« 今日は金曜日 | Main | A.K.Senの珠玉の民主主義論 »

目が開かれそうな本

0521004888 Robert William Fogel著、The Escape from Hunger and Premature Death, 1700-2100: Europe, America, and the Third World, (Cambridge, 2004)である。まだ読み始めたところだが、これはan eye-opening bookになりそうな予感がする。というより、単に私が無知蒙昧であるということなのだろう。鉄道やって、奴隷制やって、ノーベル賞とって、もうRobert Fogel先生は何もしていないのかと思ったら、脱帽脱力、今度は"Technophysio Evolution"というアイデアで勝負していたとは、本当に凄い。この300年をDNA的な進化でとらえるのはたぶん無理だと思っていたので、文化的な(制度的な)適応でいくのかと見当をつけていたら、それと反するわけじゃぁないが、「技術・体格の進化」という理系っぽいアイデアを経済学者、それも経済史学者が緻密に検討していたとは、、、。

|

« 今日は金曜日 | Main | A.K.Senの珠玉の民主主義論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Why people still use to read news papers when in this technological globe everything is available on web?

Posted by: faltenkorrektur | 2014.11.11 06:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 目が開かれそうな本:

« 今日は金曜日 | Main | A.K.Senの珠玉の民主主義論 »