« エリック・ストーバー氏の著書 | Main | 日経3月27日書評より »

シンポジウム二日目

 今日もシンポジウムを聞きに行った。午前の部は、いろいろな立場や地域でのpeace buildingの経験が語られた。それぞれ面白かった。午後はInternational Criminal Tribunal、つまり国際刑事法廷の様々な様相が語られた。こちらも知らないことだったので、なかなか耳学問として面白かった。

 記憶に残っていること: ①国際刑事裁判は個人の訴追を行うので、真相究明委員会などの国際人権擁護運動が当事者国の政策変更を要求するのと次元が異なる。②国際刑事裁判はその当事者国の国内裁判が弱いということもあり、個人の訴追を超えて、真実確定に大きな役割を求められてしまう。③国連はrule of law approach and transitional justiceという題目で国際刑事裁判所を進めている。④国際刑事裁判所においてはNGOの役割を見逃すことはできない。⑤東チモールの真実究明委員会の建物は、元々政治犯用の刑務所であったが、人権博物館になるかもしれないという。⑥アフガニスタンの武装解除は日本政府が担当したが、軍閥の武装解除においてその見返りとして資金援助をする必要があった。しかし、人権侵害を行った軍閥に対して多くの政府は資金援助をすることを国内的にしり込みした。そこで、日本政府から資金調達を行った。⑦アフガニスタンにおいて対タリバンという名目で多くの軍閥が連合を組んだ。しかし、現在はタリバンに対抗するという目的があるので武装解除に抵抗している。

 今日は通訳の水準は上がっていた。おそらく発表者が英語の原稿を渡していたものと思われる。

|

« エリック・ストーバー氏の著書 | Main | 日経3月27日書評より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

前のコメントの続きになりますが、駐輪場は私営です。近くに公営のものもありますが、そっちは値下げしていないようです。

国際刑事裁判…うーん、頭が追いつかないのでコメントができません。。なぜ国際刑事裁判所においてはNGOの役割を見逃すことはできないのか(④)が気になりました。国際刑事裁判ということは国際法に基づいて裁判が行われていると思うのですが、国際法上NGOの位置づけというのははっきりしているのでしょうか??

今日の面接で、夏のレポートを提出したところ、面接官が食いついてきてくれました。レポートの内容はもちろんですが、良く勉強している人ともとってくれたようでラッキーでした。NO.3さん、3.14さんも機会があったら提出してみてください!今日の面接では、先日の反省も踏まえ、会話に無言の暴力が生まれないように気をつけることもできました。たぶん。

Posted by: NO.2? | 2005.03.27 at 01:47 AM

再度のコメントありがとう。やはり私営の駐輪場でしたか。では、NO.2さんの推論通りである可能性が高いですね。つまり、供給曲線が右にシフトして(需要曲線は右下がりでしょうが、供給曲線は短期において垂直ですね)価格が下がるという教科書例ですね。比較静学の身近な例として授業で使うかもしれません。こういう事例のことをeveryday economicsと言ったりします。ありがとう。

NGOが国際的な機構や条約に強く関わるのはこの10~20年ぐらいの現象で、研究もこの10年ぐらい進んでいます。非常に大雑把に言うと、国際法は世界政府が無いために(国内では国内法を作ったり実施したりする中央政府がありますよね)国内法に比べて弱い立場にあります。それを補強するためにNGOが大きな役割を果たしていて、国際条約や国際機構に携わる人々もそれを肯定的に評価しているということです。この世界政府の欠如という事態が国際的側面において様々なユニークな現実を作り出しています。また議論しましょう。

夏のレポート提出について、「(これからも)よく勉強する人」と取ってもらうようにしてください。面接官は過去が重要なのではなく、過去から推測される将来の行動を重要視していると思います。頭も働かせられるが、体も動きますというところも忘れずにアピールを!無言の暴力廃止運動もよろしくね。またコメントよろしく。Thank you again!

Posted by: ひさまつ | 2005.03.27 at 07:57 AM

Do you mind if I quote a few of your articles as long as I procide credit and sources back to your website? My blog is in the very same niche as yours and my visitors would definitely benefit from a lot of thee informatrion you provide here. Please leet me know if this ok with you. Cheers!

Posted by: Shanna | 2015.10.21 at 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23398/3448153

Listed below are links to weblogs that reference シンポジウム二日目:

« エリック・ストーバー氏の著書 | Main | 日経3月27日書評より »