。昼飯は弁当。Kさん訪問。昼休みはゼミ連。広報宣伝をよろしくお願いします。3時限はミクロ、今日はまずまず?授業準備、予行練習してだいたい状況が掴めた。印刷して帰宅。

| | Comments (0)

グアテマラ国 高原地域先住民等小農生活改善に向けた農業技術普及体制構築計画プロジェクト

グアテマラ国 高原地域先住民等小農生活改善に向けた農業技術普及体制構築計画プロジェクト

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。Tさんと歩く。授業準備、そして雑務。昼飯は弁当。昼休みは、Mさん、そして、Kさんと打ち合わせ。Tさん、Mさん、Wさん続いて訪問。授業、ヒヤヒヤもの。教室を出ると、Kさん、Oさんと雑談。授業準備。Yさんらと歓談して帰宅。
 今日わかったこと二点。第一、ウィキペディアのwikiはハワイ語で「速い」という意味、ハワイにはWikiwiki shuttleというバスがあるそう。第二、「うざい」は「めんどうくさい」より悪い意味の形容詞。学ぶことは多いなぁ、ヤレヤレ。ではでは。

| | Comments (0)

相関と因果

朝食食べて成績アップ?

オッズから万馬券がわかる?

| | Comments (0)

David Sunborn: Closer

41qkpr7sssl_aa240_  David Sanborn: Closer。Don't Let Me Be Lonely Tonightはとてもよい。Nさん、Thanks a million!

| | Comments (0)

The Poor and Their Money

Stuart Rutherford, The Poor and Their Money

| | Comments (0)

Barry Eichengreen: Asian crisis 10 years later

Barry Eichengreen: Asian crisis 10 years later

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。Tさん訪問。昼飯は弁当。3時限は1年ゼミ、加速。4時限は、1年授業。5時限は3年ゼミ、正念場。就活セ実委を激励して、雑務して帰宅。

| | Comments (0)

Paper on Economic Growth in Meiji Japan

Business Groups and the Big Push: Meiji Japan's Mass Privatization and Subsequent Growth
Randall Morck, Masao Nakamura
NBER Working Paper No. 13171

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。雑務。1時限は開経、Born into Brothels第二回目、時間があまって、おまけでMondovino。授業準備、昼飯は定食。昼休みは、Kさん、Aさん、Uさん、Mさんと会合、楽しいね、よろしく。3時限はミクロ。4時限以降、Hさんと印刷、力作に感嘆。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼飯は定食。授業準備。4時限は授業、難しいかったかなぁ。Aさんと面談。Tさんと面談。帰宅。

| | Comments (0)

『小泉政権』

31j2bqp3yi4l__aa240_ 内山 融『小泉政権―「パトスの首相」は何を変えたのか』中公新書。比較政治の視点から、小泉政権を評価した概説書。内政の中での郵政と道路の比較、内政と外交との比較を試みたところが親切。竹中 治堅『首相支配-日本政治の変貌』と併せて読むとよい。

| | Comments (0)

Commentaries from CEPR economists

  Check up on CEPR economists' commentaries.

| | Comments (0)

A few thoughts

 例えば、日本の家計簿史をめくっていたときに、最初は複式簿記だったのが、単式簿記にdevolveしたという話(うろ覚え)が面白いかなぁと思っています。ここは、ベストセラー「武士の家計簿」とも関わるかもしれません。後は、なぜ政府会計は企業会計と違うのかという大問題をヘロニモの町を例に取りながら、考えるとか。deepに細かく、そしてbig questionに繋げるという戦術。

| | Comments (0)

Rodrik on Doha "Development" Round

Rodrik's post.  これを信じる限り、ドーハ・ラウンドの成功不成功については気楽に考えていいことになろうか。マーケティングだね。

| | Comments (0)

Safety Net

Safetynet 米国と欧州のsafety netを比べるNYTの記事を読むには、「NYT070401safetynet.pdf」をダウンロード 。より衝撃的なのは、この記事についているグラフ。速読なので早飲み込みもあろうが、日本では給料の落ち込みの8%しか失業給付はカバーしていないという。こういう状況と、名目賃金さえ低下するという状況をどのように政治経済の文脈から整合的に理解するか宿題。Mankiew's pointer.

| | Comments (0)

Robert Fogel's Forecast

R. Fogel's NBER Working paper on "Capitalism and Democracy in 2040: Forecasts and Speculations".  What a brave challenge!

| | Comments (0)

Trade and Wages

Useful Rodrik's post referring to Krugman and Lawrence.

| | Comments (0)

FT: China and other developing countries

 FTでのAlan BeattieによるChinaの他の発展途上国に与える影響についてのop-edを読むためには、「FT070614Beattie.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Sannin Kichisa (The Three Kichisa's)

The 8th Shibuya-Cocoon Kabuki Show
Sannin Kichisa (The Three Kichisa's)

Original: Mokuami Kawatake Director
Artdirector: Kazuyoshi Kushida
Cast: Kanzaburo Nakamura, Fukusuke Nakamura, Hashinosuke Nakamura,
Kantaro Nakamura, Shichinosuke Nakamura, Kamezo Kataoka, Takashi Sasano

[Comment] In general, in Kabuki, you are supposed to know the synopsis, or you’re supposed to read synopsis in the pamphlet before the show.  But, in the case of “Cocoon Kabuki,” you don’t have to read synopsis before the show.  All you need is to absorb the show.  The synopsis itself comes to you in the form of performances of the actors.  This is definitely the director’s work.  This is a modern Kabuki in contrast to Grand Kabuki in the Kabuki-za theatre.  I call it a modern kabuki because ordinary novice persons unfamiliar to kabuki can understand the performance.  Grand Kabuki is great but requires certain amount of knowledge before the show. 

| | Comments (0)

Estrategia Federal 100 X 100

Chiapasにおける対象自治体はSitalá, Santiago el Pinar, Aldama, Chalchihuitán, Mitontic, San Juan Chamula, San Juan Cancuc, Chanal, Chenalhó, Zinacantán, Chilón, San Andrés Duraznal, Pantelhó, Ocotepec, Francisco León, Pantepec y Tumbalá. (出所はここ)。
担当はSEDESOL、まず大臣の声明はこれ。SEDESOLのなかでは、opciones productivasという計画の中に位置づけられている(証拠はこれ)。大臣の声明によれば、PNUD(UNDP)のHDIで測っているらしい。ということで、HDIはこれ。依然として、いつのHDIを使っているのか、更新はいつなのかは知れない。

| | Comments (0)

FA: The End of National Currency

Foreign Affairsに掲載されたBenn SteilのThe End of National Currencyを読むためには、「FA07_J_A_steil.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

FA: A New Deal for Globalization

Foreign Affairsに掲載されたKenneth F. Scheve and Matthew J. Slaughterによるessay: A New Deal for Globalizationを読むためには、「FA07J_A_Slaughter.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

FT: Japan makes an odd curiosity

FTの日本に関するop-edを読むためには、「FT070614Japan.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 10時半到着。授業準備。昼飯は丼定食。会議。授業準備。会議。帰宅。Aさん、おめでとう。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。昼飯はN先生と定食。昼休みはMさん訪問。3時限は1年ゼミ。4時限は授業。5時限は3年ゼミ。Kさんと談笑。Aさん、Kさん、Hさん、Sさん、参加。帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は開発経済論、Born into Brothels第一回、どうでしょう。授業準備。Kさん訪問、おめでとう。Nさん訪問、よろしく。昼飯はおにぎり立ち食いでマナー悪し。昼休みはゼミ連、NL、就活セ、コンパ、よろしくね。期待してます、ワクワク。3時限、ミクロ、良い出来でした、ラスト・スパートへ。授業準備、5時限は全学総合、動けなくて辛かった。授業準備、帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼飯はN先生と定食。Mさん訪問、ボールペンを有難う。昼休みはKさんと打ち合わせ。Kさん、Aさんが訪問。Wさんがアポ訪問。4時限授業。5時限、M先生にマークシート講義。Kさんアポ訪問、Nさんにビデオ機器を貸与。授業準備、帰宅。

| | Comments (0)

Economist on Bolivia

EconomistによるBolivia記事を読むには、「Economist070607Bolivia.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Mexican Politics

FTによるメキシコ政治の現況分析を読むには、「FT070509MexicoPolitics.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

FT: Why Africa needs a Marshall plan

FTに"Why Africa needs a Marshall plan"と題されたGlenn Hubbard and William Dugganのop-edが出た。これを読むには、「FT070604Hubbard.pdf」をダウンロード 。同じFTにGlenn Denning and Jeffrey Sachsもやはりアフリカでop-edを書いていた。読むには、「FT070529Sachs.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Sopranos終了

 一回も見ていないSopranosが終わるそう。関連して、FTでA modern boss in a cut-throat businessと題されたop-edを読むには、「FT070608sopranos.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

STEVEN LANDSBURG: "A Brief History of Economic Time"

STEVEN LANDSBURGによるWSJのop-ed: "A Brief History of Economic Time"を読むためには、「070609WSJ_Landsburg.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 7時半到着。学会。帰途、T先生卒業生飲み会にてSさん、Iさんと会う。楽しかった。帰宅。

| | Comments (2)

今日は金曜日。

 10時半到着。授業準備。昼飯は定食。昼休みには会議に出て、Aさん、Nさんお疲れ。授業準備。Kさん来訪。不運と不幸は違うと信じてます。Nさん、Aさん来訪。1年ゼミコンパ、いろいろと面白かった。楽しんで帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。お仕事。昼飯はお弁当。昼休みは学会打ち合わせ。雑務。Mさん、Nさん訪問。会議。Nさんと談笑。帰宅。

| | Comments (0)

Santiago Levy

Sin herencia de pobreza

Progress against Poverty

Decentralized service delivery for the poor

Selected published titles

Social Security Reform in Mexico: For Whom?

El Sur tambien existe

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。採点。昼飯はおにぎり。そして、採点。3百枚を読むと目がしょぼしょぼするね。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限は開発経済論中間テスト。2時限は雑務、昼飯。昼休み後、3時限はミクロ、その後、片づけして帰ろうと思ったら、Aさん、Aさん、Kさん来訪、文書作り、ポスター印刷、お疲れ様でした。Sさん訪問で帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。昼前にNさん訪問。Mさん訪問、本返却、忘れていたことを思い出させてくれてThanks。昼はN先生と定食。昼休みは就活セ実委へ訪問、いい感じ。4時限は授業。中間レポートお疲れ様。清涼飲料水を飲んで、しばし4年生と懇談。その後、マークシート解析、VLOOKUP関数を発見。帰宅。

| | Comments (0)

Excelについてのメモ

 ワークシートが二つあり、ワークシートAには履修者名簿、ワークシートBには出席者がそれぞれ番号で入っているものとする。このとき、各回の出席を名簿を照らして計算するためには、COUNTIF関数を使って、ワークシートBの番号範囲のなかに履修者の番号があるかを探させて、あれば1、なければ0という数字を返させればよい。
 より難しい問題は、ワークシートBに書かれた点数を履修者名簿に照らしてワークシートAに記録することである。このときは、まず、IF関数の中で、まずCOUNTIF関数を使って、出席がされている場合には、VLOOKUP関数で番号を照合して、その横に書かれた点数を返させるのが一つのやり方である。IFで欠席の場合には、点数ゼロを返させればよい。
 なおVLOOKUP関数では、番号が行儀良く、すなわち小さい番号から大きな番号に並んでいる必要があるので、このあたりはヘルプで確認しておくこと。

| | Comments (0)

June Grand Kabuki, Matinee

IMOSEYAMA ONNA TEIKIN
- Husband and Wife Mountain and the Model of Feminine Virtue -
IMOSEYAMA ONNA TEIKIN, is a masterpiece by Chikamatsu Hanji (1725 - 1783) first presented in 1771 in the puppet theater. It is an epic taken from early Japanese history, weaving together history, legend and myth. The country chafes under the domination of the dictator Iruka. This short section of the full-length play shows the story of two rival families who are only alike in being dominated by the dictator until a tragedy reminiscent of Romeo and Juliet brings them together.
    The Komatsubara Plain
On a beautiful spring day, handsome young Koganosuke (Baigyoku), son of Daihanji and Hinadori (Kaishun), the beautiful daughter of Sadaka, widow of Dazai happen to meet and fall in love, not realizing that their families are bitter enemies, with estates on either side of the Yoshino river. But Koganosuke also has heavy duties and helps Uneme, the daughter of the loyal minister Fujiwara Kamatari to escape from the clutches of the evil minister Emishi.
    The Passing Over of the Flowers and the Yoshino River
Iruka (Hikosaburo) blames Koganosuke for the loss of Uneme and has heard of his love for Hinadori. He fears that these two rival clans may be plotting against him so summons Daihanji (Koshiro) to Sadaka's (Tojuro) mansion, confronts the two rival parents and orders Koganosuke to become his retainer and Hinadori to serve in his bedchamber. He gives them branches of cherry blossoms to be thrown into the Yoshino river as a signal of the answers of the young people.
In the most famous scene of the play, there is a spectacular set with the house of Daihanji on one side of the stage and the house of Sadaka on the other side with the river running through the center of the stage.
Both parents know that their children would rather accept death than bow down to the dictator Iruka, but hide this and speak proudly and aggressively to the other, hoping desperately that at least the other child might be spared. However, all their efforts are in vain and finally, in death, the young couple is united in marriage, ending the feud between the two families.
EMMA TO SEIRAI
This is a new dance play written by Kichiemon himself under the name Matsu Kanshi that is an adaptation of a kyogen farce. Emma, the king of hell (Tomijuro) is upset that religion has meant that fewer people are falling into hell. He summons a falconer named Seirai (Kichiemon) and wants to condemn him for taking life, but the falconer says that it is the falcon that does it and he is blameless. In dance, he describes hunting with a falcon and this is so interesting that Emma himself wants to try it.
KYOKAKU HARUSAME GASA
This is a rare performance of a play by Fukuchi Ochi (1841 - 1906) one of the fathers of modern kabuki. It shows a confrontation between a gentle patron of the pleasure quarters who has become a gang boss (Somegoro) and the former samurai who is responsible for his current state (Hikosaburo) and their rivalry over a courtesan (Shibajaku). The play is also an opportunity to present Somegoro's young son on stage for the first time with greetings from the senior members of his family.

| | Comments (0)

9月秀山祭

 9月秀山祭のポインター

| | Comments (0)

Interesting Links

 C大学商学部在校生メッセージ

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »