« Economist on Carry Trade | Main | Larry Carlton with Robben Ford, "Live in Tokyo" »

メキシコ国境、米がトラック輸送自由化

メキシコ国境、米がトラック輸送自由化

 【ワシントン=藤井一明】米政府は23日、トラックによるメキシコとの国境の貨物輸送について、安全対策などを条件に自由化すると発表した。北米自由貿易協定(NAFTA)に基づく措置。NAFTA地域は欧州連合(EU)や東アジアに比べ域内貿易比率が低いが、物流と競争の促進によって域内経済を活性化する狙い。

 これまでは賃金の安いメキシコ人の運転手に仕事を奪われると警戒する米国の業者の反発で適用が延期されていた。

 現在、メキシコのトラックは国境から20―25マイル以内の特別区域を除いて米国内を走行できない。これを改め「運転手は行き先などの質問に英語で答えられる」能力などを条件に輸送業者に許可証を出し、往来を自由化する。

 メキシコとの関係を重視するブッシュ大統領はNAFTAの規定を守る意向を表明している。米国の運輸省、国土安全保障省、商務省などは1年間かけてメキシコのトラックの安全対策などを再確認し、規制を緩めても問題ないと判断した。(16:00)

|

« Economist on Carry Trade | Main | Larry Carlton with Robben Ford, "Live in Tokyo" »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Economist on Carry Trade | Main | Larry Carlton with Robben Ford, "Live in Tokyo" »