« April 2007 | Main | June 2007 »

Macroeconomic Patterns and Stories: A Guide for MBAs

Ed Leamer, Macroeconomic Patterns and Stories: A Guide for MBAs.

| | Comments (0)

昨日は水曜日。

 9時半到着、授業準備、昼飯は弁当。3時限は1年ゼミ。4時限は1年授業。5時限は3年ゼミ。ゼミ連やゼミdrink。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限は開経。来週に向けてよろしく。授業準備、昼飯はちらし寿司。Aさん、Iさん来訪して、アンケート整理、どうも。昼休みは、ゼミ連、お久しぶり。就活セ実委、ご苦労様でした。3時限はミクロ、公共財と共有資源。来週に向けてよろしく。Kさん、Kさん、Iさんと懇談、Nゼミ卒業生、前ゼミ連代表のHさん来訪、お久しぶり!アルバム見て盛り上がる。Y先生来訪、うぅっ突然の授業変更、ヤラレタ。影響が出た我がゼミ生、ゴメンなさい。明日もう一回謝るわ。授業準備、Iさんとおしゃべり帰宅。ヤレヤレ。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備、昼飯はオムライス。昼休みはKさんとゼミ連打ち合わせ。3時限は授業準備。4時限は授業。ちょっと駄目だったかも、反省。速帰。

| | Comments (0)

Judith TendlerのOpen Course

Judith TendlerのOpen Course: 11.471 Political Economy of Development Projects: Targeting the Poor, Spring 2003。Very useful。

| | Comments (20)

京都 掛札 風呂敷

京都 掛札 風呂敷(Link Club Newsletter 6, Vol. 145, 2007)

| | Comments (0)

Rodrik on The Myth of Voter Irrationality

 Dani RodrikによるThe Myth of Voter Irrationalityについての寄稿。おそらく非常に重要。参照されているCaplanのThe Myth of the Rational Voter: Why Democracies Choose Bad Policiesはこれ。Rodrikの思考を刺激したNYTの記事を読むためには、「NYT070527clueless.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Economist on Poverty

Economist誌による、Abhijit Banerjee and Esther DufloのJ. of Econ. Perspectivesのペーパーの要約を読むには、「070426Economist_poverty.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Economist on monetary policy in Japan

Economist誌による日本の金融政策の記事を読むには、「070503Economist_ir.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Frederic Mishkin: Estimating Potential Output

  A very insightful piece.  Pointer to Mark Thoma.

| | Comments (0)

Jeffrey Sachs: China's Lessons for the World Bank

 Pointer to Mark Thoma.  A provocative OP-ED.  We'll see what William Easterly will say.

| | Comments (0)

Martin Feldstein gives and explanation for why the dollar is so high.

 In this NBER working paper, Martin Feldstein gives and explanation for why the dollar is so high.  Pointer to Mark Thoma.

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。健康診断。雑務。昼飯はN先生と定食。会議、会議。雑務、帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備、昼飯は弁当、2304教室にちょっと早めに行って、就活セ実委。期待しています。3時限は1年ゼミ、4時限は4年ゼミ、3時限は3年ゼミ、ちょっと厳しかったか。跳ね返して大きく伸びて欲しい。就活セ実委懇親会、新しい人がいて楽しかった。今後ともよろしく。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限はまずまず?授業準備。昼休みはゼミ連就活セ実委no.1会合、お疲れ様、これからもよろしく。3時限はミクロ、外部性から公共財へ。Tさんとお話、いろんなことがありますね。授業準備。N先生の外部講師のTさんとお話、Aさんと会えるかも。Kさん訪問、懇談。帰宅。

| | Comments (0)

野口旭『グローバル経済を学ぶ』

41exdy9yvel__aa240_  野口旭『グローバル経済を学ぶ』ちくま新書。リカードモデルと、経常収支と資本収支と純貯蓄の会計的関係と行動モデルについて説明した本。

| | Comments (0)

魚住昭『官僚とメディア』

414k7mxnw2l__aa240_  魚住昭『官僚とメディア』角川oneテーマ21新書。官僚が情報を独占し、その選択的供給にメディアが群がり、お先棒をかつぐ様(これ以外に形容の仕様が無い)が表されている本。

 著者の対談は、かなり思想先行で危ういのだが、この人がいったん書き出すと、事実から紡ぎ出される構図に迫力が出てくる。

| | Comments (0)

昨日は月曜日。

 昨日。9時半到着。授業準備と雑務。昼飯は定食、外でバトミントンとキャッチボールをやっていた。昼はKさんと打ち合わせ、Mさん侵入(歓迎)。仕事、授業準備、4時限は経済学基礎、270人、ちょっと脱線が多かったか。授業準備、Tさんと面談、まぁエッセイ書きだしてください。帰宅。

| | Comments (0)

Patrice Franko, The Puzzle of Latin American Economic Development, 3rd ed.

51fdnztin7l__aa240_

 Patrice Franko, The Puzzle of Latin American Economic Development, 3rd ed. (2007)が出た。私の知る限り、単著による中南米経済論の中で最もバランスのとれた学部レベルの教科書である。2nd ed. (2003)より100ページも増量されている。章別に言うと、10頁以上も増量されている章は、7, 8, 10, 11, 12, 13, 14章であった。それぞれの内容は、海外資金フロー、貿易政策、農村開発、貧困と不平等、保険、教育、環境である。たしかに、このあたりの構造部分の知識がここ最近高まっているのだろう。

 約3年ぐらい前に、大真面目(or伊達や酔狂?)に、この2nd ed.を本務校ではない某大学で教えた経験を元にすると、100ページ増量の3rd. edを教えられる日本の大学はないかもしれない。

| | Comments (0)

FT op-ed on ICM

 国際炭素基金の設立を提言したFTのop-edを読むには、「FT070515ICF.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Statistical Abstract

2007 Statistical Abstractサイトはこれ。Population sectionはこれ。2005年時点で、米国の人口は約3億人、白人人口は約2億4千万人、黒人人口は約4千万人、ヒスパニック人口は約4千2百万人。

タスキーギ研究所(Tuskegee Institute)はこれ

化粧品の口コミサイトであるアットコスメのサイトはここ

| | Comments (0)

Enbujo Theatre, Evening Show

 1) Husband and Wife Mountain, a Guide for Women, 2) The Sumida River and the Shadow of a Sequel.  Kinnosuke was really good.

| | Comments (7)

シーサイドライナー

 シーサイドライナーの時刻表はこれ

| | Comments (0)

日経5月17日夕刊『GDP実質2.4%成長』

 日本経済新聞2007年5月17日夕刊1面『GDP実質2.4%成長』。2007年1~3月期の実質GDPの成長率(速報)が年率換算で2.4%であったことを伝えている。確定値を待たなければならないだろうが、注目すべきは年率換算での名目値は1.2%であり、GDPデフレーターは1.2%のマイナス。デフレ解消とは言えないが、記事は『GDPデフレーターは前年同期比で0.2%のマイナスで、下落幅は10~12月期より0.3%縮まった。』と書いている。このあたりはスピード・リミット効果が出ているのだろうか。
 (解説)では、『1%台半ばから後半とされる潜在成長率を上回る安定成長を保った。』と書いている。潜在成長率を上回ったときに物価へはどういう影響があるべきか初歩的な理論を踏まえた疑念を呈すべきだろう。
 なお、3面では太田弘子経済財政担当相が「デフレ脱却まだ」と述べたことを紹介している。単位労働コストのマイナス幅が拡大しているのだそうだ。賃金の伸びよりも、労働生産性の伸びが高いことを示している。

| | Comments (0)

日経5月14日朝刊『物価安定の目安 日銀にバラツキ』

 日本経済新聞朝刊2007年5月14日朝刊3面に『物価安定の目安 日銀にバラツキ』という記事が掲載されている。「中長期的な物価安定の理解」を討議した4月27日の政策会合での9にんの委員の望ましい物価上昇率に対する見解が明らかになったという。ここに、『日銀9委員が示した望ましい物価上昇率』という図が掲載されており、-0.5%~0.5%という委員から、1.0%~2.0%という委員までいることが示されている。興味深いのは0.5%というインフレ率について、望ましい物価上昇率の幅に入っている委員が8人もいることである。0.3%でも4人いる。
 日銀サイトには、『経済・物価情勢の展望(4月、全文)』が掲載されているが、私が見たところ、上記のデータは出ていない。ということで、これはリークかしら。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。昼飯は丼。Aさんと懇談。会議、会議、帰宅。

| | Comments (0)

72,840,000 USDのマーク・ロスコ

N0831731lr1MARK ROTHKO
1903-1970
WHITE CENTER (YELLOW, PINK AND LAVENDER ON ROSE)
72,840,000 USD
Sotherby's

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着、授業準備。昼ごはんはカレー。昼休みはMさんと。3時限は1年ゼミ、お疲れ様。4時限は4年ゼミ、お疲れ。5時限は3年ゼミ。そしてゼミコンパ。帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。雑務。1時限は開発経済論。警告済みですが、ちょっとハードだったでしょう。授業準備など。昼飯はカレー、Oさん、Eさん、Iさんと雑談楽しい。昼はゼミ連2回目、Kさんお疲れ様。3時限はミクロ。外部性に入りました。授業準備など。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 8時半到着、仕事、授業準備、昼飯は弁当。Oさん、Kさんと明日の打ち合わせ。授業準備。4時限は授業、マークシートを読み込んで、帰宅。

| | Comments (0)

Grand Kabuki, Evening Show

ONNA SHIBARAKU (Female"Wait a Minute")
Ichimura Uzaemon XVII was one of the mainstays of kabuki. Rich in knowledge of kabuki's acting tradition, he was also a skilled player of mature male roles. To commemorate the seventh anniversary of his death, the first play in the evening program features his three sons Hikosaburo, Manjiro and Gonjuro in a spectacular play that shows old-fashioned kabuki at its best.
More ceremony than play, Shibaraku is one of the oldest pieces in kabuki. Just as an evil villain is about to execute a group of loyal retainers, a voice calls out for him to wait and a hero appears to save the day. This version is a parody, though, as the hero is played by an onnagata female role specialist, who mixes the super-human strength of an aragoto hero with the soft gentleness of a kabuki heroine. Featuring Manjiro as the heroine and Hikosaburo as the larger-than-life villain, with Mitsugoro as a friendly stage attendant who makes sure that everything goes right.
Two Dances:
-AME NO GORO-
Soga no Goro is one of the most famous heroes in the kabuki world, super-strong and quick to fight. However, this dance shows the soft side of this hero as well as he travels nightly to the pleasure quarter to visit his lover. Starring Shoroku.
-MITSUMEN KOMORI (The Babysitter with Three Masks)-
This short charming dance shows a young girl who is a babysitter and she entertains her charge with a series of games and dances. The highlight is when she does a short sketch with three comic masks which shows a romantic quarrel between the plump, homely woman Okame and the drunken god of prosperity Ebisu. Finally Hyottoko with his funny, twisted up mouth steps in to mediate the fight. Starring Mitsugoro, one of the finest dancers of the younger generation of actors.
KAMI NO MEGUMI WAGO NO TORIKUMI (Megumi no Kenka)
They used to say that fights and fires were the flowers of the city of Edo and many plays feature the gallent members of firefighting troupes, who were popular heroes. This particular play depicts a rivalry between the members of the Megumi firefighting band and a group of sumo wrestlers, which ultimately is a confrontation between the firefighters, who represent the commoner class and the samurai patrons of the sumo wrestlers. The fight begins with a minor incident, but grows into a situation of such tension, that when Tatsugoro, the leader of the firefighting gang, goes to his final fight, he goes with the full intention that this may be a fight to the death. Before he leaves, he has an emotional parting from his family. Featuring Living National Treasure Kikugoro as Tatsugoro and Danjuro as the leader of the group of sumo wrestlers.

| | Comments (0)

格差社会で起きているかもしれない良いこと

 ベッカーとマーフィーのop-ed

| | Comments (0)

世界の株式市場の相関

This is a set of really good questions.  マンキューのブログからこれ

| | Comments (0)

貿易協定とダニ・ロドリック

 貿易協定とダニ・ロドリックについてサロンのこの記事はまぁ面白い。

| | Comments (0)

PROGRESA/Oportunidades、メキシコ2006大統領選挙、チアパスの新聞

Memo to myselfにて: まず、PROGRESA/OportunidadesについてのSantiago Levyの共著ペーパーはこれ(直接PDFにリンク)。つぎに、2006メキシコ大統領選挙についての米国研究者のペーパーについてのホームページはこれ。最後に、チアパスの新聞へのリンク集はこれ。それで知人にはマニュアルとして『ヤバい経済学』を薦めたが、『入門経済思想史 世俗の思想家たち』を機会があれば今度は薦めよう。

| | Comments (0)

Blair's resignation speech

 スピーチを聞くというのは面白い。先日のバラク・オバマの立候補演説も面白かった。今回はトニー・ブレアの退任演説である。文章で読むには、「bbc_blairs_resignation_speech.pdf」をダウンロード 。聞きながら文章を読むとブリティッシュ・アクセントでもよくわかる。
 興味深いフレーズは以下のもの。『Politics may be the art of the possible - but at least in life, give the impossible a go.』スピーチ・ライターはたいしたものだ。

| | Comments (0)

スティーヴ・ライヒ:エレクトリック・カウンターポイント/ディファレント・トレインズ

 スティーヴ・ライヒ:エレクトリック・カウンターポイント/ディファレント・トレインズ。いわゆるミニマリスト・ミュージックかしら。パット・メセニーもエレクトリック・カウンターポイントに参加。一興。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。車内ではAさん、Mさんと懇談。授業準備。昼飯はI先生と一緒。3時限は1年ゼミ、とうとう本格進行。4時限は4年ゼミ、まずまず。5時限は3年ゼミ。卒業生のYさんが来てくれて懇談。NゼミのNさんも一緒。駅に行くと、4年ゼミ生が花火後でした。夏みたい。帰宅。
 なお、本日手に入れた略語は、ワーホリでした。ワーキング・ホリデーのことだそうです。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。一時限は開発経済論。モーターサイクルダイアリーズ終わり。Aさんとお話しする、アルゼンチン留学経験とビックリ!凄い。昼飯ではAさんの留学話、感心しきり。昼休みはゼミ連第一回、皆さんよろしくお願いします。なんかワクワク。3時限はミクロ。国際貿易の復習。その後は授業準備。帰宅はH先生と一緒でした。なんかいろんなことがあった一日だった。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。授業準備。Kさんと会談、昼飯は弁当。4時限は授業。久しぶりで慣れませんね。データ分析して、帰宅。

| | Comments (0)

NBAにおける人種差別

 NYTに掲載されたNBAにおける人種差別の記事を読むためには、「NYT070502discri_NBA.pdf」をダウンロード 。Pointer to Mankiw's BLOG.

| | Comments (0)

Blinder on Offshoring

 ブラインダーがWaPoに書いたoffshoringに関するop-edを読むには、「WaPo070506Blinder.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Matinee at Shimbashi

Narukami, Okawa-no-Inkyo, and Tsuri Onna (Fishing for a Wife).  Somegoro as Narukami was not bad.  Karoku as old thief was good.  The seat arrangement prevented us from appreciating properly the Fishing for a Wife.  Harimaya cheered Kinnosuke in the play, crying "Kin-chan! Suteki!"  3F Left Seat was pretty bad.

| | Comments (0)

27度?

 暑いね。

| | Comments (0)

BBQ

 美味しかった。CAVAも旨い。

| | Comments (0)

今日は天気がよい

 新鮮な空気がいいです。

| | Comments (0)

Video y Cancion sobre la Enfermedad de Chagas

 Nさん情報。Video y Cancion sobre la Enfermedad de Chagasはこれ

| | Comments (0)

日本ファイナンス学会6月16日のプログラム

 Hさん情報。日本ファイナンス学会6月16日のプログラムはこれ

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 9時半到着。授業準備。Aさん来訪、卒論話。昼飯はおにぎり。Mさん、Nさん来訪、あれこれ。授業準備。帰宅はS先生と一緒。

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »