« 温泉と宴会 | Main | 移民の歌、胸いっぱいの愛を »

temporaryで働くこと、medium-termに組織で働くこと

 「フリーターに対して正社員のメリット」を書こうと思ったのですが、もう少し一般的に「temporaryで働くこと、medium-termに組織で働くこと」というタイトルにしました。temporaryで働く人々にはフリーターもいれば、個人コンサルタントや通訳もいます。medium-term(中期的)に組織で働く人とは、まずは正社員のことです。

 さて、通訳ですが、通訳を雇ってひどい通訳だったとします。笑って「次回は頑張ってくれよ」などと言うでしょうか。言いませんね。次回からは使わないだけですね。個人コンサルタントも同じです。一回失敗すると、その雇用主からは二度と使ってもらえないのが常です。フリーターだって解雇されます。ところが、正社員の新人だと、「誤りに学べ、次回は頑張りなさい」というのがアリです。アルバイトってtemporaryだけど、「次回は頑張りなさい」がある時もあるって思いませんか。それは、そのアルバイトが組織で働いている場合に多くはありませんか。

 つまり、temporaryに働く人とは、お試し期間である場合を除いては、組織の外側に近いところで働く人が多いのです。つまり、medium-termに組織で働く人は、組織の内側に近いところで働く人が多いのです。(本当は、この部分は、どんな組織か、つまり組織のあり方とも関わるのですが、まずはスキップしておきます。)そうであれば、正社員になるということは、組織内で働けるという能力と密接に関わってきます。

 では、組織内で働くことの核心とは何か。天下り的に言えば、「その会社の一番中核のところに関わる(広い意味での)技術」(core competenceと言ってもいいね)を学び・伝え・教え・発展させることです。この学び・伝え・教える作業自体が会社の中にある限り、「次回は頑張ってくれよ」が存在するのです。学び教えるの一つの有効な方法がtry and errorですから。付け足しておきますが、ここで言う技術とは、理系的な技術だけではありません。例えば、ある会社特有の顧客サービスの手法とかも含まれます。

 では、このことが会社の採用活動にどのように反映されるでしょうか。「その会社の一番中核にある技術」とは、定義上、他の会社や組織では真似できないものであるはずです。すると、その技術を会社の中で学ぶことが可能な人材を必要とするはずです。つまり、この技術を学ぶための基礎的な能力を前提として、「伸びしろ」のある人材、「素直」な人材が、この点から評価されるということになります。逆に、「伸びしろ」の無さそうな人材、「自分を見極めすぎている」人材は敬遠されるのではないでしょうか。ここに、私が感じる「自己分析」の怖さがあります。自己分析で自分を見つめるのはとても重要なのですが、「伸びしろ」を自分で消してしまうような自己分析になってしまうと、ちょっと危険なような気がします。

 もちろん、採用活動における視点はこれだけではありません。でも、結構、重要だと思うのです。ある会社の一番中核にある技術を見極め、会社に入ればその技術を学び・伝え・教え・発展させる意欲と基礎的能力が自分にあると素直に申し出ること。それを、どれだけ具体的に興味深く自分の言葉と経験で考えるか。難しいことですが、鍛錬していきましょう。

|

« 温泉と宴会 | Main | 移民の歌、胸いっぱいの愛を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 久しぶりに時間があるので、じっくり読んでます。この話、高等教育、特に非実務系の大学院教育に携わっている者にとってと、いろいろ考えさせられます。学校の場合、学生がお金を払うという大きな違いがありますが、それでも、合格するとほんとに長い付き合いになる博士課程の面接など人事面接に近いなあ、と思うことがあります。
 これは共同作業をこよなく愛する私ゆえの思考の癖かも知れませんが、でも、質の高い想像力を適度な距離まで伸ばす努力ってつねに必要ですよね。

Posted by: YN | 2005.04.03 at 09:38 AM

 コメントありがとうございます。大学院や、勤務先としての大学という組織の場合には、本文でスキップした組織の形態による影響と関わると思います。すると、会社について考察した今回のインプリケーションにも多少修正が必要かもしれません。でも、太宗では合っていると思います。長期に組織に携わる人の選考作業というのは難しいですよね。

Posted by: ひさまつ | 2005.04.03 at 03:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/3542083

Listed below are links to weblogs that reference temporaryで働くこと、medium-termに組織で働くこと:

« 温泉と宴会 | Main | 移民の歌、胸いっぱいの愛を »