« ラリー・サマーズの年末コラム | Main | フリードマンの逆説 »

カシ シエロについてあれこれ (My Metamorphosis about Casi Cielo)

 今朝、通りがけにいつもお世話になるスターバックスにてコーヒーを入れてもらうと、(店員)『本日は期間限定のグアテマラのカシシエロです』とコーヒー豆を教えてくれた。普段は聞き流すところが、(聞き耳を立てた私)『えっ、グアテマラ?グアテマラのなに?』、(驚いた店員)『カシシエロです』、(まごつく私)『カシシエロ?どういう意味?』。あちらもめんくらったのか、説明つきのbookmarkを探してくれた。店員の二人のお嬢さん、ありがとう。味はたしかにグアテマラのコーヒー、なかなか良かった。そういうこともあり、また気になったこともあるので、ちょっと探索(なお、スターバックス日本サイトでは特売をしておりまして、250g 1900円だそうです、宣伝というより価格調査のmemo to self)。横道にそれますと、なぜかMarvin Gayeのオリジナル compilation CDまで売っているスターバックス、その曲目は:

1. Stubborn Kind of Fellow
2. How Sweet It Is (To Be Loved By You)
3. I’ll Be Doggone
4. You’re All I Need to Get By w/Tammi Terrell
5. Can I Get a Witness
6. Pride and Joy
7. I Heard It Through the Grapevine
8. Ain’t No Mountain High Enough w/Tammi Terrell
9. It Take Two w/Kim Weston
10. When I Feel the Need
11. Got to Give It Up
12. What’s Going On
13. Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)
14. Distant Lover
15. Come Get to This
16. When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You

だそうです。i tunesで、同じcomplilationを作ってみようかな。ひょっとすると前期マービンをあまり持っていないので、これを機会に揃えるのもいいかも。そんなこんな。

 閑話休題。気になったのは、casi cieloというスペイン語。初めて聴いたスペイン語の成句なのだ。英語ではAlmost Heaven。英語ではたしかにalmost heavenって言いそう(IMDbによれば、映画も二本)だが、スペイン語でcasi cieloなんて言うのか、聴いたことない。もちろん、私のスペイン語ボキャブラリーはかなり貧しいので、このあたりは知人の博学RTさんに尋ねなければならないが、かなり英語から出てきた可能性(つまり、最初に英語でイメージをして、それからスペイン語で翻訳した可能性)があるんじゃないだろうか。

 さて、頂戴したbookmarkに書かれている『「最高のデザートによく合うおいしいコーヒーを」と考えたシアトルの高級レストランとスターバックスが協力して作り出した「カシ シエロ」。』という振れ込みを検証してみよう。そのレストランとは、どうもCanlisらしい。こちらにはたしかにコーヒーの部門にCasi cieloが説明されている。その部分を抜き出してみよう。

The Casi Cielo story: In 2003 the largest coffee company in the world came to a small, family run business to learn how to create a coffee for the finest restaurants in America. Canlis recommendation was simple: it must be socially and environmentally responsible, it must be the absolute best roast in town, it must pair with classic desserts such as lava cake and crème brulée. In the months that ensued, Starbucks focused on a program for sustainable agriculture and suggests a single source bean called Casi Cielo. It is grown by four families, each generations old, and is the only coffee to ever win the world's Douro Cup three times (no one else has even won it twice). It is sustainably grown, shade grown, and traded fairly. After multiple cuppings, Canlis OKs the bean and roast. A new Starbucks coffee is born - one of the fastest sellers in Starbucks history and sells out, nationally, in two weeks. Available only at Canlis, the Starbucks headquarters store, and select restaurants across the country. Try a cup of the best joe in town.

 ということで、Canlisによれば、件の「協力」のあり方とは、スターバックスが米国の最高級のレストラン用のコーヒーを作るにはどうしたらよいかと訪ねてきたということらしい。Canlisの助言を受けて、スターバックスが探し出したコーヒー(カシ シエロ)にCanlisはOKを出して、カシ シエロが誕生したということらしい。なお、Canlisは「The Birthplace of Northwest Cuisine」と自ら宣言している。メニューを見ると、たしかに美味しそうで腹が減る。

 スターバックスの英国サイトによれば、カシ シエロの原産地について以下のように書かれている。

From Guatemala Antigua, this single origin coffee is sourced from four select farms among three volcanoes (Agua, Acantenango and Fuego). 

"Casi Cieli" means "almost Heaven" - nurtured where the three volcanoes reach for the clouds, this coffee's flavour is distinctly divine, grown at altitudes above 5,000 feet and can only be found at Starbucks as these four farms sell exclusively to us.

This coffee highlights the unique efforts Starbucks undertakes to ensure that all its relationships are built upon a sustainable model - social, environmental and economic.

 ということで、アンティーグアの四つの農場が原産地であり、専売になっているという。なぜか"Casi Cieli"とスペルミスになっているのがご愛敬だが、これでだいたいのことはわかった。

 最後に、グアテマラのコーヒー協会であるANACAFEのホームページはここ。関連してGuatemalan Coffeeの紹介ホームページはここ。GISを使ったコーヒー・マップまである。ANACAFEが出しているコーヒー・アトラス冊子には日本語版もあるのだ。持っているけど、お見せできないのがちょっと残念。

|

« ラリー・サマーズの年末コラム | Main | フリードマンの逆説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

With blogs like this around I don't even need website anymore. I can just visit here and see all the latest happenings in the world.

Posted by: blog | 2013.11.17 at 03:32 PM

I have a inquiry about the piece, where am i able to e-mail the author?

Posted by: Samuel Scott | 2015.08.08 at 06:21 AM

Hi, important advice and an interesting article, it is going to be exciting if this is still the state of affairs in a few years time

Posted by: www.Purevolume.com | 2015.08.11 at 01:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ラリー・サマーズの年末コラム | Main | フリードマンの逆説 »