« 日銀利上げ | Main | 脱・根回し、困るのは誰? »

金融経済月報についてのメモ

 2007年金融経済月報についてのメモ。図表34(2)イールド・スプレッド(長期国債流通利回り-予想株式益回り)がマイナス。長期国債流通利回り=i。他方、予想株式益回り=1/(PER)=i+RP-g。ゆえに、i -(i+RP-g) < 0。すなわち、RP > g。一本目の柱を敷衍すると、先行きの日本企業(大企業中心)の業績が良さそうである(gが高いはず)。すると、RPはかなり高いはず。すると、i+RPで表されるような、株式市場のdiscount rateはかなり高いはず。すなわち、株式市場については2本目の柱の心配は低いはず。じゃぁ、あとは外貨、土地、、、。

|

« 日銀利上げ | Main | 脱・根回し、困るのは誰? »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日銀利上げ | Main | 脱・根回し、困るのは誰? »