« 昨日は木曜日、今は未明。 | Main | 美味しい飯。 »

Language Police

『夕方に展開される<おはよう>』

 <おはよう>はすでに『その日に最初に会ったときに友達同士で交わす挨拶』として意味が確立している。国語辞典にその意味が記載されるのも時間の問題と思われる。

 ある学生(これをTさんとしておこう)によれば、「<こんにちは>はやや敬語っぽい感じがある」という。つまり、<おはよう>には敬語として<おはようございます>が存在するが、<こんにちは>にはそれがない。そのため、<こんにちは>は目上の人には使いやすいが、友達同士には硬い感じで使いにくい。そのことも、<おはよう>使用を促しているという。

『会話の冒頭で発せられる<・・・じゃないですか。>』

 以下のような心理からこの発話がなされるという。

①「Aという話題について話をしたい」

②「しかし、会話相手はAを知らないかもしれない、知っているかもしれない」

③「そこで、、、」

<Aってあるじゃないですか。>

 大きな問題は、<・・・じゃないですか>の言い換えで済まないことだ。正しく会話するためには、なぜAという話題をしたいのかという理由を平易な言葉で説明しないことにある。つまり、①の前に一文おけば、<Aってあるじゃないですか。>を言わなくてすむのだ。

 例えば、『シャボン玉石鹸』の効能を話したかったとする。すると、いきなり、

<シャボン玉石鹸ってあるじゃないですか。>

と会話を始める代わりに、

A) <昔から肌荒れがあって、いろいろ石鹸を試していたんです。>

B) <最近、薦められてシャボン玉石鹸を使い始めたんです。>

とすればよい。

ホントカナ?

|

« 昨日は木曜日、今は未明。 | Main | 美味しい飯。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/7789040

Listed below are links to weblogs that reference Language Police:

« 昨日は木曜日、今は未明。 | Main | 美味しい飯。 »