« 建築雑誌の「一字下げ」 | Main | オシム記者会見とその解釈記事 »

WSJ's Opinion on Fed's "no move"

 8月9日のWSJの社説欄におけるFedの金利据え置き決定への批判を読むには、「wsj060809revo.pdf」をダウンロード 。生産性がこれだけ低いとは、そしてUnit Labor Costがこれだけ高いとは知らなかった。あとは、これまでの金利引き上げ効果のラグをバーナンケのように読むかどうかだ。

 なお、Fed watcherとして名高いJohn M. Berryの次回の読みは、据え置きである。WSJのFed watcherとして有名なGreg Ipによる記事を読むには、「WSJ060809GregIp.pdf」をダウンロード 。経済Blogでも有名なN RoubiniはFTに米国の不況突入は必至と言うop-edをだした。これを読むには、「FT060809NRoubini.pdf」をダウンロード 。丁度、日本の4~6月四半期の経済成長率が出たが、予想よりも低かったという。年率ベースでの発表は0.8%だったが、予想は1.8%だったという。これで、より一層、日銀の再度の金利引き上げは年内は無いという見方が強まるだろうし、10月の物価と成長の見通しはなかなか難しいものになるだろう。世界同時不景気というリスクが出てきた。

|

« 建築雑誌の「一字下げ」 | Main | オシム記者会見とその解釈記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建築雑誌の「一字下げ」 | Main | オシム記者会見とその解釈記事 »