« 野田智義=金井壽宏『リーダーシップの旅』 | Main | 長谷川 滋利『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』 »

森村稔『自己プレゼンの文章術』

4480063498_01__aa240_sclzzzzzzz_v4567615  森村稔『自己プレゼンの文章術』ちくま新書644。名著。大学生の就職活動でのエントリー・シート(ES)の作文練習テキストとして素晴らしい。60分で800字書く練習(p.29)。『序破急=能楽や浄瑠璃の用語で、導入・展開・結末』(p.125)。

この本の内容:

文章を綴る目的は、人の心をどうつかむかということに尽きる。最も切実に、作文力を要求されるのは就職準備のときだ。その後のキャリアにおいても、そこで培われた作文力は応用できる。企画のプレゼンテーション、学校や職場での小論文テスト。挨拶や自己紹介の場合にも、作文で身につけた構成力と文章力は強い武器になる。著者は広告マンとして、また管理職として、そして大学や企業での講座の形で様々な作文の現場に立ち会ってきた。そこで得た豊富な実例(成功と失敗の体験)をもとに、テーマに応じた作文術のノウハウを解き明かす。

目次:

第1章 そこに読み手がいる(自己表現文を書くということ
目的のある実用文 ほか)
第2章 内容が決め手になる(自己を主題化する
事実と体験にものを言わせる ほか)
第3章 書き方が問題になる(主題を立てる
書き出しが大事 ほか)
第4章 事前に打つ手がある(体験のエキス化
ポジティブな思考と表現 ほか)

 なお、p.137の冗談は私なら言わない。第4章の4はネガティブ・リストになっていて突っ込み不足。ポジティブ・リストで書くべきテーマなのでやや不十分だと思うが、あと一冊新書が書けるテーマなので仕方が無い。

|

« 野田智義=金井壽宏『リーダーシップの旅』 | Main | 長谷川 滋利『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』 »

大学生の就職活動」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 野田智義=金井壽宏『リーダーシップの旅』 | Main | 長谷川 滋利『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』 »