« February 2007 | Main | April 2007 »

今日は土曜日。

 10時半到着。Iさんと遭遇。雑務、お仕事。昼飯はおにぎり。Iさんと面談。帰宅。10歳年下の従兄弟と夕飯、おめでとう。

| | Comments (0)

今日はグアテマラ研修。

 気も張ります。それから、ヤッタ、ヤッタ。

| | Comments (0)

WSJ on Blinder

 Off-shoringの米国経済への影響を述べたBlinderについての記事を読むためには、「WSJ070328WesselDavis.pdf」をダウンロード 。これについてのMankiewブログのコメントはこれ

| | Comments (0)

『図書』岩波文庫創刊80年記念:私の三冊

 『図書』岩波文庫創刊80年記念:私の三冊(2007年4月臨時増刊)。面白そうな人々の三冊をちょっと抜書き(コメントは省略)。
 尾上菊之助:『真景累ヶ淵』、『十二夜』、『葉隠』。桜井英治:『種の起源』、『宗教生活の原初形態』、『平家物語』。佐藤優:『新皇正統記』、『山椒魚戦争』、『カラマーゾフの兄弟』。原武史:『アメリカのデモクラシー』、『倫敦!倫敦?』、『摘録断腸亭日乗』。増田義郎:『ドイツ古典哲学の本質』、『歴史』、『文学に現はれたる我が国民思想の研究』。渡辺利夫:『風土』、『出家とその弟子』、『幸福論』。
 すいません、最近は(も)古典読めてません。

| | Comments (0)

Bill Withers, Lovely Day

FMの音流れる。名曲。Just the two of usもいいね。ベスト盤買おうかな。

| | Comments (0)

今日は一日春合宿

07semi_spring  昼集合。東京証券取引所へ。ゼミ集合写真をとる。次、印刷博物館へ。印刷の実体験があり、感動感激。月島でもんじゃ&お好み焼き(「おしお」和(なごみ)店:中央区月島1-21-5)。新4年ゼミ生全員に会えて嬉しかった。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 10時半到着。お仕事。昼食は定食。Oさんと遭遇。N先生他と打ち合わせ。お仕事。帰宅。

| | Comments (0)

日銀2月金融政策決定会合議事要旨

日銀2月金融政策決定会合議事要旨が発表された。

さらに、このように、経済・物価情勢の改善が展望できることから、現行の政策金利水準を維持した場合、金融政策面からの刺激効果は次第に強まっていくと考えられ、仮に低金利が経済・物価情勢と離れて長く継続するという期待が定着するような場合には、行き過ぎた金融・経済活動を通じて資金の流れや資源配分に歪みが生じ、息の長い成長が阻害される可能性がある、との見方を示した。また、このうちのある委員は、経済情勢の改善が展望できるのであれば、資産や設備の中長期的な予想実質収益率も回復すると指摘した上で、長期的な物価安定のもとで息の長い経済発展を実現するためには、予想実質収益率の回復に対応して、実質利子率を調整し、資源および資金の効率的配分を促すことが望ましいとの見解を示した。

他方、政府側は、

先行きの経済・物価については上振れリスクよりもむしろ、世界経済の動向等が我が国経済へ与える影響や、企業部門から家計部門への波及等が今後の経済動向の鍵となると考えられ、そうした観点から、下振れリスクには十分留意する必要があると考えている。

と述べ、唯一の反対者である岩田副総裁の意見は以下の通りであった。

岩田委員は、① 賃金、個人消費の弱めの動きが払拭されておらず、I T 部門を中心に生産面で、軽度ではあれ踊り場となる可能性が高いという状況のもとで、物価上昇率の先行きに不透明感が強いこと、② 物価の先行きについて、「展望レポート」などで丁寧に説明する必要があること、から、これら3つの議案に反対した。

私は同意する。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。探し物。昼飯はおにぎり。引き続き探し物。雑務。Kさん訪問。友人と夕飯して帰宅。

| | Comments (0)

Frederic S. Mishkin on Inflation Dynamics

Frederic S. Mishkin on Inflation Dynamics.  A must-read article.

The most important development in monetary economics that I have witnessed over my now-long career has been the recognition that expectations are central to our understanding of the behavior of the aggregate economy. Theory tells us that inflation expectations must be a key driving force behind inflation. This dependence has long been implicit in traditional Phillips-curve analysis, but expectations--now in explicit form--are also a central feature of the increasingly popular New Keynesian Phillips curves, in which current-period inflation is a function of expectations of next period’s inflation and resource utilization. Therefore, a natural first place to look for explanations of changing inflation dynamics is a possible change in the expectations-formation process.

And, the following part actually reminds me of BOJ.

These stylized facts--that inflation has become less persistent and now responds less to aggregate demand and supply shocks--can lead to inappropriate policy advice. If we take these facts to be structural and attributable to factors other than monetary policy, we might interpret them as suggesting that the Federal Reserve could respond less to shocks and yet be confident that inflation would remain at a low level. In addition, the smaller coefficient on unemployment gaps in traditional Phillips-curve models, which seems to imply that the sacrifice ratio has gone up, might lead us to think that reducing inflation is very costly because it requires long periods of high unemployment. As a result, policymakers might decide that such an attempt would not be worthwhile and so would be less likely to try to reduce inflation if it were undesirably high. If used in model simulation exercises, the flatter Phillips curve might also suggest that getting inflation down to a particular desired level could take an inordinately long time.

| | Comments (0)

コーポレート・ファイナンスのopen course

 東工大のコーポレート・ファイナンスのopen course。立派な社会貢献。

| | Comments (0)

今日は土曜日。

 昼に到着。会議。7時半終了。帰宅。

| | Comments (0)

昨日は卒業式

 9時半到着。雑務。昼飯はI先生、N先生他と一緒。卒業証書授与式。おめでとうございます。歓談や写真撮影。晴れてよかった。貸切バスにて新宿へ。卒業パーティ=謝恩会。楽しかった。実行委員の皆さん、お疲れ様、そして有難う。バーでちょと飲んで、帰宅。きれいなお花もありがとう。

| | Comments (2)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。Oさんと面談。Rさん、Mさん、Tさん、Nさん、Hさん、Sさん到着でプレ卒業ピザ・パーティ。皆さん、卒業おめでとう。コンピュータ問題で、時間が食べられちゃった。ムムム。帰宅。

| | Comments (0)

Mexico: No Hike, No Comfort (March 20, 2007) By Gray Newman

Mexico
No Hike, No Comfort
March 20, 2007

By Gray Newman | New York

When Mexico’s central bank meets this week, we expect it to keep interest rates unchanged.  More importantly, however, we expect it to back away from the rigid rule it put in place in its February 23 communiqué and replace it with new hawkish language giving it maneuvering room to hike in the future.  The March communiqué — set for release this Friday — is unlikely to resolve the debate in the market on whether Banco de Mexico will be prompted to hike this year, but it is likely to push out the date of any possible hike.

We maintain our forecast of no hike in interest rates in Mexico in 2007 and still expect interest rates to have room to fall in 2008, but concede that Mexico watchers are unlikely to be given much comfort that our forecast of the rate path is the correct one.  Both the inflation readings in the months to come and the central bank’s statements are likely to keep the debate over interest rates alive at least through the third quarter.  That does not mean we cannot have positive reports with lower-than-expected readings; indeed, that could take place this week. Only that the improvement on the inflation front in Mexico is likely to be bumpy, with conflicting signals between core and headline and between month-over-month and year-over-year readings.

Reversing the February rule

The February communiqué was one of the most unfortunate statements made by Banco de Mexico in recent memory, in our view.  The communiqué issued an ultimatum: either core inflation would begin to show a reversal in March in both year-over-year and month-over-month terms or the central bank would move to hike interest rates (see “Mexico: Banco de Mexico’s Ultimatum” in This Week in Latin America, March 5, 2007).

We suspected that Banco de Mexico never intended to jettison its long-stated focus on whether the current transitory uptick in inflation was beginning to contaminate wage agreements, inflation expectations or other prices.  Instead, we suspect that the central bank wanted to accomplish two things in February:

• First, Banco de Mexico wanted to send a strong signal that interest rate cuts were now out of the picture.  In January, the central bank first suggested that a hike could be necessary, but the language was almost a line of central bank boilerplate that simply stated that the central bank would act if it needed to.  The February statement was designed to prepare the market in the event that a hike was needed.  Recall that the central bank has been sensitive to concerns that it may have mislead the market with its relatively benign statements in November and December, which did not suggest the sharp uptick in inflation that took place in January. 

• Second, the central bank wanted to signal that the longer inflation remained significantly above its targets, the greater the risk that expectations, wages and other prices could be contaminated. We suspect that the February communiqué was meant to convey that Banco de Mexico would not necessarily have to wait until wages or medium-term expectations or other prices began to move up to act.  The central bank was trying to avoid a rigid rule limiting when it could hike rates.  But by avoiding that rigid rule, it set itself up for a much more rigid precept that, if read literally, was even worse: the February communiqué risked shifting attention away from what really should drive central bank policy, namely whether the current supply shock was threatening the medium-term trend of inflation. In addition, it introduced an artificial deadline. If other prices, wages or expectations began to show a worrisome trend, we’d expect the central bank to consider acting regardless of what happens to March’s core readings.  And, alternatively, if Mexico suffered an unexpected supply shock in the second week of March which monetary policy is particularly unsuited to deal with, we’d hope that monetary policy wouldn’t be on autopilot, forcing the central bank to hike rates. 

March’s communiqué

Banco de Mexico’s statement on March 23 is likely to contain three elements.  First, we expect it to note that core inflation is showing an improvement in the first half of March, but to warn against extrapolating from such limited data.  Second, we expect the central bank to argue that it will continue to watch core carefully in the months to come and will remain ready to act if deems it appropriate — either because some contamination is being seen or because it fears that such contamination is likely.  Finally, we expect the central bank to note that the Mexican economy is slowing sooner and at a somewhat more pronounced pace than the central bank thought at the beginning of the year.

While the statement on a slowing economy might provide some relief to those worried that Banco de Mexico is ready to act, that comfort is likely to be offset by the statement that the central bank reserves the right to act in the months ahead even if it does not see any contamination.  The risk of contamination may be enough to provoke Banco de Mexico to move.

The good news on Mexico’s inflation front is that we are not seeing any generalized pressures on prices.  Medium-term expectations remain well-anchored, other prices have not suffered an uptick and wages remain consistent with a move towards the target of 3% inflation.  This past week, one of the most contentious wage negotiations ended with the electricity workers union accepting a 4.25% increase in wages.  While you can debate what the pace of productivity growth is within Mexico’s electricity sector, there is little doubt that with modest productivity growth in the broader economy, a 3% inflation target is not put in jeopardy by wages growing near 4%.

Our concerns are two-fold: while core is likely to improve in the months to come, the path is likely to be bumpy; and headline readings could easily move above 4.5% and closer to 4.6% or 4.7% in May, June and July before turning down.  Of course, much of the uptick is due to little more than a difficult base of comparison, and should not matter.  Still, it is likely to attract attention and provide cause for concern at the central bank. After all, with a bumpy core and high headline year-over-year numbers, there is some risk that they could begin to contaminate expectations and wages.  If enough economic agents think inflation is on the rise and act accordingly, it will likely turn up.  We suspect that this will not be the case, in part because we see the economy slowing in 2007, which is likely to take off some of the pressure that was building last year. 

Bottom line

We are much less concerned about inflation in Mexico than we are about the prospect for reforms to move forward.  On that front, the authorities have made some progress this past week with a bill in congress with broad political support to stem the fiscal losses associated with Mexico’s ‘pay as you go’ public workers pension system.  But while that is positive, we are concerned that convincing the broad policymaking class to take politically costly steps in other areas while facing an abundance of convergence inflows will be difficult.  That, and not the temporary inflation scare at the beginning of this year, remains Mexico’s greatest challenge, in our view.

| | Comments (0)

古代出雲への旅―幕末の旅日記から原風景を読む

412101802801_aa240_sclzzzzzzz_ 関和彦『古代出雲への旅―幕末の旅日記から原風景を読む』中公新書。なかなか渋い本。江戸末期も末期の民間の知識レベル、知的交流、そして間に挟まれた明治から大正・昭和のいろいろな変化を垣間見せる。

| | Comments (0)

算法少女

448009013401_aa240_sclzzzzzzz_ 遠藤寛子『算法少女』ちくま文庫。江戸時代に同名の算法の書物があったというところから出来上がった想像のストーリー。心暖まるお話。

| | Comments (0)

The Role of Intelligence in Modern Society

Written by Earl Hunt.  This article originally appeared in the July-August 1995 issue of American Scientist.  He wrote this and that.

| | Comments (0)

昨日は火曜日。

 9時半到着。雑務。打ち合わせなど。昼飯は定食。2時にTさん、Kさん、Mさん、Oさんに着て頂いて、ゼミパンフ印刷&製本作業。Thank you, thank you.  Kさんと一緒に春日部に向かい、ゼミ連追いコン。あぁ楽しかった。ちょいと二次会やって帰宅。余は満足じゃ。

| | Comments (0)

手の内見せる欧州の中銀

手の内見せる欧州の中銀(けいざい解読)2007/03/18, 日本経済新聞 朝刊, 3ページ

欧州総局 吉田ありさ
 政策金利はこの先どう動くのか。中央銀行がそんな自らの金利見通しを示すのは、手の内を明かすのに等しい。長くタブーに近かったが、最近はスウェーデンなど欧州で開示に踏み出す中銀が相次いでいる。金融政策の透明性を高め、様々な憶測で市場が混乱するのを防ぐのが狙いだ。
?   ?
 「金融政策をできる限りオープンにしたい」。十四日、スウェーデン中部の町ショピング。ステファン・イングベス中銀総裁は地元企業の代表らを前に、今年から金利見通しを公表し始めた理由を説明した。二月にまとめた経済見通しの主シナリオでは政策金利は今の三・二五%から約三年かけて三・七五%に上がる。あくまで現時点の予測だが、見通しを伝えた方が国民は計画を立てやすい、と開示に踏み切った。「外れるかもしれないといって気象庁が来週の天気予報を出さないのは変でしょう」
 お手本は隣のノルウェーだ。中銀が年三回、金利予測を公表し始めた二〇〇五年以降、市場の安定度が高まった。「状況が変わったから」と、見通しと逆の金利変更をした時も混乱はなし。エコノミストも「考えを常に明示する中銀に市場の信認が高まった」(モルガン・スタンレーのトマス・ゲイド氏)と評価する。
 チェコ中銀も三月初め、金利予測を来年から公表すると発表。一九九八年から公表しているニュージーランドも含めると四カ国になった。すべて中期的に望ましい物価水準の目標を明示して金融政策を運営する「インフレ目標政策」を採用している中銀だ。
 「彼らの経験に学びたい」。主要国で唯一インフレ目標を導入している英中銀イングランド銀行。レイチェル・ロマックス副総裁は最近の講演で北欧の試みを紹介し、「予測」が「約束」と誤解されるリスクを懸念しながらも導入に意欲を示した。英中銀は一月の利上げが市場の意表を突く形になって、英ポンドや市場金利が乱高下する騒動を招いたばかり。想定する金利の道筋を示せれば市場との対話が円滑になり、政策効果も素早く浸透する。インフレ目標の次の一歩だ。
 欧州中央銀行(ECB)でも、トリシェ総裁が記者会見で「物価安定への監視」「警戒」といった独特の言い回しを使い、二カ月くらい前から市場が次の利上げを予想できるような誘導を始めている。日銀の利上げをめぐる憶測や与党幹部、閣僚の発言で市場が揺れた一月の日本のような混乱は起こっていない。
?   ?
 米国ではバーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長がインフレ目標の採用に前向きだが、反対論も強く、物価や経済成長率見通しの公表回数を増やして中身を拡充するといった代替案を検討中。就任間もない昨春に発言のたびに市場が乱高下した経験があるだけに、同議長は「市場と対話する道具」を探している。
 憶測で生じた動揺も瞬時に広がりかねないほどグローバル化した金融市場で、中銀がどう説明責任を果たせば信頼を得られるかは、どの国でも重い課題だ。政策の決定後だけでなく、途中段階でも考え方を発信し、立ち位置を明確にする――。こんな欧州の取り組みが、世界の中銀の新潮流になる可能性もある。
【図・写真】グローバル化した市場で、中銀の説明責任はどの国・地域でも重い課題だ

| | Comments (0)

日本経済新聞2007年3月20日

 2008年度採用計画調査(一次集計)の結果。日本経済新聞2007年3月20日。三点。第一に、文理の区別がないので、数字としての価値は格段に下がる。第二に、コメントに書かれた小島氏の意見は頷けるところが多いが、企業にとって戒めるべきは「早期採用」というよりも「早期での短期間での採用」であると思う。早期から始めても長期間かける場合には、学生は将来のことをその間にじっくり考えることができる。逆に、四月一日から一週間で採用を決めるのは、その企業についてじっくり考えることができないので、あまりよくないはずである。この点、今年の就活戦線は気がかり。第三に、大卒・短大等卒・高卒の区分がなされているが、JR三社の違いが明確に出ていて興味深い。JR東日本は、それぞれ200、0、1350(総計1550)である。JR東海は、それぞれ305、150、365(総計820)である。JR西日本は、70、50、880(総計1000)である。JR西日本は典型的な階層型組織であることが推測される。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。面会。雑務。昼飯は定食。Sさん、Hさん、Iさん、Oさんが会合。雑務。N先生とH先生が食べ物を探しに来た。Mさん訪問。Good luck!  Nさん訪問、しっかり行こう。帰宅。

| | Comments (0)

YOSHITSUNE SENBON ZAKURA (Yoshitsune and the Thousand Cherry Trees): Evening Show

At evening show, all the actors were superb.  I like Takataro, not to mention of Nizaemon and Kikugoro.  I wonder how many times more I could see Otowaya perform his stylish 4-no-kiri. 

Konomi, Kokingo Uchijini (The Chestnut Tree and the Death of Kokingo)
Wakaba-no-Naishi (Tozo), the wife of the Heike commander Koremori, travels with her young son and their retainer Kokingo (Senjaku), searching for her husband. While resting in a small mountain village, they are met by Gonta (Nizaemon), a local bully who skillfully cons them out of their money. Later they are set upon by Genji forces, and in a spectacular fight scene, Kokingo sacrifices himself to save his mistress and her son.
Sushiya (The Sushi Shop)
Gonta's father Yazaemon (Sadanji) runs a sushi shop, but was formerly a retainer of Taira no Koremori. With his clan defeated, Koremori (Tokizo) now lives with Yazaemon's family disguised as a humble apprentice. Innocently, Yazaemon's daughter, Osato (Takataro) is in love with him. But knowing of the bounty on Koremori's head, her brother Gonta kills him and turns his wife and child over to the Genji commander. Furious at his son, Yazaemon stabs him, but before his death, Gonta reveals that he only pretended to kill Koremori and sacrificed his own wife and son to save the real Koremori and his family.
Kawatsura Hogen Yakata (The Mansion of the Priest Kawatsura)
Yoshitsune (Baigyoku) has taken refuge in the mountains of Yoshino at the mansion of an old ally. Tadanobu (Kikugoro) arrives but has no recollection of Shizuka being placed under his care. Shizuka (Fukusuke) herself soon arrives with the other Tadanobu and after an investigation they discover that he is actually a fox (Kikugoro). In a touching story, the fox tells how he took on human form to be close to the hand drum which is made from the skins of his fox parents.

| | Comments (0)

Democracy and Economic Growth

Ed GlaeserとDaron AcemogluがWSJのEconomic Blogで民主主義と経済成長の関係について議論をしている。ファイルでは、「WSJ070313democracy.pdf」をダウンロード 。リンクはこれ

| | Comments (0)

Yoshinoyama (Mt. Yoshino)

Otowa-ya danced very gently.  Matsushima-ya acted really well.  Very comical.

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 9時半到着。雑務。昼飯はN・H・S先生と一緒。雑務。Sさん訪問。会議。懇親会。S・R先生と帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。Tさんと面談。昼飯は定食。雑務。4年生の皆さんと会合。帰宅。

| | Comments (0)

FTから二本

 金融業がこんなに儲かるのはなぜかと書いたop-edは「FT070313Augar.pdf」。フレッド・バーグステンの中国の外貨準備についてのop-edは「FT070312Bergsten.pdf」

| | Comments (0)

西村清彦、経済教室

 西村清彦、2007年3月13日日経朝刊32面、経済教室、『構造変化・不確実性下の金融政策:先を読み、慎重な対応必要-1,2年先まで展望、短期的な振れ見極めて』
 1,2年先まで展望しているのなら、利上げを四月まで待って、その展望を教えてくれてからでも良かったのじゃないだろうか。たった2ヶ月、急ぐ必要はあったのだろうか?あと、総供給側について、潜在成長率などより詳しく教えて欲しかった。

| | Comments (0)

今日は月曜日

 9時半到着。雑務。昼飯は鶏肉のトマト風味。雑務。帰宅。

| | Comments (0)

Economist on Great Inflation

Stephen Cecchetti, Peter Hooper, Bruce Kasman, Kermit Schoenholtz and Mark WatsonによるUnderstanding the Evolving Inflation Processに関するEconomistの記事を読むためには、「Economist070308hump.pdf」をダウンロード 。関連して、Cecchetti and KashyapによるFTのOp-edを読むには、「FT070308Cecchetti.pdf」をダウンロード 。なお、Kashyap氏は、一年前に「物価安定への理解」について鋭いコメント(「FT060313Kashyap.pdf」 )を寄せており、最近も1・2月のBoJの決定に鋭いコメント(「WSJ070301Kashyap.pdf」)を寄せている。

| | Comments (0)

Economist on Venezuela

 英紙Economistによるチャベスの政党集束イニシアティブについてのレポートを読むためには、「Economist070308Venezuela.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Economist on Chinese Property Regime

英紙Economistによる中国における所有権状況についてのレポートを読むためには、「Economist080308China.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

三浦佑之『古事記講義』

4167725037_01__aa240_sclzzzzzzz_v4389438  三浦佑之『古事記講義』文春文庫。この手の話には皆目無知なので、興味深く読んだ。

 memo to self。p.12: 8世紀初頭に古事記は筆録で成立。p.15: 7世紀半ばの語り部の末裔=阿礼をイメージ。p.64: 三柱の女神と、出雲の三柱。p.76: アマテラスの入り込み⇒日御碕神社の配置。p.93: ワラフ、エム、エラクという三つの「笑い」(See Paul Seabright, The Company of Strangers)。p.164: スサノオ伝説と水田稲作の起源(出雲)。p.170: 肥の河=斐伊川の流路変更と灌漑。p.190: ヤマトタケルは4世紀半ば頃。p.225: ヤマトタケル、走水の海(浦賀水道)を渡ろうとする⇒オトタチバナヒメ。p.255: 歌舞伎へのおそらくはprejudice。p.263: 5世紀末の河内(難波)王朝の断絶。p.272: 『出雲は新墾(にひはり)』⇒その後の「あしひきの…」と同様に考えれば、稲や酒の枕詞かも?pp.287-『出雲神話と出雲世界』。p.309: 『推古朝あるいは6世紀末から7世紀初頭という時代は、日本列島において、国家が自覚され、内部的な統一がめざされ、隋や朝鮮半島と向き合うことになった最初の時代だといえるでしょう』。p.313: 出雲国風土記の空間認識。p.329: 国引きの出所(新羅、隠岐が二つ、能登半島)。p.344: 高志=越。p.347: 新潟県姫川、ヒスイ、加工地の変遷。p.359: 『海人系氏族である安曇氏の拠点が筑紫の志賀島にあり、その痕跡が遠く信州の安曇野にまで及んでいるのも、彼ら一族が日本海ルートを北上し、信濃川を遡上したからだと言われています』。

 なお、巨木遺跡で有名な三内丸山遺跡は「今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落」のもの。また、幻の中世都市十三湊は、鎌倉時代から室町期にかけて港町として栄え、数々の貿易を行っていたと伝えられる。

| | Comments (2)

Yoshitsune and the Thousand Cherry Trees

 Yoshitsune and the Thousand Cherry Trees.  The performance detail is 「Kabuki_Yoshitsune1000.txt」.  In "Torii Mae," Takasago-ya represented a great Yoshitsune.  Narikoma-ya (Fukusuke) was a beautiful Akahime.  Otowa-ya started a great Kitsune-Tadanobu.  In "Tokaiya, Daimotsu no Ura," I'm sorry to say that I was sleepy after eating curry-and-rice.  "Yoshinoyama" was a great performance with cute Narikoma-ya (Shikan), versatile Otowa-ya (Kikugoro), and comical Matsushima-ya (Nizaemon).  It was a great piece of performance.

| | Comments (0)

還付可能な税額控除

還付可能な税額控除(refundable tax credit)。

 格差拡大への税制の対応―還付可能な税額控除の活用― 
… 一橋大学国際・公共政策大学院教授 田近 栄治 
… 財務省財務総合政策研究所研究官   八塩 裕之 
(税経通信2007年4月号)

 弱い負の所得税。child tax creditにすると少子化まで目配りして一石二鳥?自習課題。
 なお、3月10日日経朝刊5面によれば、お二人とも政府税調の調査部会のメンバーになるとのこと。なかなか重厚な布陣(小倉頑張れ)。前者が部会長。とすると、実現するのかしら。

【補足】de LongによるMilton Friedmanについての伝記についてのレビューに以下の記述があった。

Friedman’s negative income tax is one of the parents of what is now America’s largest anti-poverty program, the Earned Income Tax Credit.

 なるほどである。

| | Comments (0)

Krugman vs. Anna Schwartz

 NYREVでのKrugman vs. Anna Schwartzを読むには、これ

| | Comments (0)

ウルタードの代わりにカルデロンが得たものは…

 Universal誌のEstrictamente Personalの「未経験の大使たち」と題された記事を読むには、「Universal070302RivaPalacio.pdf」をダウンロード 。カルロス・ウルタードのBanxico副総裁人事を犠牲にして、カルデロンはこういう人事を勝ち取ったのか。重要なことは、このようにしてカルデロンとベルトロネスのcommunicationが確立されているようだとのこと。PRI総裁になったBeatriz ParedesとBeltronesとの駆け引きは見もの。
 カルロス・ウルタードはおそらくルイス・テジェスの門下であるが、ITAM-ChicagoということでおそらくCarstensとの関係も浅からぬはず。パコ・ヒルの歳出次官だったし。とすると、Banxicoは欲しかっただろう。金利引き上げ示唆がOrtizからCalderonからのメッセージだったとすると、う~む、なかなか深い。
 なお、駐中国メキシコ大使のポジションは、経済政策上重要なはず。キャリア外交官にこだわる必要はないはず。でも、Cemexの人間じゃなかったんだってさ。2007年3月7日の記事で修正してます。

| | Comments (0)

Ebrard、AMLOから離れる?

 メキシコ市長Ebrardの賭けと題されたJorge Chabatのop-edを読むためには、「Universal070309Ebrard.pdf」をダウンロード 。ひょっとするとwishful thinkingかもしれないが興味深い。

| | Comments (1)

カルデロン政権の対貧困政策

 カルデロン政権の対貧困政策が発表された。これ。都市貧困に焦点を絞り、子供健康保険、one stop window、貧困層への住宅ローンを骨子としているよう。後者は、当然credit rationingの可能性があり、政治的に使われる可能性がある。要約はEl Universalのこの記事、「Universal080309pobreza.txt」。チワワ州で発表されたことにどんな意味があるだろうか。

 【検討すべき憶測】南部より北部のほうが都市貧困の割合が大きい。南部より北部の支持基盤固めに行っているのか?そうだとすると、backwardだね。

| | Comments (0)

メキシコの金持ち

 フォーブスの発表。「Expansion070309ricos.txt」

| | Comments (0)

メキシコ人の半分は携帯をもっている

 Cofetelの統計発表。「Expansion070309celular.txt」

| | Comments (0)

¿Aumentarán las tasas de interés?

 メキシコ中銀の金融政策についてのExpansionの記事。「Expansion070308Banxico.txt」。関連マイ・リンクはこれ。Core inflationが3.95でターゲットの4以内だったから上げないんじゃない?(要検討)

| | Comments (0)

Los MBA en México

 上位は順当だが、後半の下位、そしてリクルーティングとjob huntingの話は興味深そう。「Expansion070216MBA.txt」

| | Comments (0)

Hurtado fue rechazado para el Banxico

 カルロス・ウルタードがメキシコ中銀の副総裁になる議案が国会で野党の反対で否決された。ふうん。

Hurtado fue rechazado para el Banxico
Publicado: 10:06 08 de marzo de 2007
CIUDAD DE MÉXICO (Dow Jones)  — El Senado mexicano rechazó el jueves la nominación de Carlos Hurtado para el cargo de vicegobernador del Banco de México, en lo que constituye uno de los primeros tropiezos del presidente Felipe Calderón en el Congreso.

El Senado se opuso al nombramiento de Hurtado por 68 votos contra 45.

La nominación del ex subsecretario de Hacienda generó una resistencia sorprendentemente fuerte entre los partidos de oposición, que se quejan de un incremento del gasto gubernamental durante el gobierno del ex presidente Vicente Fox, cuando Hurtado estaba a cargo del gasto en la Secretaría de Hacienda.

La Comisión de Hacienda del Senado mexicano había votado el miércoles por la tarde en contra de la integración de Carlos Hurtado a la Junta de Gobierno del Banco de México, con lo que aumenta la probabilidad de que todo el Senado rechace la nominación del ex subsecretario de Hacienda.

La comisión votó ocho a cuatro una medida para oponerse a la designación de Hurtado como vicegobernador del banco central mexicano, con lo que logró la mayoría en ese panel integrado por 15 personas.

La votación se limitó a líneas partidistas, esto es, los miembros del gobernante partido de Acción Nacional -o PAN- respaldaron al candidato, mientras que el resto votó contra él.

El Senador José Eduardo Calzada, del Partido Revolucionario Institucional -o PRI-, quien presentó la moción el lunes, cuando contaba con el apoyo de sólo seis votos, indicó que espera que la votación de la comisión en contra de Hurtado sea ratificada el jueves por todo el Senado.

 関連記事としては、「Notimex070227Hurtado.txt」。Gary Newmanの洞察力もたいしたものだ。

| | Comments (0)

新潟県金融経済懇談会における岩田副総裁挨拶要旨

新潟県金融経済懇談会における岩田副総裁挨拶要旨(3月7日)と記者会見要旨が発表されている。2月の金融政策決定会合の利上げに際して、唯一の利上げ反対者であり、その講演が注目されていたと思う。まず、添付された図表集の図表11に需給ギャップとユニット・レーバー・コストが掲載されている。講演で注目したのは以下の表現。

 最後に、日本銀行と市場との対話について、必ずしも円滑に行われていないのではないかとの批判があります。中央銀行は、「金融政策運営に関する基本的な考え方」と「金融経済情勢に関する判断」を市場や国民に対して丁寧に説明する必要があります。この2つの点について丁寧に説明することによって、金融政策運営の透明性が確保されるばかりでなく、政策の有効性も高まることになります4。

 
市場参加者は、中央銀行が提供する情報をもとに自らの経済物価観をすりあわせながら金利形成を行っています。中央銀行は、市場金利やイールドカーブの動きから市場参加者の経済物価観を読み取ることが出来ます。市場との対話とは、このように双方向のものです。ここで重要なポイントは、中央銀行は、政策運営についての大きな流れを示すけれども実際の政策のタイミングまでは特定しないということです。

 金融政策決定会合においては、各委員はそれまでに入手可能な最新のデータや情報をもとにして、経済・物価の現状と先行きを討議します。従って、あらかじめ政策のタイミングを市場に知らせることはありえないし、仮にそうした場合には、市場から情報を読み取ることが出来なくなってしまいます。市場と中央銀行との対話は、可能な限り雑音や歪みのない形で行うことが望ましいといえます。(太赤字は引用者の私)

そして、4の注には以下のような文章が付されている。

4イングランド銀行の市場とのコミュニケーション・ポリシーについて、キング総裁は、中央銀行は、「金融政策の目標」と「経済の現状と先行きについての分析」という2つの鍵となる情報を市場に提供することによって、市場の政策金利に関する期待形成に資するようすべきであるが、誰一人事前に結論を知ることが出来ない、利上げするかどうかといった金融政策の決定についての情報は、市場に提供すべきでないと論じています。詳しくは次のスピーチを参照して下さい。 “Speech by Mervyn King Governor of the Bank of England at the Lord Mayor's Banquet for Bankers and Merchants of the City of London at the Mansion House”, 21 June 2006

 市場との対話は、双方向のもので、市場は中央銀行が出す情報(これは、統計情報だけでなく、講演などの政策や分析に関する情報も含まれると考えられる)を読んで、自らの経済物価観とすり合わせて金利形成を行う。中銀は、その金利をまた読んで政策判断をしている。この双方向性が重要であり、政策のタイミングを仮に中央銀行が事前に知らせてしまった場合には、中央銀行は市場から情報を読み取ることができなくなる。箴言である。

 次に、記者会見ですが、以下の発言が重要だと思う。

 私の異論は、簡単に言えば、消費者物価指数(除く生鮮食品)の先行きについての不確実性が高い、あるいは不透明性が高いという点が、重要なポイントです。従いまして、長い目で見て、日本経済の拡大のメカニズムがしっかりしており、しかも、世界経済の拡大メカニズムもしっかりしていれば、いずれ消費者物価も安定的にプラスの方向に動いていきます。目先は確かに下振れと言いますか、ゼロないしはマイナスということもあるでしょう。しかし、そうした長い目で見た場合のメカニズムについて、私に異論があるわけではありません。但し、不確実性ということをもう少し敷衍しますと、物価の上昇を押し上げていく力、一つは経済全体の需要と供給のギャップ――GDPギャップと言って良いと思いますが――をみますと、今回の景気回復あるいは拡大局面は、私どもの計測ではマイナス2~3%のところからプラス1~2%のところまで次第に上昇してきており、これが物価を押し上げる力として作用することは間違いありません。しかし、それを少し仔細にみますと、実はいくつか不確実性があるわけです。もちろん、皆さんもご承知のように潜在成長率は、私どもは1.5%~2%と述べていますが、それが1.5%に近いのか、2%に近いのか。あるいは、需給ギャップの計測の仕方でも、稼働率といっても、資本の稼働率については、製造業には非常に明瞭なものがありますが、労働の稼働率については労働の参加率やパート比率等、色々と構造的要因と景気循環的要因をどのように上手く仕分けるかといった技術的な問題があります。そういうこともあって、ある程度幅を持って需給ギャップの大きさをみていく必要があると思います。内閣府でも、最近の需給ギャップの数値はプラスとなっていますが、計測には常に誤差が伴うということも考慮する必要があります。そして、仮に正しく計測された需給ギャップというのを私どもが見ているとしても、物価がそれに対して十分に感応的に反応するかどうかは、構造的な変化があるかもしれません。例えば、グローバル化の進展とか、消費者物価指数が仮に一番川下に位置するとしますと企業物価指数は少し川上になりますが、川上の上昇圧力が、どのくらい川下の押上げ圧力に上手く働いていくのかどうか。あるいは、最近の統計をみますと、賃金がやはり伸び悩んでいますので、単位当たり労働費用が順調に物価を押し上げるような力になっていくのかどうか。さらに付け加えれば、指数の改定があって、過去使っていた物価指数と新しく改定されたもので、例えば需給ギャップに対する感応度が何か変化していないか。少し中身をみますと、新型の薄型テレビなどの耐久消費財の価格が大幅に下がってますが、そういう品目の入れ替え等による効果とか、そういったいくつか不確実性がありますので、これらを丹念に分析する必要があると思っています。そういう点の不確実性を、おそらく他の政策委員と比較しますと私の方がより高いと考えたところが、主な違いだったのではないかと思っています。

 物価に関する注目点の骨子を言い表したまとめである。

| | Comments (0)

昨日は木曜日。

 9時半到着。Oさんと面談、祝。会議。会議。会議。Tさん訪問。電車に乗って講演へ。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。雑務。Kさんと面談。自分でつかんだ教訓をものにすること。昼飯は定食。雑務。N先生とお茶。Nさん訪問。帰宅。

| | Comments (0)

日経ビジネス2007年3月5日号、『三州製菓』

日経ビジネス2007年3月5日号、『三州製菓』、パートも分け隔てなく戦力化。

| | Comments (0)

日経ビジネス2007年3月5日号、『豪マッコーリー銀行』

日経ビジネス2007年3月5日号、『豪マッコーリー銀行』、箱根路と関ヶ原で再生運営。

| | Comments (0)

遠山正道『スープで、いきます』

4103011513_09__aa240_sclzzzzzzz_  遠山正道『スープで、いきます: 商社マンがSoup Stock Tokyoを作る』新潮社。

 芸術家タイプは個人営業から抜け出させず、会社を作れないという印象があるが、このようにやれば会社は作れるという実例。非芸術家タイプがこれを直接真似していいとは思えない。pp.32-42のプレゼン資料は非芸術家タイプにも一見の価値が大いにありだと思う。

| | Comments (0)

Gary Newman on Banxico

 MSのGary NewmanによるBanxicoについての分析を読むには、「MS070306Mexico.doc」をダウンロード 。記事中の2月26日のBanxico's surpriseと言っているのは、おそらくは2月23日のcomunicado de prensaではないか。最終節に似た文章がある。

| | Comments (0)

拓殖大学海外事情研究所『海外事情』2007年2月

 拓殖大学海外事情研究所『海外事情』2007年2月。特集=ラテンアメリカの政権交代。恒川(Latinobarometroを中心とした民主主義分析)、遅野井(中央アンデスの政治動向)、後藤(キューバのPost Castro)、浜口(ブラジルのボルサ・ファミリア)、柳原(生活安全保障視点でのLAデータ検討update)。

| | Comments (0)

エボ・モラレスの講演に行きました

 3月6日(火)ジェトロ本部5階展示場にて満員。

 エボ・モラレス氏は背が低くない。ネクタイはせず、マオ系のジャケット着用。同行の大臣の一人は、黒ジャケットに黒Yシャツ、そして派手なネクタイに口ひげという興味深い格好。冒頭のジェトロ理事長の開会挨拶には、天然資源についての政府の政策に懸念を持っている人も場内にいるだろうとのコメントが含まれていた。

 モラレス大統領は、「民主革命」、「深い変革」、「先住民農民」、「回復」を強調したスピーチ。社会運動だけでは「紙に書かれた約束」しか手に入らないので、政治運動に参加したと語った。大統領選挙の成果については50%以上の得票を得たことを信認の証拠として強調。天然資源政策については、収用および追放は行わないことを明確に言明。海外投資家は投資が回収され、利益も得られることを強調。ただし、契約が国会を通ることによって法的根拠を得ることが重要と指摘。また、国家=政府と企業との間の利益分配を見直すことも言明。政府の財政黒字を強調。立憲議会の進行に期待。この他、農地改革においては、農機具の機械化による生産性向上と並行すると強調。道路建設の進捗状況についても成果を強調。国際収支については外貨準備にも自信。日本については、債務減免に感謝。人間的生活の擁護に共通の関心を持っていることを強調。最後に、ラテンアメリカの統合、戦争反対(立憲議会に提案)、そして環境保護についても前向きさを強調。

 場内からの質問は3人で計5つ。最初の若い女性は、鉱業について二つの質問。第一問は、予定されているという新鉱業政策は、投資保護協定によって保証されている内国民待遇と矛盾しないのかというもの。第二問は、やはり予定されている新鉱業政策に、輸出税が含まれるかもしれないとの報道について、輸出税はボリビア産品の競争力を失わせると思うがどうかというもの。モラレス大統領は、「時間を有効に使うために、何人かの質問を受け付けてからまとめて答える」とアレンジ。次の、日本ボリビア協会関係者の男性の質問は二問。第一問は過去の国有化を踏まえて、国有化によって生産が悪影響を受けないか。第二問は、農地改革と生産減退の可能性について。

 モラレス大統領は、鉱業については、輸出額と国庫収入について、石油ガス関連と鉱業関連を比較して、鉱業については輸出額に比べて国庫収入が低いことを強調。農地改革については、機械化を進めると回答。

 最後にもう一人、ペトロブラスの男性が、ボリビアはチリに天然ガスを売るのかと質問。大統領は、両国の最近の外交関係に触れ、両国の外交議題にエネルギーが含まれていると回答。資源問題についての基本方針は、第一にhumanidad、第二にgananciaだと重ねて強調した。

 【注意】録音もしていないし、お話を聞いて適当にメモをとっただけなので、内容の正確さは保証しませんので、あしからず。

 【後記】NHKのこの件に関するニュースでは25%って言ってた。講演で言ってたかな?私のヒアリング力不足?なお、エボ訪日を伝えるBolpressの記事を読むためには、「Bolpress070307Evo.txt」をダウンロード 。これを読む限りでは、戦争反対を日本の9条と引っ掛けたのかもしれないが、それはメディアには伝わっているのだろうか?あと、研究者は10人はいたので、投資家が200人以上というのは、…。ABIの記事を読むためには、「ABI070306Evo.txt」をダウンロード 。あと、これはinformative。

| | Comments (4)

ES質問の解読

 ES執筆もIQと愛嬌である。つまり、的確な企業研究とエピソード選びが重要である。多くのB to C企業のESは説明会の前にある。その心は、志望度の低い人に丁寧に自ずと辞退していただくことであろう。簡単に言うと、椅子取りゲームであり、もっとも椅子に座って欲しくない人は他の企業のESを簡単に流用する人である。企業は、正確に文書を作成できる人、かつ、企業研究に時間を使ってくれる人と面談をしたいと思っているはずだ。
 ES執筆について、一般論と自己訓練法については、先に紹介した名著森村稔『自己プレゼンの文章術』を見ればよい。ここでは、具体的なESの質問にこめられた意味を解読してみよう。下記は唯一の正解ではない。重要なことは、質問にこめられた会社のメッセージを自分で読み取り、戦略・戦術をたてて臨むことである。以下、五つの質問を考察しよう。
 ①『○○という会社で、あなたはどんなふうに活躍したいですか?』: この質問は、○○という会社から出されたもの。あえて、「○○という会社」と<という>表現が使われていることに注目する。そのメッセージは、「企業の中味を研究してね」ということだろう。ただ、どういう視点から研究したらよいのかが課題になる。次に、「活躍」という表現は、いつごろの活躍か明示されていないことに注意。つまり、書き手が時期を決める必要がある。それでは、「時期に応じた企業での活躍」を書くために参考になる「企業研究」とはなんだろうか?おそらく、最も簡単に入手できるものは就職ナビゲーション・サイトに掲載されている各社での先輩のキャリア経路である。これら「先輩の活躍」を参考にしながら自分のキャリアパスを考えればよいのだろう。参考というのは真似ではない。だいたい、5年から7年ぐらいイメージできればいいのではないだろうか。
 ②『××という会社は「明るさとおもしろさ」を重視しています。これを踏まえて、あなたの「明るさとおもしろさ」を教えてください』: 第一文で目をひくのは当然、「××の明るさとおもしろさ」」ということであろう。それは具体的に何なのか?どういうプロジェクト、どういうサービス、どういう製品にそれが表れているのか?つまり、「明るさとおもしろさ」に焦点を絞った企業研究をやって欲しいというメッセージである。この企業研究をやることが「これを踏まえる」ことであろう。次、書き手の「明るさとおもしろさ」は具体的に何か、どういうところに表れているのかを考える必要がある。さらに、××という会社の「明るさとおもしろさ」と私の「明るさとおもしろさ」はどのように貢献するのかということを明確にする必要がある。これだけ準備しておけば、それなりに書けるだろう。
 ③『大学三年間であなたの成し遂げた「挑戦と変革」を教えてください。』: 第一の注目点は「挑戦と変革」の括弧だろう。この会社も実は「挑戦と変革」をしているんじゃないのだろうかと、志望者は当然(!)、思うであろう。とすると、ホームページを見て、この会社が成し遂げている「挑戦と変革」をおさえる。次に、この会社の「挑戦と変革」に貢献できる書き手の特徴をもっともよく現すような「挑戦と変革」のエピソードを書けばよいことになる。
 ④『私の強みは[  ]です。これからそれを自慢します。』: 「強み」は長所。自慢しろとわざわざ言っているメッセージは、謙遜ではなく前向きに書いてくださいという親切心。具体的な一つのエピソードを深く深くメモ出しし、それを編集すればすなわち自分が納得する回答に至る。この強みと会社の特徴は合っているのかを確認しておこう。
 ⑤『最近、私の楽しかった[   ]を紹介します。』: 最近とはいつ?一ヶ月?半年?一年?それだけ決めて、楽しい経験を書き出し、それを5W1Hで補強し、その楽しさの根源(「なぜ楽しいのか?」)を究明してみる。私の楽しさと、会社の求める楽しさが合っているか確認しておこう。
 以下は、その他、ESで出された質問の一部である。

Aa1. あなたのPRを自由にかいてください。
(コメント:もっとも基本的な課題、「自由」というところで罫線の代わりに枠が指定されてあり、絵や図表を書いてもよいようになっている場合もある。私はプレゼンしたなどと他の欄に書いてしまった人は、ここでその実力を出すかどうか考慮の対象になろう。)

Ab1. 学生生活の中で、最も熱中したことは?
Ab2. 学生時代に特に力を入れて取り組んだことについて、その経緯や過程を含めて具体的に記入して下さい。
Ab3. あなたが学生時代に最も力を入れたことは何ですか?力を入れた理由、あなた自身の取り組みかた、そこから得たものについて、なるべく具体的にお書きください。
(コメント: いわゆる「熱中」問題。これは結論で始め、キーワードを最初に出し、そのエピソードを深くおさえて、序(導入部)破(展開)急(終結)で書くのが重要。人真似では落ちます。)

Ac1. これまでの人生(学生生活)の中で、『壁』を乗り越えた経験と、それによって得たことについて論じてください。
(コメント: いわゆる「壁・苦労」問題。これも結論で始め、キーワードを最初に出し、そのエピソードを深くおさえて、序破急で書くのが重要。人真似では落ちます。)

Ad1. あなたの強みと、それを発揮した大学時代の具体的エピソード
Ad2. あなたの「オンリーワン」は?
Ad3. あなたがもっともアピールしたい能力はなんですか?その能力が発揮されたエピソードを教えてください。
Ad4. 「周囲を動かす説得力」、「周囲を巻き込む行動力」、「周囲を元気にする情熱」のいずれかを、あなたが発揮した経験を書いてください。
(コメント: いわゆる「強み・長所・能力」問題。これも結論で始め、キーワードを最初に出し、そのエピソードを深くおさえて、序破急で書くのが重要。人真似では落ちます。)

Ae1. 今までにリーダーになった経験がある場合は、以下記入してください。いつごろのことですか?またどのような経験だったのでしょうか。
Ae2. どんなことでもよいので一番になった経験がある場合は、その経験を教えてください。いつごろのことですか?またどのような経験だったのでしょう?
(コメント: いわゆる「リーダー」問題。若い正社員がアルバイトやパートを指揮する可能性が高い、専門小売ではよくある問題。これも結論で始め、キーワードを最初に出し、そのエピソードを深くおさえて、序破急で書くのが重要。人真似では落ちます。)

Ba1. 当社でやりたいことは?
Ba2. 当社に入社したらどのようなキャリアアッププランを目指しますか
Ba3. 入社してやりたいこと
(コメント: いわゆる「キャリアアップ」問題。先輩のキャリアパスを考え、5~7年まではイメージすることが重要。できるだけ、結論で始め、キーワードを最初に出し、そのエピソードを深くおさえて、序破急で書くのが重要。人真似では落ちます。)

Ca1. 一人のお客様に感動をしていただける為にどのような考えで行動しますか。
(コメント: 接客が必要とされる業種では出される可能性がある問題。)

Da1. 最近最も印象に残った世の中の出来事は何ですか?それに対するあなた自身の意見も。
(コメント: 接客応対が必要とされる業種で出されることがある「常識」を問う問題。)

| | Comments (4)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務。昼飯は定食。Tさんがポテチョコをもって登場、Thanks a million。Kさん、登場、相談。帰宅、雨。

| | Comments (0)

後記

出雲大社竹野屋かねや城崎温泉安田屋旅館東大寺唐招提寺薬師寺阿闍梨餅

| | Comments (0)

長谷川 滋利『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』

4344409167_01__aa240_sclzzzzzzz_v4572125 長谷川 滋利『メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法』幻冬舎文庫。長谷川を記憶している人、もしくは英語好きなら読むべき本。p.187の『英語の小咄がわかりますか』は同感。

| | Comments (3)

森村稔『自己プレゼンの文章術』

4480063498_01__aa240_sclzzzzzzz_v4567615  森村稔『自己プレゼンの文章術』ちくま新書644。名著。大学生の就職活動でのエントリー・シート(ES)の作文練習テキストとして素晴らしい。60分で800字書く練習(p.29)。『序破急=能楽や浄瑠璃の用語で、導入・展開・結末』(p.125)。

この本の内容:

文章を綴る目的は、人の心をどうつかむかということに尽きる。最も切実に、作文力を要求されるのは就職準備のときだ。その後のキャリアにおいても、そこで培われた作文力は応用できる。企画のプレゼンテーション、学校や職場での小論文テスト。挨拶や自己紹介の場合にも、作文で身につけた構成力と文章力は強い武器になる。著者は広告マンとして、また管理職として、そして大学や企業での講座の形で様々な作文の現場に立ち会ってきた。そこで得た豊富な実例(成功と失敗の体験)をもとに、テーマに応じた作文術のノウハウを解き明かす。

目次:

第1章 そこに読み手がいる(自己表現文を書くということ
目的のある実用文 ほか)
第2章 内容が決め手になる(自己を主題化する
事実と体験にものを言わせる ほか)
第3章 書き方が問題になる(主題を立てる
書き出しが大事 ほか)
第4章 事前に打つ手がある(体験のエキス化
ポジティブな思考と表現 ほか)

 なお、p.137の冗談は私なら言わない。第4章の4はネガティブ・リストになっていて突っ込み不足。ポジティブ・リストで書くべきテーマなのでやや不十分だと思うが、あと一冊新書が書けるテーマなので仕方が無い。

| | Comments (0)

野田智義=金井壽宏『リーダーシップの旅』

433403389x_01__aa240_sclzzzzzzz_v4457439 野田智義=金井壽宏『リーダーシップの旅』光文社新書289。

 これは読む人によってかなり好みに差異がでる本ではなかろうか。リーダーシップを語る難しさがよくわかる本だと思う。一人称にする優位もわかるし、一人称になると語り口やストーリーが唯我独尊になる辛さもあるような気がする。但し、色んな本の感想やコメントが書いてあり、これは使えると思う。

| | Comments (0)

Economagic

Economagic。調査の余地あり。

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »