« September 2006 | Main | November 2006 »

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限は開発経済論、2時限はミクロ経済学。昼休みはゼミポスター印刷講習会、そのまま印刷へ。Kさん、Kさん、ありがとう。そして、SPIの練習。SPIはまずは解けること、次に暗算で早く解けることが重要。5時限には研究室に戻って、雑務。帰宅。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。Kさん、Kさん、Yさんと印刷講習会。昼飯はちらし寿司。Kさん、Nさん、Nさん、Tさん訪問。授業準備。5時限は日本経済論。ちょっと雑務して帰宅。

| | Comments (0)

昨日は土曜日。

 まぁ多少はバタバタしたけど、だいたい予想内。来てくれた皆さん、特にKさん、Tさん、Kさん、感謝感謝で有難う。

| | Comments (0)

デイビッド・ブリンを読む

 『変革への序章』、『戦乱の大地』、『星界の楽園』という「知性化の嵐」三部作。快作。なぜ我々はSFを読むのか。それは、我々のイメージを限りなく推し進める営みを再現させるからなのだろう。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 朝はお仕事。学校行って会議。それから雑務、メール、などなど。IさんやMさん、Oさんの訪問。ゼミポスターも着々と来てます。帰宅間際にBorn into Brothelsも到着。帰宅BGMはTevin CambellのTell me what you want me to do。

| | Comments (0)

Quincy Jones, "The Dude"

B000002gc201_scmzzzzzzz_  Quincy Jonesの"The Dude"。名盤である。お馴染みの名曲、Just Onceなどが収録されている。この時期は、Michael JacksonのThrillerの時期でもあり、Quincyの伝記のこのあたりの記述も興味深い。Off the Wallのプロデュースをしてもらうとマイケルが決めたときに、レコード会社側が、Quincyはジャズだからと懸念を示したとか。

| | Comments (0)

Metheny Mehldau

B000gqlazw01_scmzzzzzzz_v38963907_ Pat Metheny(ギター)とBrad Mehldau(ピアノ)のデュオ。一日中かけていても気にならない。これは一般的には良いことなのか、悪いことなのか。私には良いこと。

| | Comments (2)

日本の為替介入について

 日本の為替介入についてのJohn Taylorのpaperへのリンクはこれ。これで日本のunsterilized interventionはほぼ裏付けられたと考えられる。なお、John Taylorは財務省時代の経験を元にを出すとのこと。

| | Comments (0)

首相面会回数ランキング

 2006年10月26日日経朝刊3面の「首相面会回数ランキング」は9月26日から10月25日という一ヶ月に、誰が何回、首相と面会したかというリスト。よく調べました。一ヶ月ですので、8回が週2回会える、16回が週4回、という感じ。

 こういうデータを2面の「首相官邸」から集計して、ここ10年ぐらいの各政権での変遷を数字で調べることができれば、非常に興味深い論文になることは確実。参考文献は、まずは竹中治堅『首相支配』(中公新書)だろう。

 たぶんやり方は以下のとおり。新聞データベースから「首相官邸」もしくは類似記事をカード型データベース(私ならFilemaker)に日付ごとに入れる。365日×10年で、3650個のデータ(まぁアルバイトを雇えば実質一週間仕事かしら)。これにキーワード検索をかければ、どの政権下でどの役職の誰が首相と会っているかわかる。出来上がり。日本政治論の実証研究の面白い論文になると思うんだけどなぁ、、、。

| | Comments (0)

第23回経済財政諮問会議

 第23回経済財政諮問会議にて、民間議員による7大重点改革分野の中項目が明らかになった。この7大重点改革については私は以前に雑感を書いていた。

 興味深い点。以前は③に位置づけられていた「世界(特にアジア)に向けたオープンな経済の構築」が①に格上げされ、「グローバル化改革」と名前が変えられている。代わりに、以前の①であった「イノベーションによる生産性向上」は③に落ちている。

 今後の「集中審議においては、これらのうち緊急性の高いものを優先する。」と述べられているが、どの項目が緊急性が高いかは示されていない。これに関連して、記者会見で太田担当相は以下のように述べている。『それから、議論を進めるに当たっては、必要に応じて諮問会議の下に専門調査会を設置して議論することが必要であるということがつけ加えられました。』私の勝手な憶測だが、すでに経済財政諮問会議の日程は決まっているはずなので、集中審議に入れる項目は実は決まっており、新しい①は伊藤氏、②は八代氏がキックオフ・ペーパーを書くのではないだろうか。③は御手洗経団連が書く可能性がある。そのペーパーができ、専門調査会が必要か、必要であれば誰を専門調査会に入れるか見極めた上で、集中審議に突っ込みたいというのが民間議員の意向ではなかろうか。太田氏は、次回の集中審議は何について話し合うのかという質問に対してこう答えている。『これは、まだ決まっておりません。集中審議の場合は、臨時議員として他の大臣においでいただくこともありますので、そのスケジュールを含めてテーマを考えていかなくてはいけませんので、まだ決まっておりません。』これはたぶん真実であろう。一応、予想を書いておくと、①なので次回は「グローバル化改革」が集中審議されるのではないだろうか?(グローバル化改革って英語でなんて言うの?Globalization Reform?ほんと?言わないよね。)

 さぁ、太田氏がテーマを選択し、臨時議員とのスケジュールをとり、民間議員のキックオフ・ペーパーを読み、面白くかつ生産的な集中審議第一回ができるかどうか、興味津々。さらに、これら7大重点改革に肉がついて「骨太の方針」になるかどうか、ここは経済財政運営担当政策統括官(以前の私のポストはこれ)にすでに投げられて下書きが始まるのかもしれない。このあたり、根本補佐官の「匠チーム」との関係は?

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 10時半到着。印刷、授業準備。2時限は卒論指導、Rさん、Nさん、ここでひと頑張りしましょう。Mさん、この感じでドンドンいきましょう。昼休み、サンドウィッチ食べて、Iさんとちょっとお話しました。3時限、2年ゼミ、皆さんの名前を覚えられたと思います。4・5時限は3年ゼミ、お疲れ様でした。お疲れ様ドリンク、Nさん、Mさん、Tさん、Wさん、そしてSゼミのTさんも飛び入り参加。いろいろアルバイト話を聞かせてもらいました。Tさんと一緒に帰宅へ。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。授業準備。1時限は開発経済論。2時限はミクロ経済学。昼休みはゼミ連学祭会合、みなさんよろしく、お茶は出すからね。昼飯はハヤシライス。Nさん、ちょっと早くてお疲れ様でした。Nさんと卒論指導、この調子で仕上げましょう。N先生と協議。メール打ち、雑務、授業準備。Kさん、ゼミ連よろしく。Tさん訪問。

| | Comments (0)

Q: The Autobiography of Quincy Jones

 Q: The Autobiography of Quincy Jones。入手。Michael Jacksonとの交流の部分をちょっと見た。なかなか楽しい。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 10時半到着、授業準備、雑務、昼飯はハンバーグ定食、Kさん、Oさん、Kさん、訪問。みなさん、応援してるよ。引き続き、授業準備、雑務、Nonparametric densityについてちょっと勉強。Nさん訪問、しっかりやるべきことをやっていこう!5時限はJapanese Economy、改善点も見つかりました。次回はもうちょっとよくなります。帰宅のBGMはMichael JacksonのBilly Jean。

| | Comments (0)

ご冥福を祈ります。

歌舞伎俳優の中村源左衛門氏が死去  中村源左衞門氏(なかむら・げんざえもん、本名・森長練磨=もりなが・れんま=歌舞伎俳優)20日、食道がんのため死去、72歳。自宅は東京都東村山市。通夜は22日午後6時、葬儀は23日午前10時、中野区中央2の33の3、宝仙寺大師堂で。喪主は妻、淳子(あつこ)さん。  昭和30年、初舞台。中村仲助、中村山左衛門、中村助五郎をへて、平成17年に二代目中村源左衞門を襲名した。中村勘三郎一門で、今年3、4月のコクーン歌舞伎「東海道四谷怪談」では、四谷左門などを務めた。 (10/20 19:38)

| | Comments (0)

コーヒー豆を挽く

 1ヵ月半ほど前に近くの「お茶の販売店」にて2割引でコーヒー・ミル(それも機能のみの定価も最低のやつ)を売っていたので購入し、ときどきコーヒー豆を挽いてコーヒーを飲んでいる。今までは、豆を買うときに挽いてもらっていたり(スターバックスなど)、知り合いの珈琲店(William Morris)の店主にお願いして挽いてもらったりしていたが、安価で買えるのなら手元に持っておこうということだ。休日にはだいたいおちょこ一杯分の豆をコリコリ挽いて2杯分ぐらい飲んでいる。さて、世の中にメリタとカリタというコーヒー器具のメーカーがあるようで、ドリッパーはメリタが一穴、カリタは三穴ということだそうだ(穴が多いと速く薄く出るそう)。何も考えずに買っていた当方の器具を見ると、ドリッパーはカリタ、コーヒーサーバーはメリタ、そして手動コーヒー・ミルはカリタであった。ちなみにコーヒーの濾紙はNBの安物。まぁ飲めればいいってことね。コーヒーもワインも通になると果てが無く恐ろしいので、コーヒーはだいたい特徴がある豆の味がおぼろげにわかり、ワインはぶどうの品種と味がだいたい結びついていればいいと納得している。

| | Comments (0)

コンピューターゲームでミクロ経済学の単位を取る

 マンキュー・ブログで紹介されたUNCGで始まったミクロ経済学の授業。異星人が地球で生活するというロール・プレイング・タイプのコンピュータゲームをすることでミクロ経済学の単位を取るという企画。NPRの記事はこれ。サイト自体はこれ。そうねぇ、感想としては、ミクロ経済学は、人に説明・説得できてなんぼのものだから、グループ・ワークが入っていれば、いいんじゃないという感じ。まぁよく作りました。

| | Comments (0)

企業説明会にGDがついている場合

 今年も就職活動シーズンが始まっている。学生が企業説明会に行ったところ、グループ・ディスカッション(GD)があったそうだ。最初からGDをやるのは興味深いので、中味とやり方を尋ねてみると、実際のところ「参加型の企業説明」であることが判明した。もちろん、お行儀が特に悪い人は除けるということはあるかもしれないので、すでに選考過程は始まっているともいえるが、普通のGDの役割ではなく、より会社の中味、業種の中味を頭に叩き込んでもらい、想像力の翼を広げてもらうための企画と考えられる。なかなか頭がよい採用担当。敵はさるものひっかくもの。

| | Comments (0)

「日本一売る!」日経ビジネス

 日経ビジネス2006年10月23日号の特集『日本一売る!逆風を商機に変えた人たち』。それぞれの現場での売る技術が特集されている。これをそのまま真似ても上手く行かないだろうが、その「魂」を感じることはできる。良い特集。

| | Comments (0)

ちょっと前に観たのだが、、、

 ゲド戦記。「均衡」、「他者」と聞きなれない言葉が出てくる。ネタばれになるが、第1巻の内容を、第2巻、第3巻の登場人物で裏返したという脚本。行ったり来たりでちょっともどかしいが、払った金額の分はあった。監督は次回作をとるのか、、、期待。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務。大使リレー講義第一回を聴講、そして写真撮り。N先生お疲れ様。Hさん、Sさんとお話、Have a safe and nice trip to Spain! 俺も行きたい、スーツケースに入れてって、窒息して駄目か。会議、そして、会議。書類を書いて、メールを打って、帰宅。電車はけっこう混み合っていたが座れてよかった。紅葉シーズン。さぞかし、温泉も気持ちよいだろう。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。授業準備。2時限は卒論指導、皆さんよろしく。昼休みにはちらし寿司弁当など。3年生数名現る。3時限は2年ゼミ、だいたい名前覚えました、次回でなんとか全員の名前に自信をもつようにしたい。4時限・5時限は3年ゼミ。お疲れさまドリンクして帰宅。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限は開発経済論。2時限はミクロ経済学。昼休みはゼミ連、皆さん今学期もよろしく。戻ってNさんと卒論会議、とにかく記憶を掘り出して記録にすること。昼飯を食べに行くと、Mさん、Nさんと一言二言。さらに、卒業生のTさんが現れ、ラーメン。Kさんもjoin。図書館で会議して、Mさん、Mさんとお話した。たぶん10年ぶりにキャッチボールでちょっとスッキリ爽やか、ありがとう、Tさん、キャッチボールの相手をしてくれて。研究室に戻って少し雑務。Tさん訪問。Kさんとお疲れ様ドリンク。帰宅のBGMは"Sack Full of Dreams" by Donny Hathaway。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 9時半到着。雑務、授業準備。昼飯はHさんとハンバーグ定食。頑張って。昼休みはゼミ連執行部会合。明日もよろしく。Iさん、決定、おめでとう!よかったね。引き続き、授業準備。5時限は日本経済論。みなさん如何でしたか?雑務をやって帰宅。R先生と歓談。

| | Comments (0)

今日は日曜日。

 9時半到着。電車は座れた。書類作り、やっつけ仕事。昼飯はおにぎりと卵スープ。雑務。メール打ち、ホームページちょっと変更はここ。ゼミ3年生による比較企業財務分析レポートにリンクを貼りました。授業準備、帰宅は臨時電車だった。快眠。

| | Comments (2)

経済財政諮問会議へ民間議員が出したペーパー

 10月13日付けで経済財政諮問会議へ有識者(民間)議員が出したキックオフ・ペーパーはこれ。「適切なマクロ経済政策の下、日本経済の潜在成長率を高めるため」の7つの課題は以下の通り:①イノベーションによる生産性向上、②労働市場の効率化(労働ビッグバン)、③世界(特にアジア)に向けたオープンな経済の構築、④政府が民間の経済活動の足かせにならないこと、⑤「市場の再設計」の必要性、⑥資産の効率的運用の時代への転換、⑦国民生活に直結するくらし重視の改革。

 経済変動の管理を基本的に日銀に任せて、経済成長の促進を政府が担当するとの仕分けが見られる。金融分野についての記述が⑥で政府から民間への移行に限られていることも特徴。「デフレと不良債権」が課題であった5年前とは大違い。この意味では、本政権こそ構造改革政権である必要がある。マスコミは、記者会見のように、根本首相補佐官と太田経済財政担当相との仕事の仕分けに焦点があてているが、根本氏はまさに安倍氏のリーダーシップを補佐するのが最重要な仕事のはず。つまり、首相は、北朝鮮などの外交問題、いろんな犯罪などの社会問題、教育問題、経済問題と重要課題を多く抱え、自分で考える時間はほとんどない。経済問題は、専門的かつ経済学的にきちっと考えておき、それを日常語に翻訳しておく必要がある。このあたりは小泉前首相の問題ともいえた(大きな方向性は首尾一貫していたが、ところどころ勘所での深さが不足していた)。そこで、事前に十分に「総理の見方(political considerationを含む)」で考え、会議の3日前に出る全ての文書を精査し、さらに太田氏と議論をして、会議前の事前の総理との短いブリーフィングで発言の方向性と深さを決めておくのが仕事になる。特に、要所での深さが大事だ。そして、その議論相手が高橋洋一氏ということだ。高橋洋一氏はペーパーを書くべきだが、根本氏がペーパーを書いていては安倍氏の補佐がおろそかになり上手くいかないだろう。このあたりのdeterminationとloyaltyがあるかどうかが根本氏の評価を、ひいては今後の経済担当の首相補佐官の評価を分けることになるだろう。仕事のデマケを勉強するには『ルービン回顧録』が良書。

 これに対して、太田氏は自分の民間出身というcredibilityおよび、官庁エコノミストの力、さらに有識者議員の力を多いに活用して、議論のframingを行っていく必要があろう。スケジュールとしては、『民間議員の御提案にありますように、創造と成長に向けた集中審議を早急に行うと。それから、5年程度の改革の方向性を示す新たな中期方針、これは18年度までについては「改革と展望」ということで出されておりますが、このポスト「改革と展望」を来年1月を目途に策定するということについて合意が得られました』と記者会見で言っており、次回、次々回の集中審議の項目立てが、事実上ここから2年間の経済財政諮問会議を決めるだろう。おそらく、①と②と⑥、とくに「労働ビッグバン」とまで大書した②が出てこないと私はちょっと失望するだろう。注目は、①と②の関係、つまり、ITを十分に生かせる企業組織と、それを裏付けられる労働市場への道をどうやって切り開けるか。内閣府発、総務省経由、経産省経由、厚労省着の横断イシューであるので、まさに経済財政諮問会議がやるべきこと。キーワードは自明のことだが、intanbigle capital

| | Comments (0)

ノーベル平和賞は、、、

 2006年のノーベル平和賞は、グラミン銀行およびmicrofinanceで名高いムハンマド・ユネス氏に決まりました。タイミングよくWSJにユネス氏が書かれたop-edを読むには、「WSJ061014Yunus.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

日銀現執行部の所信表明

 平成15年3月13日に本会議で承認された後、平成15年3月18日に財政金融委員会にて、現在の日本銀行執行部がそれぞれ所信表明を行い、議員の質問に答えた。その議事録はここ

| | Comments (0)

日経、企業価値を探る③花王

 日本経済新聞2006年10月13日朝刊17面、『企業価値を探る③花王』。カネボウ化粧品の買収資金を株による調達ではなく、全て借入による調達にした花王について、格付けの引き下げにも関わらず、資本コストを考慮した結果であったことを丁寧に解説している。株による資金調達は「ただ」ではないので、首尾一貫した解説。資本コストという概念を理解するのに良い記事。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

B00005gi2p01_scmzzzzzzz_ 9時半到着。メール打ち、名簿整理、雑務、昼飯は牛肉の丼。会議。久しぶりの後輩からお電話、懐かしいね、ワシントン以来。会議、授業準備。帰宅。BGMは「コバルト・アワー」。

| | Comments (0)

『日銀はだれのものか』

412003728201_scmzzzzzzz_v51591184_ 中原伸之『日銀はだれのものか』中央公論新社、2006年。

 まずは、広く情報公開という点からこのような本が出版されることを喜びたい。日銀ウォッチャー、日銀に関する政治学・経済学の研究者にとっては必読の本であろう。

 景気循環にもっとも焦点がおかれ、物価(もしくはデフレーション)への期待については紙幅があまり割かれていないという印象をもった。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

B00005gi2o01_scmzzzzzzz_ 9時半到着、雑務。2時限は卒論ミーティングでSさんとHさん、スケジュール確認。昼休みは会議。3時限は2年生ゼミ、一学期間よろしくね。4時限と5時限は3年生ゼミ、今学期も先学期に引き続いてよろしく。SPI模擬テストはいかがでしたか。発表は今日は私、来週もよろしくね。ちょっとお疲れ様ドリンクで、Kさん、Nさん、Kさん、Mさん、Mさん、Nさん。Wさん、行ってらっしゃい、気をつけてね。帰宅は睡眠、BGMは「ミスリム」。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

B00005gmfm01_pe05_ou09_scmzzzzzzz_v57451 8時半到着、授業準備。1時限開発経済論、2時限ミクロ経済学。来てくれた皆さんはいかがでしたでしょうか?昼休み、ゼミ連就活セミナー実行委員会最終ミーティング、報告書作り。会議。それから文書精査、むむむ、学校に11時間半もいてしましまった。私、効率悪すぎ。帰宅。BGMは「ひこうき雲」。

| | Comments (0)

ノーベル経済学賞は、

 Edmund S. Phelps (Columbia University, NY, USA)に決定しました。受賞理由は、for his analysis of intertemporal tradeoffs in macroeconomic policy”.とのことです。expectations-augmented Phillips curveですね。サイトはこちら

| | Comments (0)

FTの中国に関するop-ed二本など

 FTに掲載されたYasheng HuangによるZhejiang(浙江省)を中国の経済モデルと讃えるop-edを読むには、「FT061001Huang_Zhejiang.pdf」をダウンロード 。Yasheng HuangはMIT Sloan Schoolで教えていて、"Capitalism with Chinese Characteristics"なる本を書いているという。さらに、FTのコラムニストであるMartin Wolfによる「中国経済の貯蓄の源泉が企業の収益性にある」との最近の研究潮流に関するop-edを読むには、「FT061003Wolf_China.pdf」をダウンロード 。本件に関する、Morgan StanleyのStephen Roachによるコメンタリーはこれ。なお、Wolfの本op-edに関するEconomist's ForumではRobert Wadeが寄稿しており、興味深い。元となるWorld Bankのpaper (Louis Kujis, "Investment and saving in China" WBPR 3633)はこれ。関連して、WEIJIAN SHANによるWSJでのop-ed(元はFEERに掲載)を読むには、「WSJ060901Shan_China.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

大塚啓二郎『中国農村の労働者は枯渇』

 日本経済新聞2006年10月9日朝刊20面経済教室。大塚啓二郎「中国 農村の労働者は枯渇:「転換点」すでに通過」。開発経済学の王道のop-ed。熟読玩味に値する。

 この件に関して、日経ビジネス2006年1月23日号も参照。

| | Comments (263)

今日は日曜日。

 10時半到着、電車混み。授業準備、N先生と昼飯はおにぎり。授業準備、印刷。帰宅。

| | Comments (0)

吉右衛門の世界

 元禄忠臣蔵。セリフ劇の妙。歌昇、種太郎の熱演。吉右衛門は真に迫る。

| | Comments (0)

M. Friedmanのop-ed

 Milton FriedmanがWSJに書いた香港に関するop-edを読むには、「WSJ061006Friedman.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

Mainichi Daily News

Mainichi Daily News

| | Comments (0)

Q: The Musical Biography of Quincy Jones

B00005q3ad01_scmzzzzzzz_ Q: The Musical Biography of Quincy Jones

 う~む、買おうか買うまいか、、、。自伝は買ったが、読む時間があるか、、、。どちらにしても、むむむ。

| | Comments (0)

雨強し

 TUFSで講義初回。う~んと思うこと一点(gum)あり。昼飯はオムライス。雨中、peluqueríaへ。その後、William Morris。帰宅。

| | Comments (0)

今日は木曜日。

 9時半到着。雑務、想定問答の答弁書き。校正始める。昼飯は定食、S先生と遭遇。引き続き、校正。会議、途中抜け出して、就活ガイダンス、なかなか面白い。終わって、お二方の学生とちょっと懇談。校正終えて、明日用の印刷ちょっとして帰宅。

| | Comments (0)

今日は水曜日。

 9時半到着。ゼミOGのCさん訪問。勉強するしかないよ!Rさん、Nさん卒論ミーティング、Nさん内定おめでとう!Rさん、進学おめでとう!卒論、セールスポイントしっかり決めてね。卒論は「五年後の自分へのプレゼント」。昼食は寿司弁当。3時限は2年生ゼミ割り振り、決まった方はよろしく!Nさんとミーティング、とにかく勉強勉強。ゼミOGのKさん訪問、お久しぶり、楽しい話でした、また来てね。5時限は3年ゼミ割り振り、今学期もよろしく。Kさんにはちょっと挨拶もしてもらいました。ちょっと雑務して、帰宅。一曲は「よる☆かぜ」でした。

| | Comments (0)

日本中世に何が起きたか―都市と宗教と「資本主義」

Mc002 網野善彦『日本中世に何が起きたか―都市と宗教と「資本主義」』洋泉社。名著。

 解説に言うように、『本書は網野善彦氏の歴史学の全体像を知るのにもっとも適した本である』。

| | Comments (0)

今日は火曜日。

 8時半到着。1時限は少数精鋭。2時限はまずまずかしら。昼休みはゼミ連執行部会合、イメージをもって励みましょう。昼飯はラーメン。Hさん、Hさんと談笑。ちょっと雑務して、Nさん、Aさん、Uさん他と談笑、みなさん、またよろしく。就活ガイダンスに出席、Nさんお疲れ様。Hさんとお茶。さらに、Wさんとお茶(Nさんのお母さんのバイト同僚がWさんなんだって)。Best wishes and good luck! ということで、多くの学生と懇談した一日だった。

| | Comments (0)

就職迷子の若者たち

408720359x01_scmzzzzzzz_v40791173_ 『就職迷子の若者たち』(集英社新書)。良著。就職活動前に整理するのに良い本。筆致に力が入りすぎていないのが良いと思う。

| | Comments (0)

今日は月曜日。

 新学期開始。10時半到着。雑務、Kさん訪問、よろしく。昼飯は定食、IさんKさんと懇談、今学期もよろしく。雑務、印刷。5時限授業、予想以上のhigh turnout。帰宅はうとうと。

| | Comments (0)

伸びない市場で稼ぐ

453231135709_scmzzzzzzz_ スライウォツキーとワイズ著『伸びない市場で稼ぐ!』(日本経済新聞社)。成熟市場でヒーヒー働いているんだけど、これ以上の成長が見込めないなぁというときの打開策を考えるための良書。

 本書が述べる「新成長戦略」をやる前に、達成しておかなければならないことも書いてあり(pp.230-231)、誠実な本。

| | Comments (0)

消費者物価の発表は7月25日

 基準改定後の消費者物価の発表は2006年7月25日だった。25日の夕刊、26日の朝刊をチェック。

| | Comments (0)

10月1日はコーヒーの日

Pa010095 Coffee Festival 2006 ~10月1日はコーヒーの日~テレビ朝日とタリーズ・コーヒーと三井物産の企画だったよう。グアテマラ大使とも3ヶ月ぶりにご挨拶できて良かった。

| | Comments (3)

State of Denial

 Michiko KakutaniによるBob Woodwardの新作『State of Denial』への書評を読むには、これ

| | Comments (0)

米国の財政赤字

 Mankiwによれば、Ed LazearがDebt/GDPは問題ないと報告しているそうだ。これについてのde Longの意見はこれ

| | Comments (0)

板倉コスモスまつり

Img061  コスモスまつり  10月7日(土) ~ 29日(日) JA群馬板倉カントリーエレベーター(板倉町大字板倉3146)周辺(左は9月30日時点での写真とのこと)。

| | Comments (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »