« 細部に宿っているのは神か悪魔か? | Main | 今日は何をしたのだろうか、、、? »

速読、The Company of Strangers

 第二章と第三章、読破。ペースは若干遅いが、慣れないタイプの本だから仕方がないかも。

 第二章: Law of Large NumbersとConditional Probabilityを使った説明。後者は当然、ベイズの法則。task-sharingと関係した1)risk-sharing、2)specializationについて良い説明。さらに、44ページにはアラル海を例にとった社会主義の失敗の話。

 第三章: p.49人間の男女の違い。p.51殺人。p.52非産業社会における暴力性。p.53-計算とreciprocityに関する良い紹介。p.59smilingとlaughterについての極めて興味深い記述。p.64weak tiesについての超簡単な要約。

 次は、MONEYの話だ、依然として面白そう!

 もう一言つけ加えておくと、以前『経済学という教養』という本があったけど、この本こそ、『経済学のための教養』に値するんじゃないかという気がしてきた。

|

« 細部に宿っているのは神か悪魔か? | Main | 今日は何をしたのだろうか、、、? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Hello there, You've done a great job. I'll certainly digg it and personally suggest to my friends. I'm confident they'll be benefited from this website.

Posted by: SEO Service For Small Business | 2014.06.05 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 速読、The Company of Strangers:

« 細部に宿っているのは神か悪魔か? | Main | 今日は何をしたのだろうか、、、? »