« エボ・モラレスの講演に行きました | Main | Gary Newman on Banxico »

拓殖大学海外事情研究所『海外事情』2007年2月

 拓殖大学海外事情研究所『海外事情』2007年2月。特集=ラテンアメリカの政権交代。恒川(Latinobarometroを中心とした民主主義分析)、遅野井(中央アンデスの政治動向)、後藤(キューバのPost Castro)、浜口(ブラジルのボルサ・ファミリア)、柳原(生活安全保障視点でのLAデータ検討update)。

|

« エボ・モラレスの講演に行きました | Main | Gary Newman on Banxico »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エボ・モラレスの講演に行きました | Main | Gary Newman on Banxico »