« 日本vs.ラトビア戦を見ての雑感 | Main | Bhagwati's OP-ED in FT »

『引窓』

 コピー用のCD-Rが足りなくなったので有楽町に出て購入、超安値のDVDを見つけたので数枚購入、文化的な気分になったのでEBでYシャツ2枚買って、CDを買い出す。この内容については後述。文化的な気分はさらに募り、『引窓』を幕見で鑑賞。田之助、最高。魁春、素晴らしい。菊五郎、とてもよろし。左団次、よし。

 とてもいいものを見せてもらいました。世話物なので涙も流れましたが、この良さを表現するのは難しいですね。つまり、様式というのがあって、様式を演じるということは自然とオーバーな演技になることで、出演者はオーバーに演じているわけですが、そのオーバーさが波長が合うことによって自然になり、そこで感情のうねりが発生し、感情を揺さぶるということでしょうか。

 うぅん、説明いわく難しいね。とにかく、たった900円で人間国宝二人っていうのはお得じゃない?

B00000G6QX  CDは、昨日に友人から薦めてもらったJoni MitchelのShadows and Light、ラジオで流れて買うことにした安藤優子の『さみしがり屋の言葉達』、Diana KrallのLive in Paris、前に買おうと思っていたMotown Remixed、そして、Pat Metheny Groupの『想い出のサン・ロレンツォ』。

 Shadows and Light、素晴らしいね。Joni Mitchelってほとんど聞きませんでしたが、こういう風に巡りあえて嬉しいですね。Diana Krall、歌はめちゃうま。安藤優子さん、今度はアルバムを聞いてみることにしますが、どのくらい持久力(つまり、信念の強さ)があるかしら。70年代末の吉田美奈子サウンドと若干通ずるオーラがある気がします。

|

« 日本vs.ラトビア戦を見ての雑感 | Main | Bhagwati's OP-ED in FT »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Shadows and Light、お気に召したようで何よりでした。この頃のJ.Mitchelはほんとに輝いてます。才気煥発のCourt and Spark,音が実に夜っぽいMingusもいいですよ。音楽つながりで、最近出た『素数の音楽』(新潮社)という本、CDかけながら週末ずっと読んでましたが、実に面白い本でした。

かき慎、次回行くことがあったらぜひ深川飯(600円)を。絶妙です。

Posted by: YN | 2005.10.10 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『引窓』:

« 日本vs.ラトビア戦を見ての雑感 | Main | Bhagwati's OP-ED in FT »