« The Implication of Brazil and Argentina to Pre-Pay the Debt to IMF | Main | Robert A. Feldman's View on Inflation Targeting in Japan »

On Argentine Economy

Morgan Stanleyの優秀な中南米経済ウォッチャーであるGray Newman他によるアルゼンチン経済レポート("Argentina: Abundance Argentine Style ")である。怠慢にして2005年のアルゼンチン経済のインフレーションが12%であることを知らなかった。アルゼンチンのIMF債務の返済よりも、12%のインフレ率のほうが情報として重要であるというのは至極もっともである。脱帽。そうそう、価格凍結とかやっているんだ、狂気の沙汰。

I fully agree again with Gray Newman. ということで、主要国の2005年のインフレ率を調べてみました。一括して載っているサイトが見つからないので、個別探索です。まぁ中銀サイトですね。ブラジルは4.53%(ブラジル中銀economic indicators)、メキシコは3.33%(Baxico)、コロンビアは4.85%(Banco de la Republica)、アルゼンチンは12.3%(INDEC)、ペルーは1.5%(Banco Central de Reserva)、ベネスエラは14.4%(ベネスエラ中銀)、チリは3.7%(チリ中銀)。

ベネスエラは前年よりも下がっている。

|

« The Implication of Brazil and Argentina to Pre-Pay the Debt to IMF | Main | Robert A. Feldman's View on Inflation Targeting in Japan »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/8139661

Listed below are links to weblogs that reference On Argentine Economy:

« The Implication of Brazil and Argentina to Pre-Pay the Debt to IMF | Main | Robert A. Feldman's View on Inflation Targeting in Japan »