« <不定期刊行>私も太鼓判のコーナー | Main | 美味いリストランテ »

『経済・物価情勢の展望(2005年 4月)』について

 日銀が『経済・物価情勢の展望(2005年 4月)』を発表した。興味深いのは9人の政策委員(総裁、副総裁を含む)の消費者物価指数上昇率の予想(期待)が2005年度について-0.1%から0.1%という幅にして0.2%の中に納まってしまったことであろう。この期待の収束は、上昇率が0に近づくにつれて自ずと起きるものなのか、それとも、今回は、物価上昇率に見合う、GDP成長率と潜在成長率に関する期待の収束が起きたのか、興味深い。メイン・メッセージは第二段落である。

 先行きについては、IT関連分野の調整の影響が弱まるにつれて、年央以降、回復の動きが次第に明確になり、2005年度は、潜在成長率を若干上回る成長が実現するとみられる。こうした見通しは、概ね前回「見通し」に沿ったものである。2006年度は、現時点においてはかなり幅をもってみる必要があるが、緩やかながら持続性のある成長軌道を辿ると予想される。こうした先行きの経済の姿は、海外経済が拡大基調を続けることに加え、企業の様々な取り組みにより企業収益が高水準を続けること、企業収益の好調が様々な形で経済の各部門に及んでいくこと、さらに、慎重な企業行動を背景に設備投資、在庫投資などの面で行き過ぎは回避されていくことを、基本的なメカニズムとして想定している。

英文は以下の通りである。

   Looking forward, Japan's economic recovery is likely to gradually gather momentum from the middle of 2005 as the effects of adjustments in IT-related sectors diminish, and growth in fiscal 2005 is expected slightly to exceed the economy's potential growth rate. This is generally in line with the outlook presented in the October Outlook Report. Although at present there is considerable uncertainty, in fiscal 2006 the economy is expected to follow a sustainable growth path, albeit at a moderate pace. This economic outlook rests on the following underlying assumptions: that overseas economies remain on an expansionary trend; that firms' profits remain at high levels as they continue their efforts on various fronts; that increased corporate profits spread to a wider range of sectors through various channels; and that firms' cautious business stance allows excesses in, for example, business fixed investment or inventory investment to be avoided.

 英文で読んでいると、2006年度についての"the economy is expected to follow a sustainable growth path, albeit at a moderate pace."という文が目をひいた。日本文での「持続性のある成長軌道」という部分の語感には、成長は継続し、落ちないよ(つまり、下支えがある)という感じがあるように思われるが、これが英文のsustainable growth pathとなると、stagnateもしないがheat-upもしないという語感(つまり、上限も下限もある)になりうるようにも思える。そこで、at a moderate paceと念を押すのは、日本文での「緩やかながら」の訳であり、日本文では<景気は落ちはしないがあんまり高くないのよ>ということになるが、英文では、すでに上限も下限もあると言っている感じなので、深読みすれば、日本銀行が考えるpotential growth rateに近い成長率がsustainable growthであろうから、それ自体を日本銀行がmoderate<つまり、日本経済の成長可能性はあまり高くないのよ>なものだと思っている、という曲解が可能かもしれない。

|

« <不定期刊行>私も太鼓判のコーナー | Main | 美味いリストランテ »

Memo to myself」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/3903530

Listed below are links to weblogs that reference 『経済・物価情勢の展望(2005年 4月)』について:

« <不定期刊行>私も太鼓判のコーナー | Main | 美味いリストランテ »