« Anil Kashyap on BoJ's new Monetary Policy Framework | Main | AEA annual meeting »

日銀・水野審議委員による講演

 新しい金融政策の考え方になった後、最初の審議委員による講演がこれまで量的緩和の当座預金高の引き下げを主張してきた水野審議委員によるものであったことは興味深い。

『「ポスト量的緩和政策」の金融政策運営を考える上で重要なポイントは、(1)債券相場の調整を秩序だったものにとどめる、(2)透明性と機動性のバランスがとれた金融政策運営を行う、という2点です。「景気は着実に回復を続けていくとみられる。」という金融経済月報の基本的見解が適切ならば、将来の金融政策の自由度を縛らずに、金利先高観を抑制することは、簡単ではありません。』

 また、新しい金融政策の枠組みが、リスク・マネージメント・アプローチであることもほぼ明らかにしていると思われる。さらに、興味深い点は将来のリスクに関わる次の点であろう。

『政府内では、「デフレに逆戻りするリスク」に十分に注意すべきで、金融政策を転換する時期は早すぎないようにすべきだ、との見解が多いように思います。しかし、個人的には、「デフレに逆戻りするリスク」と「景気の先行きに過度な期待が高まり、資産価格が急騰するリスク」は均衡していると判断しています。』

そして、「政策金利の糊しろ」の確保、すなわち金利を上げておきたいとの意志を明確に示している。最後に、自然利子率についてもコメントしている。

『個人的には、全要素生産性の上昇等を受けて、潜在成長率が+1.5~+2.0%程度まで上振れている可能性は否定できないと思います。潜在成長率の上振れは、均衡水準の実質金利の上振れを意味します。』

 ということで、日銀ウォッチャーにとっては、タカ派としてなかなか読み応えのある講演であっただろう。記者会見も楽しみ。

|

« Anil Kashyap on BoJ's new Monetary Policy Framework | Main | AEA annual meeting »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/9069285

Listed below are links to weblogs that reference 日銀・水野審議委員による講演:

« Anil Kashyap on BoJ's new Monetary Policy Framework | Main | AEA annual meeting »