« 17日(水)のグアテマラ便り | Main | 19日(金)グアテマラ便り(途中まで) »

18日(木)グアテマラ便り

 18日(木曜日)は、それなりに動きのあった一日だった。思い出すと、朝は8時半に起きて、シャワーを浴びて、朝飯を適当に冷蔵庫の中を探して見繕い、お手伝いのおばさんがやってきたのでコーヒーだけ作ってもらい、9時半に大学の車で大学に向かった。天気は曇り時々雨。学校に到着すると、たしかメールチェックをしてブログを書いたような気がする。

 そのうちに12時半になり、お迎えの車で勧進元が呼んでくれた飯屋へ。ニカラグア風肉料理屋だった。そうそうニカラグアって牛肉が有名だったなぁと思いながら到着すると、一応別室がとってあった。お勧めの揚げチーズと肉を食べて歓談。こちらは基本的には聞き役。

 2時半に失礼して、学校に戻る。雨だった。そして、3時にJICAグアテマラ事務所の方がお二人でわざわざいらしてくれるというので、お話を伺う。興味深い。だいたい4時ぐらいまでだったかな。その後は、授業準備、といっても当日部分のパワーポイントを動かしながら頭の中でムニャムニャと。5時45分頃に事務手続きをちょっとやってから、授業会場へ。同じ建物(J)の同じ4階なのだが、毎日部屋が違う。今日の部屋は、縦長でちらっと横を見たら、マスク・マンがいた。どうも何か宣伝の授業らしい。経営学部の修士の授業なので、たぶんそういう特別講義もあるのだろう。

 授業は若干低人数で始まったが、結局みなさんはいらっしゃった。「日本的経営とその変化」の話。こんな話はみなさん聞いたことがないようで、それなりに面白がって聞いてくれたような気がする。皆さん、夜学の修士だから、昼間は働いているのだ。そういう地に付いた人たちであるが、なかなか勘が良い。最後の30分ほど、ちょっと企業統治の話に入ってAlbert O. HirschmanのExit, Voice and Loyaltyの話を熱弁してみたら、それなりに響いたらしく、皆さん、黒板に書いた書誌情報をメモっていた。こういうcall and responseがあると、教師稼業もいいもんだなぁと思う。

 豪雨の中、いつものように学生が送ってくれた。帰ると、大学アパートにはコンピュータが入っており、インターネットも繋がっていた。読むことができるが、日本語は書けなそうだ。疲れていたので、あまり試すこともせず、就寝。金曜日は早いから。

|

« 17日(水)のグアテマラ便り | Main | 19日(金)グアテマラ便り(途中まで) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/5550593

Listed below are links to weblogs that reference 18日(木)グアテマラ便り:

« 17日(水)のグアテマラ便り | Main | 19日(金)グアテマラ便り(途中まで) »