« スティーヴ・ライヒ:エレクトリック・カウンターポイント/ディファレント・トレインズ | Main | PROGRESA/Oportunidades、メキシコ2006大統領選挙、チアパスの新聞 »

Blair's resignation speech

 スピーチを聞くというのは面白い。先日のバラク・オバマの立候補演説も面白かった。今回はトニー・ブレアの退任演説である。文章で読むには、「bbc_blairs_resignation_speech.pdf」をダウンロード 。聞きながら文章を読むとブリティッシュ・アクセントでもよくわかる。
 興味深いフレーズは以下のもの。『Politics may be the art of the possible - but at least in life, give the impossible a go.』スピーチ・ライターはたいしたものだ。

|

« スティーヴ・ライヒ:エレクトリック・カウンターポイント/ディファレント・トレインズ | Main | PROGRESA/Oportunidades、メキシコ2006大統領選挙、チアパスの新聞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スティーヴ・ライヒ:エレクトリック・カウンターポイント/ディファレント・トレインズ | Main | PROGRESA/Oportunidades、メキシコ2006大統領選挙、チアパスの新聞 »