« 今日は日曜日。 | Main | クルーグマン『良い経済学悪い経済学』 »

クルーグマンの『グローバル経済を動かす愚かな人々』

 The Accidental Theorist and Other Dispatches from the Dismal Scienceの翻訳。

 p.73、漁業社会と鉱業社会での努力と所得分布と社会の良さの比較の話。p.92、ミダス王の伝説と貨幣の話。pp.110-119、『低賃労働への称賛』:スモーキー・マウンテン(ドキュメンタリー映画があるはず)、p.115、あなたのTシャツ話とのリンク、p.118、ジンバブエの野菜輸出と『ダーウィンの悪夢』は似ているか、似ていないか?

|

« 今日は日曜日。 | Main | クルーグマン『良い経済学悪い経済学』 »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今日は日曜日。 | Main | クルーグマン『良い経済学悪い経済学』 »