« Who paid the air fares? (Part II) | Main | Evo in Brussels »

読書メモ

Robert Albro, "The Indigenous in the Plural in Bolivian Oppositional Politics," Bulletin of Latin American Research, Vol. 24, No. 4, pp. 433-453, 2005.

 鉄道が人身事故で遅れたので、綿密に読むことができた。現代の社会政治に関心のあるanthoropologistの論文なので、それなりに癖はある論文だが、MASと既存の先住民政治団体との違いを教えてくれる。つまり、私のようなnovice readerにはinformativeな論文。

 そういう読み方をしているので、論文の論旨と関係なく、興味深いところを拾う。第一に、neoliberalismがmulticulturalismを容認する法制度の整備をしたという点。1994年のPopular Participation Lawがその事例らしい。第二に、MASはface-to-face assembyのスタイルを重視するという点、言い換えるとprocedural type of consitutional rule makingではなくて、participatory plebiscist or assemby style democracyであるという。第三に、都市地域に移住した「先住民」を支持基盤の一つにしているというinclusionaryな点。第四に、Evo Moralesはinternationaly exposureが非常に高いという点。

 第一点と第三点は、直接1980年代半ばからの経済改革の帰結と関わるだろう。第四点はglobalizationを背景としたsocial movementの国際化と関係する。第三点は、Evo Moralesの公約であるplebiscistと関わるが、より根本的にはgovernmentが自ずと持つprocedural typeと、assembly styleをどのように妥協させていくかだろう。

|

« Who paid the air fares? (Part II) | Main | Evo in Brussels »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読書メモ:

« Who paid the air fares? (Part II) | Main | Evo in Brussels »