« 経済学を勉強する必要性についてのアン・クルーガーの意見 | Main | 今日は火曜日。 »

ちょっと読書

4901234714 4480062696 関志雄の『中国経済のジレンマ』を読んだ。パッと中国経済をつかむためには良い本であろう。民営化による外部からのコーポレート・ガバナンスに非常に重きをおいているが、その重要性がどこまでなのか若干疑問だ。同時に、労働市場が重要なのではないかと思う。内部からのコーポレート・ガバナンスを調べる企業研究を読んでみたい。

 また、K先生の紹介があったC.K.プラハラード『ネクスト・マーケット』を手に入れ、読み始めました。プラハラードと言えば、コア・コンピタンスのハメル=プラハラードのプラハラードですが、なかなか面白い。MBAの本なので、その国の制度環境およびマクロ経済環境がgivenになっていて、そのあたりを含めて議論しながら読んでいくとさらに理解が深まる気がします。ゼミの参考文献に入れましょう。

|

« 経済学を勉強する必要性についてのアン・クルーガーの意見 | Main | 今日は火曜日。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょっと読書:

» ウォートン経営戦略シリーズ ブログ書評コンテスト [Eijipress blog]
英治出版では、「ウォートン経営戦略シリーズ」の書評を、個人のブログ上で「的確な」「表現豊かな」「鋭い」視点で書いてくださる方を募集いたします。この記事へのトラックバック... [Read More]

Tracked on 2006.01.31 07:38 PM

« 経済学を勉強する必要性についてのアン・クルーガーの意見 | Main | 今日は火曜日。 »